口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

  • 校種
  • 目的
  • 通学スタイル
  • 地域
  • 費用
  • 人気の絞り込み条件
  • 学べるジャンル
    • さらに表示
  • 対象/学び方
    • さらに表示
  • 授業
    • さらに表示
  • フォロー体制
    • さらに表示
  • プログラミング言語
    • さらに表示
  • WEBアプリケーションフレームワーク
    • さらに表示
  • インフラ/クラウド
    • さらに表示
  • ツール
    • さらに表示
  • 講師/運営体制
    • さらに表示
  • 費用/体験授業
    • さらに表示

JavaScriptが学べるプログラミングスクール一覧

初心者向けコースやプログラミング言語別のコースなど、受講者のニーズに合わせたコースが揃えられていることが特徴です。都心部に開校している場合が多く、オンライン講義を行っているスクールも。現役エンジニアが講師を務めるスクールなら、現場で即戦力となれるスキルを身につけられます。一般的な受講期間は1〜6ヶ月で、受講料は10〜80万円ほどかかります。条件付きで無料で受講できるスクールもあります。 JavaScriptは、世界中のほぼすべてのWEBサイトで使用されているプログラミング言語です。1990年代から使用されていますが、JavaScriptに代わる言語は今でも出てきていないため、今後も高い需要が見込まれます。未経験者でも習得しやすく、他言語に応用できる点も強み。JavaScriptはHTML+CSSとセットで使われることが多いので、同じコース内で学べるスクールがほとんどです。

プログラミングスクールの授業料は 千差万別ですが、優良スクールの場合はおおよそ20~50万円ぐらいのお金を準備すれば大丈夫というのが現在の相場のようです。

さらに詳しく見る
検索条件:
  • JavaScript

インタビュー記事

就職・転職、スキルアップのためのプログラミング学習ガイド

よくある質問

  • 質問 どんな業界や仕事に向いている言語ですか?

    答え JavaScriptは、Web制作業界で無くてはならないプログラミング言語です。私たちが普段目にしているWebサイトには、ほぼすべてJavaScriptが使用されています。昨今Web上に公開されているサイトに動的なものが多いのは、まぎれもなくJavaScriptのおかげです。20年以上前に誕生した言語ではあるものの、現状JavaScriptに代わる言語は出てきていません。今後もWebアプリ開発・サイト構築など、汎用的に活用されることが予想されます。

  • 質問 未経験からの習得は難易度が高いですか?

    答え JavaScriptは、開発のために環境構築する必要もなく、構文も他言語と比べると比較的シンプルなため、習得難易度は低いとされています。加えて30年近く親しまれている言語のため、インターネットや書籍に情報が多く、うまく活用すれば疑問点を解消しやすいのも魅力です。プログラミング言語の中には、開発を効率化するための「フレームワーク」「ライブラリ」が用意されているものがありますが、JavaScriptもその一つ。ただでさえシンプルなコードをさらに簡略化していくことも可能で、未経験でも挑戦しやすいでしょう。

  • 質問 仕事を獲得するには、他の言語やスキルも必要ですか?

    答え JavaScriptが担当するのは「Webアプリ・サイトに動きをつけること」であり、元となるWebアプリやサイトは他言語で別途制作する必要があります。JavaScriptで仕事を獲得していくなら、まずはHTMLとCSSを一緒に覚えておくといいでしょう。また、魅力的な動作を付けてあげるには、アイデアの引き出しを多く用意しておくことも重要になります。Web上にある動的サイトを見たり、デザイン関係の書籍を見たりして知識を蓄えておくのがおすすめです。

  • 質問 需要や将来性が気になります。どれくらいの収入が見込めますか?

    答え JavaScriptは20年以上も前の言語ですが、現在でもWeb制作の最前線で使われるほど汎用性に優れています。スマホが普及した今、Webアプリ開発はさらに盛り上がりを増しているため、今後JavaScriptの仕事が完全になくなる可能性は低いでしょう。またJavaScriptは「補助言語」として、他言語と組み合わせて利用していける点も強み。未経験からでも年収300万、実績を積めば400~500万以上も十分狙っていけます。今後もWebがある以上、JavaScriptの需要は継続していくはず。将来性抜群の言語と言えそうです。