口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

大学生の副業はどう選ぶ? トラブル回避&最適な副業の見つけ方

一昔前は、大学生はアルバイトをして生活費や学費を稼ぐイメージがありました。しかし、今ではクラウド上でも仕事ができるようになり、大学生の中にも副業をする人が増えています。アルバイトは店や会社と雇用関係を結びますが、副業は業務委託なども多く、自分で仕事を得ていくものが多いです。この記事では、大学生が副業を選ぶ際の注意点を知るとともに、おすすめの副業をピックアップ。これから副業をしようという大学生の方は、ぜひ参考にしてみてください。

副業・フリーランスに必要なスキルが学べる!

  • DMM WEBCAMP 転職成功率98%&離職率2.3%。転職できなければ全額返金。DMM.comグループならではの非公開求人も多数

  • RUNTEQ(ランテック) 高クオリティで人気急上昇1000時間の学習量で現役エンジニアからの評価も高い

  • SAMURAI ENGINEER (侍エンジニア) 完全オンライン、マンツーマン指導で累計指導実績35,000名以上!オーダーメイドカリキュラムあり!

  • ポテパンキャンプ Web系開発企業への転職率に圧倒的な強み!毎日10時〜23時の質問サポートが魅力!

大学生が副業を選ぶ際の注意点

これから大学生が副業を選ぶ際の注意点についてご紹介しましょう。

安全な仕事を選ぶ

副業と呼ばれる仕事の中には、違法性が疑われる仕事もあります。学業が本業である大学生の場合、トラブルに巻き込まれることで本業に影響が出ることも少なくありません。退学などの事態にならないように、その仕事の安全性についてはきちんと確認しましょう。

雇用関係を結ばない仕事の場合は、特に注意が必要です。儲け話やおいしい話などはすぐに飛びつかないように注意してください。

また、業務委託などの場合はできるだけ契約書を交わすようにし、こちらに不利な記載がないか、きちんと確認してから仕事を開始するようにしましょう。

報酬の未払いや詐欺などの被害に遭わないよう、ネットで会社名を検索してみるのもおすすめです。

導入コストがほとんどかからないものを選ぶ

例えば、一般的なアルバイトを始めるとき、制服となるシャツやスラックスなどを購入するケースは少なくありません。

何千円かのコストはかかりますが、これは働くための必要なコストです。その後、追加で購入する必要もなく、長く働き続けられることを考えれば、負担は大きくないと考える人も多いでしょう。

しかし中には、副業を始めるために商品を前もって購入したり、入会金を支払ったりするケースがあります。

このような初期費用のかかる仕事は、一般的な雇用関係でないことが多く、そもそも安定して稼げない鼠講や悪質なマルチ商法等であることも多いです。導入コストが必要な仕事はより注意するようにしてください。

就活など、将来役立ちそうなものを選ぶ

せっかく仕事をするのであれば、将来就活で役立ちそうな副業にするといいでしょう。就職活動の面接において、アルバイトについて尋ねられることは少なくないありません。アルバイトに関するエピソードが話せると面接のネタにも困らないでしょう。

生活費のために副業をする学生も多いですが、就活に活かせることも頭の片隅に置いて選んでみてください。

学業と両立できるものを選ぶ

お金を稼ぐことはとても楽しい行為です。そのため、副業に夢中になり、学業がおろそかになる可能性はあります。副業を始めるときには、学業と両立できるものを選ぶように注意しましょう。

授業開始1時間前には仕事を終えて授業の準備をしたい、毎日1時間は課題をやる時間がほしい、テスト期間中はお休みしたいなど、大学生ならではのスケジュールに配慮して両立できるかを確かめます。

報酬に見合った仕事を選ぶ

スキマ時間にできる副業、週に1回からできる副業など、学生にとって取り組みやすい副業は多々あります。しかし、仕事内容と報酬が見合っていないものは、あまりおすすめできません。

1時間の作業で数百円しかもらえない場合、それは学生という立場を搾取されていると言ってもいいかもしれません。

報酬は妥当と思える額をもらい、もし、納得できない報酬額なら、その仕事は断るべきです。

大学生におすすめの副業

ここからは、大学生におすすめの副業についてご紹介します。実際に学生が活躍している分野ですので、あなたもすぐに挑戦できるはずです。

webライター

webライターは大学生に人気の副業です。パソコンとネット環境さえあればできるので、誰でも簡単に挑戦できます

出社する必要もないため、大学の授業と授業の間に働くことも可能です。夜中や早朝に働くことも不可能ではありません。

クラウドソーシングサイト以外にも、webライター登録サイトに登録したり、web制作の会社に直接打診するなどして仕事を得る方法があります。

プログラマー

もし、プログラミングスキルがあるなら、プログラマーとして副業をするのもおすすめです。報酬は難易度や仕事の量によっても変わりますが、スキルさえあれば学生か社会人かを問われることは多くありません。

仕事を探すならクラウドソーシングサイトなどを利用すると、自分に合った仕事が見つけられます。

学生時代からプログラマーの仕事を経験すれば、就職活動でアピール材料になる可能性も。将来プログラマー志望なら、ぜひ、副業にプログラマーを選んでみてはいかがでしょうか。

アフィリエイト

自身でサイトを構築したり、ブログを開設できるなら、アフィリエイトもおすすめです。

気になる商材を紹介するためのブログを1本書くだけでも、うまくいけば数万円のマージンが得られるようになる可能性も。続ければ1ヶ月に数十万単位で稼げるケースもあります。

コピーライティングの知識や文章を書くスキルは必要ですが、一度身につければ将来にわたって活用できるため、セミナーなどで学んでスキルを身につけるのも一つの手です。

写真素材販売

カメラが好き、写真を撮ることが好きなら、写真素材を販売するフォトストックサイトなどに写真をアップしてみましょう。

プロ級の撮影スキルが必要なイメージがありますが、最近は個人ブログに用いられるようなスマホ撮影した写真が重宝がられる傾向も。スマホの撮影機能も精度が上がってきているので、一眼レフカメラなどがない人でも収益を見込めます。

翻訳

語学スキルがあるなら、翻訳を副業にするのもいいかもしれません。最近ではスキルシェアサイトが注目されており、簡単な英文を訳すなどの依頼がたくさんあります。

1件ワンコイン程度の報酬であることも多いですが、スキマ時間に行うことができ、語学スキルの維持にもうってつけです。

せどり

安く仕入れたものを、仕入れ値以上の値段で売りさばくのがせどりです。ネット転売と呼ばれることが増えていますが、市場を調査したり、仕入れを工夫したりと、一筋縄では行かないことも多いです。

ただし、経験を重ね、仕入れルートや販路を工夫すれば、売上を拡大していくことはできます。

せどりは何より自宅にいるまま行うこともできるので、学生にはぴったりの副業。市場調査などの分析に興味がある人なら、大きな売上を上げることも不可能ではありません。

まとめ

大学生が副業をするときには、きちんとした会社と契約を結ぶことが大切です。または、クラウドソーシングサイトなどを経由して、報酬の未払いや詐欺等の被害に遭わないように気をつけましょう。学業と両立できる副業を選び、本業である学業に悪影響のないようにスケジュール管理することも大切です。

副業・フリーランスに必要なスキルが学べる!

  • DMM WEBCAMP 転職成功率98%&離職率2.3%。転職できなければ全額返金。DMM.comグループならではの非公開求人も多数

  • RUNTEQ(ランテック) 高クオリティで人気急上昇1000時間の学習量で現役エンジニアからの評価も高い

  • SAMURAI ENGINEER (侍エンジニア) 完全オンライン、マンツーマン指導で累計指導実績35,000名以上!オーダーメイドカリキュラムあり!

  • ポテパンキャンプ Web系開発企業への転職率に圧倒的な強み!毎日10時〜23時の質問サポートが魅力!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ