口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

AIデータサイエンススクールおすすめ8選と特徴を解説

AIに関わる仕事に携わってみたいけど、何を学べば良いの?」「データサイエンティストはどのような職業?」など、AIやデータサイエンスに関して、初心者の場合はわからないことも多いでしょう。

この記事では、AIデータサイエンスの意味や、データサイエンティストになるために必要なスキルについてわかりやすく解説します。おすすめのデータサイエンスが学べるスクールもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

AIデータサイエンスを理解しよう!

まずは、身近で利用されるようになっているAIについて理解していきましょう。AIとは人工知能を指し「人間が持つ知的な情報処理能力を機械に持たせること」を意味します。それに加え、データサイエンスは、多くの学問領域にわたる科学的手法やシステムを用いて、導き出されたデータから洞察を引き出す分野です。

AIの開発が進んだことで、人間では管理することが難しい膨大な量のビッグデータも効率的にデータ化できるようになりました。データサイエンスは、ビジネスに留まらず教育や医療など幅広い分野で活用されるようになっています。データを抽出するだけではなく、問題点を発見し新しい取り組みに取り入れることが重要です。
参考:DateArtist

AIデータサイエンスと人工知能の違いとは

AIデータサイエンスと人工知能の違いは、データサイエンスは人間が主体であるのに対し、人工知能は機械が主体であるところです。

AI データサイエンスとは、統計学や情報工学などを利用して、膨大なデータを分析する方法のことです。人工知能は、自動的にデータの処理を行える機能が搭載されており、機械を通してプログラムされた学習パターンによりデータを処理、分析していきます。

ただしデータサイエンスを行う際にも膨大なデータ処理が必要になるため、分析を行う際に人工知能を利用します。データサイエンスを効率的に行うためにも、人工知能は必要な手法の一つとなります。

AIデータサイエンティストになるために必要なスキル

AIデータサイエンティストは、データサイエンスで抽出したデータを研究する役割があり、多くの企業から求められている人材だといえるでしょう。AIデータサイエンティストになるためには、以下のようなスキルが必要だといわれています。
  • ディープ・ラーニング
  • AIに関するスキル
  • 数学
  • 統計学
  • データ分析
  • 自然言語処理
  • 画像・音声処理
多くの専門的な知識やスキルを要する業種であるため、AIデータサイエンティストは未経験から参入することが難しい分野だとされています。大学においても、データサイエンスが専門的に学習できる「数理・データサイエンス教育プログラム」や「データサイエンス学部」などが創設されました。

なお、AIデータサイエンティストは、エンジニア職から転職する人が多い傾向があります。膨大な量のデータを扱うWeb系エンジニアなどは、AIデータサイエンティストと似通った業務内容もあるといえるでしょう。エンジニアから転職する際には、既存のスキルの他にもデータサイエンス力とビジネス力を身につける必要があります。
参考:レバテックキャリア

おすすめのデータサイエンスが学べるAIスクール8選

この段落では、コエテコが厳選するデータサイエンスが学べるスクール8選をご紹介します。学習サポートや料金などを比較して、自分の学習に合うスクールを選んでみましょう!

Aidemy


AIスキルをスムーズに身につけやすいのは、Aidemyです。AIを学びたい個人だけではなく、10名以下で利用する法人からも利用されるスクールとして注目を集めています。
  • 入門編の「Free」
  • 10名未満の法人が利用できる「Select」
  • しっかりと学習したい人向けの「Premium」
  • 10名以上の法人が利用できる「Business」
以上の4つのコースから、自分のスキルに合わせたコースを受講できます。入門編のFreeなら無料で利用可能であるため、初歩的なAIの知識を学びたい人にもおすすめです。

また、Aidemyが実施した調査では60%以上の経営者が、データサイエンティスト/データアナリストを「未経験であっても採用したい」と回答しており、 約半数が他の未経験職種よりも「好待遇」を提示、という結果も出ています。
引用:「データ活用人材の採用」に関する意識調査
東大発、AI(人工知能)技術が学べるプログラミングスクール「Aidemy(アイデミー)」では、AI時代を生き抜くスキルを身につける機会が用意されています。
アイデミーはこちら

TECH CAMP


未経験者が短期間でプロのエンジニアとして転身しやすいのは、TECH CAMPです。パソコン初心者やプログラミング初心者でも、挫折しづらいサポート体制が整っているのがTECH CAMPの魅力です。30代以上の利用者も全体の約3割を占めており、転職保証が受けられる年齢制限は39歳までとしています。

オンラインプランや通学プランの中から、自分のライフスタイルに合わせた学び方を選べます。授業料は657,800円~(税込)であり、転職保証が手厚いこともTECH CAMPの人気が高い一因であるといえます。
テックキャンプはこちら

侍エンジニア塾


マンツーマンに特化した挫折しづらいスクールは、侍エンジニア塾です。94.1%という高い転職率を誇り、キャリアアドバイザーの手厚いサポートにも定評があります。無料体験レッスンも行っているため、興味がある場合には気軽に利用してみたいですね。

「AIコース」なら、12週間プランで学生は544,500円(税込)・社会人は605,000円(税込)で受講可能です。
侍エンジニアはこちら

キカガク

出典:キカガク
eラーニングアワード「AI人材育成特別部門賞」を受賞したのは、キカガクです。キカガクでは、機械学習の数学やPythonの基礎、データの前処理とAIモデル構築などを幅広く学習できます。授業スタイルはハンズオン形式の動画となっており、苦手分野を何度も復習することが可能です。

動画の最後には確認テストを行うため、実践的な実力を身に付けられることがメリット。キカガクでは500社を超えるクライアントとパートナーを抱えており、就職・転職を見据えてAI分野を学びたい人に向いています。

なお、キカガクの「AI人材育成長期コース」では、Webアプリケーション開発だけではなくE資格受験に向けた学習もできます。厚生労働省の給付金対象コースとなっており、授業料が最大70%オフになる点も嬉しいポイントです。
キカガクはこちら

テックアイエス

出典:テックアイエス
現役Webエンジニアの講師から指導を受けられるのは、テックアイエスです。カリキュラムのなかではチーム開発を行うため、現場での即戦力となれるスキルが身に付くことが特徴です。コミュニティやイベントに参加することで、受講生同士のコミュニケーションをとりやすいことが強み。

1年間のコースでは、6ヵ月間の学習期間と6ヵ月間のキャリアサポート期間が用意されています。学習期間には、PHPやHTML、JavaScriptやLaravelなど現場で求められるプログラミング知識を身に付けられます。

さらに、キャリアサポート期間には、履歴書添削や就職先紹介など、就職・転職支援を受けられます。教育訓練給付金制度を利用すれば授業料の最大70%を支給されるため、低価格でプログラミングスキルを身に付けたい人は無料体験・カウンセリングを利用したいですね。
テックアイエスはこちら

CodeCamp


身につけたいスキルからコースを選びやすいのは、CodeCampです。幅広いスキルを身につけたいなら、プレミアムコースがおすすめです。プレミアムコースなら、CodeCampで扱う全てのプログラミング言語とフレームワークを網羅することができます。オンライン教科書が利用できるから、カリキュラム受講後も自分のペースで学習できるでしょう。

7〜23時ならいつでも講座を受講できるため、働きながら学びやすいスクールとしても選ばれています。大手IT企業などの研修にも利用されている実績があるため、現場でも通用するスキルが学べるスクールだといえます。プレミアムコースの2ヶ月プランなら、275,000円で受講することが可能です。
コードキャンプはこちら

AI boost


AIスキルを身に付けてIT転職・副業・フリーランス・起業を目指せるPython特化型オンラインプログラミングスクールAI boostです。個人に合わせたカリキュラムと講師によるチャットサポート(10:00〜22:00)、週1〜2回のオンライン面談など、AI未経験でも挫折しない学習体制が整っているといえるでしょう。

目的に合わせて選べるコースは、機械学習エンジニアコースデータサイエンスコースの2つ、受講料は3ヶ月プラン360,000 (税込)、6ヶ月プラン440,000 (税込)で受講可能です。

TechAcademy


TVのCMなどメディアで大きく取り上げられているのは、TechAcademyです。現役エンジニアの講師から、現場で即戦力となれるスキルを学べるのがTechAcademyの強みです。「データサイエンスコース」では、Phythonを利用してデータ分析の方法を学べます。統計学の基礎から学べるため、初心者にとっても学びやすいコースだといえますね。

パーソナルメンターサポートが学習をフォローしてくれるデータサイエンスコースは、授業料が4週間プランで学生なら163,900円(税込)・社会人は174,900円(税込)で受講できます。

まとめ

多くの業界から求められているAIデータサイエンティストになるためには、幅広いスキルと豊富な経験を要します。独学する際には膨大な量の勉強量となるため、学習を効率的に行いたいならスクールの利用も検討したいですね。

スクールを利用することで、基礎知識だけではなく現場で応用できるスキルまで習得することが可能です。無料体験などを利用して、自分の学習に合うスクールを見つけてみましょう!

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ
  • 質問 プログラミングスクールが「N週間でエンジニアになれる」というのは本当ですか?

    答え 事実ですが、個人の資質次第なところも(詳しくはこちら

  • 質問 返金保証のないスクールは、やめておいたほうがいいですか?

    答え 返金保証の有無はあまり関係ない!(詳しくはこちら

  • 質問 転職保証は本当ですか?どんな人でも保証されますか?

    答え 本当ですが、一定の条件があります(詳しくはこちら

  • 質問 未経験でもスクールの授業についていけますか?

    答え ついていけます!が、最終的には個人の努力次第(詳しくはこちら

  • 質問 「卒業率99%!」のような数値は信用してよいのでしょうか?

    答え 嘘ではないが、計算にトリックがあるかも(詳しくはこちら

  • 質問 どのプログラミング言語(Ruby、PHP、Java…etc.)がよいですか?

    答え 結論、どれでもOKです!(詳しくはこちら

  • 質問 メンターが素人や学生の場合もあると聞いたのですが……

    答え そういうケースもあります。が、必ずしもエンジニアから教わるのが正解ではないかも。(詳しくはこちら

  • 質問 SES/受託企業/事業会社の違いは何ですか?SESはよくないのですか?

    答え 転職先で多いのはSES/受託。大事なのは「自分に合うか」(詳しくはこちら

  • 質問 スクールはどのような基準で選んだらいいですか?

    答え まずは目標の自己分析を。カウンセリングで雰囲気を見きわめよう(詳しくはこちら