口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

プログラマーってどんな仕事?プログラマーになるにはどうしたらいいの?

小学校でのプログラミング教育の必修化や、慢性的なIT人材不足のニュースを見て、プログラミングについて調べてみた方も多いのではないでしょうか。そしてプログラマーやシステムエンジニアと聞くと、給与をたくさんもらえるイメージがあると思います。


プログラマーがどんな仕事をしていて、どれくらいの年収がもらえるのか、どんな人が向いている職業なのか、幅広くご紹介いたします。



プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

プログラマーとはどんな仕事をするの?

プログラマーの仕事を一言で説明すると、「コンピューターを動かす言語を用いてコンピュータープログラムを組み、さまざまなシステムやソフトウエアを作ること」です。

システムエンジニア(SE)と同じように考えられる場合がよくありますが、違いは「プロジェクトにおける役割」です。一般的には、システムエンジニアはシステムの仕様書を作成、それを基に、プログラマーがプログラムを組み、システムを作り上げていきます。

かつてプログラマーは企業が使用する大掛かりなコンピューターシステム、例えば金融システムや物流システムなどの分野で活躍してきました。しかし現在ではモノのIT化が進み、身のまわりのあらゆるものにコンピュータープログラムが活用されていることで、プログラマーの活躍の場は広がっています。IoT(Internet of Things)と呼ばれる、モノとインターネットがつながるシステムが普及してきたことも一因となっています。

個人用のスマートフォンやタブレットのアプリケーションをはじめ、電子レンジやテレビなどの家電に関するソフトウエアの開発にまで、プログラマーの存在が必要不可欠となっているのです。

プログラマーになるとどれくらい稼げるの?

プログラマーは専門職で需要の高い仕事だから、たくさん稼げるでしょう? そう思っている方が多いと思います。実際には、平均年収は約350万円から500万円とされており、他業種と比べても大きな違いはないといえます。ただし、環境や個人のスキルによって大きく差がでることが特徴的です。

大企業に勤務しているプログラマーのほうが平均年収が高いと調査されており、10人~99人規模の会社の平均年収が約378万円なのに対し、1000人以上の企業での平均年収は約534万円となっています。雇用形態によっても差はありますが、一般派遣社員となると少し低めの水準となり、企業に属さず、個人で多数の企業と契約をしているフリーランスの方で、スキルと営業力を兼ね備えた優秀なプログラマーとなると年収1000万円を超える場合もあるようです。

男女別の平均年収は、男性が約425万円、女性が約372万円になっています。この男女差は役職による差だと考えられます。

厚生労働省の「平成28年 賃金構造基本統計調査」のデータでは、以下の結果が発表されています。
  • 平均年齢:31.6歳
  • 勤続年数:5.8年
  • 労働時間:162時間/月
  • 超過労働:16時間/月
  • 月額給与:約30万円
  • 年間賞与:約56万円
  • 平均年収:約415万円
WEBプログラマーや、ゲームプログラマー、組み込み系・制御系プログラマーなど、プログラマーにも種類があります。それぞれによって必要とされるスキルやプログラミング言語が変わるので、同じプログラマーでも種類による年収差も大きいようです。

プログラマーにはどうしたらなれるの?

では、どのようなステップを踏めば、プログラマーになることができるのでしょうか。実は「プログラマーになりたい」、その気持ちさえあれば、誰にでもプログラマーになれる可能性があります。専門学校に行ったり、理系の大学出身であったりすることは、必ずしも必要ではないのです

なぜなら、情報社会の中で、プログラミングを学ぶための環境が充実してきており、誰でも、どこでも、勉強することができるようになっているからです。

初心者の方でもすぐに勉強を始められるような書籍も簡単に手に入りますし、わからないことがあってもインターネットで検索すればいくらでも回答を得ることができます。本職の傍ら、独学でプログラムを学んで、副業として始められる方もいるほどです。

また、未経験で企業に入社した場合でも多くの企業は、入社後に企業内や研修会社で研修を実施します。研修中には、就業上のルールやプログラミングに関する基礎的な知識を学びます。研修終了後は、OJT(On the Job Training)と呼ばれる現任研修です。先輩のプログラマーと初歩的なプログラムを組むことから、実務が始まります。

もちろん、プログラミング教室に通うことは最短コースとなるでしょう。プログラマーを目指すにあたり、資格や免許は必要ないことがほとんどですが、就職や転職の際に、明確なスキルの指標として有利となることがあります。また、資格があることで資格手当てをもらうことができる企業もありますし、昇進昇格の条件となる場合もあります。早く、確実なコースでプログラマーになりたい方は、プログラミング教室への通学もオススメです。

プログラマーに必要なスキルは?

プログラマーを目指すなら、まずは必要なスキルを身につけるところからはじめましょう。「未経験可」の求人を出している企業もありますが、スキルがあればそれだけプログラマーとして採用されやすくなります
必要とされるのは、以下のようなスキルです。
  • プログラミングスキル
  • 情報収集スキル
  • 論理的思考力
プログラミングスキル
プログラマーには、当然プログラミングスキルが必須です。
最初から高度なスキルや複数のプログラミング言語を習得することは難しいので、まずは自分が目指す分野のプログラミング言語の学習からはじめましょう。

情報収集スキル
プログラミングスキルを身につけるときや、プログラマーとして仕事をする上で、情報収集スキルも欠かせません。学習してつまづいたとき、また実際に仕事でプログラミングに生じた問題を解決する際にも、適切な情報にたどり着く能力は重要です。

論理的思考力
論理的思考力とは、物事を筋道立てて考える思考法のことを指します。コンピュータに的確にプログラミングをするためには、論理的に考える力が重要なので、ぜひ身につけたいスキルです。
また論理的思考力は問題解決能力にも結びつきます。論理的に考えることで問題から原因を見つけ出すことができるので、解決の手段を考えられるようになります。

このほかにもコミュニケーション能力や根気・忍耐力なども必要です。これらは後ほど適正を紹介する部分で詳しくご紹介します。

プログラマーにおすすめの資格は?

プログラマーになるために、必ずしも資格は必要ありません。しかし資格を取得することで、それぞれの分野の一定の知識やスキルがあることを証明でき、就職・転職やキャリアアップを目指すときなどに有利にはたらきます。また資格の学習で、その分野に関する知識が深められるのもメリットですね。

プログラマーにおすすめの試験・資格は、以下のとおりです。
  • ITパスポート試験
  • 情報セキュリティマネジメント試験
  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
上記はプログラマーやエンジニアを目指す方におすすめの国家試験です。難易度はそれぞれで違い、合格するとITや情報処理に関する基本的・応用的な知識・技能を持っていることを証明できます。

上記の他に、各プログラミング言語や職種によって、様々な資格があります。詳しくは他のページで紹介しています。


プログラマーにはどんな人が向いているの?

プログラマーになりたいけれど、できるのか自信がない。自分に向いているのか不安だ、という方も少なくないと思います。実際のところ、プログラマーという職業を続けていくには「向き不向き」が重要だと言う意見も一般的です。


そこで、必要とされるプログラマーの適性についてご紹介したいと思います。


①問題解決能力
プログラマーの仕事は、プログラムを組むだけで終わりではありません。システムエンジニアからの仕様書通りに作った場合でも、仕様の不備などから、エラーが出ることや、思う動きにならない場合がよくあります。このようなバグを修正するのもプログラマーの重要な仕事で、バグの原因を突き止める問題解決能力が必要です。

②根気と忍耐力
プログラムを組むことも根気のいる作業ですが、組んだあとにも作業は続きます。長いときには何カ月もの時間をかけてテストを繰り返し、不具合を修正することがあります。根気と忍耐力が必要とされる仕事です

③論理的思考
たいていの場合、仕様書には、すべてのことが事細かく丁寧に記載されているわけではありません。プログラマー本人が、仕様書を読み解き、そのあとのプログラミングを組む手順を考えます。問題を解決するための方法や手順のことを「アルゴリズム」といいますが、いかに論理的思考を駆使してアルゴリズムを構築していくのかも、プログラマーにとっては重要です。

④コミュニケーション能力
寡黙に作業をしているイメージがありますが、クライアントや、システムエンジニア、チームのメンバーの意見もくみながら、円滑に作業をすることも必要な能力です。また、自分の考えや思いを、うまく言葉にして伝えることも必要とされています。

プログラマーの種類

前述したように、「プログラマー」とひとくちに言っても、何を作るのかでその業務内容は大きく変わってきます。これはたとえば、「販売員」と言っても何を売るかによって業務内容が全く異なることと似ているでしょう。

多くの方は、「プログラマー」と聞いて、Webページやスマートフォンのアプリを作る仕事を想像されるのではないでしょうか。しかしその他にも、身近なところではテレビゲームなどもプログラミングによって作られています。また、皆さんが日常的に使っている電化製品、レジに置いてあるレジスター、飲食店にあるタブレット注文システムなども、プログラミングなしでは動かすことができません。

プログラミングは、「プログラミング言語」というものを用いて行います。そして、何を作りたいか、何を動かしたいかによって、使うべきプログラミング言語は変わってきます。「プログラマーになりたい!」と考えている方は、「プログラミングによって何を作りたいか?」まで考えておくと良いでしょう。

プログラマーを目指せるおすすめのスクール 

プログラマーを目指すためには着実にスキルを身につけられる勉強方法が重要です。ここではおすすめのプログラミングスクールを3つご紹介します。独学では不安という方もぜひチェックしてみてください。

DMM WEBCAMP

出典:DMM WEBCAMP
DMM WEBCAMPは業界大手のDMMが運営している完全オンラインのプログラミングスクールとあって、未経験から即戦力のプログラマーを目指せる独自のカリキュラムが初心者に人気です。

独学でプログラミングを学ぶ場合の挫折率は95%といわれるなか、DMM WEBCAMPでは97%以上のプログラミング未経験者が高い学習継続率を実現。カリキュラムでは教材による知識のインプット、チャプターごとの課題を繰り返し、最終課題のポートフォリオ制作に着手します。カナダで実践開発されたICEモデルに基づき、3,000人以上の学習データから開発した最適な学習内容と課題設計を用意しているのが特徴です。

出典:DMM WEBCAMP

さらにマンツーマンで行う週2回のメンタリングや毎日のチャットサポートを通して、学習進捗はもちろん生活スタイルを含むマネジメントまで可能です。期間は4週間~16週間のうちから選ぶことができ、料金は4週間プランが169,800円、8週間プランが224,800円となっています。期間の延長や利用していない期間分の返金保証制度も適用できるので、期日に追われて焦ることはありません。
DMM WEBCAMPはこちら

TECH I.S.(テックアイエス) 

出典: TECH I.S.(テックアイエス)
TECH I.S.(テックアイエス)は現役Webエンジニアからスキルを学べるだけでなく、受講生の自立までサポートするオンラインプログラミングスクールです。実践的な開発カリキュラムや講師と課題解決方法を考える過程を通して、プログラマーの就職や副業で役立つ実践力を身につけられます。

長期PROスキルコースの受講期間は1年間で、前半はプログラミング学習、後半は履歴書添削や就職先紹介などのキャリアサポートが中心です。

出典: TECH I.S.(テックアイエス)

クラス制度やイベント開催、チーム開発といったコミュニティを重視しているのもTECH I.S.(テックアイエス)の特徴で、スタッフや生徒と支え合うことによって独学にはない達成感を感じることができるでしょう。

人気No.1の長期PROスキルコースの料金は686,400円、3か月でプログラミングが学べる短期スキルコースは343,200円です。他にも上級者向けのデータサイエンティストコースや近年ニーズが高まる副業コースを用意しています。
TECH I.S.(テックアイエス)はこちら

RUNTEQ(ランテック)

出典:RUNTEQ(ランテック)
RUNTEQ(ランテック)Web開発系企業内定率98%の実績を誇るWebエンジニア養成プログラミングスクール。Web開発のノウハウを習得できるカリキュラムを用意しており、Ruby・Ruby on Railsなどのプログラミング基礎文法やタスクのこなし方、企画、発展的なコードの読み書きやAPIでの実装など実践力アップにこだわっています。

学習中は現役エンジニアへの質問や専任キャリアトレーナーによる自己分析サポート、卒業生や同期と交流するコミュニティなどさまざまなサービスが受けられます。最終課題として企画・設計からマーケティングまで見越したオリジナルポートフォリオを作成できるので、書類選考で人事に注目される履歴書作成が可能です。

Webマスターコースの料金は437,800円(一括払い)で、期間は9か月。学習時間の目安は1,000時間ほどと考えておきましょう。
RUNTEQ(ランテック)はこちら

文系だけどプログラマーになれる?

進路は文系を選択し、理数系の勉強をあまりしてこなかったためにプログラミングができるかどうか不安という方もいらっしゃるかもしれません。もちろん、高度なプログラミングを行おうとすれば、数学を中心として理数系の知識が必要となってくる場合もあります。しかし、初歩的なプログラムを行う上では、しっかりと手順を踏んでいけば無理なく学んでいくことができるでしょう。

プログラミングを行う上で最も大切なのは情報収集能力です。プログラミング言語に関する情報はインターネットや書籍にたくさん載っていますし、公式のドキュメントもあります。自分の目的に合わせて、それをしっかり読み解いていくことがプログラミングを行う上では重要です。文献を読み解いて理解する力は、文系か理系かはあまり関係のないことでしょう。

また、筆者の周りには、実際に大学で人文学系のことを学んだ後にプログラミングを習得し、それで仕事をしている人がたくさんいます。そういった人の多くは、学生時代にはプログラミングを全くしたことがなく、入社後に研修でプログラミングを覚えています

プログラミングは、体験したことがなければ「なんか難しそう」という印象があると思います。しかし、実際に体験してみるとそれほど怖いものではありません。まずは、初歩的なところから学習してみることをおすすめします。その際には、独学では難しいことも多いので、必要に応じてプログラミングスクールの受講なども検討しても良いかもしれないですね。

プログラマーの将来性は?

プログラマーを目指す方の中には、将来性が気になる方もいるでしょう。プログラマーは専門性の高い仕事であり、将来性のある仕事といえます。
経産省の調査によると、2030年までにIT人材が最大で78.7万人不足することが明らかになっており、プログラマーに関しても高い需要のある状態が続くと考えられます。

ただし、IT業界は日々技術が進化するため、常にスキルをアップデートすることが必要です。新たな技術を学んで取り入れていかなければ、クライアントの依頼に答えることが難しくなるため、市場価値も低くなってしまうかもしれません。プログラマーとなったあとも、新しい知識・スキルを学び続けることが重要です。

参考:経産省「―IT人材需給に関する調査―調査報告書

まとめ

プログラマーについてご紹介させていただきましたが、プログラマーという職業がいかに現在のIT社会において必要不可欠な存在であるか、専門性の高い仕事であるか、おわかりいただけたかと思います。


日頃当たり前のように使っているスマートフォンも、インターネットのサービスも、多くの便利なサービスは、プログラマーや、システムエンジニア、そこに携わるたくさんのエキスパートたちが「世の中の便利のために」絶え間なく努力をしてくれているおかげなのです。


また、お子さんが大きくなる頃には、さらにプログラミングが世の中に溢れていると思いますその時のためにプログラミングを職業の選択肢として考えてみてはいかがでしょうか?


プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ

よくある質問

  • 質問 プログラミングに向き不向きはありますか?具体的にどんな人が向いていますか?

    答え 論理的に物事を考える能力(ロジカルシンキング)や集中力、探究心があり、常に学び続ける努力ができる人が向いています。無料のコンピュータ職適性診断テストもありますがその結果が全てではありません。1つの目安として、自分が興味のあることなら諦めずに挑戦してみましょう。

  • 質問 スマートフォンやタブレットでもプログラミングを学べますか?

    答え スマートフォンやタブレットでもプログラミングを学べるアプリ・サイトもあります。ProgateやMimoはスマホでもプログラミングを学べると人気ですが、アプリ版はコードの全貌が見えづらいのも事実。本格的にプログラミングを学ぶのであればパソコンがおすすめです。

  • 質問 転職希望でなくても趣味レベルでプログラミングスクールに入れますか?

    答え もちろん!ゲームやアプリ制作などご自身が興味のあるコースを探してみましょう プログラミングスクールは転職希望者が多いのは事実ですが、全ての人が転職をゴールにしているわけではありません。自分の目的に合わせた学習内容を組める完全オーダーメイド型のスクールがおすすめです。

  • 質問 プログラミング言語じゃないHTML/CSSを学ぶ必要ありますか?

    答え Webサイト制作に興味があるなら、HTML/CSSは必須です。HTMLは文書を構造化するためのマークアップ言語、CSSはHTMLの見た目や装飾を整えるスタイルシート言語です。プログラミング言語ではありませんが、Web開発には必要な言語の1つなのでしっかり学びましょう。