プログラミング教育がわかる、プログラミング・ロボット教室がみつかる

「林業」が題材!愛媛でプログラミングを学ぶスクールが期間限定で開校

この記事はで読めます。

イメージ
武田林業が代表を務める『モックアップ内子協議会』は2018年10月に小田教室と11月に内子教室の2つの地区でプログラミングを学べる『MOCK UPプログラミング教室』期間限定で開校する。

事業は総務省の「地域に行けるIoTの学び推進事業」の実証実験として行われ、四国地区では唯一の採択事業となった。

スクールでは、木育とプログラミング教育をかけ合わせた「MOOKUP」が木曜日と土曜日に開催される。

初めは、ビジュアルプログラミングツール『スクラッチ』を用いて、山を舞台にシュミレーションゲームを作り、次に『mBot(エムボット)』を利用して、木工ロボットのパーツを作るという。

そのほか、ドローンや木の伐採など最先端の林業技術に触れられる課外授業も行う。
参加は無料、対象は小中学生で定員は各回12名。

■MOCK UPプログラミング教室概要
日時・会場
<2018年10月 MOCK UP ODA教室>
2018年10月3日(水)・10日(水)・13日(土)・17日(水)・25日(木)
平日16時30分〜18時30分、土曜日8時00分〜12時00分
小田自治センター(愛媛県喜多郡内子町寺村251−3)

<2018年11月 MOCK UP UCHIKO教室>
2018年11月1日(木)・15日(木)・17日(土)・22日(木)・29日(木)
平日16時30分〜18時30分、土曜日8時00分〜12時00分
内子自治センター(愛媛県喜多郡内子町内子3427)

対象
小中学生
※小学校低学年のご参加は保護者同伴が必要

定員
各12名

参加費
無料

申し込み
専用フォームから必要事項を記入​​​


イメージ

記事が気に入ったら「いいね!」をしよう!
プログラミング教育に関する情報をお届けします!

この記事を書いた人


コエテコ編集部

2020年から始まる小学校での「プログラミング教育の必修化」に向けて、小学生を対象としたプログラミング教室、ロボットプログラミング教室の市場はどんどん拡大しています。社会・教育・産業構造が大きく変革していく中で、未来の日本を担う子どもたちはグローバル化・情報化社会を生き抜く力を身につけなければなりません。 コエテコ編集部では、習い事やプログラミング教育に関わるテーマをわかりやすく、面白く伝える記事を作成し、皆さんにお届けしていきます。

関連記事