掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

英語教室とは?メリット・デメリット・料金相場・主要スクールまとめ

習い事の中では人気の高い英語教室。独学よりも、教室に通った方が上達は早いと考えて習わせる方が多いようです。

英語教室には子供向け、初心者向け、ビジネス英語、TOEIC対策など、様々な目的に特化した教室があります。

今回は、英語教室に通うメリット・デメリットを紹介していきます。

コエテコが選ぶ!子ども~高校生におすすめのオンライン英語塾

  • 学研のオンライン英会話Kimini 学研として初のオンライン英会話ブランド!業界初のコース型提案スタイルで受講者10万人突破!

  • Weblioオンライン英会話 教育機関でも導入されているので安心!全年齢対象で担任の先生制度もあり!

  • QQキッズ 4倍速で英語脳になる「カランメソッド」の正式認定校!国際資格TESOL取得のプロ教師も!

英語教室とは?

英語教室とは、英語を習得するためのレッスンを行う塾です。

英会話の上達に特化したものや、受験やTOEICを目的としたもの、プログラミングやSTEM教育、音楽と組み合わせたもの……などさまざまなタイプの英語教室が展開されています。

英語教室ではどのような能力が身につく?

学校の授業でも英語の学習は行いますが、学習の目的はどうしても試験対策に偏ってしまいがちです。
1人の先生に対して大勢の生徒が授業を受けているため、内容が散漫になってしまうことも。

英語教室では学校よりもレベルが高く、より実践的な内容を学習できることもしばしば
中にはネイティブ(母語が英語)の先生からレッスンを受けられる教室もあるので、実戦練習に向いていると言えるでしょう。

英語はこれからますます重要に

「グローバル化」という言葉を聞くようになって久しくなりました。そしてこの十数年で、英語の必要性はますます高まってきています。たとえば、楽天は2010年より社内公用語が英語となっています。日本の少子高齢化が進む中で、英語による情報発信ができることは重要なアドバンテージになります。

また、英語は情報収集においても役立ちます。日本語だけしかできない場合は、日本国内のニュースしか知ることができません。しかし英語のニュースも見ることができるようになれば、国内でのニュースとの取り扱われ方の違いを客観的に見ることができるでしょう。

また、今後はプログラミングの能力も重要になってくることが予想されますが、プログラミングも情報の多くが英語で公開されています。最新の情報を取り入れようと思うのであれば、英語を学習することは必須と言えます。

英語教室に通うメリットって?

英語教室に通うメリットは次の通りです。

講師と直接話せる

担任の先生ならともかく、英語科の先生と直接お話をする機会はなかなかないですよね。わが子の英語力がどうなっているのかたずねたくても、なかなか難しいケースも多いと思います。

英語教室であれば、指導にあたる講師と直接話せるので授業内容も把握できて安心です。

カリキュラムがしっかりと組まれている

英語教室は民間教育ですから、教育効果が上がらなければ生徒の退会(=利益の減少)につながってしまいます。そのため、学校教育と比べて手厚いカリキュラムが組まれていることが多いです。

ハイレベルな教育を受けさせたいのであれば、民間教育の英語教室に頼るのがいいのではないでしょうか。

一緒に学ぶ仲間ができる

学校とは違ったところで友達やクラスメイトができるので、子どものモチベーションが保ちやすくなります。

習い事全般に言えることですが、子どもには「勉強自体は苦手だけど、友達に会いたいから行く」側面があるもの。継続は力なり、の一助になってくれるでしょう。

英語教室の注意点(デメリット・リスク)は?

英語教室のデメリットは以下の通りです。

受講料が高い

民間教育ですから、どうしても無料というわけにはいきません。

ネイティブの先生がいたり、教材がしっかりしていればいるほど受講料は高額になるケースが多いです。

お値段を抑えたいのであれば、オンライン教育がおすすめです。たとえばD-SCHOOLオンラインは月々3,000円以下(※年間一括の場合。月額の場合は4,000円程度)で英語もプログラミングも学べます。

通学時間がかかる

当たり前のように見えて見落としがちなのがこれです。

お住まいの近くに教室がない場合、保護者の方が送迎する必要が出てくるかもしれません。

立地は駅チカ?安全性は?など、子どもの通学環境を考えるのがちょっと面倒かもしれませんね。

学校が忙しくなると、予習・復習が出来ない

予習・復讐は知識の定着には欠かせないものですが、忙しい時期にはついついさぼってしまうもの。

宿題のさぼりが続くと、教育効果が思うように得られず「せっかくの授業料が……」と感じてしまうかもしれません。

英語教室の料金相場は?

英語教室の料金相場は、グループレッスンで1回2,000円~4,000円。マンツーマンレッスンでは1回5,000円~8,000円程がかかります。

その他、入会金を支払う必要がある教室もあるので、教室にしっかりと聞いておくのがベターでしょう。

英語教室にはどんな種類がある?

ここでは、主要な英語教室についてまとめます。

河合塾グループの4技能講座 EX英語 GLOBAL ENGLISH

Z会 英語4技能講座

東進こども英語塾

レプトン

まとめ:英語教室でエンジョイしよう!

英語教室の大きなメリットは、講師と直接話せること。
デメリットは習い事としては、高額なレッスン料金です。

英会話が目的なのか、受験対策をしたいのかで、行くべき英語教室は変わってきます。
まずは目的を整理し、自分に合った英語教室を選びましょう。

講師にどんどん質問して英語を楽しみましょう。

コエテコが選ぶ!子ども~高校生におすすめのオンライン英語塾

  • 学研のオンライン英会話Kimini 学研として初のオンライン英会話ブランド!業界初のコース型提案スタイルで受講者10万人突破!

  • Weblioオンライン英会話 教育機関でも導入されているので安心!全年齢対象で担任の先生制度もあり!

  • QQキッズ 4倍速で英語脳になる「カランメソッド」の正式認定校!国際資格TESOL取得のプロ教師も!

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ
  • 質問 英語を習うのは初めてですが大丈夫ですか?

    答え もちろんです。生徒さんは初めて英語を習う方が多いので、講師たちは楽しく学べるよう工夫していますのでご安心ください。継続して学習を続けることで、小学校5年生から始まる英語の授業にもスムーズに対応できるようになるでしょう。レッスン中は基本的に英語のみで講師は話しかけることが多いですが、外国人講師も日本語を理解できる方がほとんどです。また、万一の接続トラブルなどは、運営側の日本人スタッフが対応してくれるスクールもあります。

  • 質問 子どもが一人で受講することはできますか?レッスン中は親も同席する必要はありますか?

    答え コース内容や年齢にもよりますが、基本的にはオンライン受講のセッティングをしていただいた後の保護者の方の同席は必要ありません。幼児コースの場合は、20分程度のレッスン時間が多く、あっという間に終わります。講師は指導法の研修を受けたプロですので、お子さんの集中が途切れて席をたったり、うろうろしても大丈夫です。「こっち見て」「顔を見せて」と声をかけながら自然と慣れていただきますので、ご心配の必要はないかと思います。もちろん、最初のうちは保護者の方が横についてもらい、徐々に慣れた時点でお子さんお一人でレッスンを受けてもらうことも可能です。

  • 質問 オンラインレッスン中にトラブルが発生したらどうすればいいですか?

    答え オンライン画面にログインをして、接続のトラブルや時間になってもレッスンが始まらない場合は、スクールの事務局やサポート窓口等ににご連絡ください。LINE公式アカウントでの問い合わせやりとりが可能なスクールもあります。レッスンの事前確認として①ID/パスワードを入力してログインして画面に入れること②使用する機材の音声テストとWEBカメラの接続テストを各家庭でご確認ください。授業中に音声やインターネット接続の不具合が生じた場合に、原因が生徒側にあるとレッスンができないケースが発生することもあります。

  • 質問 スマートフォンやタブレット端末でもレッスンは受講できますか?

    答え はい。可能です。
    多くの方がタブレット端末やスマートフォンでレッスンを受講されています。 マイクとスピーカー機能(タブレットやスマホには実装されています)がついていれば問題ありません。普段はパソコンで受講し、時々スマートフォンで受講するなど、その都度デバイスを変えることも可能です。しかしスクールのカリキュラムによっては、パソコンでのレッスンを前提としていることがあるため、スクールの事務局にご確認ください。パソコンの場合はヘッドセットが必要な場合がありますが必須ではありません。

  • 質問 外国人の先生が言っていることを子どもが理解できないのでは?

    答え 幼児コースでは楽しく遊びながら英語に触れることから始まります。わからない部分も含めてインプットを続けることで、リスニング力や会話のスキルアップにつながるものです。徐々に自分の知っている単語やジェスチャーを使って伝えようとする姿勢を小さい頃から身に付けることが大事なステップです。外国人教師の中には、日本語が話せる講師もいますが、日本語が話せる講師であっても、なるべく英語のみでレッスンを行うスクールもあります。