口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

「フリーランスエンジニアやめとけ」はなぜ?シビアな現実と不向きな人の特徴

「フリーランスエンジニアになれば、自宅で自分のペースで働ける」と考え、フリーランスに憧れるエンジニアもいるでしょう。しかし、SNSを中心に、「フリーランスエンジニアはやめとけ」と声が上がっていることをご存じでしょうか?

フリーランスを目指すなら、フリーランスエンジニアの現状を理解したうえで転身を検討したいですね。

この記事では、「フリーランスエンジニアはやめとけ」と言われる理由や向いている人・向いていない人の特徴をわかりやすく紹介します。

コエテコがおすすめするフリーランスエージェント!

  • レバテックフリーランス リモート、複業・副業案件が業界最大級!契約更新率93.2%の国内最大級フリーランス専門エージェント!

  • Midworks(ミッドワークス) ​手厚い保障内容で正社員並みの安心感!​フリーランスと正社員の良いとこ取り!

  • エンジニアスタイル東京 一都三県かつ2年以上の経験年数の方が対象!10万件の中から厳選された案件情報をキャッチ可能!

  • フリエン 実務経験3年以上の方におすすめ!45%が高額案件で業界最速の給与支払いスピード

  • テックビズフリーランス 確定申告を税理士が実質無料対応!業務時間後や土日も対応可能なエージェント!

フリーランスエンジニアはやめとけと言われる理由6選

ここでは、フリーランスエンジニアを実際に経験した人や現役エンジニアが「フリーランスエンジニアはやめとけ」と言う理由6選をまとめました。

高いスキルがなければIT業界で生き残れない

シビアな現実として、スキルが低い人や初心者エンジニアは、「IT業界で生き残ることが厳しい」と言われています。インターネットやYouTubeなどでプログラミングを手軽に学べる環境が整ってからは、基礎的なプログラミングスキルを有する人材は飽和状態となりました。

それに対し、多くの企業から求められるのは、IoTやAIなどのIT先端技術を扱える人材やDX(デジタルトランスインフォメーション)の実現に貢献できる人材です。つまり、質が高いエンジニアでなければ、フリーランスエンジニアとして案件を取得することが難しいことが現状です。

収入が安定しない

案件やプロジェクトごとに収入が得られるフリーランスエンジニアは、会社員よりも収入が安定しません。高いスキルを有していなければ、営業活動をしても思うように案件が取得できないケースもあるでしょう。

また、怪我や病気で休んだとしても、社会補償制度や有給休暇はありません。収入を安定させるために長時間労働となる場合、会社員として働くよりも休日や自由な時間が減ってしまうこともあります。

営業スキルが求められる

フリーランス初心者が最も苦戦するのが、営業だと言えるでしょう。IT業界に人脈がなければ、自身のスキルを売り込み地道に営業活動を行う必要があります。さらに、案件を取得したとしても、継続案件になるとは限りません。

単発の案件が多いなら、エンジニアとして業務を遂行しながら、提案や見積もりなどの雑多な業務を行うことになります。

業績悪化や不景気に左右される

フリーランスエンジニアは、会社員と比較して企業の業績悪化や不景気に影響を受けやすいことが難点です。不景気になると、発注する業務を減らす企業が少なくありません。企業にとって、最も契約を打ち切りやすいのは、フリーランスだといえるでしょう。

取引先が少ないフリーランスエンジニアは、契約を打ち切られれば収入が途絶えてしまいます。リスクヘッジのためにも、取引先は一社に絞り込まない方が良いでしょう。

マネジメント経験を積めない

マネジメント経験が積めるのは、30~40代の企業に属するエンジニアです。マネジメント経験とは、メンバーのモチベーションや進捗を管理し、プロジェクトを遂行できるスキルを指します。チームメンバーの力を最大限引き出し、目標を達成できれば「高いマネジメントスキルがある」と判断されるでしょう。

フリーランスの場合は作業が中心となるため、チームのメンバーと直接の関わりはほとんどありません。その結果、マネジメント経験を積めず、マネジメントスキルが求められる案件には応募できないケースもあるでしょう。

ノーコード・ローコード時代への突入

IT業界では、非エンジニアでもシステム開発を行えるノーコード・ローコードが進められています。ノーコード・ローコードの開発が進められれば、現場でエンジニアが求められなくなる未来も遠からずやって来るでしょう。
出典:Publickey
なお、Publickeyの調べでは、国内市場のローコード・ノーコード開発ベンダの売り上げは、2021年の656億円から2024年で約2倍の1,272億円になると予想されています。

フリーランスエンジニアが増加した背景

フリーランスエンジニアが増加した背景は、以下のような点が挙げられます。
  • ワークスタイルの変化
  • フリーランスを支援する事業者の増加
  • 海外の優秀なプログラマーの増加
まず、コロナ禍におけるリモートワークによるワークスタイルの変化が挙げられるでしょう。「自宅でも十分に仕事ができる」と考える人が増えたことにより、フリーランスの道を選択するエンジニアやフリーランスを支援する事業者が増加しました。

また、海外のプログラマーは日本のプログラマーよりも安い賃金で雇えることが企業にとってのメリットだと言えます。そのため、質の高い海外のプログラマーを積極的に雇う企業が少なくありません。

フリーランスエンジニアになるメリットとは?

それでは、フリーランスエンジニアに転身することは、デメリットばかりなのでしょうか?現役のフリーランスエンジニアのなかには、「もっと早く、フリーランスになれば良かった」と語る人も少なくありません。

フリーランスエンジニアとして働くメリットは、以下の通りです。
  • 収入が増える
  • 仕事が選べる
  • 働く場所や時間が自由
  • 自由に副業ができる
  • 人間関係の悩みが減る
  • 子育てと仕事を両立しやすい
フリーランスに転身する大きな利点として、人間関係や通勤時の満員電車といったストレスから解放されるという点が挙げられるでしょう。高いスキルを有してフリーランスエンジニアに転身すれば、収入がアップしやすい傾向があります。

フリーランスエンジニアに向いている人と向いていない人の特徴

ここでは、フリーランスエンジニアに向いている人と向いていない人の特徴を解説します。

フリーランスエンジニアに向いている人

フリーランスエンジニアに向いているのは、以下のような人です。
  • 場所や時間に縛られず働きたい人
  • 実務経験や高いスキルがある人
  • 営業力やコネクションがある人
実務経験の目安は、3年間といわれています。フリーランスになれば、週に3~4日働いて別の仕事を請け負うなど、フレキシブルな働き方ができることが強みです。

フリーランスエンジニアに向いていない人

フリーランスエンジニアに向いていない人は、以下の通りです。
  • 実務未経験の人
  • プログラミングスキルが無い人
  • 簡単に稼げると思っている人
  • 他力本願である人
  • コミュニケーション能力が乏しい人
エンジニアとしての経験が浅いなら、まずは、現場でエンジニアとして必要なスキルを学びましょう。他力本願である人やコミュニケーション能力が乏しい人は、営業することが難しいケースもあります。

まとめ

フリーランスエンジニアを目指す場合は、自身のスキルや経験を見直すことが重要です。実際に案件を探し、どのようなスキルが求められるのかを確認するのも良いですね。十分に準備をしてから、フリーランスエンジニアへの転身を検討しましょう。

コエテコがおすすめするフリーランスエージェント!

  • レバテックフリーランス リモート、複業・副業案件が業界最大級!契約更新率93.2%の国内最大級フリーランス専門エージェント!

  • Midworks(ミッドワークス) ​手厚い保障内容で正社員並みの安心感!​フリーランスと正社員の良いとこ取り!

  • エンジニアスタイル東京 一都三県かつ2年以上の経験年数の方が対象!10万件の中から厳選された案件情報をキャッチ可能!

  • フリエン 実務経験3年以上の方におすすめ!45%が高額案件で業界最速の給与支払いスピード

  • テックビズフリーランス 確定申告を税理士が実質無料対応!業務時間後や土日も対応可能なエージェント!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ

よくある質問

  • 質問 そもそも、フリーランスとは?

    答え 特定の会社や団体などに所属せず、案件ごとに契約して仕事をする働き方をしている人の呼称です。フリーランスに多い職種はライターやカメラマン、デザイナー、プログラマーなどがあげられます。フリーランスは雇用されているわけではないため労働基準法は適用されず、最低賃金や労働時間、休日、有給休暇、労働災害での補償などは適応外です。その代わり、下請代金支払遅延等防止法の対象とされており、さまざまな法的義務を依頼主に課されています。

  • 質問 フリーランスと個人事業主は同じ意味ですか?

    答え フリーランスは特定の会社や団体などに所属せず、案件ごとに契約して仕事をする働き方をしている人の「呼称」で、個人事業主は株式会社や合同会社などの会社を設立せずに税務署に開業届を出している人の「税務上の区分」です。一般的に、フリーランスを名乗っている人は開業届を出している人または出す予定のある人が大半です。フリーランスとして一定額の収入を得ると確定申告が必要になり、確定申告には青色申告と白色申告があります。それぞれ所得税の控除額や提出書類などが異なり、青色申告は白色申告と比べて帳簿付けなどの手間がかかる分、きちんと確定申告をすれば節税メリットが受けられます。

  • 質問 フリーランスになるデメリット(リスク)は?

    答え フリーランスは自分の裁量で働き方を決められる自由があるものの、全て自己責任・不安定というデメリットがあります。フリーランスのデメリットの1つとして「収入が不安定になる」ことがあげられます。会社員であれば毎月決まった日にお給料を得られますが、フリーランスは仕事がないイコール無収入になります。常に仕事が受注できればよいのですが営業活動がうまくいかず焦って低報酬の仕事を受注して労働時間に対して報酬が少なくなり結果として過労になってしまうことも。また、労働基準法の対象外のため仕事上のトラブルはもちろん、病気や事故で働けなくなった場合の保証は自分で個別に協会や民間保険の加入する必要があります。

  • 質問 フリーランスの数はここ数年で増えている?

    答え クラウドソーシングサービス「ランサーズ」が発表したフリーランス実態調査2021によると、フリーランス人口2017年をピークには減少傾向になったものの、2020年と2021年を比較して約57%増の1670万人、1年以内にフリーランスになった人は517万人と、フリーランス人口は過去最大になったと言われています。また、経済規模も28兆円と過去最高を記録しています。その理由の1つとして、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、在宅ワークなどより柔軟な働き方が求められるようになったことがあげられます。

  • 質問 どんな人がフリーランスに向いていますか?

    答え フリーランスに向いている人の特徴は①自己管理ができる②安定性よりも変化を求める③フットワークが軽いなどがあげられます。フリーランスは自分の裁量で仕事内容を選べる自由さがある分、自己管理が徹底できないと仕事量やスケジュールがうまく調整できずに納期を破り信用を落として結果的にトラブルや契約が無くなる可能性もあります。会社に所属していれば先輩や上司など周りが助けてくれていたことも全て自分一人で解決できる自己管理能力が求められます。また、安定性よりも変化を求めて常に向上心を持てる方、新しいことにもどんどん挑戦していくフットワークの軽さもフリーランスに向いていると言えます。

  • 質問 フリーランスが案件を探すにはどうすればいい?

    答え フリーランスが仕事を受注する際に最も利用している方法は「知人、同業者からの紹介」「自らの営業」が多いと言われています。案件を自ら探すとなるとフリーランスエージェントやクラウドソーシングサイト、インターネットの求人サイトへの登録がよいでしょう。フリーランスになって間もない方は、人脈や実績がなく、「知人、同業者からの紹介」「自らの営業」がうまくいかないパターンもあるため、サイ登録も並行して利用するのがおすすめです。

  • 質問 クラウドソーシングサイトとは何ですか?

    答え クラウドソーシングは企業や個人事業主が、インターネットのサイト上で、不特定多数の人に業務を発注(アウトソーシング)する業務形態のひとつで、気軽に副業や在宅ワークもはじめられると人気です。クラウドソーシングには総合型と特化型の2種類があり、総合型の大手クラウドソーシングサイトはランサーズやクラウドワークス、ココナラなどが有名です。特化型には、エンジニアやライター、イラストレーター、子育てママや主婦(夫)など、特定の職業や分野の仕事内容を掲載しているサイトもあります。

  • 質問 フリーランス向けエージェントサービスとは何ですか?

    答え フリーランスエージェントは企業への営業から契約締結までの業務を代行してくれるエージェントや企業のことです。経験年数2-3年以上のプログラマーやWebデザイナーの案件が多く、エージェントを通して案件の紹介や面接調整はもちろん、職務経歴書やポートフォリオの添削、プロジェクト参画後のフォロー、正社員並みの福利厚生を整えている企業もあります。なかには新規案件が獲得できない場合の収入保証を条件付きで用意しているフリーランス向けエージェントもあるため、フリーランス特有の不安定さを感じることなく仕事に集中できるメリットがあります。

  • 質問 フリーランスが気をつけたいトラブルには主にどんなものがありますか?

    答え あいまいな契約トラブル、ハラスメント、報酬未払いなどがあげられます。初めて仕事をする相手と口約束やあいまいな契約で作業がスタートしてしまい、契約書を作ってくれない。暴言・暴力などのパワハラや、セクハラ行為を強要される。納品後に発注者と連絡が取れない、一方的に報酬額を減らされる、理由をつけて支払いを拒まれるなどのトラブルに巻き込まれて「どうせ裁判で勝てないだろう」「悪い評判を流されたくない」と泣き寝入りをする方も少なくありません。その際には厚生労働省より第二東京弁護士会が受託して運営している「フリーランス・トラブル110番」など、専門家に相談しましょう。