口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

英語を話せるようになりたい初心者がやるべきこと5選!

英語に苦手意識を持っていたとしても、「英語を話せるようになりたい」と感じる瞬間がある人もいるでしょう。海外旅行をする際や、街中で海外の人から道を尋ねられたとき。そのようなときに、「英語が話せれば、海外の人とコミュニケーションをとれたのに」と残念に感じる人も少なくありません。

ここでは、英語を話せるようになりたい初心者がやるべきこと5選をわかりやすく紹介します。

コエテコが選ぶ!おすすめのオンライン英会話スクール・コーチング

英語が上達する人・上達しない人の特徴

英語を学習する前に、上達する人と上達しない人の特徴を抑えておきましょう。自分がどちらに当てはまっているかを知ることで、英語学習に活かすことができます。

英語が上達する人

英語が上達する人には、以下のような特徴があります。
  • 英語学習に明確な目的がある
  • すぐに結果を求めない
  • 決めた教材だけをやり続ける
  • 英語学習が日常生活の一部になっている
  • 英語学習を楽しんでいる
英語を学習する目的や目標がある人は、英語学習に対してモチベーションが高い傾向があります。さらに、英語を学ぶことを心から楽しんでいる人は、学んだ内容を吸収しやすいでしょう。

さらに、決めた教材だけをやり続けることで、知識は定着しやすくなることが特徴です。そのため、英語の参考書は何冊も購入する必要はありません。

英語が上達しない人

英語が上達しない人には、以下のような特徴があります。
  • 完璧主義
  • 英語を話すのが恥ずかしい
  • 自分には英語の才能がないと思う人
  • 参考書を購入して満足している人
  • 難しい英熟語を駆使しようとする人
  • 英語学習が継続できない人
上記に挙げた特徴のなかでも、参考書を次々に購入して、勉強した気になっている人は注意しましょう。家のなかに手つかずの参考書が何冊もある場合は、自分が取り組みやすいレベルの参考書を1冊だけ繰り返し解くことがポイント。

また、英会話を上達させるために大切なのは、難しい英熟語を駆使することではなく、簡単な英熟語を使うことです。簡単な英熟語で話せるようになってから、徐々に語彙力を増やしていくと良いでしょう。

英語を話すときに注意するべきポイントとは?

英語を話すときには、以下のポイントに注意しましょう。
  • はっきりと大きい声で発音する
  • リスニングスキルを上げる必要がある
自信がないときに声が小さくなってしまうのは、さまざまな場面で体験するでしょう。つまり、英語初心者は、自信がないために声が小さくなりがちです。声が小さければ、発音が正しいか間違っているかも相手にはわかりません

相手が聞き取れる音量で英語を話すことは、コミュニケーションの第一歩だと心得ておきたいですね。さらに、リスニング力を上げることで、英会話でコミュニケーションをとりやすくなります。

英語を話せるようになりたい初心者がやるべきこと5選

英語を話せるようになるためには、英語学習の継続は必要不可欠です。これから英語学習をするなら、初心者にとって大切なポイント5つを抑えておきましょう。

簡単な英語から話してみる

英語で文章を作る際に、難易度が高い英熟語で文章を作ろうとする必要はありません。簡単な言葉で言い換えられる英熟語は、数多くあります。「read a book」や「go shopping」など、簡単なフレーズでも、意図が十分に通じるケースもあります。

まずは、臆さずに簡単な英語を話してみることが大切。ネイティブの人と簡単なフレーズでもコミュニケーションが取れることで、自信にもつながります。語彙力は、学習を継続すれば自ずと豊富になっていくでしょう。

できるだけ多くの英語を聞く

英語を多く聞くことは、英語耳を育むことにつながります。英語をリスニングする際には、シャドーイングをしてみましょう。シャドーイングとは、聞こえた英語の音声のすぐ後を追って、同じ音声を発することを指します。

ネイティブの音声を真似することで、イントネーションやリズムなどをつかみやすくなります。シャドーイングを繰り返すことで、テキストを見ずに正しい発音を発声できるようになるでしょう。

間違いを恥と捉えない

日本では、「間違いは恥」だと捉えられる風習が残っている部分があります。そのため、完璧な英語を話せないのは、恥ずかしいと感じる人も少なくありません。しかし、間違いを重ねることで、英会話は上達することを抑えておきましょう。

日本語を習得する赤ちゃんも、始めは間違いだらけだったでしょう。保護者が根気よく赤ちゃんに話しかけ、何度も言い間違いをしながら日本語は習得できます。英語も同様で、言い間違いを繰り返し、ネイティブの人と会話を重ねることが重要。間違いは成長につながると捉え、臆さずに英語を使っていきたいですね。

英語環境に身を置く工夫をする

英語学習をしている人のなかには「海外のような英語環境に身を置けないから、英語が話せない」と考える人も少なくありません。しかし、日本でも英語環境に身を置くことは可能です。自身の頭のなかを英語モードにすることで、独り言や日記なども英語で表現することは可能でしょう。

SNS上で海外の友人を作れば、気軽にコミュニケーションをとることもできます。海外の友人ができると、英語を話す必要に迫られるでしょう。ネイティブの発音を日常的に耳にすることで、膨大なインプットをすることも可能です。

ネットを上手に活用する

ネットを活用するのは、以下のような方法があります。
  • 英語のニュースを見る
  • オンライン英会話を受講する
  • YouTubeの英会話レッスンを視聴する
上記の方法のなかでも、お金をかけずに勉強できるのは、英語のニュースを見る方法やYouTubeで英会話レッスンを視聴する方法です。YouTubeのなかには、有料級の英会話レッスンが多数投稿されています。

英会話のスキルアップを図りたいなら、まずは無料のものから試すことがポイント。そして、「本当に正しい発音かを知りたい」と考えたら、有料のオンライン英会話を受講してみても良いでしょう。

まとめ

英語を話せるようになりたいと感じているなら、まずは手軽にチャレンジできるものから始めてみましょう。SNSやネットを使えば、海外の人とも気軽につながれます。アプリや英会話レッスンなどのなかから、自分に合うものを探しても良いですね。

自分を英語環境に置くことで、英語で話すチャンスは増えるでしょう。まずは、勇気を持って、日常的に英語を話すことから始めてみましょう。

コエテコが選ぶ!おすすめのオンライン英会話スクール・コーチング

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ

よくある質問

  • 質問 英語がまったくできません。初心者でもオンラインのレッスンについていけますか?

    答え もちろんです。オンラインレッスンはマンツーマンで学べるスクールがほとんどなので、それぞれのペースやレベルに合わせた最適なレッスンが提供されます。講師が一人ひとりに合わせて、学習の理解度や改善ポイントを見極めながら学習を進めていくので、確実に英語力を伸ばしていただけます。学ぶ外国語のみでレッスンをおこなうスクールが多いですが、講師は日本語も理解しているのでご安心ください。聞き取りやすいスピードで話したり、ジェスチャーを交えたりと、理解できるようにフォローしてくれます。

  • 質問 仕事があるので昼間に受講できません。夜遅くや朝早い時間にも受講できますか?

    答え オンラインの英会話スクールは開講している時間が比較的長いため、お仕事後や出勤前、お仕事の合間など、お客様のライフスタイルに合わせてレッスンを受けられます。外国人講師は海外に住んでいる場合も多いので、時差を活かして深夜・早朝にも対応しているスクールや、365日24時間、予約と受講が可能なスクールもたくさんあります。ただし、受講したい日時に希望する講師が出勤していないケースは考えられますので、講師のスケジュールを随時ご確認ください。

  • 質問 外国人の講師からレッスンを受けるメリットにはどんなものがありますか?

    答え 英語を使う相手は、外国人である場合がほとんどです。英語の正確な発音やイントネーション、会話のリズムに慣れておける点が、大きなメリットとして挙げられます。また、ビジネスなどのフォーマルなシーンで使用する言葉と、家族や友人と話しているときの言葉は日本語でも違いますよね。外国人講師からは、さまざまなシーンでの会話における間の取り方や、独特かつ的確な表現方法などの絶妙な違いも学べるため、より実践的なレッスンを受けられます。

  • 質問 急に仕事が入ってしまった場合、予約のキャンセルや振替はオンラインで簡単にできますか?

    答え 会員専用ページや専用アプリから、キャンセルや変更操作ができるスクールがほとんどです。また、キャンセルや変更が可能な時間は30分前まで、1時間前までなど、スクールによって異なります。キャンセルできてもレッスン料金はかかってしまう場合や、15分までなら遅刻しても受講できる場合もあるので、入会を検討しているスクールへお問合せください。仕事が忙しくて先の予定が見えない場合は、当日の予約にも対応しているスクールを選んでおくと安心です。

  • 質問 オンライン英会話スクール選びで失敗しないためのコツはありますか?

    答え 習得したいレベルや目的に合わせたスクール選びが大切です。TOEICなどの試験対策のために入会を検討している場合や、ビジネスで使用する英会話を習得したければ、キャリアのしっかりしたネイティブ講師が揃っているスクールがいいでしょう。日常会話のレベルを上げたいのであれば、フィリピンなどの第二言語として英語を話す講師もおすすめ。レッスン料金も比較的安価な場合が多いです。レッスンの時間以外にも学習のサポート体制があるかどうかも、事前に確認しておきましょう。