口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

おすすめのWebマーケティングスクール10選【2022年最新版】

IT業界で仕事を始めるときに「Webマーケティング」の意味や具体的な内容について、知りたい人もいるでしょう。Webマーケティングを理解することで、自身のビジネスを客観的に見直し拡大する助けにもなります。

しかし、独学でWebマーケティングを理解するのは、難しいことです。ネットには多くのWebマーケティングに関する情報がありますが、必要な情報を取捨選択するのも大変な場合もあるでしょう。この記事では、コエテコがおすすめするWebマーケティングスクール10選をご紹介します。

WEBマーケティングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

  • Wannabeアカデミー(ワナビーアカデミー) ”業界初”実務経験を積めるWEBマーケティングスクール。マンツーマンの補講受け放題で、実務研修もアリ!

  • マケキャンbyDMM.com 3ヶ月で未経験からマーケターになる転職保証付きコースあり!面談でのフォローも魅力!

  • デジプロ オンラインはマンツーマンでの講義!通学は最大5名の少人数講義のwebマーケティングスクール!

  • インターネット・アカデミー 日本初!web専門スクール!開校から25年の実績、ホームページ制作も学べる!

Webマーケティングスクールのおすすめの選び方

Webマーケティングスクールの選び方ポイント3つ
  • 学習したい内容で選ぶ
  • 授業スタイルで選ぶ
  • 転職サポートで選ぶ

選び方1 学習したい内容で選ぶ

まず、自分が何を学習したいのかを考え、マッチしたカリキュラムのあるスクールを選びましょう。

Webマーケティング全般に関する知識を身につけたいのか、SEOをしっかり学びたいのか、SNSに特化したカリキュラムを受けたいのか、あるいは網羅的にスキルと知識を広く覚えたいのか。

各スクールはそれぞれ特色があり、得意分野があります。何を学習したいのかを決めれば、おのずと通いたいスクールも絞られてきます。

選び方2 授業スタイルで選ぶ

授業スタイルは大きく分けると3つあります。
  • オンライン授業
  • 対面(通学)授業
  • オンラインと対面のハイブリッド授業
仕事の都合などで学習時間がまちまちになりそうなら、いつでもどこでも学べるオンライン授業が向いています。ただ、オンライン授業は自ら学ぼうとする意欲が強くないと「今日はもういいか」とついつい投げ出してしまいがちなのがネックです。

対面(通学)授業は通う手間がありますが、実際に顔を見て話したり指導してもらったり、学ぶ仲間と交流したり、モチベーションが保ちやすいメリットがあります。

スクールによっては通学もできるしオンラインでも学べるところも。どのような授業スタイルが自分の性格や生活スケジュールとマッチしているかを考えてスクールを選びましょう。

選び方3 転職サポートで選ぶ

Webマーケティングを学んだ後のことも計画的に考えてスクール選びをしたいですね。

転職を考えているのであれば、手厚い転職サポートがあるスクールが向いています。転職だけでなくフリーランスとして活動できるようフォローしてくれるスクールもあるので、目的にあわせてもっとも自分に必要な「学習後のサポート」があるところを選ぶのもポイントのひとつです。

Webマーケティングとは?

Webマーケティングとは、Webを中心に行われるマーケティングのことを指します。サイトなどを利用して物が売れる流れを作ることが、Webマーケティングの目的です。数値で管理し可視化することで、ユーザーの流れや特性などを掴みやすくなるでしょう。

具体的には、自身のサイトに「どこから」「どのように」「誰が」「どれくらい」たどり着いているのかが、Webマーケティングを行うことでわかるようになります。
参考:ferret

Webマーケティングの仕事内容|必要な4つのステップ

Webマーケティングの施策には、4つのステップがあることを覚えておきましょう。

分析し戦略を考える

戦略を考える際に必要となるポイントは、以下の通りです。
  • 対象となるユーザーを具体的に絞り込む
  • 競合となるサイトやサービスを分析する
  • 自社の強みを具体化する
施策をする前に、戦略を立てることはなによりも重要なポイントです。

集客施策

より多くのターゲットにサイトを見てもらえるよう、SEO(検索エンジン最適化)を強化させます。広告費に余裕があるなら、GoogleやYahoo!などの上部に表示されやすいリスティング広告の導入を検討してみても良いでしょう。メールマガジンやSNSも効果的に利用することで、より多くのターゲットに情報が届きやすくなります。

接客施策

LPOと呼ばれるランディングページを最適化させることで、集客効果をより拡大させることが可能です。より見やすく、ターゲットのニーズに合わせたランディングページを制作することで、成果は得られやすくなるでしょう。EFOと呼ばれる入力フォームを最適化することで、掴んだターゲットがサイトから離脱しづらくなります。

良好な関係を維持する

関係を維持するとは、一度サイトに訪れたターゲットをリピーターにすることを意味します。新しいターゲットを掴むのは難しくコストも高額になるといわれますが、リピーターならSNSで拡散する可能性も高く何度もサービスを利用する傾向があります。
参考:Marketing Quest

Webマーケティングは未経験でも仕事に就ける?

Webマーケティングでは、いきなり大手企業というわけにはいきませんが、未経験者でも仕事に就ける可能性は充分にあります。

多くの企業やショップがWebサイトを介して集客をしたり、ビジネスを展開したりしています。Webマーケターの需要は少なくありません。

中小企業では未経験であっても、たとえばSNSの運用実績があると正社員として採用されるといったケースも見受けられます。またWebマーケティング会社や広告代理店などで分析や解析のサポート業務をしながら実績をつけていく方法もあります。

最初は小規模の会社やアルバイトでもいいのでWebマーケティングの現場で経験を積むことからスタートしましょう。冒頭でお話ししたとおり、Webマーケティングの知識があれば、IT分野で貴重な武器にもなり、さまざまな仕事へ広げていくことも可能です。

しかし、その前にWebマーケティングのスキルを身に付けなくてはなりません。

Webマーケティングに必要なスキルとは

まず必要となるのは「マーケティング」の知識です。いわゆる広告とかWebマーケティングにおける基礎的な知識や用語を覚える必要があります。

また、スキルとは少し違いますが、分析し「こうすればこうなるだろう」という仮想をたてていくには、筋道をたてて考える力、論理的思考やロジカルシンキングといった能力も重要です。

Webマーケティングは他の部署とのやり取りもあり、チームを組んで業務に取り組むことが多いため、コミュニケーション能力も必要と言われています。

Webマーケターとして具体的に必要となるスキルや知識

  • Excelなどオフィス系ソフト
  • SEOに関する知識
  • Googleアナリティクス
  • アフィリエイト
  • リスティング広告の知識
  • SNS広告
Webマーケティングには分析や推測といった思考能力と広告運用やSEOの知識、また一般的なPCスキルはもちろん必要となります。さらにWebの制作スキルもあると仕事の幅が広がります。

Webマーケティングスクール卒業後の年収は?

Webマーケティングとひと言でいっても、さまざまな業務があります。Webマーケターの年収も幅広く、年収300万円台からCMO(最高マーケティング責任者)ともなれば、年収1,000万円以上というケースもあります。

Webマーケティングの平均年収

平均(全体) 20代 30代 40代
年収 441万円 383万円 478万円 661万円
出典:doda

たとえば、最初はSNS運用や広告運用を小規模の会社で行うのであれば、あまり高い年収は望めないかもしれません。

しかし、Webマーケターは実績と実際の成果を重く見る傾向がありますから、運用実績があがればそれだけ年収アップも期待できます。また、優秀なWebマーケターともなれば、転職で一気に年収アップという可能性もあるでしょう。

オウンドメディアで市場調査からデータ分析、リスティング広告の運用も含めてSEOに特化したWebマーケティングが行えるようになると、年収も上がります。フリーランスとして独立することもできるでしょう。

会社側からすると大きな予算を集客などのために立てているのに成果をだせないWebマーケターでは困ったことになります。ある意味、成果主義のところもあるのがWebマーケティング、それだけやりがいもある仕事といえますね。

ITで他の職種であっても、Webマーケティングの知識はいろいろな場面で活用でき、企業での活躍の場もさらに広がるでしょう。

Webマーケティングスクールに通うメリットは?

Webマーケティングスクールに通うメリット3つ
  • 必要な知識とスキルを効率よく学べる
  • 挫折しにくい
  • 転職など働き方までサポートしてもらえる

必要な知識とスキルを効率よく学べる

Webマーケティング分野は幅広いため、自分がめざす目的に対して「何をどれくらい学べばいいのか」「どのスキルが重要なのか」がわかりづらい面があります。独学でWebマーケティングを学ぼうとすると何から始めていいのかわからないと悩むことも少なくありません。

Webマーケティングスクールであれば、カリキュラムにそって系統立てて効率よく学べます。

まったくの初心者でインターネットもWeb業界も、Webマーケティングに関しても知識やスキルがゼロなのであれば、独学よりもスクールのほうが向いています。

挫折しにくい

ひとりで学ぶと、何かでつまずくとそこで学習が止まってしまいがちです。そばに何でも聞けるWebマーケティング経験者がいればいいのですが、そうでない場合にはやはり「すぐに疑問を解決してくれる」スクールのほうが安心ですね。

ただし、独学であろうがスクールに通うのであろうが、挫折せずに学習を最後まで続けられるかは最終的には自分の意思です。

転職など働き方までサポートしてもらえる

転職やフリーランスとして独立するまでの過程は、ひとりでやり遂げるのはなかなか難しいものです。

転職では企業の選び方、履歴書の書き方、面接対応、フリーランスであれば案件のとり方や担当者との交渉なども経験がないとわかりません。そもそも業界の動向についても充分な情報を得るのは大変です。

Webマーケティングスクールでは、こうした転職やフリーランスとして働くためのサポートを行っているところが多くあります。Webマーケティングのスキルを身につけるだけでなく、仕事へつなげていくためにもスクールのサポートは大きなメリットと言えるでしょう。

Webマーケティングスクールに通うデメリットは?

Webマーケティングスクールに通うデメリット2つ
  • 意欲的に学ばずにスクールを卒業するだけではスキルは身につかない
  • 費用が安くない

意欲的に学ばずにスクールを卒業するだけではスキルは身につかない

Webマーケティングスクールは、通いさえすればマーケターとして活躍できるわけではありません。通うことによって「スクールを卒業すれば良い」と安易に考えてしまいがちなところは、デメリットの一つといえるでしょう。

Webマーケターのスキルは、意欲的に学習し、実践してこそ身につきます。スクールに通うだけでなく、自ら主体的に学ぶ姿勢が大切です。

費用が安くない

Webマーケティングスクールにかかる費用は、決して安くはありません。スクールによって幅はありますが、数十万円〜と大きな費用がかかります。

しかし、Webマーケティングスクールに通うことによって、基礎から体系だててしっかりと学べるだけでなく、実践を通してスキルを身につけられたり、転職サポートを受けられたりもします。これらは独学では得られない、大きなメリットです。
また「お金をかけたのだから、絶対にスキルを手に入れよう」というモチベーションにもつながりますし、スキルアップによって年収が上がることも期待できます。

つまり、サポート体制を積極的に活用すれば、Webマーケティングスクールは費用が多少高くても効果も大きく、コスパの良い学習方法となるでしょう。

おすすめWebマーケティングスクール10選

それでは、コエテコが選ぶWebマーケティングスクール10選をご紹介します。どのスクールも、IT業界において高い評価を獲得していることが特徴です。

WANNABE Academy

回数無制限で補講授業が受けられるのは、WANNABE Academyです。実務特化型のカリキュラムだから、現場で求められるスキルを得やすいスクールだといえるでしょう。最長7カ月間サポートしてもらえるため、学習を手厚くフォローしてもらいたい生徒から選ばれている傾向があります。

入学金は60,000円で、授業料は240,000円です。

Webマーケティングスクール 料金

WANNABE Academyのおすすめポイント3つ!

①実務経験の体験学習が充実

WANNABE Academyでは、Googleアナリティクスの分析レポート作成、Google広告やFacebook広告の運用を実践する体験学習を行います。まさに実践型の学習スタイルですね。さらに受講後には、提携クライアントを担当することも可能で実務研修に参加できます。職務経歴書に「実務経験あり」と書けることをめざすカリキュラムとなっています。

②回数制限なし!補講も何度でも受けられる

期間内であれば、何度でも補講を受けられます。特徴は「ちょっとした疑問であっても、わからないところがあっても、気軽に補講でカバーしていけること」です。たとえば「ここだけサクっと教えてほしい」そんな要望にも応えてくれます。回数制限がないからこそ、迷ったり悩んだら、すぐに補講でカバーできるのは大きなメリットですね。

③キャリアコンサルタントによるサポート

転職だけでなく、副業として、フリーランス独立をめざして、それぞれの希望にあわせたキャリアプランを描き、実現にむけてサポートしてくれます。専属のキャリアコンサルタントが個別面談を行い、面接練習や書類作成のお手伝いだけでなく、たとえばフリーランスであれば案件獲得のレクチャーや、実際に仕事の紹介なども行ってくれます。約4,000件の求人データを所有しているとのこと、仕事に直結する体制が整っています。


金額

入会金

66,000円(税込)

受講料(転職コース)

264,000円(税込)


* 入会金、コース料金等は変更になっている可能性があります。詳細は公式サイトにてご確認ください。
WANNABE Academyはこちら

【注意】「返金保証」について知っておきたいこと

多くのWebマーケティングスクールが制度を設けている「返金保証」。実は、スクールによって条件や期限が細かく異なることをご存知ですか?

中には「スクールの提供する転職支援以外の方法(自分で探す、など)をとった場合、返金保証が打ち切られる」場合なども。こちらの記事では知っておきたい「返金保証」についてまとめていますので、ぜひ一度ご覧ください。

マケキャンbyDMM.com

業界屈指の転職成功率の高さを誇るのは、マケキャンbyDMM.comです。卒業後のキャリア形成の支援など、転職のフォローが手厚いことが特徴です。動画で知識のインプットを行い、毎週プレゼンとフィードバックを行いアウトプットすることで知識を定着させます。

20日間返金保証のサービスがあるため、授業についていけるか不安な人は選びやすいスクールだといえるでしょう。受講料は、転職コースが657,800円(税込み)、学習コースは165,000円(税込み)〜です。

マケキャンbyDMM.comのおすすめポイント3つ!

①受講生の9割が未経験者!「実践的カリキュラム」が人気

マケキャンbyDMM.comは、未経験者でもカリキュラム修了後には転職に結びつくよう実践的なカリキュラムを用意しています。Webマーケティングに必要なスキルを学ぶのはもちろんですが、実際にWebマーケーターが現場で行う広告プランニングを実践形式で行います。課題分析と施策立案を2回にわたって行うことで「経験」をも身に付けられるカリキュラムです。

②オンライン学習とグループワークのハイブリッド学習方式

平日はしっかりとオンライン学習で基礎知識から応用まで幅広くカバーします。しかし、それだけでは「知識の詰め込み」にすぎず、実践力にはつながりません。そこで週末やお休みの日を利用して、スクールでは講師のもと複数の仲間とグループワークでオンラインで学んだ知識を実際に活用しながら、さらに具体的な学びを実践します。

③転職まで充実のサポート体制

プログラミングスクールとして実績のあるDMMでは転職サポートのノウハウも豊富です。カウンセリングでは自己分析や将来への希望を丁寧にヒアリングし、キャリアプランを明確にしていきます。さら履歴書の書き方指導から模擬面接まで、マンツーマンの充実した支援を行います。「就・転職」が目標であり、Webマーケーターとして仕事に就けるよう全面的にサポートしてくれます。


金額

入会金

転職コース:33,000円(税込)
学習コース:11,000円(税込)
※戦略コースは33,000円(税込)

受講料(転職コース)

657,800円(税込)

受講料(学習コース)

実務コース(4週プラン)

165,000(税込)

受講料(学習コース)

実務コース(9週プラン)
275,000(税込)

受講料(戦略コース)

385,000(税込)

* 入会金、コース料金等は変更になっている可能性があります。詳細は公式サイトにてご確認ください。
マケキャン by DMM.comはこちら

デジプロ

現役Webマーケターが講師を務めるのは、デジプロです。実践様式の講義であるため、より実践的な知識を得たい生徒から選ばれているスクールです。無料オンライン説明会も開催されているため、検討している場合には参加してみても良いですね。

オンラインプランと通学プランは受講期間が2カ月間であり、通学プランの受講料は330,000円(税込み)、通学プランの受講料は385,000円(税込み)です。

Webマーケティングとは スクール

デジプロのおすすめポイント3つ!

①40時間!集中的に学べる
講義とカリキュラム修了の目安は40時間、しかし内容はかなり濃くなっています。データ分析の方法、媒体知識、広告の入稿方法まで約2ヶ月でWebマーケティングに必要なスキルが身につきます。動画で事前に予習をしておき、現役Webマーケーターの直接講義、さらにチャットでの質問もし放題です。
②教室で学ぶ・オンラインで学ぶ・どちらでもOK
デジプロは教室で学ぶスタイルとオンライン学習どちらでも選べます。教室も最大5名の少人数制なので、しっかり学べます。いつでもどこでも受講できる利便性でオンラインで学びたい人も、ひとりだと挫折しそう、教室へ通うことでモチベーションがアップしそうというひとは教室へ、自分のスタイルに合わせて選べます。
③Web広告現場に必要なスキルを幅広く学べる
デジプロではWeb広告の現場で最も使われるプロダクトを網羅して学ぶことができます。GoogleやYahoo!広告だけでなく、ニーズの多い動画広告の運用方法や、データ分析、そしてExcelなどもカリキュラムに入っています。


金額
入会金 33,000円(税込)
受講料(通学プラン) 330,000円(税込)
受講料(オンラインプラン) 385,000円(税込)
* 入会金、コース料金等は変更になっている可能性があります。詳細は公式サイトにてご確認ください。

DX専門メディア『DXマガジン』にも掲載されております!
参考:現役WebマーケターがWeb集客などのノウハウを伝授
                                                                                   
デジプロはこちら

Internet Academy Web担当者コース

専門実践教育訓練給付金として受講料の最大70%が支給されるのは、Internet Academyです。国内でも大手のWeb制作会社が母体であるため、より現場レベルの知識を得られることが強みです。未経験者でも就職したときに即戦力になれるよう、多く利用されるプログラミング言語やPhoto shopの知識まで学べます。

Web担当者コースは、たっぷり153時間時間の受講で受講料は605,660円(税込み)です。受講料は安くはありませんが、コースの内容は充実しています。


Webマーケティング スクール 一覧

Internet Academy Web担当者コースのおすすめポイント3つ!

①HTMLからPhotoshopまで幅広いカリキュラム
Internet Academy Web担当者コースは、Webマーケティング重視というよりはWeb担当者として広い視野をもってディレクションできるようなスキルが身につくカリキュラムになっています。たとえばプログラミングに関するHTMLやJavaScript、さらにWebデザインに関連するPhotoshop、SEOの知識からYahoo!プロモーション広告まで全体的にカバーした内容となっています。
②充実したキャリアサポート
ひとりひとりに専任のキャリアプロデューサーがつきます。サポートの範囲も幅広く、スクール入校時から卒業後までサポートしてくれます。また人事採用担当スタッフによるWeb業界の就職ガイダンスや、条件等がありますがインターンシップ制度もあります。
③好みの学習スタイルで学べる
ライブ授業、映像で学べるオンデマンド授業、マンツーマン指導のほか、ソフトやPCがそろった教室で自習したり、zoomでのオンライン質問対応もしています。こうした学習スタイルをひとつに決めるのではなく、自分の都合にあわせて選べるのは大きな魅力です。忙しい人や子育て中の方でも、柔軟な学習体制なので継続しやすいシステムです。


金額
入会金 なし
受講料 605,660円(税込)
* 入会金、コース料金等は変更になっている可能性があります。詳細は公式サイトにてご確認ください。


Internet Academyはこちら

Tech Academy Webマーケティングコース

効果的な広告プラン二ングと運用を学べるのは、Tech Academyです。Webマーケティングコースはマンツーマンでメンターがついてくれるため、初心者でも挫折しづらいスクールだといえます。学生から社会人、ディレクターまで、幅広い世代の生徒が利用していることが特徴です。

期間によって料金は異なり、最短コースの4週間コースなら社会人は159,000円、学生なら149,000円で受講できます。最も長期になる16週間コースでは、社会人で309,000円、学生で239,000円です。

Webマーケティング スクール

Tech Academyのおすすめポイント3つ!

①専属のパーソナルメンターが全面支援
Tech Academyではひとりひとりに専属のメンターがつきます。週に2回、ビデオチャットで顔を見ながら質問ができます。オンライン学習ではつまずいたり、モチベーションが続きづらいのがネックですが、メンターと話すことで目標を明確化し、学習スケジュールの管理などもアドバイスが貰えます。オンライン学習で大切なのは「挫折しないこと」そのためにパーソナルメンターがサポートします。
②Webマーケティングの実践的な経験が積める
カリキュラムでは、実務に近い「サイト分析・広告出稿プランの作成と運用のオペレーション」も行います。具体的なオペレーションを学ぶことで、実際にWebマーケターとして仕事に就いたときと同じような経験を積むことができます。
③毎日チャットで質問できる!
オンライン学習ではわからなくなったときに、すぐにその場で解決策を見つけられるかどうかがポイントです。ここで時間をとられるとモチベーションも下がり、ついつい学習が後回しになりがち。その点、Tech Academyでは毎日19時から23時まで、常時メンターが待機しているのでチャットで質問ができます。今日わからなかったことは今日のうちに解決し理解し、着実に一歩ずつ学習を進めていけます。


金額
入会金 なし
受講料(4週間プラン) 社会人174,900円
学生163,900円
受講料(8週間プラン) 社会人229,900円
学生196,900円
* 入会金、コース料金等は変更になっている可能性があります。詳細は公式サイトにてご確認ください。


TechAcademyはこちら

SHElikes Webマーケティングコース

SHElikesは他のスクールとは少し違ったスタイルで、1ヶ月・6ヶ月・12ヶ月でさまざまなレッスンが受け放題というシステムです。レッスンの中には「Webマーケティングコース」があり、マーケティング入門コース(全3レッスン)を修了後に受講可能です。

いろいろなレッスンがあるので自分で上手に組み合わせると、無駄なく効率的なカリキュラムがたてられます。受講料は6ヶ月プラン(レッスン受け放題)で 93,280円(税込)です。

ウェブマーケティング 女性 スクール

SHElikes Webマーケティングコースのおすすめポイント3つ!

①自分でレッスンを選べる
SHElikesでは、3〜6レッスン程度のコースが複数あります。技術的なスキルだけでなく「副業・フリーランス」になるためのレッスン講座や、仕事に活かせるロジカルシンキングのレッスンなどもあり興味深いですね。Webマーケティングコースだけでなく、関連するレッスンを網羅すれば多くのスキルが身につきます。
②月に一度のコーチングがある
教室でもオンラインでも、月に一度のコーチングに参加できます。同じような目標を持った仲間たちとの交流ができ、その目標にむかって進めているかを改めて確認できるので挫折することなくレッスンが続けられます。
③自分らしい働き方が見つかる
さまざまなレッスンを受けられるので、Webマーケティングだけにこだわらず、興味のあるカリキュラムを受けて自分の特性を新しく発見することも可能です。「20の職種をつまみ食いしてスキルアップ」となっていますが、特に未経験者にとっては実際にどんなスキルかやってみないとわからないことも多いので、漠然とした「これからの自分」を見つめ直すきっかけにもなりそうです。


金額
入会金 162,800円(税込)
受講料(6ヶ月受け放題)  93,280円(税込)
受講料(12ヶ月受け放題) 162,800円(税込)
* 入会金、コース料金等は変更になっている可能性があります。詳細は公式サイトにてご確認ください。


SHElikesはこちら

WEBMARKS(ウェブマークス)

SEOのマーケターに特化した、Webマーケティングスクールとしては珍しいマーケター育成スクールがウェブマークスです。
※マーケタースクールでは基本的に広告運用が主流ですが、ウェブマークスはSEOマーケターの育成をメインとしています。それはSEOマーケターの方が案件の持続性やスキルの汎用性が高いからです

ウェブマークスは現役でクライアントを10社以上持つWebマーケティング会社代表が直接指導してくれるプログラムとなっており、就職コース、フリーランス養成コース、就職+フリーランス両取りコースがあります。
受講料は548,000円(税込み)です。
5万円割引キャンペーンを随時行っているため、タイミングが合えば割引価格で受講可能です!
Webマーケター 未経験

ウェブマークスのおすすめポイント3つ!

①現役で10社のクライアントを抱えるプロのマーケターが教えてくれる
指導者がマーケ会社の代表として現役で案件を動かしているため、現場の生の声などを直接届けることができると言う点がおすすめポイントと言えるでしょう。
②1年間の就職サポートが無料
きちんと就職できるのか不安という方もいるかと思いますが、どのコースもチャットで無制限質問対応ということもあるので、講座の受講が終わった後も安心して就職活動に打ち込めることでしょう。基本的には3ヶ月目でポートフォリオ・職務経歴書・履歴書の作成をサポートだけではなく自己分析や面接対策等も行なった上で、その後9ヶ月間に渡り1ヶ月に1回ミーティングを行い、就職希望や面接相談に乗ってもらえます。(※諸条件あり)
③毎週2〜3時間の動画コンテンツ+αでSEOを学習
SEO特化型スクールのウェブマークスならではのコンテンツといえるでしょう。世界のトップ企業であるGoogleが手がける最新のWebマーケティングが『SEO』であり、それに加えて、Webマーケティングの資格GAIQ・Web解析士の取得サポートあるので、より実践的なマーケターへの道が用意されています。


金額
入会金 なし
受講料 498,000円(税込)※5万円割引適用時
* 入会金、コース料金等は変更になっている可能性があります。詳細は公式サイトにてご確認ください。

デジハリONLINE Web担当者養成講座

オンライン・教室での実績豊富なデジハリのWeb担当者養成オンライン講座です。Webマーケティングだけでなく、制作の基本的な知識も学ぶことができるのが特徴です。Webマーケティングの知識のみならず制作や文章力も伸ばせるので本格的に学びたい人に向いています。

デジタルハリウッドは20年の実績があります。多くのクリエイターを送り出してきたノウハウがあり、システムも確立されています。受講料は203,500円(税込)です。


デジハリONLINE Web担当者養成講座のおすすめポイント3つ!

①6ヶ月みっちりと学んで幅広いスキルが身につく
Webマーケティングの基礎、広告運用といったことから、Webリテラシー概論、Webライティング、Web制作には必須のillustratorやPhotoshopの実習、さらにWebデザインまですべてを網羅しています。まったくの未経験者でも、みっちりとWeb関連の知識と技術が身につくカリキュラムです。
②卒業生は累計9万人!安心の実績
デジハリを運営するデジタルハリウッドは1994年に設立、業界でも老舗クラスの実績豊富なクリエイター養成スクールです。オンラインスクールもいち早くスタートし、年間2,000人以上が入学。デジタルハリウッド全体では9万人以上の卒業生がWeb・クリエイティブ業界で活躍しています。
③動画学習とライブ学習で挫折しない
これまでに蓄積されたノウハウを活かした動画学習はたいへんわかりやすいと好評です。また、リアルタイムで講師と話せる参加型のライブ学習を組み合わせることで、途中で挫折したり、わからないからと放置したままカリキュラムを進めたりせずに、しっかり実力が身につくようになっています。


金額
入会金 なし
受講料 203,500 円(税込)
* 入会金、コース料金等は変更になっている可能性があります。詳細は公式サイトにてご確認ください。
デジハリONLINEはこちら

ウルクスWEBマーケタープログラム

最短4週間でWebマーケティングに必要な知識が網羅できるのは、ウルクスWEBマーケタープログラムです。パーソナルメンターがきめ細やかなサポートをしてくれるため、疑問をすぐに解決しやすいスクールだといえるでしょう。コミュニティーにも参加できることで、生徒同士で交流を深めながらWebマーケティングを学べます。

入会金は55,000円で、受講料は165,000円(税込み)です。他のスクールに比べて受講料が安いため、コストを抑えてWebマーケティングを学びたい人にも向いています。

Webマーケティング 未経験

ウルクスWEBマーケタープログラムのおすすめポイント3つ!

①授業料が安い!
ウルクスWEBマーケタープログラムは受講料が他と比べて割安です。なぜ安いのか?それはカリキュラムの内容を「広告運用」にギュッと絞り込んでいるからです。Webマーケティングの範囲はとても広いのですが、逆にウルクスWEBマーケタープログラムは未経験者にとって最も必要で、なおかつニーズの高い広告運用に的を絞っているので料金設定も安くなっています。
②最短1ヶ月でカリキュラムが修了
広告運用に絞り込んだカリキュラムのため、最短で4週間、1ヶ月ほどで修了できます。短期間で必要なスキルを身に付け、周辺知識やもっと上流工程のスキルはキャリアをスタートさせてから現場で覚えていこうというスタンスなんですね。実際に仕事をしながら覚える技術のほうが多いのは事実なので、効率的な学びとも言えます。
③LIVE勉強会やLIVE質問会がある
基本的に動画を視聴するe-ラーニングスタイルで、その後、入稿作業などの課題を行ったり、知識が身についたかテストを受けたりします。動画視聴、テスト・課題作成の流れですね。そして現役のWebマーケターとのやり取りができるLIVE勉強会や、個別に質問し回答してもらえるLIVE質問会に参加できます。LIVE勉強会はグループで行うので、モチベーションアップにも役立ちそうです。


金額
入会金 55,000円(税込)
*現在、無料キャンペーン中 2020年6月30日まで
受講料 165,000円(税込)
* 入会金、コース料金等は変更になっている可能性があります。詳細は公式サイトにてご確認ください。

コンバジョニスタ

コンバジョニスタの特徴は、いわゆる技術や知識だけでなく「実際の営業方法」が学べる点です。希望すれば受講中にクライアント獲得のために営業を行い、講師が同行することも可能です。まさに実践型のWebマーケティングスクールと言えるでしょう。



Webマーケター 講座

コンバジョニスタのおすすめポイント3つ!

①W実践型で仕事をしながらスキルが身につく
講義では顧客を獲得する方法から学び、受講中でも仕事を受注し収入を得られることもあるのだとか。Webマーケターとして必要なスキルと共に、クライアント獲得の手法を実践し、リアルタイムに学ぶスタイルが新しいですね。契約書や見積書の作成方法も学べます。フリーランスとして独立を考えている方には特にピッタリのシステムとなっています。
②オーダーメイド方式のカリキュラム
カリキュラムはヒアリングした上で各自の目的にあわせてオーダーメイド方式で作成します。学習スケジュールも自分のペースに合わせられるので、本業のある方や主婦、子育て中でも、自分の実力と学習にあてられる時間を考慮しながら最適なプランがたてられますね。
③細かいサポートでかゆいところに手が届く
現時点ではオンラインセミナーになっていますが、通常は月に一度、対面でのWebマーケティング施策セミナーが対面で行われます。また、受講生限定のサイトで交流もでき、新しい人脈作りにも役立ちます。資格取得を希望する場合には、勉強会へ参加しましょう。このように、さまざまなサポートがあるのも特徴のひとつとなっています。



金額
入会金 お問い合わせください
受講料 お問い合わせください
受講料 お問い合わせください
* 入会金、コース料金等は変更になっている可能性があります。詳細は公式サイトにてご確認ください。

Webマーケティングスクール卒業生のリアルな体験談を参考にしよう!

「実際にWebマーケティングスクールってどんな感じ?」
「通っている人の体験を聞いてみたい」


そんな方は、Webマーケティングスクール卒業生へのインタビュー記事をぜひ参考にしてください。




 Webマーケティングに関するおすすめの資格

Webマーケティングに関連するようなIT系の資格はたくさんあります。就転職に必須というわけではありません。しかし、資格は持っていれば有利になるのも事実です。

多くの資格がありますが、ここではWebマーケターとして活躍するために知識や理論、スキルを学び、取得することで実践現場でも役立つ資格を3つに厳選して紹介します。

ITパスポート試験

「Iパス」はITに関するあらゆる知識が問わる国家試験です。ITパスポートは国家試験のため、特に就転職では有利です。内容は多岐にわたり、Webマーケティングのみならず、ネットワークやセキュリティ、マネジメント、法務問題など幅広くITに関連した知識が必要です。

Webマーケターとしてだけでなく、IT関連の業務に就くときには評価される国家試験です。

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)

WebマーケティングではGoogleアナリティクスによるWeb解析は重要です。

Googleアナリティクス個人認定資格は無料で受けられます。ただ一定の期間で、再度、理解度テストを受ける仕組みになっています。これはWeb解析が日々変化し、常に新しい情報を学んでおかないとならないからでしょう。

基礎的な知識になりますが、無料ということもありますしGAIQは取っておきたい資格のひとつです。

マーケティングビジネス実務検定

Webだけでなく、ビジネスにおけるマーケティングのあらゆる知識や理論においての検定です。

C級からA級まであり、A級に合格すると「IMASSA(International Marketing Skill Standardizing Association)認定マーケティング実務士」が取得できます。幅広くマーケティングの理論を学んでおくことで、Webマーケターとしての信頼度が高まります。

Webマーケティングスクールに通う際の注意点

これまでおすすめのWebマーケティングスクールをご紹介してきましたが、通う際には注意点があります。
  • HPの内容だけでなく口コミや無料体験で信用できると感じたスクールへ通う
  • 通うべきでないスクールの特徴を把握する

HPの内容だけでなく口コミや無料体験で信用できると感じたスクールへ通う

Webマーケティングスクールなら、どこでも良いというわけではありません。マーケターになるには、知識やスキルを身につける必要があります。しかし「本当にこのスクールで大丈夫か」と考えてしまうと、集中して学習に取り組めなくなってしまうでしょう。

だからこそ、スクール選びは重要ポイント自分が信用できるスクールで真剣に学習に取り組むことが大切なのです。
公式HPでもある程度情報を集められますが、それだけでは不十分です。口コミを見てみたり、無料体験をしたりして、たくさんの情報を集めましょう。

例えばTwitterで目星をつけたスクールの口コミを探すのもおすすめです。
また無料体験をすると、より詳しいスクールの情報を受け取ることもでき、他スクールとの比較もしやすくなります。

信用できるスクールでなければ、集中して学ぶことはできません。しっかりとリサーチして、信用できるWebマーケティングスクールを選びましょう

通うべきでないスクールの特徴を把握する

Webマーケティングスクールの中には、質がいまいちな通うべきでないスクールも存在します。そのようなスクールを選んでしまうと、マーケターのスキルが身につかない・目的が達成できないと後悔してしまうこともあります。
通うべきでないスクールの特徴を把握して、その特徴に当てはまるスクールは避けるようにしましょう。

通うべきでないスクールの特徴
  • 実践的なカリキュラムになっていない
  • 講師の質が低い
  • サポートが充実していない
  • 受講期間が短すぎる
  • 料金が高すぎる
これらは公式HPだけの情報だけでは見えにくい部分です。
そのため、先程も紹介したようにいくつかのスクールで直接体験をしたり、説明を聞いたりして、比較すること。また受講者の口コミを調べてみて、信頼できるスクールを選ぶことが大切です。

Webマーケティングスクールが意味ないと言われる理由は?

ネットでWebマーケティングスクールは意味がないといった内容を見かけることがあります。なぜ、「Webマーケティングスクールは意味がない」と言われるのでしょうか?

 独学でも学習可能なため

スクールに通わずとも、独学でWebマーケティングを学べるという意見も見受けられます。

Webマーケティングの書籍などもたくさん出ています。意思貫徹で計画性のある人からすれば、独学でも学べるのに「なぜスクールへ?」となるのでしょう。

確かに独学で一定の知識を得られるでしょう。とはいえWebマーケティングは非常に範囲が広く、そもそも目的を明確にし学習計画をたてることが難しい面があります。

またネットで調べたり本を読むだけでは、実践的なスキルが身につきません。スクールではさまざまな事例を交えて必要なスキルを学び、経験のあるメンターからリアルなアドバイスももらえます。

受講だけでwebマーケターになれると勘違いされるため

せっかくWebマーケティングスクールに通っても、通っていることだけで満足してしまうケースもないわけではありません。またスクールを卒業さえすればWebマーケターとして活躍できると思いこんでいる人もいるようです。

しかし、スクールは意欲的に学び、転職支援など提供されるサポートをフルに活用してこそ、キャリアへと結びつきます。

スクールに行ったと言っても内容は千差万別。中にはお客さん状態で「出席していただけ」の人がいるのも事実です。そのため、「Webマーケティングスクールは意味がない」と言われるのでしょう。

スクールで学ぶことは「意味がない」のではありません。学びの姿勢によっては「意味がなくなる可能性がある」のです。

おすすめのWebマーケティングスクールまとめ

独学では挫折しやすいWebマーケティングも、スクールを利用することで短期間で必要な知識を集中的に学ぶことが可能です。社会人をする傍らWebマーケティングを学びたい場合にも、スクールを利用すれば重要なポイントのみを学ぶことができますね。

学習できる内容や費用などを比較して、自分が通いやすいWebマーケティングスクールを探すようにしたいですね。

WEBマーケティングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

  • Wannabeアカデミー(ワナビーアカデミー) ”業界初”実務経験を積めるWEBマーケティングスクール。マンツーマンの補講受け放題で、実務研修もアリ!

  • マケキャンbyDMM.com 3ヶ月で未経験からマーケターになる転職保証付きコースあり!面談でのフォローも魅力!

  • デジプロ オンラインはマンツーマンでの講義!通学は最大5名の少人数講義のwebマーケティングスクール!

  • インターネット・アカデミー 日本初!web専門スクール!開校から25年の実績、ホームページ制作も学べる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ

よくある質問

  • 質問 未経験でもWebマーケター転職は可能ですか?

    答え 未経験者はポテンシャルをアピールできれば◎。未経験者の自己PRや課題アピールは似通ってくるため書類選考で落ちる原因になります。「リスティングとSEOができます」などスキルの組み合わせがある人、応募企業に対して何ができるかアピールできる人は印象に残りやすいです。

  • 質問 Webマーケターとしての転職先はどのような会社がありますか?

    答え 広告代理店、制作会社、コンサルティング会社などが主な転職先です。事業会社が自社サイトのSEO対策やSNS、広告運用をするためにインハウスマーケターを募集することも。インターネット広告費は年々上がっていることから、Webマーケターの需要は高まっていくと考えられます。

  • 質問 Webマーケティング未経験ですが授業についていけますか?

    答え Webマーケティングスクールの受講生は約8割が未経験!ついていけるかは自分の努力次第です。補講や質疑応答の時間を確保してサポート体制が手厚いスクールもあります。無料セミナーを開催しているスクールもあるので入会前に参加して自分に合っているか判断してみるのもおすすめです。

  • 質問 未経験からWebマーケターに転職するにはどれくらい学習期間が必要ですか?

    答え 最低でも40時間は必要だと言われています。独学orスクール、学ぶ内容の幅、本人の理解度によって学習の時間も変わってきます。Webマーケティング業界は変化が激しく、顧客のニーズに応えるため常に新しい情報を学び続ける必要があることは念頭に入れておきましょう。