口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

動画広告制作の案件相場って?ランサーズ・クラウドワークスで調べてみた

タクシーや屋外広告、インターネット上でもさまざまな種類の動画広告を目にする機会があるでしょう。スマートフォンやタブレットの普及率がアップしていることで、動画広告の需要はますます高まっています。動画編集を行った経験があるなら、動画広告の制作にチャレンジしてみても良いですね。

この記事では、動画広告の特徴やクラウドソーシングにおける案件相場についてわかりやすく紹介します。

コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

動画広告って?

出典:サイバーエージェント
動画広告とは文字の通り、動画を活用した広告を指します。動画広告はサイバーエージェントの調べからもわかる通り、2019年から2023年までの間に市場規模が約1.5倍の成長になると予想されています。

なお、動画広告は、以下のようなプラットフォームで利用できます。
  • YouTube
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • TikTok
それぞれのプラットフォームによって、動画広告の推奨解像度や推奨ファイル形式、推奨アスペクト比や動画の長さなどは異なります。そのため、動画広告は、再生されるプラットフォームを確認してから制作する必要があります。

動画広告の種類

動画広告には、大きく分けて以下の2種類があります。
  • インストリーム広告
  • アウトストリーム広告
インストリーム広告は動画コンテンツの前後や合間に流され、アウトストリーム広告は動画本編とは異なる枠に表示される広告を指します。さらに、インストリーム広告のなかには、スキップして本編を視聴可能なスキッパブル型と、最後まで視聴する必要があるノンスキッパブル型の2種類があります。

動画広告を活用するメリット

動画広告を活用するのは、以下のようなメリットがあります。
  • 商品やサービスの利点を伝えやすい
  • 視覚と聴覚から多くの情報を伝えられる
  • 購買力がアップしやすい
  • 印象に残りやすい
  • 効果検証をしやすい
効果検証とは、広告の表示回数や再生時間、クリック数などを指します。動画広告を活用することで、視聴した消費者の反応をリサーチしやすいことがメリットとして挙げられます。

動画広告を制作する際に注意すべきポイント

動画広告制作する時には、まずは広告の内容を伝えたい相手(ターゲット)を明確にすることが大切です。顧客ターゲットを具体的にイメージすることで、顧客の心に刺さるような動画を作成できるようになり、広告の効果を得やすくなります。

動画広告の企画を立てる際には、動画広告を伝えたいターゲットの年齢、性別、職業、抱える悩みなどをなるべく具体的にイメージしてから行いましょう。

動画広告の企画通りに作成したら、次はInstagram、YouTubeのインストリーム広告など、どこに掲載するのかを決めましょう。たとえばオシャレ雑貨、コスメ、ファッションなどであれば女性ユーザーの多いInstagramへ掲載するのがおすすめです。また、動画広告の制作を外注する場合は、撮影、起用人材によって費用相場が異なるので、予算や費用対効果を踏まえた上で検討しましょう。

動画広告の制作時間目安は?

動画広告は、15秒ほどのものから数分のものまであります。そのため、15分ほどで制作できる動画広告もあれば、数時間から1カ月ほどかかるケースも。それに応じて制作費用はピンキリとなり、数万円から1千万円以上かかる広告もあります。

制作時間を短縮したいなら、初心者でも扱いやすい動画制作ツールを扱うと良いでしょう。制作時間や報酬の目安を知り、時給がいくらになるかを考えてみましょう。

クラウドワークスの案件相場

ここでは、動画広告におけるクラウドワークスの案件相場を説明します。

YouTubeの動画広告

出典:クラウドワークス
YouTubeの動画広告制作は、1本あたりの報酬が2.5万円~となっています。動画の長さは5~6分となっており、作業時間は5~6時間を想定されています。なお、動画素材やBGM、テロップテキストなどは渡されるため、初心者でも制作しやすい案件だといえるでしょう。

TikTok広告の動画編集

出典:クラウドワークス
TikTok広告の動画編集は、報酬が5,000~10,000円です。動画広告のクオリティによっては、単価アップや継続依頼などが見込めます。応募条件として、TikTok向けの動画制作経験があることや商品の撮影が可能であることなどが挙げられます。

15~20秒の動画広告制作

出典:クラウドワークス
15~20秒の動画広告制作は、報酬が5,000~10,000円です。業務内容は、Amazon内で掲載する15~20秒ほどの動画広告を制作することとなっています。応募条件として、画像加工や動画広告制作の経験がある点が挙げられます。

動画広告を制作した実績がある場合には、実績やポートフォリオを送付したうえで応募したいですね。

ランサーズの案件相場

ここでは、動画広告におけるランサーズの案件相場を解説します。

Vyondを使用した動画広告

出典:ランサーズ
Vyondを使用した動画広告は、報酬が100,000~200,000円です。Vyondとはビジネスアニメーション制作ツールを指し、幅広いアニメーションが制作できるツールとして知られています。業務内容は、5,000文字程度のシナリオとナレーションが必要となる動画広告制作です。

LINE広告の動画クリエイティブ制作

出典:ランサーズ
LINE広告の動画クリエイティブ制作は、報酬が20,000~50,000円となっています。商品ジャンルは脱毛やコスメ、着圧レギンスなどの商材であり、LINE Ads Platformを使用して制作する必要があります。

応募の際には、過去の制作事例や実績を提示することがポイント。1案件あたり、5~10本ほどの動画広告を制作することが条件となっています。

YouTube広告用のVyondホワイトボードアニメーション制作

出典:ランサーズ
YouTube広告用のVyondホワイトボードアニメーション制作は、報酬が10,000~20,000円です。マーケティング・ビジネス系に関する動画広告によって、オーガニックからのリストを増加させることが業務内容となっています。

準備されたシナリオと音声ナレーションを使い、3分程度の動画を制作します。納期は1週間ほどとなっており、隔週で継続案件が発生することが見込まれます。応募条件として、アニメーション動画の制作作業が好きな人や動画制作のスキルを上げたい人などが挙げられます。

コエテコおすすめ!フリーランスクリエイター向け案件サイト

動画広告制作スキルでフリーランスとして独立したい人は、フリーランスクリエイター求人に特化した案件サイトを利用するのも有効です。ここでは、いくつかある案件サイトのなかでコエテコ編集部がおすすめするレバテッククリエイターをご紹介します。

出典:レバテッククリエイター

Web・ゲーム業界のフリーランス求人を専門とした案件を紹介するレバテッククリエイター。動画広告業界の最新情報を把握する専門コーディネーターに相談しながら希望に沿った案件を獲得することができます。単価交渉や契約代行、参画までのスケジュール管理といったバックオフィス業務も任せられるため、動画広告制作に注力したいフリーランスにもおすすめです。

登録後にはレバテッククリエイターのマイページ「レバテックプラットフォーム」が利用可能になり、自分の市場価値や動画広告フリーランスクリエイターの動向を把握することができます。商談成立後も近況のヒアリングや確定申告セミナー、次回案件の提案など手厚いサポートを受けながら、フリーランスとしてさらなるスキルアップが目指せるでしょう。

時代や実力に合った動画広告求人案件を探したいという人は、ぜひレバテッククリエイターのような案件紹介サービスの利用を検討してみてください。

※経験者の方のみ案件紹介可能
レバテッククリエイターはこちら

まとめ

動画広告を制作するスキルは、幅広いクラウドソーシングで求められています。高いクオリティの動画広告が制作できれば、継続案件や単価アップになるケースも少なくありません。なお、ポートフォリオや動画広告を制作した実績があることで、案件は取得しやすくなります。

動画編集のスキルを高めたいなら、動画編集スクールを活用したいですね。動画編集が基礎から学べるよう、動画編集ソフトの操作方法を1から指導してもらえることがメリットです。案件の取得において武器となるポートフォリオを制作できることも、動画編集スクールの魅力の1つです。

コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ