口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

動画撮影を学びたいならスクールに通おう!スクールはどう選ぶ?

「動画投稿をしてみたい!」と感じている人のなかには、魅力的な動画の撮影方法が知りたいという人もいるでしょう。動画編集を仕事にしたい人も、動画撮影のコツについて理解しておくのは大切です。多くの動画撮影スクールでは、動画の撮影方法や照明機材などの扱い方を指導してもらえることがポイントです。

この記事では、動画撮影を学べるスクールを選ぶ際のコツやおすすめのスクール5選をわかりやすく紹介します。

コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

動画撮影スクールで学べる内容

動画撮影スクールでは、動画を撮影する基礎から編集まで学べるスクールが数多くあります。動画編集では、デザインの基礎やAdobe Premiere Pro、Photoshopなどのソフトに関する知識が習得できます。

動画制作のほかにも、プログラミングなどのWebスキルを高められるカリキュラムが組まれているスクールも。そのため、「動画を撮影した後にどうしたいか?」をイメージして動画撮影スクールを選ぶことが重要です。

動画撮影スクールに通うメリット  

動画の撮影について独学で学んだとしても、限界を感じることもあるでしょう。動画撮影スクールに通うと、以下のようなメリットがあります。

就職や転職を見据えた高いスキルを習得できる

動画の撮影を仕事にしていきたい人は、現場で通用するスキルを身に付けたいと考えるでしょう。動画撮影スクールでは、現場で活躍するプロの講師が直接指導を行うことがメリット。動画撮影が未経験だったとしても、就職・転職時に有利になるスキルを習得できます。

学習につまづいても講師に相談できる

動画を撮影する際には、動画の構成や使用するカメラ、パンやズームの方法について迷う人もいるでしょう。動画撮影スクールに通っていれば、疑問点をすぐに講師に相談できることがメリットです。

動画撮影スクールを選ぶ時のポイント 

動画撮影スクールを選ぶ際には、以下のようなポイントに気をつけて選びましょう。

通学かオンライン授業か

初心者が動画撮影の基礎から学びたい場合には、通学スタイルのスクールを選びたいですね。動画撮影のコツをプロの講師からその場で指導してもらえることが、通学スタイルのメリットです。地方に住んでいる人や仕事が忙しい人の場合は、時間や場所を選ばないオンライン授業が向いています。 

動画撮影から編集まで一連の作業を学べるか

動画撮影スクールのなかには、YouTube動画制作に特化したカリキュラムを用意したスクールもあります。そのようなスクールの場合は、動画撮影から編集、配信の方法など動画制作に関する幅広いスキルを習得できます。カメラだけではなく、照明機材や音声機材の扱い方も知りたい場合には、カリキュラムの内容を入学前に確認しておくことが重要です。

動画撮影を勉強できるスクール5選

ここでは、コエテコがオススメする動画撮影を勉強できるスクール5選を紹介します。  

ヒューマンアカデミー

出典:ヒューマンアカデミー
未経験者でも動画撮影の高いスキルを習得しやすいのは、ヒューマンアカデミーです。Web動画クリエイター総合コースを選択すれば、教育訓練給付制度を利用でき受講料の20%が支給されることが特徴です。そのため、費用を抑えて勉強したい人に向いているスクールだといえるでしょう。

映像講義は現役動画クリエイターが監修しており、何度も繰り返し映像を見ることが可能です。オンラインか通学かを自身で選ぶことができ、Adobe Premiere ProやIllustratorなどのスキルを習得できます。

デジハク

出典:デジハク
動画を仕事にしたい人から選ばれているのは、デジハクです。300本以上の講座がオンラインで受講できるため、働いている人でも学びやすいことが特徴。動画撮影のほかにも、グラフィック講座やリテラシー講座など、カリキュラムの内容も充実しています。

プロの動画クリエイターがサポートするため、講座や案件の相談なども気軽にできることが魅力です。映像制作会社と提携しているため、案件を共有したりコンペを紹介してもらえたりすることがメリット。

動画クリエイターズGYM

出典:動画クリエイターズGYM

動画撮影の基礎から学びたい人に向いているのは、通学制の動画クリエイターズGYMです。一眼レフやスマートフォンを使用して、実際に撮影のコツを指導してもらえるカリキュラムとなっています。チケット制だから、受けたい講座だけを受講できることが特徴です。

ストップモーションやグリーンバックなど、撮影のさまざまな手法を指導してもらえることが動画クリエイターズGYMの魅力。必要な場合には、企画や編集などの講座を受講することも可能です。

studio US

出典:studio US
動画制作のプロとしてのスキルが身につくのは、studio USです。完全オンライン学習で、700を超える動画教材のなかから必要な講座だけを受講できることが可能です。

studio USでは、就職や転職時にアピールできるポートフォリオも作成可能です。卒業後には、スクールが提携している企業の案件を受注することもできます。そのため、案件取得に不安を感じる人でも、手厚いサポートが受けられるスクールだといえるでしょう。

デジタルハリウッドスクール

出典:デジタルハリウッドスクール
短期間で確かなスキルが身につくのは、デジタルハリウッドスクールです。企画やマーケティング、Adobe After EffectsやAdobe Premiere Proなど、動画に関する幅広い知識が習得できるスクールです。表現の幅を広げたい人は、モーショングラフィック講座などを受講したいですね。

現役のビデオグラファーから撮影方法や動画編集のコツなどを直接学べることが、デジタルハリウッドスクールのメリット。幅広い企業から注目が集まる、YouTube動画の広告などの知識も学ぶことが可能です。

まとめ 

スクールで動画撮影を学ぶことで、仕事で通用するスキルまで高めることができます。動画撮影スクールに通えば、案件を獲得するコツなども指導してもらえることが強みです。動画撮影を仕事にしたい人は、動画撮影スクールへの入学を検討してみましょう。

コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ