口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

閲覧履歴

はじめての方へ

コエテコおすすめ記事

動画制作をマスターしたいならスクールに通おう!おすすめスクール5選

YouTubeが世界的に広まりをみせたことで、「YouTuberになりたい」「動画編集を仕事にしてみたい」と考える人は増加の一途を辿っています。

しかし、初心者にとって、動画編集はわからないことの連続です。

動画編集を習得する前に、挫折してしまう人も少なくありません。短期間で効率的に動画編集を学ぶなら、スクールを上手に活用したいですね。

この記事では、動画制作スクールを選ぶ時のポイントやおすすめスクールについてわかりやすく解説します。

コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

今YouTubeのおかげで動画市場が伸びている

出典:総務省
総務省の調べでは、2017年時点でスマートフォンの個人保有率は、20〜30代が90%以上となり、70代でもおおよそ5人に1人がスマートフォンを所有していることがわかります。

10〜30代のスマートフォン個人保有率の割合は高止まりしていますが、50〜70代のスマートフォンユーザーは増加している傾向があります。
出典:サイバーエージェント
スマートフォンの保有率の増加に伴い、動画市場はスマートフォンを中心に市場規模が拡大しています。サイバーエージェントの調べでは、2021年時点で動画広告市場が3,888億円に達し、2023年には5,065億円にも上るといわれています。

この流れを受け、多くの大手企業や個人もYouTubeなどの動画市場に参入していることが現状です。

動画制作スクールを選ぶ時のポイント  

動画制作スクールに通うためには、まとまった費用が必要になります。スクール選びに失敗しないためにも、慎重に選びたいですね。動画制作スクールを選ぶときには、以下のポイントを抑えておきましょう。
  • 受講時間を選べるか
  • オンライン対応しているか
  • プロの講師が在籍しているか
  • 転職や独立などの支援が手厚いか
  • 初心者向けのカリキュラムが用意されているか
動画制作の学習を手厚くフォローしてくれるスクールなら、モチベーションアップにもつながるでしょう。転職や独立を検討している社会人なら、転職支援の有無を確認してからスクールを選びたいですね。

動画制作を覚えるならスクールを受講しよう

動画編集スクールに通うことは、初心者にとって数々のメリットがあります。ここでは、動画編集スクールの特徴やメリットを深堀りします。

動画編集ソフトの扱いを1から学べる

動画編集に多く利用されているのは、動画編集ソフトのAdobe Premiere ProやAdobe After Effectsなどです。独学では難しい動画編集ソフトも、スクールに通えば操作画面の見方やカット、テロップ付けなどを段階を経て丁寧に指導してもらえます。

撮影や案件獲得方法について知識を得られる

動画編集を行う際に、「動画を編集できるようになること」がゴールではなく、「動画編集で収益を得ること」を目指す人がほとんどでしょう。動画編集スクールでは、1本の動画を制作するために必要な企画や撮影方法のポイントまで詳しく指導してもらえます。

スクール卒業後に安定して案件を獲得できるよう、案件の獲得方法までアドバイスを受けられることもメリットの1つです。

動画制作を勉強できるスクール5選  

ここでは、コエテコbyGMOがおすすめする動画編集スクール5選を紹介します。

ヒューマンアカデミー  

出典:ヒューマンアカデミー
質の高いポートフォリオを作成できるのは、ヒューマンアカデミーです。「アドビプラチナスクールパートナー」に認定されているため、Adobe Creative Cloudを特別価格で利用できることが強みです。専任カウンセラーが受講前から就職活動までを伴走してくれるため、初心者にとっても安心感があるスクール。

オンラインスタイルと通学スタイルがあり、受講者が好きな方を選べます。動画クリエイター総合コースは6カ月の受講で、受講料は310,640円(税込)です。講座内では、動画編集の基礎からWebリテラシー、Photoshopなどのスキルも習得できます。
ヒューマンアカデミーはこちら

MOVA

出典:MOVA
プロの動画クリエイターから動画制作を学べるスクールは、MOVAです。オンラインと通塾のミックススタイルで、着実にスキルを身に付けられます。自習室は平日の19~22時に開放されており、社会人も通いやすいスクールとして知られています。

チームでの撮影などの実践が学習のメインとなり、獲得した知識をアウトプットしながら動画撮影・編集を学べます。クラスは、スキルに合わせてBEGINNER・STANDARD・EXPERTの3つに分けられています。受講料は、月々26,800円~となっています。
MOVAはこちら

MOOCRES 

出典:MOOCRES
「超実践的」をキーワードとして運営されているスクールは、MOOCRESです。各クラス最大15名までの少人数制クラスであるため、質問しやすく指導が行き届きやすいことが強み。動画編集で必要となるPCは、実質無料でレンタルできます。

授業では、動画編集ソフトの扱い方の基礎やプロモーション動画を編集するポイント、絵コンテの制作などを学べます。1クール5カ月間で、授業料は660,000円(税込)で入学金はありません。オフライン授業は毎週土・日曜日の19~21時まで行われ、オンライン授業は毎週水・木曜日20~22時に行われています。
MOOCRESはこちら

Tech Academy

出典:Tech Academy
Adobe Creative Cloudコンプリートプランが3カ月間無償提供されるのは、Tech Academyです。Adobe Premiere Proの扱い方から、動画配信の方法まで習得できます。ワイプやインサート編集など、より本格的な動画編集方法を学びたい人におすすめです。

ライフスタイルに合わせて、4・8・12週間プランから選べます。授業料は4週間プランで174,900円(税込)、8週間プランで229,900円(税込)、12週間プランは284,900円(税込)となっています。オンライン完結型で、近くにスクールがない人でも通いやすいことが魅力です。
Tech Academyはこちら

STUDIO US

未経験者でも動画編集の上達が実感できるのは、STUDIO USです。授業では、動画編集からディレクション、画像加工やセールスまで幅広い内容を学べます。好きなタイミングで学べるオンラインスクールで、忙しい社会人でも学習を継続しやすいことがポイント。

コースは、動画編集コース・動画クリエイターコース・動画クリエイター総合コースの3つに分けられています。動画編集のプロを目指すなら、受講料が220,000円(税込)の動画クリエイター総合コースを選ぶと良いでしょう。

まとめ

動画編集のスキルは、フリーランスや副業を行う際にも役立つスキルの1つです。スクールで専門性の高い知識を身に付ければ、案件が獲得しやすくなることもあるでしょう。目標を明確に定めてから、動画編集スクールに通うか検討したいですね。

コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ
  • 質問 未経験からでも動画制作・動画編集のスキルは身につけられますか?

    答え 動画制作や動画編集を目的としたスクールの受講生のほとんどは未経験もしくは独学でのスキルアップを難しく感じている人です。基礎知識から学べるコースを選ぶことで自分のペースで無理なく学習できるでしょう。学習についていけるか心配という人は、定期的な面談やコミュニティでのイベントなどのサポート体制が手厚いスクールを選ぶのがおすすめです。動画制作の相談や就職のアドバイスを受けたりといった機会を設けることで、不安を解消しながら学習を進めていくことができます。

  • 質問 スクール入会前に考えておくべきことはありますか?

    答え スクールに入会する前に動画クリエイターとしての目標や目的を明確にしておきましょう。動画クリエイターはオリジナル動画制作や企業広告の受注などさまざまな業務での活躍が期待されるので、将来自分が行いたい業務を考えておくと学習の方向性が決まります。たとえば企業の依頼を受けたいという場合は、就職・転職サポートを利用できるスクールを選ぶのも良いでしょう。自分に合ったスクールを見つけるためにも目的を振り返りましょう。

  • 質問 スクール卒業後のキャリアには、どのような選択肢がありますか?

    答え 近年さまざまな業界で動画クリエイターの需要が高まっているので、卒業後のキャリアも人それぞれです。まずは副業からスタートする人もいれば、就職や転職を目指すという人もいます。スクールによってはキャリア相談や卒業後の就職・転職サポート、履歴書の添削といったサービスを利用できる場合もあるので、受講しながら進路を決めるのも良いでしょう。将来設計が決まっていないという場合は、スクールの無料説明会で卒業生のキャリアについて質問することで具体的なイメージが湧きます。

  • 質問 動画編集未経験からでもフリーランスとして独立できますか?

    答え 未経験の場合、まずは動画制作の実績を積むことが大切です。はじめからフリーランスでの活動を目指す人も多いですが、個人で仕事を受注するためには実績をアピールする必要があります。特に高単価の仕事はポートフォリオで高いスキルを伝えられるクリエイターでないと受注できない場合もあります。スクールで即戦力を身に着けたあとは、クラウドソーシングサイトなどで副業として仕事を受注していくことで着実にキャリアアップできるでしょう。