口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

ランテック

RUNTEQ(ランテック)

運営本部: 株式会社スタートアップテクノロジー

★★★★★
4.7 全69件の口コミ
授業形式 オンライン(自習)
目的 学習/スキルアップ 就職/転職
学べること

Ruby 初心者が学びやすいといわれるのがRuby。Webアプリケーションの作成に必須の言語です。 JavaScript HTML+CSS SQL WEBアプリ開発 チーム開発 チーム開発では、より実践的なスキルが身に付けられます。コミュニケーション能力が磨けるメリットも。 クラウド 需要の高まりをみせるクラウドエンジニアを目指すなら、クラウドが学べるスクールを選びましょう。 データベース Webシステム開発の知識を深めたいなら、データベースが学べるスクールを選ぶことがポイントです。 WEBデザイン ユーザビリティが向上しやすいのは美しいWEBデザイン。デザインに興味があるなら授業で学んでみては。

特徴
  • 特徴 学習/スキルアップ
  • 特徴 就職/転職
  • 特徴 コミュニティあり
  • 特徴 未経験OK
  • 特徴 地方でも受講可能
  • 特徴 転職支援あり

先着70名様に10,000円分のAmazonギフトをプレゼント!

10/31までにご入学の方、先着70名様に10,000円相当の技術参考書をプレゼント!

RUNTEQ(ランテック)のコース・料金 (1件)

RUNTEQ(ランテック)の特徴

本気でWebエンジニアを目指す人におすすめ!企業が求める実務レベルを学べるオンラインスクール。

  • 特徴

    1

    カリキュラム・コース

    現場のノウハウを詰め込んだ学習カリキュラム

    HTML, CSS, Ruby, Ruby on Rails, JavaScriptなどWebエンジニアとして修得すべき言語の基本的な文法レベルから、入門書にはあまり見られない現場に即した実践的なスキルの応用編の知識まで学べるカリキュラム。学習後、即戦力として働けるようなノウハウが詰め込まれています。

  • 特徴

    2

    その他特色

    現役エンジニアによる学習サポート

    自己解決できない課題や、より良い実装方法について等、現役エンジニアに質問し現場のスキルを学べます。また月2回のオンライン面談では、キャリアから学習方法に至るまで現役エンジニアからメンタリングを元に学習計画を立てることができます。

  • 特徴

    3

    その他特色

    リアルを追求したボリュームのある就職サポート

    RUNTEQでは、キャリアアドバイザーによるキャリアの棚卸しから現役エンジニアによるポートフォリオのアイディア・設計レビュー、現役の採用担当者による書類の添削・模擬面接や企業紹介まで学習以外のサポートも充実。卒業後もサポートが受けられるので安心です。

オンライン対応について

月2回のオンライン面談、現役エンジニアと交流できるコミュニティやオンラインイベントあり。

RUNTEQ(ランテック)のよくある質問

  • 質問 学習カリキュラムの質問回答時間はいつからいつまででしょうか?

    答え 質問対応は下記の時間に順次対応させていただきます。
    平日 11:00 ~ 22:00
    土日 10:00 ~ 18:00
    (水・祝休み)

  • 質問 就職サポートが対象外の人はいますか?

    答え 2022年3月1日以降に入学した方は下記が条件となります。
    ・卒業日から3ヶ月以内に、ポートフォリオを作り終えて就活に入ることができない方
    ・就職面談を定期的に入れられない方
    ・入学時点で就職の意思のない方
    ・就活中に学習を継続できない方
    ・卒業時点で35歳以上の方
    ・その他運営が適切でないと判断した場合

  • 質問 働きながらでも受講は可能でしょうか?

    答え もちろん可能です。働きながらの方と、学習にフルコミットする方の比率は半々くらいですので、安心してくださいませ。

  • 質問 プログラミング未経験者でも大丈夫でしょうか?

    答え RUNTEQでは、ほとんどの会員が未経験からスタートしているので問題ありません。困った時に何でも相談できる「バディ制度」、月2回のオンライン面談などが用意されており、初心者の方でも問題なく学習を進められるように環境がそろっています。

  • 質問 パソコンの指定はありますか?

    答え パソコンはMacを指定しています。Railsを使用したほとんどのweb企業でMacが使われているためです。もし、Macの購入にお困りでしたら、キャリア相談室にでご相談ください。

RUNTEQ(ランテック)について

コエテコ編集部
コエテコ編集部

いまエンジニアとしての市場性のもっとも高い技術の一つにRuby on Railsがあります。

Webアプリケーションを開発に最適なフレームワークとして多くのIT企業が採用しています。

RUNTEQ(ランテック)は、このRuby on Railsに特化した開発企業が設立したプログラミングスクールです。

最新の現場と直結して、求められている技術とセンスが吸収できると評判です。

ここではRUNTEQ(ランテック)の特徴、カリキュラム、料金、就職サポートなどについて紹介します。


RUNTEQ(ランテック) とは?


RUNTEQ(ランテック)
は、Ruby on Railsに特化したプログラミングスクールです。

授業方法は、全オンライン

自動レビュー機能があり、スクールが営業していない時間帯でも自分で学習できます。

ZoomやSlackによる講師や他の受講生とコミュニケーションも行えます。

設置コースは、以下になります。
  • Webマスターコース
近い将来、Webアプリケーション開発の第一線で活躍する人材を育成する場として着実に知名度も上昇しているスクールです。

オンライン説明会はこちら

カリキュラム(授業内容)は?

RUNTEQ(ランテック)では限られた時間にWebアプリケーションのプロとしての知識・技術を獲得するために以下のような特徴のあるカリキュラムを実施しています。

問題解決型授業

実際にWebアプリケーションの開発現場で働くようになったとき、こりうる課題を例示して解決の手順を模索していきます。

これを通じて「複雑なプログラムを理解する力」と「開発手順を自分で考える力」の獲得をめざします。
オフィシャルホームページより

現役エンジニアによるサポート体制

現実にいまRuby on RailsによるWebアプリケーションの開発業務たずさわっているエンジニアが、講師として受講生のサポートにあたります。

授業の内容はもちろん、そこから派生する疑問にもていねいに対応してくれます。

ポートフォリオづくりを完全サポート

エンジニア転・就職のために最大の武器となるのがポートフォリオ

RUNTEQ(ランテック)では、そのつくり方から内容を充実させる方法まで、きめ細かくサポートします。

明解アピール力あるポートフォリオが希望どおりの転・就職に道を拓きます。
オフィシャルホームページより

卒業生のポートフォリオから

技術力(問題解決能力)とアピール力(ポートフォリオ)も備えた、就職戦闘力の高いエンジニアが育つ理由はこのへんにありそうですね。

コースごとの学習内容は?

RUNTEQ(ランテック)には、以下のコースがあります。

Webマスターコース

未経験の初心者から、Webエンジニアとして転・就職できるレベルのスキル獲得をめざします。

HTML・CSSの初歩的なところから学習を開始し、Ruby on Railsの基礎~応用~アプリ開発まで進みます。

授業内容

  • Web入門編
  • Railsチュートリアル編
  • Ruby on Rails 基礎編
  • Ruby on Rails 応用編
  • Ruby on Rails API編
  • Vue.js編

RUNTEQ(ランテック)の料金体系は?

RUNTEQ(ランテック)の​コースは、以下の通り​になっています。
入学前に、HTML・CSS、Rubyに関する知識を持っている人は、その授業が必要ないので割引になります。

Webマスターコース
申し込み資格 プログラミング完全初心者
事前学習
(目安時間)
不要
就職サポート あり
受講期間 5~9ヶ月
受講時間 850時間
料金(税込) 437,800円

RUNTEQ(ランテック)の転職サポートは?

キャリアアドバイザーが書類添削や模擬面接を行い、自分自身の課題と就職成功にいたる課題の明確化を行っていきます。

また、RUNTEQ(ランテック)には企業専攻カリキュラムという学内試験があり合格するとWebアプリケーション開発企業などの提携企業に優先的に紹介します。

運営会社は信用できる?怪しくない?

RUNTEQ(ランテック)の運営会社は株式会社スタートアップテクノロジー(StartupTechnology Inc.) です。

2014年に創業した会社で、社長の菊本久寿氏は現在でも「代表取締役 兼 エンジニア」と名刺に記載している現役エンジニアです。

この会社ではWebシステム、Webサイト、Webコンテンツの企画、開発、制作、運営、管理業務に関わっており、一貫してWeb領域での「つくり手」としての立場で活動してきました。

世界にはITで解決できることは多くあり、アイデアを持っている人もたくさんいます。

スタートアップテクノロジーでは、そのアイデアを実現するサポートをしたいという希望を企業の目標に掲げています。

どんなときにもエンジニアの味方でありたい企業。

そんな姿勢が、受講者本位、エンジニア本位なRUNTEQ(ランテック)の指導にも反映しているようです。

まとめ|Ruby on Railsと決めた人が、まっすぐ目標に進める場所

ITエンジニアを志す人のなかには「いまはまだ細かい領域まではしぼりきれない」人もいるでしょう。

一方で、スクール選びの段階から「この分野しかない。そのための知識がほしい」と焦点が定まった人もいるはずです。

もしもあなたが「Ruby on Railsを駆使するWebアプリケーション開発者」という明確な目標をもっているならRUNTEQ(ランテック)は有力な選択肢となってくるでしょう。

すべての授業が「Ruby on Railsに関する知識を徹底的に深める」方向に一点集中で進んでいきます。

だからこそ、RUNTEQ(ランテック)からはRuby on Railsに突出したエンジニアが輩出されていくわけですね。

RUNTEQ(ランテック)では、GoogleMeetというオンライン会議アプリを用いた説明会・キャリア相談を実施しています。

IT業界に精通したキャリアアドバイザーが1対1で対応します。

プログラミングの学習方法や転職情報まで疑問点に応えてくれる機会です。

申し込みは↓のボタンからどうぞ。

RUNTEQはこちら


コエテコ編集部おすすめポイント

「プログラミングで自由を手に入れる」RUNTEQ(ランテック)は、Ruby on Rails に特化したWebサービス開発企業が設立したプログラミングスクールです。開発現場から寄せられる切実なニーズを積極的に受け止めながら、IT業界のなかで自由に働けるだけの説得力ある専門技術を育成していくのが目標です。実務を想定しながら進む約800-1,000時間の学習が、開発現場で求められる対応力を実現します。

RUNTEQ(ランテック)の基本情報

運営本部 株式会社スタートアップテクノロジー
スクール名 RUNTEQ(ランテック)
学校種別 プログラミングスクール
講師/運営体制 現役エンジニアが講師 講師が正社員

このスクールに似た特徴で、他のスクールを探す

地域別スクール特集!