口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

留学エージェントおすすめ12選【2022年最新版】選び方の3つのポイントも解説

編集
編集

2020年からつづくCovit-19のパンデミックによる海外渡航の大幅な制限は、留学希望者にとっても残念な決断を迫るものでした。

海外で学ぶ計画を立てながら中止・延期を余儀なくされた人も多いでしょう。

ここへ来て、明るいきざしも見えてきました。オーストラリアなどでは一時全面ストップしていた留学生受け入れ再開を発表しています。

ここでは近い将来、留学に関する制約が全面的に取りのぞかれるのを期待しつつ、留学の手順とおすすめ留学エージェントを紹介します。

コエテコが選ぶ!おすすめの留学エージェント

  • スマ留 留学国×期間で留学費用が決まるシンプルな金額が魅力!365日×24時間サポートありの留学エージェント!

留学エージェントをはじめとする留学の方法とは?

英語を学ぶ多くの人にとって、海外留学はいつか実現したい大きな夢となっています。また、ネィティブレベルの英語を獲得するために、もっとも効率のいい方法とも言われます。

とはいうものの海外生活が未経験の人にとって、十分な準備をせずに留学をするのはリスクがあるのも事実でしょう。

語学留学を安全で実り多いものとするために、留学先の環境や治安状況などをよく理解した上で、実行に映すことが必要となるでしょう。

ここでは、留学の第一歩として、どんな方法があるのかをまとめます。

専門留学エージェントに依頼する

文字通り海外留学専門に扱っている企業です。
  • 留学先の地域・国・都市選択
  • 留学先の学校選択と入学手配
  • 住居手配
  • 航空機チケット手配
  • パスポートVISA取得のサポート
など、留学に必要なサービスすべてへの対応をセールスポイントにしているところが多いです。

地域選択の幅が広い。すべてをパッケージで依頼できるので、割安にできるケースもある。トラブル発生時のためのサポートが充実しているなどのメリットがあるようです。

留学に関する知識が十分にない人は、いろいろと相談にも乗ってくれる専門留学エージェントがおすすめです。

旅行会社でも留学の手配はできる

専門の留学エージェントのほかに、一般の旅行代理店でも語学留学をプランとして扱っている会社があります。

フライト宿泊手配に関しては専門なので信頼できる一方で、会社によっては学校情報が十分でなかったり、提携校の数が少なかったりするデメリットはあるかもしれません。

語学学校を通して留学する方法も

国内外の語学学校では、そのサービスのなかに語学留学を含めているところもあります。また、海外の語学学校には、留学生の受け入れを中心的に行っているところもあるようです。

語学教育に関してはプロなので、それぞれの能力と目標に合わせたレッスン内容を選べるという大きなメリットがある一方で、専門留学エージェントや旅行代理店に比べると割高になりがちなデメリットもあるようです。

出発前に現地生活で最小限の英語トレーニングを行ってくれるのも語学学校ならではです。

コスト優先なら個人手配という方法も

個人手配は、留学エージェントにたよらず、すべて個別に手配するという方法です。

インターネットの時代には、海外の語学学校や中長期滞在できる宿泊施設の情報も手軽も得られるようになっています。

また格安航空機チケットなどを利用すれば、留学エージェントにたよらず低コストで留学を行うのも不可能ではありません。

ただ、見知らぬ土地に行く場合、留学先スクールのレベルや宿泊地の治安状況など不安材料も否めません。

過去に留学経験・海外生活経験がある人、身近にアドバイスしてくれる人がいる場合にはおすすめできる方法ですね。

留学エージェントとは?

Covit-19のパンデミックが過去3年間、世界の動きを大きく左右するなかで、留学前・中情報収集の大切さが高まっています。こうしたなかで、留学エージェントに注目する人が増えているようです。

ここでは、留学エージェント種類リットデメリット選び方などについて紹介します。

留学エージェントの種類

英会話スクール併営エージェント

英語/英会話スクール併営エージェントは、文字通りスクールも運営している企業によるエージェントサービスです。いきなり海外生活飛び込んでしまうのには、不安もあるので、まず国内基礎的な英語力を学んでから、進捗度に従って無理のない留学プランを立てたいという人におすすめです。

出版社系エージェント

留学タイムズ留学ジャーナルなどの出版社系エージェントは、もともと留学に関する情報提供を行う月刊誌などを発行していた企業によるものです。留学を希望する人々にさまざまな情報を提供してきたノウハウ延長線上に、エージェントサービスも提供するようになったという背景があります(現在は、紙の雑誌は廃刊し、インターネットサービスに転換している企業もあります)。出版社母体にしているだけに、豊富な情報力と幅広くバランスのとれたサポートには定評があります。

ワールドワイドな多国籍エージェント

EF留学カプラン語学学校など多国籍エージェントは、早くから世界各地にサービス拠点ランゲージセンターを運営し「世界各地の人が、世界各地に留学する」ワールドワイドに双方向な展開を行ってきました。アメリカオーストラリアフィリピンなど多くの留学生を受け入れてきた国以外に、マルタスイスなど留学先としては比較知名度の少ない国にも留学できる選択肢の広さが特徴です。

地域特化型エージェント

地域特化型エージェントは各国の政府機関などのサポートを受け、特定国・地域に限定した留学のサポートを行う組織です。当然ながら留学先の状況に関しては豊富な情報量があり、また費用も無料または低価格なところがあります。一方で、留学先が限られていて選択肢にとぼしいというデメリットはあるようです。
編集
編集

サポート力、選択肢、情報力、目的地など留学して成しとげたいことに従って相談先を決めるといいでしょう。

留学エージェントのメリット

相談に乗ってもらえる

そうでなくても不安でいっぱいなのが留学。他人にとってはなんでもないことが気になって仕方がないというようなことも起こってきます。留学エージェントでは必ずコンサルタント/サポーターというような人がいて希望質問を聞いてくれるので、まず相談して、不安解消することができます。

全体的な計画が立てやすい

たとえば留学の費用に関して、渡航入学住居のための費用は、これぐらいという風に計画は立てられても、個人手配では、帰国までの総額を計算するのは簡単ではありません。このために費用が最後までもつだろうか心配になったという話もよく聞きます。留学エージェントは留学が修了するまでの全体的な計画を立ててくれるので、このような不安も減らせます。

自分のレベルにあったカリキュラムの教育機関を選べる

せっかく高額の費用を払って海外留学を実現しても、授業レベル低くて物足りなかったり、逆に高すぎてストレスばかりたまっても、成功とはいえないでしょう。多くの留学エージェントでは、現状の英語の実力や目標とするレベルに適した留学先コースを推奨してくれます。

パンデミックや治安に関する最新情報が得られる

とくに、この数年、Covid-19によるパンデミックや、アメリカの一部の治安悪化戦争など地域的に不安定な場所も現れてきています。留学によるリスクも増えていないか不安になる人もいるでしょう。留学エージェントの多くは世界各地拠点展開しているので、最新の情勢にもとづいて無理のない安全なプランを提案してくれます。
編集
編集

山積みの不安があっても当たり前なのが留学。早めに疑問を解決して、学習に専念できるのは費用には変えられない魅力といえますね。

留学エージェントのデメリット

サポート料が高額になる場合も

留学エージェントによって契約方法はさまざまですが、サポート料相談料手続料などの項目で高額を請求される場合もあるという声も聞きます。留学エージェントを選ぶ段階で、総額について確認しておくといいでしょう。

提携校ばかりを推奨される?

これもまた留学エージェントによっては、という話ですが、提携校提携宿泊施設が多い地域ばかりを進めるところもあるといいます。せっかく、高いお金を出すのですから、目標を決めたら簡単にはゆずらない姿勢が大切かもしれません。

格安航空券手配が苦手なところも

海外渡航するときにやはり気になるのがフライト料金です。旅行会社と強力な提携関係がある場合は問題ありませんが、小規模業者などでは、ここが弱点となり思わぬ高額が必要になる場合もあるかもしれません。
編集
編集

どんな留学エージェントにも得意不得意があると思った方がいいかもしれません。自分の考え方や目標に合ったところが見つかればいいですね。

留学エージェントのおすすめの選び方

決める前に複数のエージェントを比べてみる

留学エージェントを選ぶときに避けたいのは「どこでも同じだろう」という考え方です。むしろ「みんな違っていて、それぞれの強みを持っている」と考えた方がいいでしょう。相談だけなら無料なところがほとんどですから、最低でも2~3ヵ所できれば5ヵ所ぐらいと連絡をとり「自分に合ってる」と感じたところならミスマッチリスクも減少します。最近はオンラインカウンセリングを受けられるところも多いので、どんどん利用していきましょう。

結論を急がないところを選ぶ

はじめての留学の場合は迷いがあって当たり前だと考えましょう。そんな不安悩みに関して十分に話を聞いてくれず結論を迫るようなエージェントはおすすめできません。こちらの話をじっくりと聞いてくれて、不安を解消してくれるところを選びましょう。

料金の提示が明確なところを選ぶ

高額になりがちな留学で気になるのはやはり料金。話を聞いても結局総額でいくらかかるか、よくわからないようなところはやはりおすすめできません。キャンペーン料金などもあり、複雑でよく理解できないときには「結局、いくらになるのでしょうか?」と率直に質問してみるのもいいですね。
編集
編集

多くの人にとって留学は人生のビッグイベントです。留学先の国も学校も、また留学エージェントも悩みに悩んで、質問攻めにして、最適な選択をしたいものですね。

留学前に決めておくべきこと

一口に留学といっても、さまざまな選択肢があります。それにより料金も効果も大きく変わってくるかもしれません。ここでは基本的な留学の選択肢についてまとめます。

留学先の国を選ぶ

英語を学ぶ語学留学といえば、多くの人が最初に考えるのがアメリカイギリスでしょう。同じく、英語圏の国としてオーストラリアニュージーランドを選ぶ人もいます。

もう一つ、語学留学で人気なのがフィリピンです。もともとアメリカの植民地だった関係で、英語をネイティブ並みに話せる人が多く、日本からも近く、人件費なども安いので低コストで学べるということのようです。

料金的に高額になるのはアメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピンの順でしょうか?一方、学習効果という面では一概に言えませんが、ビジネス英語を学びたいならアメリカやイギリスが魅力的に感じられます。同じアメリカでも東海岸(ニューヨークなど)と西海岸(ロスアンゼルスなど)では学べる英語も違っていると言われます。

まず、どんな英語を学びたいかをはっきりさせた後で、留学エージェントなどに相談してみるといいですね。

短期か中期か長期か

常識的に考えて、留学期間は短いより長い方が学習かも上がります。一方で期間が長いと必要な費用総額は多くなります。留学エージェントが提示するプランは、短いものなら1週間以内、長いものなら1年以上にまでなるようです。「お金がこれだけしかないから」と短期留学を選んで結局上達できなければ、それこそお金の無駄遣いになってしまいます。

ここでも大切なのは目標をきちんと持つこと「何のための英語学習か」自分自身で明確にした上で、留学エージェントに相談してみれば、最適な期間も導かれるのではないでしょうか?

個室か相部屋かホームスティか

留学期間中は見知らぬ土地で生活するわけですから、住まいの状況は大変に重要な問題です。留学のプランによって、住環境もさまざまで、ワンルームでバスルームやトイレまで専用の個室タイプから、相部屋タイプ、また、一般人のご家庭で共同生活をするホームステイまでさまざまです。

プライバシーを大切にしたいなら、料金は高くなりますが個室を選ぶのがいいでしょう。一方、相部屋タイプやホームステイは、ストレスも多くなりがちな一方で文化交流の機会も増えるので、その価値を求めて選ぶ人も多いようです。
編集
編集

このように、語学留学は出かける前に考えること、決めることが本当に多くて大変ですね。目標をきちんと持つこと、その上でたよりになるアドバイザーを得ることが大切になります。ここから先は、コエテコが見つけてきた、おすすめ留学エージェントをご紹介いたします。

留学エージェントおすすめ6選|すべておまかせで留学できる

ここでは留学を専門に行ってい留学エージェントについてご紹介します。まず、カウンセリング力やコストパフォーマンスにすぐれていると思われる会社をラインアップしました。

スマ留


他社の料金に比べて最大50%オフという挑戦的な価格設定で注目されている専門留学エージェントのカテゴリーキラースマ留です。2014年設立の株式会社リアブロードが運営するこのサービス。さまざまな語学学校との連携や、空き時間と空き場所を利用した仕組み、またファッション・スポーツ・アートなどの留学は行わず語学留学に選択と集中するなどの、企業努力により目に見える価格ダウンを実現してきました。

また最低価格保証を実施、他社より高額のプランがあった場合には差額分を返金するという価格に対する自信にあふれた体制をとっています​。​留学国×期間で総額が決まるというシンプルな明瞭会計も好評です。

ここがポイント!

  • 他社に比べて最大50%オフ。アメリカ留学1週間138,000円~という圧倒的な低価格
  • 留学先の国により同一価格なので、費用を気にせず語学学校を選べる
  • プロの留学カウンセラーが無料カウンセリングを毎日実施
スマ留はこちら

留学ジャーナル


留学ジャーナルは過去50年20万人以上の留学生に学びの機会を提供してきた専門留学エージェントの老舗企業です。書店でおなじみの雑誌「留学ジャーナル」を発行する株式会社留学ジャーナルが運営しています。

現在も世界11カ国、約6,000校へのネットワークを持ち、中学生以下から、高校生、大学生、社会以上、50代以上の留学まで、また短期留学から大学院、MBA取得まで、文字通りありとあらゆる留学ニーズに応えています。

東京名古屋大阪福岡カウンセリングセンターがあり、自分自身も留学経験のあるプロのカウンセラーが親身になって相談に乗ってくれます。また、留学前、留学中、さらにはキャリアカウンセリングまで面倒見のよさが身上の専門留学エージェントです。

ここがポイント!

  • 50年以上の歴史と20万人以上の留学生を送り出してきた実績
  • 世界11カ国、約6,000校へのネットワーク
  • 東京、名古屋、大阪、福岡のカウンセリングセンターで気軽に相談できる
  

留学タイムズ


留学タイムズは、留学ジャーナルと間違えられることもありますが、こちらも創業20年の実績ある専門留学エージェントです。取扱学校数は45ヵ国に5,000校と、留学先の国の数では他のエージェントを圧倒しています。

大きな特徴は、手数料無料で留学できること。留学タイムズのプランから留学する人は、 入学する学校のために本来必要な正規価格で留学できます。また、現地サポートや航空券の手配に関しては大手旅行会社HISとの提携により格安・便利に利用できます。

たとえばアメリカ留学4週間280,000円~というように、価格面でのメリットの大きなエージェントといえそうです。

ここがポイント!

  • 取扱学校数は45ヵ国に5,000校。渡航可能な国の数では圧倒的な実績
  • 手数料無料。学費は、留学先の学校に支払う正規料金のみ
  • 大手旅行会社HISとの提携による便利で格安な現地サポート・航空券手配

ウィッシュインターナショナル

ウィッシュインターナショナルはサポートの充実度の高さが特徴です。出発前は担当カウンセラーが付きます。留学先は独自の情報網を駆使し紹介する仕組みとなっており、信頼できるでしょう。

加えて留学後のサポートも万全です。留学によって習得した語学スキルをキャリアに生かせるよう、転職や就職のサポートも行っています。留学後のサポートがあるからこそ、安心して留学に臨める人もいるでしょう。

また現時点では、「なぜ留学するのか」「どこへ留学するのか」など具体的なことが何も決まっていない人も、まずは相談するのがおすすめです。漠然とした憧れの状態であっても、留学カウンセラーと会話をする中で、方向性が定まっていくのを実感できるでしょう。

ここがポイント!

  • 留学への憧れの段階でもカウンセラーへ相談可能
  • 留学先の国に日本人スタッフが常駐しており安心
  • 語学スキルを生かした転職や就職のサポートも実施

ラストリゾート

無料で利用できる留学エージェントとして知られているラストリゾートでは、以下の6種類の基本サービスを無料で受けられます。110,000人以上の留学生が、無料サービスを活用し留学した、実績あるエージェントです。
  • あらゆる相談に対応する専任カウンセリング
  • 予算や目的に合わせた語学学校選び
  • 語学学校の入学手続き
  • 留学に必要なビザ取得へ向けたサポート
  • 安心して過ごすためのホームステイ先の紹介
  • 海外保険の提案や手続き
また留学前にある程度の英語力を身に付けられるよう、オンライン英会話や英会話優待レッスンによるサポートも実施しています。ホームステイ先でスムーズにコミュニケーションを取れれば、ホストファミリーと良好な関係を築きやすいでしょう。

ここがポイント!

  • 6種類の基本サービスが無料
  • 110,000人以上の留学生をサポートした実績
  • 留学前に英語力の不安を解消するレッスンを実施

夢カナ留学

自分にぴったりのプランで留学したいと考えているなら、夢カナ留学が向いています。留学経験のある運営スタッフが、一人ひとり違う夢をかなえるために、留学をオーダーメイドでプランニングします。

留学業界最安値保証を掲げているのも特徴です。リーズナブルな留学を実現できるのは、諸手続きにかかる手数料を加算しない仕組みで運営していることと関係しています。航空券の取得といった手続きを自分で行う必要はありますが、その分費用を抑えられるでしょう。

また留学を充実したものにするため、事前にネイティブ講師によるマンツーマンレッスンを行います。留学前に基本的な英語力を身に付けることで、語学だけでなく文化を学び交流を楽しむ機会を存分に持てるでしょう。

ここがポイント!

  • 夢をかなえるため留学をオーダーメイドでプランニング
  • 留学業界最安値保証で費用を抑えられる
  • 事前の英会話レッスンで万全の留学準備

海外留学の相談ができる英会話スクール2選

海外留学なら語学を効果的に学べるでしょう。しかし自分の英語力を客観的に把握しないまま留学することに不安を感じる人もいるはずです。そのようなときには、まず英会話スクールで学ぶと良いでしょう。海外留学について相談できる英会話学校なら、基本的な英語力を学びつつ留学準備を進められます

シェーン英会話

1977年の創立時より、ネイティブ講師によるレッスンを採用しているシェーン英会話には、シェーン留学センターがあります。ISS留学ライフ(株式会社国際交流センター)が運営するセンターでは、留学についての無料カウンセリングを実施中です。

ISS留学ライフは創業から30年を迎えるまでに、50,000人以上の留学をサポートしています。初めてでも気軽に参加できる1週間からの短期留学や、3ヶ月以上滞在することで高度な英語スキル習得を目指す長期留学も可能です。

また海外の大学・短大・大学院へ入学する正規留学についても相談できます。豊富な実績があるため、安心して留学の相談や各種手続きを任せられるでしょう。

ここがポイント!

  • 30年の間に50,000人の留学をサポート
  • 短期留学・長期留学・正規留学などさまざまな留学に対応
  • 満足度90%以上
シェーン英会話はこちら

トライズ

専属のコンサルタントとネイティブコーチによって英語学習を進めるのがトライズの特徴です。学習プランはフルカスタマイズされており、実力と目標に合わせ適切なペースで学習を進められます。集中して取り組むことで、大幅な英語力アップを達成している受講生もいる英会話スクールです。

トライズでは留学を希望する人に向け、留学相談を行っています。留学経験のあるコンサルタントによるアドバイスを無料で受けられるのが特徴です。実際の留学経験について聞くことで、留学に向けた準備をより効果的に進められるでしょう。

留学相談はトライズの受講生以外でも無料で受けられます。まずは申込フォームから予約しましょう。

ここがポイント!

  • フルカスタマイズの学習プランで英語学習に取り組める
  • 留学経験のあるコンサルタントによる無料の留学相談を実施中
  • 実際の経験を元に留学に向けた効果的な準備ができる
トライズはこちら

渡航に安心、留学に強い旅行会社2選

専門留学エージェント以外の旅行代理店でも留学プランを提供している企業はあります。そのなかでも、人気のある2つの企業を紹介します。

HIS語学研修デスク

日本有数の旅行会社HISでは留学タイムズや後出するEFとも提携を行っていますが、HIS語学研修デスクとして独自の留学プランも提供しています。その大きな強みは旅行会社のメリットを生かして、世界各地にネットワークを広げていることです。

アメリカだけをとってもサンフランシスコ、ロスアンゼルス、ニューヨークなどのポピュラーな都市ばかりでなくフォートローダーテールポートランドなどあまり日本では知名度の高くない都市にも提携校を持ちます。フィジーマルタ南アフリカなどに留学できるのも魅力です。

また最近は、Covit-19のパンデミックのなかで学びの機会をなくさないように国内留学やオンライン留学のラインナップも充実し好評を得ています。

ここがポイント!

  • 大手旅行会社HISによる留学サービス
  • フィジー、マルタ、南アフリカなどでも学べる
  • 国内留学、オンライン留学のラインアップも充実

ATI


ATIは1964年設立以来50年以上にわたりアサヒトラベルインターナショナルの社名で親しまれてた企業。トップが日本旅行業界の会長に就任するなど、旅行業界でも存在感を示し、早くから留学エージェントしても豊富な経験を積んできました。

2021年、アサヒトラベルインターナショナルが、子会社の株式会社アイネッツ国際教育と合併。社名を株式会社ATIに変更し、一層留学分野に力を注いでいくことになりました。短期研修長期留学語学留学など幅広いニーズに対応し、留学の世界にも新たな影響力を発揮していこうとしています。

ここがポイント!

  • 50年以上の歴史を持つアサヒトラベルインターナショナルがATIに社名変更
  • 短期・長期・語学留学と豊富なラインアップ
  • 提携先には日本語のわかるスタッフが常駐する留学校も

日本にも窓口のあるワールドワイドな語学学校2選

留学前に語学学校と直接コンタクトして、そのポリシーや校風を知りたい人もいるでしょう。残念ながらほとんどの語学学校は日本には拠点はなく、留学エージェントを通してのコミュニケーションしかとれません。例外的なのは、国内に拠点を持ち日本語のわかるスタッフが常駐するワールドワイド語学学校。ここでは日本にいながら、留学先のスタッフと交渉でき、留学エージェントを間に入れずに留学できる、おすすめ2校を紹介します。

EF留学

日本だけではなく、ワールドワイドなネットワークを持つ多言語が学べる語学学校EF留学です。英語のみならず10ヵ国語以上、世界50都市以上の語学学校から選んで必要なレッスンを受けることができます。

成果重視のカリキュラムを組んでおり、授業中の発言チャンスに加え、ループディスカッション放課後アクティビティへの参加などの機会により実践的な英語力がきたえられます。

滞在先は学生寮またはホームスティ。授業以外の生活においても現地の言葉を使うので、語学力にくわえて、それぞれの地の文化生活にまでなじめる語学留学が可能です。ホームスティ先は現地スタッフが厳選したホストファミリーを採用しているので高い安心感があります。

ここがポイント!

  • 世界20カ国以上50都市以上に拠点を持つEF語学学校で学ぶ
  • 英語留学で人気の場所は、アメリカ、ハワイ、マルタなど
  • 現地スタッフがサポートするのでホームステイでも安心感あり

カプラン語学学校


カプラン語学学校(KAPLAN INTERNATIONAL LANGUAGES)は、80年以上前、創立者スタンリーカプランが自宅地下で個別レッスンをはじめて以来、各国で語学教育を進める世界有数の規模を有する教育機関です。現在はグラハム・ホールディング(旧:ワシントンポスト)を中心とした企業グループのメンバーでもあります。

実践に即した英語力獲得のため、教室内レッスン、オンライン教材、放課後のアクティビティなどを通して多面的な語学指導を行っています。

80年間築いた実績を背景に、世界9ヵ国の留学先で、毎年150ヵ国50,000人の留学生を受け入れているグローバルな語学学校です。

ここがポイント!

  • 80年の実績とノウハウを誇る世界有数規模の教育機関
  • 世界9ヵ国の留学先で150ヵ国50,000人の留学生を毎年受け入れ
  • 留学アドバイザーが日本語で答える電話カウンセリングあり

まとめ|留学の準備は早いほどよい

まだ完璧に英語の会話ができない人が、見知らぬ土地で生活しながら学習する、留学を前にして本人も家族も不安があって当たり前でしょう。要らぬ心配もあるかもしれません。でも、あらかじめ準備しておけば回避できるリスクもあるでしょう。

だからこそ、留学しようと決めたら、情報収集はできれるだけ早く、そして豊富に行うことをおすすめします。留学エージェント、留学先の生活、語学学校の特徴などについて、少しでも多くの情報を得れば、それだけリスクや不安も少なくなります。

多くの留学エージェントや語学学校では、無料カウンセリングを行っています。複数にアプローチして、不安な点を一つずつ解消できれば、より実りの多い留学実現に大きく一歩近づけるはずです。

コエテコが選ぶ!おすすめの留学エージェント

  • スマ留 留学国×期間で留学費用が決まるシンプルな金額が魅力!365日×24時間サポートありの留学エージェント!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ
  • 質問 英語がまったくできません。初心者でもオンラインのレッスンについていけますか?

    答え もちろんです。オンラインレッスンはマンツーマンで学べるスクールがほとんどなので、それぞれのペースやレベルに合わせた最適なレッスンが提供されます。講師が一人ひとりに合わせて、学習の理解度や改善ポイントを見極めながら学習を進めていくので、確実に英語力を伸ばしていただけます。学ぶ外国語のみでレッスンをおこなうスクールが多いですが、講師は日本語も理解しているのでご安心ください。聞き取りやすいスピードで話したり、ジェスチャーを交えたりと、理解できるようにフォローしてくれます。

  • 質問 仕事があるので昼間に受講できません。夜遅くや朝早い時間にも受講できますか?

    答え オンラインの英会話スクールは開講している時間が比較的長いため、お仕事後や出勤前、お仕事の合間など、お客様のライフスタイルに合わせてレッスンを受けられます。外国人講師は海外に住んでいる場合も多いので、時差を活かして深夜・早朝にも対応しているスクールや、365日24時間、予約と受講が可能なスクールもたくさんあります。ただし、受講したい日時に希望する講師が出勤していないケースは考えられますので、講師のスケジュールを随時ご確認ください。

  • 質問 外国人の講師からレッスンを受けるメリットにはどんなものがありますか?

    答え 英語を使う相手は、外国人である場合がほとんどです。英語の正確な発音やイントネーション、会話のリズムに慣れておける点が、大きなメリットとして挙げられます。また、ビジネスなどのフォーマルなシーンで使用する言葉と、家族や友人と話しているときの言葉は日本語でも違いますよね。外国人講師からは、さまざまなシーンでの会話における間の取り方や、独特かつ的確な表現方法などの絶妙な違いも学べるため、より実践的なレッスンを受けられます。

  • 質問 急に仕事が入ってしまった場合、予約のキャンセルや振替はオンラインで簡単にできますか?

    答え 会員専用ページや専用アプリから、キャンセルや変更操作ができるスクールがほとんどです。また、キャンセルや変更が可能な時間は30分前まで、1時間前までなど、スクールによって異なります。キャンセルできてもレッスン料金はかかってしまう場合や、15分までなら遅刻しても受講できる場合もあるので、入会を検討しているスクールへお問合せください。仕事が忙しくて先の予定が見えない場合は、当日の予約にも対応しているスクールを選んでおくと安心です。

  • 質問 オンライン英会話スクール選びで失敗しないためのコツはありますか?

    答え 習得したいレベルや目的に合わせたスクール選びが大切です。TOEICなどの試験対策のために入会を検討している場合や、ビジネスで使用する英会話を習得したければ、キャリアのしっかりしたネイティブ講師が揃っているスクールがいいでしょう。日常会話のレベルを上げたいのであれば、フィリピンなどの第二言語として英語を話す講師もおすすめ。レッスン料金も比較的安価な場合が多いです。レッスンの時間以外にも学習のサポート体制があるかどうかも、事前に確認しておきましょう。