掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

ありがとう!5周年

「中学受験」費用はいくらかかる?体験談からくわしく解説 ローン利用も⁉︎

こんにちは。コエテコライターの大橋 礼です。6年生になる直前「オレは受験する」と唐突に中学受験を宣言した次男コザル(仮名)。ほぅ〜受験か。では一緒に頑張ろうじゃないか!と意気込んだ母ですが、次の瞬間に(ちょっと待った、中学受験っていくらお金が必要なんだ?)という非常に現実的なことが頭をよぎりました。

そう、今回のお題は「中学受験の費用」です。実際にいくら費用がかかったのか、ふたりの先輩ママによる具体的な内訳と金額もドドーンと開示!参考にしていただければと思います。

小学生におすすめのオンライン学習教材

  • トライのオンライン個別指導塾 オンライン授業満足度No.1のマンツーマン指導が入会金+授業料2ヶ月分無料! この春、トライなら変われる

  • そら塾 オンライン個別 【1ヵ月授業料無料】CMで話題!月5,400円~。生徒数No1のオンライン個別指導でテストの点数アップ!

  • 進研ゼミ小学講座 さかのぼり・先取り学習も受講費にコミコミ!先生のライブ解説で「わからない」をなくせる 

  • すららネット 学年にこだわらない「無学年方式」が特徴。つまずきの原因を自動で診断+遠隔コーチでやる気が持続 

  • オンライン家庭教師GIPS(ギプス) 月々1万円〜のオンライン家庭教師。365日の自習サポート24時間のLINE質問も無料で対応

この記事のポイントはズバリ3つ!

中学受験いくらかかる?費用の内訳見せてください

中学受験 塾 費用 内訳

さっそくですが、まずは具体的な費用・数字を見てみましょう!下記にはいわゆる試験にかかる費用(願書・試験料・入学金その他)は含まれていません。「塾代+塾に通っていた時期にかかった諸費用」です。

中学受験の費用:Mさん(小4〜小6)で約280万円

小4(週2回)
塾 40万
塾に関連する費用 3万円くらい
交通費 3万円くらい(バス代)
夏期講習 5万くらい

おおよその合計 60万

小5(週3回)
塾 55万
塾に関する費用 5万くらい
交通費 4万円くらい(バス代)
春期講習 4万
夏期講習 8万(通塾型)
夏期特訓 3万(長文読解と理科の暗記)
冬期講習 4万

おおよその合計 85万くらい

小6(週3回)
塾 65万
塾に関する費用 5万くらい
模試や判別試験費用 10万くらい(年間で10回程度)
春期講習 4万
夏期講習 8万(通塾)
夏期合宿 10万
志望校別特訓コース 10万くらい(10月から3ヶ月)
家庭教師 16万くらい(最後の4ヶ月、週1回で塾でできなかったことをカバー)

おおよその合計 130万くらい

小4から小6試験までの合計 275万~280万くらい
*試験の願書や試験料とかはいれてない。
*6年時に私が仕事をやめて塾までの送迎をしたので交通費はゼロにしているけど、ガソリン代とかかかっている。
*ここには入れていないがPASMOをもたせていて、塾の隣にあるコンビニでお腹がすいた時用(帰宅前など)に飲み物やグミなどを買うのを許していた。だいたい月に3,000円くらい入金していた。水筒は持たせていたがゼリー飲料とか、帰りにチョコとか買っていたみたい。
小4〜小6 合計:約280万

上記は、メールで返信をくれたMさんによる受験までにかかった費用です。

Mさんのご家庭は、スタンダードな中学受験スタイルである「小3の2月スタート」で勉強してきました。居住地は東京都に隣接した千葉県。共働き家庭でしたが、ママはお子さんが小6の時に、受験フォローに徹するため退職。お子さんは希望の中高一貫校に合格しました。

ちなみにママは司法書士。強い資格を持っていたことから、受験が終わり、子どもが学校に慣れた頃には復職するつもりで退職したのだとか。「資格を持っていると40代でも復職しやすい。今さらだけど勉強しておいてよかったと思った。だからこそ、子どもにも勉強に適した環境をと思った」のだそう。

そして「教育費は将来への投資」なのだと話してくれました。

中学受験の費用:Aさんの場合(小5〜小6)で約220万円

もうひとつはAさん。

中学受験 費用 いくら 

小5〜小6 合計:約222万

几帳面なAさんらしく、スプレッドシートで回答をくれました。

Aさんのご家庭は小4の3月(小5)から中学受験を本格的にスタートしていますが、2歳違いの弟がおり「この子も受験させるつもりだったから、費用をざっくり計算して、どちらも塾に3年間通わせるとなるとけっこうキツイと思って、2年にした。幼児期はくもん、その後は安い通信教育を利用して私が勉強を見ていた」そうです。

ただし、現在、下のお子さんは小6ですが受験に興味がなく、公立中への進学予定。とはいえ、公立中へ進んでも高校受験を見据えれば「上の子ほどではなくても、やはり高校受験用の塾に通わせなくてはならないだろうし、お金はかかるんだよね」と肩をすくめていました。

彼女は薬剤師のため「時給がわりと高いのがよかった。シフトを自由に組めたので子どもの勉強を見られたし、受験時のサポートもなんとかなった」と言っています。

お父さんの収入のみ、母親は専業主婦というケースで中学受験にチャレンジするご家庭ももちろんあります。でも、それには主たる収入源の人が「けっこう稼いでいます」状態でないと難しいのも事実です。

やはり、年収がよほど高くないと中学受験はできないのでしょうか?

結論から言えば、「年収が高くない場合は、計画性がカギになる」です。実際に「うちは年収それほど高くなかった。だから最初から計画たてて受験費用も学費も準備したよ」というように、しっかり家計と教育費のバランスを考えて計画をたてた人も決して少なくありませんでした。ズバリ、中学受験にはお金が必要。あとは、それをどう準備するかなのです。
コザル母

コザル母

児童手当をすべて貯蓄する。学資保険で早くから学費を準備する。このあたりは基本です!

ところで、彼女の受験費用の内訳を見ると、たとえば「書籍(参考資料)」「文房具」などの金額も含まれていますね。過去問コピー代だとか、子ども新聞の費用などもかかっていることがわかります。

そうなんですよ!中学受験というのは「塾の費用」だけでなく、塾に通うことに関連して、さまざまな支出が発生するのです。たとえば、塾に行く時に持たせる小銭。飲み物やお菓子を買う程度でも月額にすれば4,000〜5,000円くらいにはなってしまう。12ヶ月(1年)積み重なれば6万です。

中学受験では、こうした「小さな出費の積み重ね」が次第に家計を圧迫してくるんですよ。

わたしの「中学受験の支出メモ」毎月なんとかする迷走状態だった

中学受験 支出 費用 メモ

こちらのなぐり書きは、実は中学受験真っ只中の「わたしのスケジュール帳の一部」です。「きっちり教育費をプランして受験させた」家もある一方で、「ありゃ?これで大丈夫なのか」と見切り発車をしたご家庭(わが家も)だって少なくないでしょう。それがリアル。

中学受験 費用

当時のスケジュール帳。右側はほとんどがこうした「お金のメモ」だらけ


几帳面なAさんと正反対のわたしは、もはや計画もへったくれもなく、毎月毎月「あわわわわわ」となっていました。おもむろに発生する費用にあたふたしている様子がわかりますね……。

コザル母

長文どっかい、とか、れんらくすること!とか、ひらがなだらけでお恥ずかしい限り……

わが家は計画的に受験費用を準備していたわけではありません。ざっくり「毎月の塾代で3万から4万と思っておけばいいか」などという実に甘い考えでした。先輩ママが口をあんぐり開けて

「それで済むと思ってるの!だいたい、月4万しか出せないとしたら、そもそも私立中学の学費はどう捻出するのよ!」

と呆れ顔で聞かれ、(こんな簡単に中学受験を始めてしまったわが家はかなりマズイ状況らしい)と気合いを入れ直しました。

それでも、気合や根性でどうにかならないのが「お金」なんですよ。

中学受験後、2年目以降の学費捻出のため、母が馬車馬のように働くことになったのは言うまでもありません……。

夏期講習・特訓・合宿「上乗せされていく」受験費用

塾のお金は月々30,000円とハッキリしていても、受験に関わる実にさまざまな費用がかかってくることを忘れてはなりません。

たとえば設備費・光熱費・施設管理費・テキスト代といった名目は、毎月の引き落としもあれば、年に2回のところもあれば、6月・12月・3月の場合もあれば……と塾によってさまざま。加えて、学習管理費だとか、維持費だとか、よくわからない項目がくっついてきて、「授業料」だけですみません。

さらに高学年になるにつれて、オプション費用がのしかかってきます。苦手な科目があればサポートが必要に感じるもの。志望校別の特訓や、土日の特別コースも、小6にもなるとよほどドカンと構えていない限りは「えーとえーと、じゃ、それもお願いします(最後は小声)」で費用はうなぎのぼり。

かつ、よく言われるように、夏なんてもっと大変です。

夏期講習が50,000円だとして「高いなぁ」と思いつつ申込みをします。

恥ずかしながらワタクシ、夏期講習は夏休みにある授業のことだと思っていて、プラスで費用がかかるとは思っていませんでした。

実際のところ、わが家の場合は以下の通りでした。
  • 通常授業 40,000円(夏休みを前半・後半にわけて、どちらかに通常授業の時間帯は確保されるケース)
  • 夏期講習 50,000円(通常授業とは別途に行われる)
この合計が夏休みの塾費用です。加えて、テキスト代とか、6年生だと合・不合格判定テストだとか(これがまた、いちいちお金がかかる)、さらにオプションコースを加えるとすれば、あっという間に10万円を超えるでしょう。

勉強できるチャンス!=お金もかかるよねタイム

夏休みや冬休みは学校がないのですから「勉強量をぐんと増やせるチャンスタイム」と、塾は言います。

「夏休みは大きく成績を伸ばすチャンス」
「冬休みこそ集中して学べるチャンス」

確かにチャンスはチャンスかもしれない。しかし、親は現実を見つめなくてはなりません。

チャンスタイム!=ざくざくお金が出ていくタイム!

要するに。

お金がかかります!

しかも、上には上がいるのです!!!

1時間2万円のカリスマ講師

ある時、知り合いの中受(中学受験)先輩ママがアタフタしている私を見兼ねたのか「あのねぇ、紹介のみで受験勉強を見てくれる特別な家庭教師がいるけど」とこそっと教えてくれました。

なんでも、受け持った生徒は軒並み成績をあげ、有名校と呼ばれる学校に合格させているスゴ腕家庭教師なのだそう。飛びつきそうになったわたしは次の瞬間凍りつきましたよ。

「1時間2万で、1回2時間からだから」

ということは、週1回・2時間で月4回だと……1ヶ月で16万円ってこと!?

「じゅ、じゅうろくまん?」

しかも、さらに驚いたのは、

「安いものでしょ。それで合格させてくれるんだったら」

という彼女の言葉。この後も似たような「連絡方法が出回っていない」カリスマ講師の話は何度か耳にしました。わたしはそれ以上興味を示さず(というより、そんな費用は出せず)だったため、実際にどのような指導が行われるのかは知りません。知りませんが、こうした家庭教師がいるのは事実。

これを高いと思うか、必要な教育費用と捉えるかは人それぞれです。

受験真っ只中で、それこそ藁にもすがる思いであれば、「合格請負人」にすがりたくもなる。「えええい、小6の後半4ヶ月ならやったるわ!」と定期預金の解約に走るママがいたって、うん、なんかそれはそれで理解できなくもない……微妙な気持ちです。

中学受験は特別な世界。お金だけで換算しきれない「何か」があるのです。

今だから言える中学受験「あんなことにもお金使いました」

受験が終わってしばらくした時、親が集まり、受験ってお金がかかるよねという話になりました。それも一段落したところで、

「ちょっと待って。まだあった」

と、ひとりのママが口を開きました。

「なによ?」
「御札」

そうです。神頼みですよ。小6のお正月ともなれば親たちも祈るばかりですが、祈るとなれば「いくらかお包みする」(神社へのご祈祷)わけです。普段なら健康祈願でお賽銭を投げるだけのご家庭も合格祈願ともなると「5,000円」「10,000円」包んで立派な御札のひとつも頂きたくなるもの。

「しかも近くの神社だけでなく、3つか4つ回った」

「あ〜、わたしもたまたま雑誌で風水特集見てさ、成績アップにいいとか言うからカーテン変えたり、なんか抽象画みたいの買った」

「今思うとバカみたいだけど、買っちゃうんだよねぇ!」

ひとしきり盛り上がったところで、ひとりのママが真顔でボソリと言ったんですよ。

「医療費」

どこか悪かったの?ストレスたまるけどさ、胃腸系?と畳み掛けるように問いかけた私たちに、そのママは今だから話せるけどと

「円形脱毛症……」
「治療だけでなく、疲れだと思って高いサプリ買って飲んでた」

すると、もうひとりが

「実はわたし、占い師に見てもらった。当たると評判で1回1万くらいしたけど娘は大丈夫かって知りたくて」

思わぬ告白タイムになってしまいました。

「中学受験も佳境に入ると、なぜ?って思うようなことにポンポンお金使ってたところあるよね」

しっかりした強い親もいるけれど、不安にかられる親の方がきっと多いんです。後から思えば首をかしげるようなこともあるけれど、その時は必死なんです。滑稽なほどの必死さ、それを受験生の親は笑えないのです。

中学受験をする家庭の年収は?1,000万円以上?

中学受験 親 年収

ではいったい、家庭の年収がどれくらいあれば中学受験ができるのでしょうか?

中学受験 年収
* 引用:今どきの中学受験ゼミナール/栄光ゼミナール

上記の調査を見ると、私立中学では年収1,000万円以上の家庭が52%と半数を越えていますね。つまり中学受験をした家の半分は、やはり年収1,000万円以上なわけです。よく耳にする「中学受験は年収1,000万がひとつのライン」はどうやら本当な様子。

でも逆に言えば、「半分の家庭は、年収1,000万円に届かなくても受験をし私立に子どもを通わせている」とも言えます。

もっとも年収は目安でしかなく、親から譲られた家に住んでいるとか、教育費に祖父母の援助があるとか、子どもの数でも違います。さらには高校無償化の流れで、一定の年収であれば私立高校でもある程度の補助が受けられるケースもあります。

引用:平成30年度子供の学習費調査の結果について/文部科学省

さて、文部科学省が発表している調査によると、私立中学では年間約107万円の費用がかかっています。

単純に計算すれば、1ヶ月約9万円。これはあくまで学校に関連する費用なので、その他もろもろ含めて月に10万円程度は(学費プラスα)として出せるかどうかになります。

月々にそれだけの支出が厳しいのであれば、早いうちから教育費を計画的に準備していくしかありません。

「ちょっと待って!中学受験の費用について話しているわけで、学費は別の話でしょ?」

と思ったあなた。いえいえいえいえ、ここが大事なポイントなのです。

コザル母

中学受験だけで終わりじゃないから!

受験はあくまで受験、そこから本当の意味で「学費」がかかってくるのです。

違う言い方をすれば、結局、中学受験をするために塾にいれ、オプションやら講習やら、あるいは個別指導などを受けさせたとして、月々に少なくとも7〜8万の支払いをしている(できる)家庭でなければ、なかなか中学から私立へというのが難しいことがわかります。

中学受験しても「高校入学」でまたお金がかかるんです!

中学受験 入学金 いくら

中学受験時にはあまり考えないことのひとつが、高校入学時に必要となるお金です。中高一貫校といっても中学卒業式があり、高校へ進む時は新たに「入学金」を納入するところがほとんどです。

しかも中高一貫校なのに、高校から制服がちょろっとデザイン変わるなんていうのもよくあることで、また制服代(などなど)がかかることも!

一般的に年間の学費は50万〜80万くらいが多いのですが、入学金がプラスされる年は100万〜120万の出費を覚悟しなくてはなりません。中学受験後、たった3年で「もうひと山」まとまった支出がやってくると認識しておくのは大事です。

なぜ高いお金を払い勉強をさせ「その学校に行かせたいのか(行きたいのか)」

中学受験 学費 プラン ローン

そもそも義務教育なのですから、学費の捻出が難しければ公立に行けばいいだけのことです。それでも受験を考えるケースは人それぞれです。

「義務教育なんだから、だったら公立行けばいいのに」

と人は言うでしょうし、正しい意見でもあります。ただ、子どもの教育に「絶対」はありません。各家庭ごとに考えが違いますし、子供の性格も違います。中学受験の是非は、その家庭でしか最終的に判断できないのです。

だから少々、苦しいとわかっていても何とか受験させようとする家庭もあるし、結果として中高一貫校、やがては大学と続けば、どこかで支出に無理が生じることだってありますよ。

それを大学の奨学金でカバーするのか、教育ローンを使うのかといったリアルな現状も、実際には少なくないのです。

返済不要の奨学金はまだまだ少なく、一般的な奨学金は親ではなく「子どもが返済するもの」です。

「きちんと先々の学費を計算せず、中学受験はなんとかなると思っていたのが間違いだった。貯めていた学費はどんどん切り崩していき、中高一貫校で高校2年からは家計から学費をすべて捻出せざるを得なくなった。大学は入学金で精一杯、悩んだ末に子どもに返済義務があるのはどうかと思って、最後は教育ローンを利用した」

という体験談もありました。大学附属中に子どもが通っているママは

「子どもが友だちと遊ぶ時にそれなりにお小遣いを持たせることになる。親同士のおつきあいも派手。そうしたお金の使い方に無理して合わせているとかなり厳しい」

と言い、「こういうお金はなかなか夫にも言いづらくて、親(祖父母)に何かと融通してもらっている」と複雑な表情を見せていました。

中学受験 費用 いくら

「受験と中学の学費は何とかなる」ではすまないのが教育費です。

なぜなら、教育費はなんであれ子どもが「卒業して社会人になるまで」かかる費用なんですよ。

中学受験費用から私立高の学費まで、「余裕とまではいかないが、苦しいとまではいわない」家庭も少なくありません。出せるか出せないかで言えば出せるが、少し苦しいときもある……それが中学受験にまつわる家計のリアルなのです。

中学受験を検討しようと思ったら、親は「大学卒業まで」を考えて、教育費のプランをたてることが大切です。もちろん、それだけ頑張って家計を管理し、高い授業料を払い「その学校に行かせる(行かせたい)理由があるのか」も受験を決断する前に親がしっかり考えたいポイントですね。

小学生におすすめのオンライン学習教材

  • トライのオンライン個別指導塾 オンライン授業満足度No.1のマンツーマン指導が入会金+授業料2ヶ月分無料! この春、トライなら変われる

  • そら塾 オンライン個別 【1ヵ月授業料無料】CMで話題!月5,400円~。生徒数No1のオンライン個別指導でテストの点数アップ!

  • 進研ゼミ小学講座 さかのぼり・先取り学習も受講費にコミコミ!先生のライブ解説で「わからない」をなくせる 

  • すららネット 学年にこだわらない「無学年方式」が特徴。つまずきの原因を自動で診断+遠隔コーチでやる気が持続 

  • オンライン家庭教師GIPS(ギプス) 月々1万円〜のオンライン家庭教師。365日の自習サポート24時間のLINE質問も無料で対応

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ