口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

YouTuberを目指す人向けのおすすめ動画編集ソフト3選を紹介!

2021年の小学生がなりたい職業ランキングで1位にランクインしたのは、YouTuberです。小学生だけではなく大人にもYouTuberを目指す人は多く、動画編集を学び始める人が少なくありません。本格的に学びたいと考えるなら、動画編集スクールへの入会を検討する場合もあるでしょう。

これからYouTuberを目指すなら、利用しやすい動画編集ソフトを選びたいですね。この記事では、YouTuberを目指す人向けのおすすめ動画編集ソフト3選をわかりやすく紹介します。

コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

YouTuberを目指すために必要なスキルとは?

YouTubeは、誰でも動画を視聴でき、誰でも動画投稿者になれる巨大なプラットフォームです。これからYouTuberを目指したいと考えているなら、必要なスキルを抑えておきましょう。

【基礎】動画編集スキル

まず、YouTuberの基礎ともいえるのは、動画編集スキルの習得です。視聴者が動画から離脱しないよう、テンポ感の良い動画を制作する必要があります。動画編集スキルで必要となるのは、以下の内容です。
  • 動画のカット
  • テロップ挿入
  • BGM挿入
  • 色調補正
  • エフェクト挿入
動画編集の基礎ともいえる動画のカットやテロップ・BGMの挿入は、始めのうちは誰でも荒削りになるもの。何本も動画を制作して失敗を重ねるうちに、視聴者が好む動画編集のスキルを身につけられるようになります。エフェクトの挿入が難しい場合は、まずは動画のカット・テロップとBGMの挿入を抑えましょう。

【標準】広告収益を得るためのスキル

動画編集のスキルを覚えたら、マーケティングスキルやコミュニケーションスキルも磨いていく必要があります。YouTuberとして広告収益を得るためには、1,000人以上の登録者と直近12カ月の総再生時間が4,000時間以上となる必要があります。

YouTuberとしてチャンネルを伸ばしていくためには、視聴者にとってニーズがある動画を作成することが重要です。そのためには、市場のマーケティングを行い、視聴者と良好にコミュニケーションをとることがポイント。YouTube動画のなかで検索上位に表示されるために、SEOに関する知識も有していることでチャンネルは伸ばしやすくなるでしょう。

【応用】本業にするためのスキル

YouTuberとして広告収益を得られるようになったら、本業として成功するためのスキが必要となります。YouTubeにはアナリティクス機能があり、チャンネルや動画に関するデータをリアルタイムで確認できます。アナリティクスでは、自身のチャンネルのユーザー層やトラフィックソースなど、細かい情報も表示されます。

これらの情報から視聴者から求められる動画を理解し、動画制作に活かすことが大切です。自身のチャンネルのなかでパフォーマンスが高かった動画に注目し、得られたデータを最新の動画に活かせるようにしたいですね。

YouTuberにおすすめの動画編集ソフト3選

ここでは、YouTuberにおすすめの動画編集ソフト3選を説明します。

Adobe Premiere Pro

出典:Adobe
YouTuberのなかでも利用率がトップクラスと言われているのは、Adobe Premiere Proです。利用者が多いため、YouTube上にはAdobe Premiere Proの解説動画が豊富にアップロードされています。そのため、操作につまづいたとしても、すぐに解決しやすい動画編集ソフトだといえるでしょう。

Adobe Premiere Proは、プラグインが豊富で自在なキーボードショートカットが特徴です。無料の動画編集ソフトと比較すると、高速で快適に動作することに気づくでしょう。年間プランのサブスプリクションを利用すれば、1カ月当たりの利用料は2,728円(税込)となります。

Final Cut Pro

出典:Final Cut Pro
Apple社が提供しているのは、ヒカキン氏やはじめしゃちょー氏など、トップYouTuberも利用しているFinal Cut Proです。プロからアマチュアまで扱いやすいよう考え抜かれた設計で、直感的に使用しやすいことが強みです。Metalエンジンが導入されていることで、高速でサクサク作業しやすく、大きなファイルを取り込んでもストレスなく作業できます。

なお、Mac向けに開発された動画編集ソフトであるため、Macユーザーしか使用することができません。価格は、一括支払いで36,800円(税込)です。買い切りで利用できるため、プロ向けの動画編集ソフトでありながら費用を抑えやすいことがメリットだといえるでしょう。

Power Director

出典:Power Director
Amazonが販売する「動画・映像用ソフト」のなかでもトップクラスの売り上げを誇るのは、Power Directorです。30日間の無料体験版もあるため、使用感を試してから購入を検討することも可能です。Power Directorでは、カットやエフェクト、テロップやモザイクなど、動画編集に必要な機能が豊富に搭載されています。

3,000以上のエフェクトとテンプレートが利用できるため、動画編集初心者でもプロ並みのスタイリッシュな動画を作ることも可能です。ロイヤリティーフリーの素材が800万点以上使い放題であるため、著作権を気にすることなく動画制作に集中できることもメリット。利用料は1カ月プランで2,180円(税込)、12カ月プランでは6,200円(税込)となっています。

まとめ

YouTuberを目指すなら、高機能で使用しやすい動画編集ソフトを導入したいですね。無料のソフトから30,000円ほど利用料がかかるソフトまであるため、購入前に比較検討しておく必要があります。自分が参入したいジャンルや制作したい動画によっても、必要となる動画編集機能は異なるでしょう。

動画編集ソフトの扱いに不安がある場合には、動画編集スクールなどを利用しても良いですね。動画編集スクールでは、動画編集の方法やマーケティングなどについても基礎から学ぶことができます。

コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ