掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

小学生に習い事は必要?「習い事をしてない・させない」親の考えは?(教育トピック)

多くの子どもが幼児期から習い事をしています。実に80%の小学生は習い事をしているのだとか。今回はあえて「習い事をしていない・させない」ご家庭のお話を中心に、小学生に習い事は必要なのかを探っていきます。

確固たる方針があって「小学生のうちは習い事をさせない」としている家庭は少なく、どちらかといえば

「子どもが行きたくないのなら無理強いするつもりもない」
「小さいうちから習い事に忙しいのはどうかなと思う」
「経済的な余裕がない」

といった理由から、結果的に現時点では習い事をしていないご家庭のほうが多いようです。「何か習い事をさせたほうがいいのかな」「小学生に習い事って本当に必要なのかな」と思っている皆さんの参考になればと思います。

コエテコが選ぶプログラミングスクール・教室

  • nestsデジタルクリエイティブアカデミー 制作会社が支援。WEBデザインからXRまで初心者も経験者も学べるスクール!通学・オンラインが選べます

  • TECH I.S.(テックアイエス) 転職のみならず副業・フリーランスにもオススメ!一生モノのプログラミングを身につけるならここ!

  • D-SCHOOLオンライン 子どもが大好きなマイクラやRobloxでプログラミングが学べる。​コエテコ​人気No.1!

  • スキルアップAI Youth 中高生向けオンライン完結AIプログラミングスクール!知識ゼロでもAIを使ったアプリ開発ができる!

  • DMM WEBCAMP 転職成功率98%。転職できなければ全額返金。DMM.comグループならではの非公開求人も多数

小学生の習い事は必要か?

小学生 習い事 必要

子どもに習い事は必要と考える親の意見まとめ
  • 家や学校ではできない体験が得られる
  • 子どもの才能やスキルを伸ばせる
  • さまざまな人と交流し社会性やコミュニケーション力がつく
子どもに習い事は必要でないと考える親の意見まとめ
  • 子どもがやりたがっていないのに無理に習わせる必要はない
  • 必要なことは学校と家庭で学べる
  • 習い事中心の生活になりがち

小学生が習い事をしている割合

小学生 習い事 割合
* 引用:小学生白書Web版/学研教育総合研究所

実際に小学生で習い事をしている割合を見てみましょう。グラフの右端にある「学校以外で習い事はない」は約20%、つまり80%の子どもが何らかの習い事をしている割合になります。

今や習い事をしていない子どものほうが圧倒的に少ない状況です。

保護者が周囲を見渡して(うちも何かやらせたほうがいいのかな)(習い事をしていないけど、これってまずいことなの?)と迷ったり悩んだりする気持ちもわかるような気がします。

習い事をするメリットとデメリット

子ども 習い事 メリット デメリット

では習い事をするメリットとデメリットを見ていきましょう。

小学生が習い事をするメリット

  • コミュニケーション力や社会性が身につく
  • 将来必要と思われるいろいろなスキルを習得できる
  • 体力や知力に特化した「専門家の指導」により才能や能力が開花する
何でも吸収する子ども時代は、スキルや思考力、体力をぐんぐん伸ばすにはピッタリの時期。習い事は専門性を持つ指導者が導くことで、より大きく才能や能力を高められる可能性があることもメリットのひとつです。

習い事では、指導者や先生と学び、いろいろな友達との出会いがあります。家庭や学校以外の場で交流する機会を持つことで、社会性やコミュニケーション力が高まることも期待できます。

幼児期や小学生から継続的に学ぶことで、スキルや体力など習い事に応じて身につきます。それらはきっと子どもの成長および将来に役立つでしょう。

小学生が習い事をするデメリット

  • やりたくないことを続けた場合のストレス
  • 結果や成果を求められれて萎縮したり嫌気がさすことがある
  • 疲労度が高いと学校がおろそかになり本末転倒になりがち
習い事につきまとう問題として「親がやらせたいもの」と「子どもがやりたいもの」が違うパターンがあります。子どもに意欲がなく、習い事との相性も悪ければただ通っているだけで残念ながら時間を無駄にしていることもあるでしょう。

また特に最近は多くの習い事をする子どもが増えて、疲れてしまい、学校で居眠りをしてしまう本末転倒のケースも見受けられます。

さらに習い事での成果や成績ばかりに気が取られてしまう親がヒートアップし、子どもに重圧がかかり、ストレスから嫌気がさすパターンも。

習い事では、子どもの気持ちを無視した強引な方法を行うとデメリットが増える面が大きいようです。

ママ・パパに聞いた!「習い事をしてない・させない」理由とは

子ども 習い事 しない

子どもに習い事をさせない「親の意見」

本当にその習い事は子どもがやりたいことなのか

幼児期や小学生低学年だと、友達の話にただ流されたり、誰かに言われたからやりたいという話がほとんど。あとは親が子どもにやらせたいからという理由。

本当にその習い事は子どもがやりたいことなの?と聞きたい。

わが家は習い事はさせないと決めているわけではない。ただ、子どもが何かやりたいと言い出しても、しばらく期間をおいて再び聞いてみるとコロッと気持ちが変わっている。

本当にやりたい気持ちが伝えられるような年齢になったら習い事もいいけれど、今はまだその時期ではないと考えている。などと言いつつ、妻は「スイミングくらいはやらせたい」と言っていますが……(Kさん/子ども・小2)

なんでもかんでも「習い事」は違うと思う

正直、習い事に行かせる理由がありません。

図書館でたくさんの本を借りて一緒に読んだり、博物館でも美術館でも連れていったりしています。運動も水泳は夫が教えているし、理科実験などは休日に自治体が無料で催しているワークショップで充分です。

最近、娘はピアノに興味をもったらしく、私に動画で学べるピアノレッスン(無料)を見せてきました。とてもよくわかるし、やってみたいなら挑戦させようと小型の電子ピアノを購入。

もし本格的にやりたいと言えば、もちろん考えますが、なんでもかんでもすぐに習い事というのは少し違うのでは?と思っています。家庭でできることって思っている以上にいろいろあります。(Uさん/子ども・小4)

放課後は友達と遊んでほしいから!

とにかく小学校のうちは元気に遊んでほしい。下校したらおやつ食べて、宿題を猛スピードでやって、公園で遊んでます。


「絶対に習い事をさせない」みたいなポリシーではなく、格別「習い事をやらせなくては」と思うことがないだけです。

地方で都市部から離れているので「車で30分以上かかる送迎」をしてまで、子どもがやりたい、親がやらせたい習い事がないというのも理由のひとつかも(Hさん/子ども・3歳と小3)

熱心すぎる親たちを見たら引いた

義姉のあまりに熱心な習い事へのスタンスにビビってしまった。見学にいった習い事(バレエ)でも、周りのママたちの熱意に正直、引いてしまった。

そんな母親の態度を察していたのか、娘もビビって、まったくなじまなかった。

とりあえず「今はそういうタイミングじゃないんだ」と思っている(Mさん/子ども・小1)

習い事はさせたいが子どもが嫌がる「親の意見」

習い事は行きたくないと子どもが嫌がる

もともと、ひとりで何かを作るのが好きで、小さい頃はブロックに、今は電子工作やプログラミングにハマっていますが、どれも動画を見て自己流でやっています。教室のパンフレットを見せても全く関心がない様子。

子ども 習い事 長続きしない

親としては集団行動や仲間作りを考えて、サッカーやバスケットなど団体スポーツを特にすすめているのですが「運動は苦手だし、どうして嫌なことをやらせたがるのと言われました。

私自身は小学生からバレーボールのクラブに入り、今でもその時の仲間と親しいので、学校以外の場で友人を作り、みんなで達成感を味わう経験をさせたいと思うのですが……夫に「あえて無理強いしなくていいのでは」と言われ断念しました(Aさん/子ども・小3)

子どもが習い事に乗り気にならない

いろいろ提案はしたけど「別に」「え~」とか、子どもの反応は薄い。そんな反応で、しぶしぶ通ったところで意味がないと思ったので(Tさん/子ども・小5)

習い事をさせても長続きしないから

習い事は何かやらせたほうがいいのかと思って体験に参加させてみると、どれも「やってみたい」と言う。

ところがいざ「じゃ、これをやってみる?」と申込みの段階になると、実はそこまで考えていない様子で「どっちでもいい」と親まかせ。

何かを習うにしても本気で取り組まないと意味がないと思うけど、子どもの本気度がまったく伝わってこない。これでは長続きするわけがない。

実際にいくつか習い事はさせたのだが、結局、行きたくない、合わないと数ヶ月でやめたので、今はもう習い事をさせる気はないです。

学校から帰宅したら宿題してゲームやって夕飯、のペースですが、だから悪いというわけでもないかなとあきらめ半分で思っています(Rさん/子ども・2歳と小3)

させたくても習い事をさせられない「親の意見」

3人の子どもに平等に習い事をさせる余裕はない

正直に言って、それだけの余裕がない。3人子どもがいるけど、きょうだいのうちの誰かだけ、というわけにもいかないし。

中学生になれば「受験のためには塾が必須!」になるかもしれず、そうしたお金はなんとかしようと思っているけど……水泳だとか英語だとか、小学校低学年から通わせる余裕はない(Fさん/子ども・5歳と小3と小6)

本当に必要なときのために学費は貯めておきたい

最近の習い事って本当に高くないですか?

子ども手当を貯蓄しても将来の学費に不安があるのに、とても習い事までまかなえません。

また、家計からひねり出したとしても、どうしてもやらせなくてはならないと思える習い事もありません。

知り合いは平日すべて何かしら子どもに習い事をさせていますが、「月に4万くらい」とサラッと言うのでビックリ。

もしそれだけの余裕があったとしても、それなら例えば高校や大学生になって、もし海外で勉強してみたいとか、専門スキルを学ぶスクールに行くとか、本人の意思と将来への目標がしっかり定まったときに「頑張れ!」と背中を押せるように、学費をためておきたいです(Oさん/子ども・小5)

実際に小学生の習い事でかかる平均支出金額は?

小学生 習い事 いくら 平均
* 引用:子どもの教育資金に関する調査2022/ソニー生命

上記の調査結果を見ると、小学生の習い事にかかる平均的な費用は約15,000円です。単純な計算をすると、もし子どもがふたり、小学生と未就学児がいたら、毎月の出費は23,000円程度。中学生と小学生なら、毎月35,000円です。

これを高いと見るか、妥当と見るかは価値観や家計にもよるでしょう。しかし、もし35,000円だとすれば、年間42万円です。5年間ほど兄弟姉妹が通う習い事の時期が重なると、210万の子ども費・教育費を支出することになります。

こうした支出を捻出できない、あるいは捻出はできたとしても体験談にもあるように「厳しい状況で今後の教育費を考えたら、小さいうちから習い事に費用をかけられない」家庭があるのも、うなずけます。

特殊なレベルをめざす「習い事」は別のカテゴリー

オリンピック選手やプロ野球選手が、幼児期から特殊な訓練やトレーニングを積んできた話を耳にすることがあります。

また、世界的に著名なピアニストが小さい頃から1日何時間と練習してきたというエピソードなどもあるでしょう。

こうした習い事は親の確固たる考えがあり、育て方も目標も明確です。それこそ「習い事をやらせようかな?」と悩む以前の問題です。

成功のストーリーはとても素晴らしく感動的ですが、親に覚悟と決意があって貫徹できる少し特殊なケースですね。

大切なのは家庭の考えと中心にいる子どもの思い

小学生 習い事 してない

習い事をさせないのはかわいそう、という声は常にあります。あるお母さんは「お金なら出してあげるから、やりたいことをやらせてあげなさいよと義母に言われた」と話していました。

習い事をしていない家には、それぞれの理由があります。習い事が子どもの成長に絶対に必要かといえば、そうではないでしょう。

ただ、学校と家庭が中心の生活を過ごす子どもに、多くの世界を見せてあげたい、さまざまな経験をさせてあげたい、今から必要なスキルや思考力を育ててあげたい、と考える親は多くいます。

家庭で子どもを「どう育てたいか」「どんな環境を与えたいか」「どれだけ教育費をかけられるか」をよく話し合うことが大切です。そして、その中心にいる子どもの気持ちや考えによく耳を傾けてあげたいですね。

コエテコが選ぶプログラミングスクール・教室

  • nestsデジタルクリエイティブアカデミー 制作会社が支援。WEBデザインからXRまで初心者も経験者も学べるスクール!通学・オンラインが選べます

  • TECH I.S.(テックアイエス) 転職のみならず副業・フリーランスにもオススメ!一生モノのプログラミングを身につけるならここ!

  • D-SCHOOLオンライン 子どもが大好きなマイクラやRobloxでプログラミングが学べる。​コエテコ​人気No.1!

  • スキルアップAI Youth 中高生向けオンライン完結AIプログラミングスクール!知識ゼロでもAIを使ったアプリ開発ができる!

  • DMM WEBCAMP 転職成功率98%。転職できなければ全額返金。DMM.comグループならではの非公開求人も多数

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ