口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

プログラミングは独学で十分?スクールで学ぶべき?違いやメリット・デメリットを徹底解説

プログラミングは独学でも十分学べる、いやプログラミングスクールに通ったほうが良い、という意見の対立はよく見かけます。でも単純に学び方の違いでしかありません。

プログラミングの「学習手段」として、独学とスクールがあるわけですが、いずれにしても大事なのはあなたの意欲です。

しっかりとスクールと独学のメリット・デメリットを把握すると同時に、あなた自身が本当にプログラミングを学び、転職などの希望を叶える気持ちがあるのか、この記事を参考にしながら一緒に考えていきましょう。

そして自分に合ったプログラミング学習法を判断し、行動を起こしましょう。

何事も始めなければゴールにたどり着けないのですから!

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

プログラミングの独学開始前に知っておくべきこと

まずはプログラミングを独学で学ぶ前に知っておくべき3つの項目をご紹介します。どれもプログラミング学習に必須となる知識ですので、しっかり確認しておきましょう。

プログラミングとは

プログラミングとは、簡単にいうと「コンピュータを動かすために指示すること」を意味します。コンピュータが処理を行う際には必ずプログラミング言語を用いて動作命令しなければなりません。たとえばスマートフォンや家電製品の動作処理、AIやWebサイトの開発など、身の回りのあらゆるシステムでプログラミングが使われています。

またプログラミング言語にはさまざまな種類があり、それぞれ用途や得意な処理が異なります。システム設計に基づいて適切なプログラミング言語を使うことが大切です。複数のプログラミング言語を扱うことができるプログラマーであれば活躍の場が広がります。

プログラミング技術習得後のキャリア

プログラミング技術を習得したあとは、まずはプログラマーとして企業に就職する人が多いでしょう。さらにプロジェクトを統括するシステムエンジニアや、統計学の知識も併せ持つデータサイエンティストへのキャリアアップを目指す人もいます。

プログラミングスキルはさまざまなIT系職業との親和性が高いため、Webデザイナーや映像クリエイターなど多職種へのキャリアチェンジも考えられます。もちろんフリーランスとして独立し、各企業のプログラミングを業務委託する働き方も可能です。

近年では優秀なIT系技術者の需要が高まっているので、さまざまなキャリアパスが実現できるでしょう。

プログラミング技術の習得に必要な目安時間

プログラミングを習得するために必要な勉強時間について「独学」と「スクール」それぞれの特徴を解説します。プログラミング学習開始後の生活スタイルを具体的にイメージしてみましょう。
独学の場合
プログラミングを独学する場合、以下の勉強時間が目安となります。
  • 1日の学習時間:3~4時間
  • 学習期間:1年半
独学の場合はプライベートや仕事の合間に学習しなければならないため、1日3~4時間ずつコツコツ勉強したり、週末にまとめて学習時間を確保する人が多いでしょう。

時間がかかる理由としては、自分に必要な学習内容やエラーの解決方法がわからず、リサーチに時間がかかる点が挙げられます。1年以上の長期的な学習になることを前提に独学を進めるのが良いでしょう。
スクールに通う場合
スクールに通学してプログラミングを学ぶ場合は、以下の学習時間が目安です。
  • 1日の学習時間:5時間
  • 学習期間:1年3か月
スクールに通う場合定期的に学習時間を確保するため、独学よりも短期間で学べることが推測されます。また必要なカリキュラムが網羅されているので、無駄な学習時間を省くことができるでしょう。

プログラミングは独学で学習が可能なのか?

結論から言えば、プログラミングは独学で学習することが可能です。「未経験者には難易度が高い」と思われがちなプログラミングですが、昨今ではプログラミングを無料で学習できる動画やサイトなどが豊富にあります。

しかし、プログラミングは独学で挫折者が多いことも事実だといえるでしょう。そのため、「何のためにプログラミングを学ぶのか」という目的を明確にする必要があります。目的が明確になれば、自ずと利用するべき参考書やサイトなども選べるようになります。

そして、未経験者でも小さなものから作れば、小さな成功体験を積み上げられます。難易度がやさしく小さなものから作ることで、エラーが起きた際にも対処しやすいことがメリットです。

プログラミングを独学で学ぶメリット・デメリット

プログラミング 独学

プログラミングを独学で学ぶ前にメリット・デメリットを確認しておくことで、自分の目的に合った学習方法かどうかがわかります。

プログラミングを独学で学ぶメリット
  • 費用が安い
  • 自分のペースで学べる
  • 自信がつく
プログラミングを独学で学ぶデメリット
  • 挫折しやすい
  • わからないことが解決できない
  • 転職・就活でのアピールが難しい

では、それぞれの項目について詳しく解説していきます。

プログラミングを独学で学ぶメリット

  • 費用が安い
  • 自分のペースで学べる
  • 自信がつく
プログラミングを自分ひとりで学ぶには、わかりやすい解説書や簡単な学習アプリ(Progateなど)を利用することが多いでしょう。さらにコードを学べるサイトや動画解説などを使えば、お金はあまりかかりません。

自分で学ぶということは、自分のやり方で自分のペースでできるメリットもあります。ひとりでスキルを身につけるのは大変ですが、やり抜いた達成感は大きな自信につながるでしょう。

プログラミングを独学で学ぶデメリット

  • 挫折しやすい
  • わからないことが解決できない
  • 転職・就活でのアピールが難しい
プログラミングを学ぶと、必ず何かうまくいかない、わからないところが出てきます。問題がすぐに解決すればよいのですが、何が間違っているのかもつかめないまま時間だけが過ぎていき、そのまま挫折……というのが独学でありがちな失敗パターンです。

また転職時の求職活動で、資格取得などわかりやすいスキルの目安がないとアピールしづらい面があります。

プログラミング独学で成功するコツ

プログラミング 独学で十分

① 関連するスキルや知識を得ている
たとえば美術系の学校で学んでいるのであれば、Webデザイナーとして必要なことを独学で学ぶことも可能でしょう。サイトデザインならではの特徴や、基本的なコーディング知識を学べば、デザイン・美術の基礎を持っていることから仕事を見つけやすいはずです。

あるいは、すでに簡単なコーディングならできる、パソコン関連の仕事に就いているのであれば、基礎的な知識があるので独学でも進めやすいはずです。「何から始めたらいいのか」を十分に認識しているのであれば、独学でもさらにスキルアップが可能です。

② 身近にプログラマーやエンジニアがいて教えてくれる
もうひとつ大切なのが、身近に現役のプログラマーやエンジニアがいて、気軽に相談できる環境にあることです。基礎知識があったとしても、つまずくこともあるでしょうが、そこでスムーズに問題を解決できるかがカギ。

「ここのどこが間違っているの?」と質問をし、教えてくれる存在がいれば、独学でも学べるでしょう。

(コエテコで行っている、有名プログラミングスクールの卒業生インタビュー。専業主婦や自衛官(!)からエンジニア転職を成功された人、地元の会社に転職できた人など、さまざまな方のお話を伺っています)

プログラミングの独学を学ぶためのステップ

プログラミングの独学は何から始める?

最初にプログラミングを独学で学ぶことについて解説していきます。

プログラミング独学では「何から始めたらいいのか」まずスタート地点で止まってしまう人が多いようです。

まったくのゼロから独学でプログラミングを学ぶのが難しいのは「で?何からしたらいいの?」とお手上げ状態になってしまいがちなこと。
  • プログラマーやエンジニアとしてどんな仕事に就きたいのか
  • どの言語を学ぶべきか
  • 言語以外の周辺のスキルで学ぶべきは何か
  • 上記にあわせて、どんな教材でどのように学習を進めていくか
こうした流れをひとりで決められる人でないと、独学は厳しいと覚悟しておきましょう。しかし逆に言えば、本気でプログラミングを学ぼうとしているのなら、これらをひとつずつ調べてクリアーすることも可能です。

プログラミング独学でおすすめの学習ツール

プログラミングを独学するときには、活用しやすいツールを使用したいですね。ここでは、プログラミング独学でおすすめの書籍やサイト、アプリについて説明します。

書籍・本

出典:amazon
書籍のなかでもおすすめなのは、米田昌悟氏が執筆した「プログラミング入門講座」です。バーク・オバマ氏やマーク・ザッカ―バーグ氏も、本書の学習メソッドに賛同していることが特徴。プログラミング入門講座は、プログラミングの基礎を習得したい初心者から選ばれています。

具体的には、LightbotやScratch、CodeMonkeyなどの学習ツールやプログラミング言語について学習できます。イラストが豊富に掲載されているため、お子様から大人まで読みやすい学習書として人気を得ています。

出典:amazon
パソコンの扱いに苦手意識がある人におすすめなのは、河村進氏が執筆した「おうちで学べる プログラミングのきほん」です。本書には、プログラミング初心者がつまづきやすいOSやサーバについて丁寧に解説されています。

プログラミング初心者が学びやすいJavaScriptやC言語について基礎から学びたいなら、ぜひ手に取りたい入門書だといえるでしょう。

無料学習サイト

出典:progate
イラスト中心のスライド学習が採用されているのは、progateです。実際にプロダクトを作りながらプログラミングが学べるから、実践的なスキルを習得できることがメリット。progateでは、HTML&CSSやRuby、JavaやPythonなど、幅広いプログラミング言語を学習できます。

無料プランも用意されていますが、すべてのレッスンを受講したい場合は、月額利用料が1,078円(税込)のプラスプランを利用しましょう。
出典:ドットインストール
7,119本の動画が提供されているのは、ドットインストールです。1本あたり3分の動画だから、隙間時間を有効活用しながらプログラミング学習することが可能です。動画は、Webサイト制作やWebサービス開発、プログラミング言語を利用したゲーム制作など、バラエティに富んだ内容となっています。

無料で利用することも可能ですが、月額1,080円(税込)のプレミアムサービスを利用すれば、中上級者向けの動画も閲覧可能になります。

アプリ

出典:Udemyオンラインコース
コーディングや開発が手軽に行えるアプリは、Udemyオンラインコースです。65以上の言語で公開されているため、国内外でも利用者が多いことで有名なアプリの1つ。プログラミング言語のほかにも、データサイエンスやマーケティングなども学習できることが特徴です。
出典:Programming Hub:Learn to code
全世界で500万ダウンロードを突破しているのは、無料で利用できるProgramming Hub:Learn to codeです。プログラミングの基礎ともいえる、PhthonやJavaScript、C#などを学習できるアプリとして知られています。

プログラミングは独学で十分というのは本当?

プログラミング 独学

プログラミングスクールは「やめとけ」という声と共に多いのが「プログラミングは独学で十分」という声です。

独学でプログラミングスキルが身についたか?

プログラミング 独学で十分
*引用:プログラミングスキル習得に関する調査
上記は株式会社キラメックスによる調査ですが独学でプログラミングスキルが身についたとしているのはわずかに5%、しかし「やや身についた」が38%います。

独学でもある程度の知識やスキルを得ることは可能だけれど、では副職として収入を得られるレベルかといえば微妙、転職で希望通りの仕事に就けるだけの即戦力には及ばないと感じている人が多いのではないでしょうか。

さらに独学の場合、IT業界について「現場ではどのような流れで業務が行われているか」「即戦力として求められているものは何か」「今後は重宝されるであろう言語やスキルについて」といった情報を得られるチャンスが少ないわけです。

つまり転職支援まで見据えて考えると「プログラミングは独学で学べるが実践的な学びや情報は十分ではない」と言えるのではないでしょうか。

プログラミングスクールのメリット・デメリット

プログラミングスクール メリット デメリット

では次にプログラミングスクールについて深堀りしていきましょう。

プログラミングスクールのメリット
  • カリキュラムにそって効率的に学べる
  • 不明点をすぐに教えてもらえる
  • 講師やアドバイザーのサポートがある
プログラミングスクールのデメリット
  • 費用が高い
  • 他人任せになりやすい
  • スクール選びに失敗すると挫折する可能性が高くなる

プログラミングスクールについては良い評判ばかりではなく、悪い口コミや「意味がない」という声があるのも事実です。そもそもスクールにさえ行けば「年収1,000万円のエンジニアになれる」なんていうことはめったにありません。

ここを勘違いして「スクールにさえ行けば、プログラマーになって仕事は選び放題、年収も今よりずっとよくなるだろうな」ではうまくいきません。

プログラミングスクール選びでは無料体験や面談を活用し、しっかりと自分に合ったところを選びましょう。

選んでお金を払った以上はそれだけのスキルを身につけて仕事に直結させるのだという心構えが重要です。

プログラミングスクールに通うのでも明確な目標があり、それを叶えるための強い意志が独学と同じくらい実は必要なのです。

プログラミングスクールのメリット

  • カリキュラムにそって効率的に学べる
  • 不明点をすぐに教えてもらえる
  • 講師やアドバイザーのサポートがある
プログラミングスクールは、目的にあわせたカリキュラムにそって体系的に学べます。不明点も講師がすぐに教えてくれるので、問題解決がスムーズで効率よく学べるのがメリットです。

講師の他にアドバイザーなどが学習のスケジュールから進行、転職に至るまで勉強以外の面でもサポートしてくれるのも大きいですね。


プログラミングスクールのデメリット

  • 費用が高い
  • 他人任せになりやすい
  • スクール選びに失敗すると挫折する可能性が高くなる
プログラミングスクールは費用がかかります。スクールにもよりますが決して安くはない金額です。また、手厚いサポートはメリットであると同時に、人によっては「とりあえず、やったから大丈夫」とカリキュラムをこなすだけになってしまい、身につきづらいケースもあります。

プログラミングスクールはたくさんありますから、慎重に選ばないと「難しすぎてわからない」逆に「本を読めばわかるようなことしか教えてくれない」「オンライン対応の時間が自分の勉強時間と合わない」といったこともあります。

プログラミングスクールの「お客さん」になってはいけない

プログラミングスクール やめとけ

プログラミングスクールに高いお金を払ったのに「なかなか仕事に就けない」「クラウドソーシングで仕事をとって副業にしようと思ったけど、学んだスキルだけでは役立たない」こんな体験談もよく見かけます。

ただカリキュラムを淡々と進めていたら本当にスキルが身につくでしょうか?

小学校や中学校で塾に行った人も多いでしょうが、塾で「席に座って先生の話をぼんやり聞いていた」いわゆるお客さんでは、成績が上がるわけがありません。

それと同じように、スクールでも教材をただ進めるだけ、制作課題も工夫することなく指示どおりにやってみるだけ、「言われたことをやるだけ」ではそれ以上でもそれ以下でもないレベルで終わってしまいます。

「なんとしてもあの高校に入るぞ」と塾に行ってもノートのとり方を工夫し、わからないところは残って先生に聞き、家でも復習や反復練習を繰り返した子が合格をもぎとるように、自ら前向きに学ぶ姿勢が大切なのです。

大人のためのプログラミングスクールは手厚いサポートが特徴でもありますが、なんでもお任せではなく自ら学ぼうとする意思と、思うだけでなく実行することが重要です。

オンラインプログラミングスクールで挫折しないために

プログラミングスクール 挫折

プログラミングスクールでは、オンライン型が非常に多くなっています。仕事をしながら学ぶには、いつでも好きな時間に家にいながらにして学べるオンラインスクールはとても便利です。

社会人向けのプログラミングスクールは、教室で行うといっても「○○クラス」に入って、机にならんで受講するところはあまり多くありません。

自習室のようなスペースにメンター(講師)がいて、それぞれのカリキュラムを進めながら、わからないところを教えてもらうスタイルが中心です。

加えてフリースペースがあり、他の受講者と交流できたり、現在のIT業界についてや人気企業に入社するためのセミナーを受けたりできるところも多いですね。

オンラインは近くに教室がなくても受講できる、いつでも学べる良さがあるいっぽうで、独学と同じように「しなくてもいいか」と休んでしまう、そのままズルズルと挫折に至ってしまうこともあるのがネックです。

ただしオンラインスクールでは、週に1度、担当者と面談をして勉強の進行を確認したり、相談にのってもらったりして「ズルズル挫折」をさせないようなサポートも充実しています。

オンラインスクールでは面談やチャットといった「講師やアドバイザーと話したり相談できる手段」を十分に活用するのがポイントです。

プログラミングの独学が厳しいと感じたらスクールでの学習がおすすめ

プログラマーやエンジニアをめざすには専門的な知識やスキルを学ぶことが必要です。

独学にしろプログラミングスクールに通うにしろ、あるいはオンラインで学ぶにしろ、最終的には自分の意欲を高いレベルで保ち必要かつ即戦力として働けるだけのスキルを確実に身につけることが重要です。

独学かスクールかといえば、基本的にはプログラミングスクールをおすすめはしますが、まずは自分が何をしたいのか目的を明確にしていきましょう。

求人情報を見ながら「この企業でプログラマーとして働くには、○○と○○のスキルを身につけて、○○の資格をとれば有利なんだな」「クラウドソーシングでは未経験でも受注できる案件はどんなものがあって、それにはどのようなスキルが必要か」といったことを調べてみましょう。

自分で進めるのが難しいのであれば、スクールの無料相談や体験を活用してみるのもひとつの方法です。

学ぶには、やりきる意思がとても大切なのです。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ

よくある質問

  • 質問 プログラミングスクールが「N週間でエンジニアになれる」というのは本当ですか?

    答え 事実ですが、個人の資質次第なところも(詳しくはこちら

  • 質問 返金保証のないスクールは、やめておいたほうがいいですか?

    答え 返金保証の有無はあまり関係ない!(詳しくはこちら

  • 質問 転職保証は本当ですか?どんな人でも保証されますか?

    答え 本当ですが、一定の条件があります(詳しくはこちら

  • 質問 未経験でもスクールの授業についていけますか?

    答え ついていけます!が、最終的には個人の努力次第(詳しくはこちら

  • 質問 「卒業率99%!」のような数値は信用してよいのでしょうか?

    答え 嘘ではないが、計算にトリックがあるかも(詳しくはこちら

  • 質問 どのプログラミング言語(Ruby、PHP、Java…etc.)がよいですか?

    答え 結論、どれでもOKです!(詳しくはこちら

  • 質問 メンターが素人や学生の場合もあると聞いたのですが……

    答え そういうケースもあります。が、必ずしもエンジニアから教わるのが正解ではないかも。(詳しくはこちら

  • 質問 SES/受託企業/事業会社の違いは何ですか?SESはよくないのですか?

    答え 転職先で多いのはSES/受託。大事なのは「自分に合うか」(詳しくはこちら

  • 質問 スクールはどのような基準で選んだらいいですか?

    答え まずは目標の自己分析を。カウンセリングで雰囲気を見きわめよう(詳しくはこちら