プログラミング教育がわかる、プログラミング・ロボット教室がみつかる

STEM教育とは?21世紀型の新しい教育「STEM教育(ステムきょういく)」

この記事はで読めます。

21世紀型の新しい教育「STEM教育(ステムきょういく)」が世界各国で導入され始めています。

STEM教育は子どものうちからロボットやIT技術に触れて「自分で学ぶ力を養う」という、新しい時代の教育方法といえるものです。


アメリカや新興国では何年も前から導入され、国主導の教育カリキュラムとして実践されています。STEM教育とは具体的にどういったもので、何を目的としたものなのでしょうか。


また、日本におけるSTEM教育の現状どうなっているのか、という点を詳しく見ていきたいと思います。


STEM教育とは?


STEMとは、


S:Science

T:Technology

E:Engineering

M:Mathematics


それぞれの頭文字を取った言葉で、科学・技術・工学・数学の教育分野を総称した言葉です。


STEM教育はこれら4つの学問の教育に力を注ぎ、IT社会とグローバル社会に適応した国際競争力を持った人材を多く生み出そうとする、21世紀型の教育システムです。


しかし、単に「科学技術」や「IT技術」に秀でた人材を生み出すということにとどまりません。


STEM教育の根底には「自分で学び、自分で理解していくこと」があります。すなわち自発性、創造性、判断力、問題解決力といった諸々の能力を高めていくということです。それを可能とするのが、ITでありコンピューターでありテクノロジーです。


現代はこのような技術を利用することで、「子どもが自分で学び取る」ことが可能な時代になりました。


子どもの頃からタブレットに触れる、パソコンでプログラミングをする、ロボットを組み立てるなどの経験の中で成長し、より専門性の高い人材を増やすこと、国際社会および労働市場において価値の高い人材を生み出すことがSTEM教育の本質といえるでしょう。


自発的に学ぶ、自分で理解する、自分で発見していく、それがやがて独自の創造性(クリエイティビティ)にもつながります。そういう意味でSTEMにArt(芸術)という言葉も加えて「STEAM」とする場合もあります。


STEM教育のバリエーション

STEM教育にいろいろな要素を足した、様々なバリエーションもあります。それらの一部を紹介します。


STEAM(スティーム)


STEAM(スティーム)教育は、STEM教育にArtを足したもので、化学・技術・工学・数学に芸術を足した教育方針になります。


芸術を足すと一言で言っても、単純に絵が上手くなる、楽器が上達するということではありません。STEAM教育の特色としては様々な分野を融合させて活かしていくという点です。


STEM教育で学んだことを基礎に、芸術で培かわれた独創性や創造性を活かし、現実社会の問題に取り組み解決する力を養うことが期待されています。


他にも、Science Technology Engineering and Applied Mathematicsの略称として使われることもあり、こちらは応用数学に力を入れた教育となっています。


eSTEM(イーステム)


eSTEM教育は、environmental STEMの略称で、STEM教育に環境教育を足したものになります。


環境教育の分野は多岐にわたっています。異常気象や森林破壊など自然環境、近代化による公害問題など産業環境について、人間関係や生きがいなどの生活環境の問題、IT社会におけるネット環境など、身近なものから地球規模の環境まで、あらゆる分野に広がっています。


技術の向上だけでなく、環境に配慮したよりより社会を作れる人材の育成を目的としています。


GEMS (ジェムズ)


GEMS(ジェムズ)はGirls in Engineering Math and Scienceの略称です。女性をSTEM分野に進出させるためのプログラムとなっています。


女性の社会進出や男女平等の社会づくりが求められる中、世界的にSTEM分野に進出する女性の割合が少ないことから、このような取り組みを行う国や機関が増えています。


またGreat Explorations in Math and Scienceの略称としても使われており、アメリカのカリフォルニア大学バークレー校で始まった取り組みで、数学や化学の分野における参加体験型のプログラムで、子供たちが自分で実験などを企画し行います。日本でも現在多くのプログラムが実施されています。


*ジャパンGEMSセンター公式HP http://japangems.org/


海外のSTEM教育



アメリカではオバマ大統領の就任後にSTEM教育が本格化しました。


年間で数十億ドルという予算が投入され、STEM教育を中心に、科学技術に優れた人材をより多く育成しようという国家的な戦略が進められているのです。


STEM教育を受けた子どもたちがやがて社会に出て表舞台でリーダーとして活躍していく、そのような人材を多く輩出することはアメリカが国際競争力を維持することにもつながります。


子どもの頃からSTEM教育を実施する取り組みが積極的に行われており、小さい頃からパソコンを使う、タブレットを使う、研究用のロボットを組み立てる、さらにはプログラミングの授業まで導入するなど、ITや先端技術に触れることが可能な環境や施設が整いつつあります。


シンガポールやインドといったアジアの新興国でもSTEM教育が盛んです。シンガポールには国営のSTEM教育施設があり、インドでも2015年から6歳~18歳の子どもたちを対象にした科学技術を学べるプロジェクト「Rashtriya Avishkar Abhiyan」がスタートしています。


どちらも国が主体となって早い時期から子どもにSTEM教育を受けさせることで、より魅力的な人材育成につなげる施策が行われているのです。


日本のSTEM教育


日本でのSTEM教育は、海外に比べるとかなり遅れているのが現状です。


文科省は2016年4月に「小学校でのプログラミング授業の必修化を検討する」と発表しました。しかし実際に導入される時期は2020年度からなので、もう少し時間がかかります。


国家レベルでのSTEM教育の導入は遅れていますが、民間では様々な会社や機関がSTEM教育を念頭においたサービスや活動を開始しています。


民間教育では、2020年の小学校でのプログラミング教育の必修化が決定し、文部科学省は全国200校以上の指定校があるスーパーサイエンスハイスクールSSH)の支援、科学の甲子園や国際科学技術コンテストをはじめ、グローバルサイエンスキャンパス(GSC)、次世代科学者育成プログラム、中高生の科学研究実践活動推進プログラムなどの推進を行っています。


さらに、STEM教育を専門に研究を行っている機関として、埼玉大学「STEM教育研究センター」があります。


このセンターは2002年に開設され、STEMのワークショップ、他学校と連携した出前授業・講演、ロボット教材開発、指導者の育成など、様々な活動が行われています。


その他にも、プログラミング教室や体験イベントの数は日に日に増えています。


このような波に乗り遅れないためにも、今のうちにSTEM教育についての理解を深めていくことが大切です。


STEM教育の具体例とおすすめ教室

STEM教育は難しい勉強ばかりではありません。


初めはゲーム感覚で遊びながら学べるものや、物造りや実験など様々な体験をするものなどが主流となっています。具体例とおすすめの子ども向け教室を紹介します。

プログラミング


まずは小学校での必修化が決まっている、プログラミング。

子ども向けの教育では、画面上のイラストやアイコン、画像などを並べて簡単にプログラミングを楽しめる「ビジュアルプログラミング」と呼ばれるアプリなどを使い、ゲーム感覚でプログラミングの基礎を学びます。

富士通などパソコンメーカーが主催するものや、サイバーエージェントなどIT企業が主催するもの、ヒューマンアカデミーなどの学校が主催するものと様々なスクールがあります。

おすすめはTech Kids Schoolです。こちらの学校では目的やスキルに合わせて4つのコースがあり、少人数制のため細やかな指導を受けることができ、また奨学金制度もあるので本格的に学びたい子どもにもおすすめです。

Tech Kids School

富士通ラーニングメディア ファイトキッズクラブ

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室

モノづくり


子どもに人気のロボットプログラミングなど、コンピューターで操作するだけでなく、物造りから行う教室です。

STEM教育でのモノづくりは、自分で考えてつくり、出来上がったものを動かすまでが含まれます。

自分で考え組み立てから動かすまでの全工程を体験することにより、問題解決のための思考力や行動力など様々な技術を身に着けられます。

STEM教育専門の教室のSTEMONでは、モノづくりを通して機械などの仕組みやプログラミングを学び、理系ITに強い人材育成を行っている教室で、子どもの成長に合わせて様々なコースが用意されています。

他にも最先端の物造りが体験できるLITALICOワンダー、ロボットプログラミングの専門教室のアーテックエジソンアカデミーなどがあります



STEMON


LITALICOワンダー


アーテックエジソンアカデミー



科学実験、他

不思議な体験や経験を通じて科学への理解を深めることが出来る、化学実験。

大人が見ても楽しめるものが多く、楽しく科学を勉強することが出来ます。

科学実験教室のパイオニアと呼ばれるサイエンス倶楽部では、幼児から中学生までを対象に様々なプログラムがあり、野外実習なども行われています。

他にはSTEM教育の基礎となる算数などの教室などもお勧めです。算数といっても、学校の授業とは少し違っており、遊びを取り入れて楽しく学ぶことが出来ます。

算数オリンピックの数理教室であるアルゴクラブでは、パズルやブロックやカードゲームを使い、楽しみながら数理的思考力を磨くことが出来ます。


サイエンス倶楽部


アルゴクラブ


まとめ


子どもにプログラミングをさせるなんて「まだ早い」と考える親御さんもいるかもしれません。しかし、ブロックを使って創造力を養ったり、タブレットで簡単な操作をさせたりと、小さいうちからできることもたくさんあります。


ここで重要なことは、子どもが「自分で学ぶ能力を養う」ということです。自分で触れて、自分で操作して、自分で考えること。


そのような能力を育むことで創造力や独創性を開花させ、日本だけでなく世界で活躍する人材として成長することも期待できるのではないでしょうか。

記事が気に入ったら「いいね!」をしよう!
プログラミング教育に関する情報をお届けします!

この記事を書いた人


コエテコ編集部

2020年から始まる小学校での「プログラミング教育の必修化」に向けて、小学生を対象としたプログラミング教室、ロボットプログラミング教室の市場はどんどん拡大しています。社会・教育・産業構造が大きく変革していく中で、未来の日本を担う子どもたちはグローバル化・情報化社会を生き抜く力を身につけなければなりません。 コエテコ編集部では、習い事やプログラミング教育に関わるテーマをわかりやすく、面白く伝える記事を作成し、皆さんにお届けしていきます。

関連記事