掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

文部科学省の子ども学習費調査とは?l私立・公立の支出の違いや前回調査と徹底比較!

文部科学省では2年に1度、「子ども学習費調査」という子ども1人あたりにかかる教育費を調査しています。

2016年に行われた調査では、私立学校に通わせた場合と、公立学校に通わせた場合にかかる学習費総額は、幼稚園(3歳)から高等学校まですべて私立に通わせた場合と、すべて公立に通わせた場合で3.28倍の差があることが分かりました。

この記事では「子ども学習費調査」についてまとめます。

プログラミングを学ぶならオンラインスクールがおすすめ!

文部科学省子どもの学習費調査って?

「子どもの学習調査」とは、1994年より文部科学省が2年ごとに実施している、全国の公立および私立の幼稚園、小学校、中学校、高等学校に通う幼児・児童・生徒を対象にした統計調査のことです。

文部科学省は、その目的を「子供を公立又は私立の学校に通学させている保護者が,子供の学校教育及び学校外活動のために支出した経費並びに世帯の年間収入,保護者・兄弟姉妹の状況等の実態をとらえ,教育費に関する国の諸施策を検討・立案するための基礎資料を得ること」と説明しています。

つまり、保護者が子ども一人当たりにかける年間経費を年収の実態とともに調査しているということです。

前回の調査実施時期は2016年4月1日から2017年3月31日。その結果概要を2017年12月に公表しています。

私立/公立の支出の違いはあるの?

2016年度に行われた調査では、公立・私立の幼稚園、小学校、中学校、高等学校の1,140校の幼児、児童、生徒を対象に行われ、2万3,706人から有効回答を得られました。

なお、「学校教育費」とは、授業料やクラブ活動に必要な費用のこと。この中に、通学費も含まれています。また、「学校給食費」とは、給食の実地形態に関係なく、給食費として徴収した金額のこと。さらに、「学校外活動費」とは、塾や家庭教師、習い事などに必要な費用のことを言います。

幼稚園(平均値)

 

公立幼稚園

私立幼稚園

学習費総額

233,947円

482,392円

学校教育費

120,546円

318,763円

学校給食費

20,418円

29,924円

学校外活動費

92,983円

133,705円

小学校(平均値)

 

公立小学校

私立小学校

学習費総額

322.310円

1,528,237円

学校教育費

60,043円

870,408円

学校給食費

44,441円

44,807円

学校外活動費

217,826円

613,022円

中学校(平均値)

 

公立中学校

私立中学校

学習費総額

478,554円

1,326,933円

学校教育費

133,640円

997,435円

学校給食費

43,730円

8,566円

 学校外活動費

301,184円

320,932円

高等学校(平均値)

 

公立高等学校

私立高等学校

学習費総額

450,862円

1,040,168円

学校教育費

275,991円

755,101円

学校給食費

学校外活動費

174,871円

285,067円


公立学校と私立学校の学習費総額を比較すると、私立は公立に比べ、幼稚園で2.1倍、小学校で4.7倍、中学校で2.8倍、高等学校で2.3倍と差があることが分かりました。

幼稚園(3歳)から高校3年生までの総額

 

公立

私立

幼稚園(3年)

約70万円

約145万円

小学校(6年)

約193万円

約917万円

中学校(3年)

約140万円

約398万円

高等学校(3年)

約135万円

約312万円


幼稚園を3歳から通い始め、高等学校3年生まで、すべて私立学校に通った場合にかかる費用は約1770万円。公立学校に通った場合は約540万円となり、私立と公立の差は3.28倍であることが分かりました。

前回調査時と比較して分かることとは?

2014年に実施された調査と、2016年に実施された調査と比較してみると、学習総額費では、私立・公立ともに小学校・中学校では、ほぼ横ばい状態であることが分かります。

幼稚園では公立幼稚園で「学習総額費」が増加。高等学校では制度変更により公立高校の「学習総額費」が増加しており、「学校外活動費」は、私立・公立ともに増加しています。

幼稚園(前回の調査時との比較)

 

公立

私立

2014年

2016年

2014年

2016年

学習費総額

222.264円

233,947円

498,008円

482,392円

学校教育費

119,175円

120,546円

319,619円

318,763円

学校給食費

19,382円

20,418円

36,836円

29,924円

学校外活動費

83,707円

92,983円

141,553円

133,705円


幼稚園の学習総額費を見ると、公立幼稚園は前回調査時から5.3%増加しています。主に学習塾や家庭教師の費用などの「学校外活動費」の支出が、前回より増えていることが判明。また、私立幼稚園の学習費総額は、前回調査時と比べて減少しています。

小学校(前回の調査時との比較)

 

公立

私立

2014年

2016年

2014年

2016年

学習費総額

321,708円

322.310円

1,535,789円

1,528,237円

学校教育費

59,228円

60,043円

885,639円

870,408円

学校給食費

43,176円

44,441円

46,089円

44,807円

学校外活動費

219,304円

217,826円

604,061円

613,022円


小学校の学習総額費は効率・私立ともに前回調査時とほぼ横ばい状態です。私立小学校は「学校教育費」が減少している一方で、「学校外活動費」がわずかですか増加しています。

中学校(前回の調査時との比較)

 

公立

私立

2014年

2016年

2014年

2016年

学習費総額

481,841円

478,554円

1,338,623円

1,326,933円

学校教育費

128,964円

133,640円

1,022,397円

997,435円

学校給食費

38,422円

43,730円

4,154円

8,566円

学校外活動費

314,455円

301,184円

312,072円

320,932円


中学校の学習総額費を見ると、公立・私立ともに、前回調査時からほぼ横ばい状態であることが分かります。「学校教育費」が公立中学校で増加している一方で、私立中学校では減少。「学校外活動費」は、公立中学校で減少していますが、私立中学校では、わずかですが増加しています。

高等学校(前回の調査時との比較)

 

公立

私立

2014年

2016年

2014年

2016年

学習費総額

409,979円

450,862円

995,295円

1,040,168円

学校教育費

242,692円

275,991円

740,144円

755,101円

学校給食費

学校外活動費

167,287円

174,871円

255,151円

285,067円


高等学校では、公立で学習費総額が前回調査時より10%増加。この増加は、制度変更により、「学校教育費」が増加したことが原因です。また、「学校外活動費」の支出は前回から4.5%増加。さらに、私立でも、「学校外活動費」の支出が、前回より11.7%増加しています。

まとめ:学資保険などの利用も検討しよう

子どもを幼稚園から高等学校まで私立に通わせた場合には、子ども1人あたり約1770万円かかることが分かりました。

さらに、私立大学に通わせた場合、1年間にかかる費用が約136万円。国立大学では約64万円、公立大学で約67万円となっています。改めて、子ども1人にかかる教育費の高さに困惑している方も多いのではないでしょうか。

子どもが自分の進路を諦めることがないようにするためには、学資保険などの利用も考え、充分な教育費を備えておく必要があるようです。

参考文献:文部科学省資料

公開日:2020.02.04

コエテコ 読者会員募集!

いいね!すると、プログラミング教育に関する最新情報や
セミナー情報などを定期的にお届けします。

  • # セミナー情報

  • # 数値レポート

  • # FC募集

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ