口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

  • 校種
  • 目的
  • 通学スタイル
  • 地域
  • 費用
  • 人気の絞り込み条件
  • 学べるジャンル
    • さらに表示
  • 対象/学び方
    • さらに表示
  • 授業
    • さらに表示
  • フォロー体制
    • さらに表示
  • プログラミング言語
    • さらに表示
  • WEBアプリケーションフレームワーク
    • さらに表示
  • インフラ/クラウド
    • さらに表示
  • ツール
    • さらに表示
  • 講師/運営体制
    • さらに表示
  • 費用/体験授業
    • さらに表示

SQLが学べるプログラミングスクール一覧

初心者向けコースやプログラミング言語別のコースなど、受講者のニーズに合わせたコースが揃えられていることが特徴です。都心部に開校している場合が多く、オンライン講義を行っているスクールも。現役エンジニアが講師を務めるスクールなら、現場で即戦力となれるスキルを身につけられます。一般的な受講期間は1〜6ヶ月で、受講料は10〜80万円ほどかかります。条件付きで無料で受講できるスクールもあります。 ビッグデータの解析をおこなうデータサイエンティストや、企業の情報システムを支えるデータベースエンジニアを目指す方には、SQLを学べるスクールがおすすめです。構造化された情報が集まっているデータベースを操作するための言語で、正確にはプログラミング言語ではありません。データベースに特化した技術者は少ないため、需要が高いです。SQLだけでなく、プログラミングスキルも有していると更にに市場価値が高まります

プログラミングスクールの授業料は 千差万別ですが、優良スクールの場合はおおよそ20~50万円ぐらいのお金を準備すれば大丈夫というのが現在の相場のようです。

さらに詳しく見る
検索条件:
  • SQL

インタビュー記事

就職・転職、スキルアップのためのプログラミング学習ガイド

よくある質問

  • 質問 どんな業界や仕事に向いている言語ですか?

    答え SQL(シーケル)はデータベース言語の一つで、さまざまなデータベースの作成・編集、その他データ解析・分析を得意としています。データサイエンティストやデータベースエンジニアといった、ビックデータを取り扱うような業界で、今特に注目されている言語です。もちろんそれ以外にも、日々データを収集・解析し、事業に役立てている事例は数えきれないほどあります。売上・顧客リスト・商品在庫など…データを扱わない業界はほとんどないといっても過言ではないでしょう。SQLを身につければ、データにかかわる多種多様な仕事にかかわっていけるはずです。

  • 質問 未経験からの習得は難易度が高いですか?

    答え SQLは「データ定義言語(DDL)」「データ操作言語(DML)」「データ制御言語(DCL)」の大きく3言語で構成されてはいるものの、それぞれの構文は至ってシンプル。簡単なデータ登録・編集作業をするくらいであれば基礎の命令文を覚えるだけでこなせるため、未経験でも習得難易度はそこまで高くないはずです。一方で、より複雑な処理をデータベースに命令する場合には、JavaやPythonといった他言語にSQL構文を組み込んであげる必要が出てくるため、難易度はグッと上がります。SQL自体はデータベース言語であるものの、プログラミング言語も並行して習得する必要があるでしょう。

  • 質問 仕事を獲得するには、他の言語やスキルも必要ですか?

    答え データサイエンスの分野や、ビックデータを活用するマーケティング業界でSQLの仕事を獲得していくためには、やはりプログラミング言語の知識は欠かせないでしょう。Java・Pythonあたりの言語を身につけておくと、より難易度の高いデータベース処理にも取り組んでいけるようになります。また、あくまでSQLはデータベースを管理する言語であってデータベース本体ではありません。Oracle社のOracle Database、Microsoft社のAccessなど、データベースもさまざま。管理するデータベースに関する知識も習得しておけば、スムーズに仕事が進むでしょう。

  • 質問 需要や将来性が気になります。どれくらいの収入が見込めますか?

    答え 新たな言語が登場してシェアを奪い合っているプログラミング言語界隈とは異なり、データベース言語は長年寡占状態が続いています。登場から50年以上経った今もデータ処理分野の最前線でSQLが使われているのは、代替となる言語がほぼないに等しいからです。そのためSQLを扱えるエンジニアの需要は高く、平均年収は業界でも高水準の500~600万といったところ。少なくとも、SQLを上回るほど多機能かつ汎用性の高いデータベース言語が登場するまでは、データが必要とされる現代において、今後もSQLの需要が落ちる可能性は低いでしょう。