口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

未経験からプログラマーの転職で必要なスキルと業界別の仕事内容を解説

近年、需要が高いプログラマー。未経験からプログラマーに転職しようと思っている方も、多いのではないでしょうか。

実際に、未経験からプログラマーに転職することは可能です。しかし、やみくもに転職活動をしてしまうと、上手くいかなかったり条件の合わない企業に就職してしまったりする可能性が高まります。

そこで今回は、プログラマーに転職するために必要なスキルを紹介します。業界別のプログラマーの仕事内容についても解説するので、未経験からプログラマーを目指す方はぜひ参考にしてくださいね。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

プログラマーとは

プログラマーは、プログラミング言語を用いて、さまざまなシステムやソフトウェアを作る仕事です。使用するプログラミング言語はJavaやPHP、Pythonなど多岐にわたり、仕事内容によって必要になる言語は変わります。プログラマーが作り出したシステムやソフトウェアは、身の回りのあらゆるところで使われています。

プログラマーと混同しがちなのがシステムエンジニアです。システムエンジニアは、システムやソフトウェアの設計を担当します。プログラマーは、システムエンジニアが作成した設計に基づいて、プログラミングをします。

また、システム上のバグを発見することもプログラマーの仕事です。テストを繰り返してバグを発見・処理し、不備のない状態を目指します。

プログラマーの転職で必要なスキル

プログラマーの主な仕事は、設計通りにプログラミングをすることです。しかし転職で必要なスキルは、プログラミングスキルだけではありません。以下では、プログラマーへの転職で求められるスキルについて紹介します。

プログラミングスキル

プログラマーへの転職でまず必要となるのは、プログラミングスキルです。ただし、企業で必要とされるプログラミングスキルのレベルは異なります。

未経験者を対象としている場合なら、プログラミング言語の基礎レベルしか求められません。プログラミングスキルよりも、コミュニケーション能力や情報収集スキルを重視して採用している可能性が高いでしょう。

その反面、ある程度のプログラマー経験が求められる場合は、特定のフレームワークのスキルやソースを管理するスキルなど、プログラミングスキル重視で判断しています。

コミュニケーション能力

プロジェクトを進めるにあたって、ほとんどの場合はシステムエンジニアやプロジェクトマネージャーが顧客折衝を担当します。しかし、プログラマーが顧客とコミュニケーションを取ったり、調整を行ったりする可能性も考慮しておきましょう。

大規模なプロジェクトの場合、複数のプログラマーやシステムエンジニアと連携を取る必要があります。さまざまな立場の人と円滑にコミュニケーションを取らなければ、開発にも大きな影響を与えてしまうでしょう。
コミュニケーション能力は、プログラマーにとって必要な能力のひとつです。

論理的思考力

論理的思考力とは、課題や問題を解決するために筋道を立てて考える力のことです。
プログラミングでは、論理的思考力が重要になります。論理的思考で設計しないとシステムに不具合が発生したり、意図した通りにプログラムが動かなかったりします。

論理的思考力をアピールできるよう、面接では課題や問題を解決できたエピソードを用意しておきましょう。

情報収集スキル

プログラミングでは、開発効率を向上するために、新たな開発手法やフレームワークを用いることがあります。また何らかのトラブルが発生した場合、本やインターネット上から情報を集め、解決に導かなければなりません。

とてつもない情報のなかから、自分が探している情報を見つけるには、適切な情報収集力が必要です。情報収集力がないと、問題に直面したときになかなか解決できず、プロジェクトの進行が滞ってしまうでしょう。

業界別のプログラマーの仕事内容

プログラマーは業界や扱う分野によって役割が変わります。以降では、業界別に見たプログラマーの仕事内容について紹介します。

Webプログラマー

主にWebサイトやWebアプリなどのプログラミングを行うのが、Webプログラマーです。
Webプログラマーは、ユーザーの目に見える部分を構築するフロントエンドと、サーバーなどのユーザーに見えない部分を構築するバックエンドに分かれます。フロントエンドとバックエンドを両方こなせるのが、フルスタックです。

使用言語は、主にPHPやRuby、Perl、Java、JavaScriptが挙げられます。フロントエンドの場合は、HTMLやCSSなどのマークアップ言語の知識も必要です。

ゲーム系プログラマー

ゲーム系プログラマーは、プログラミング言語を用いてゲームの開発を行います。家庭用ゲームのコンシューマーゲームから、ゲームアプリ、オンラインゲームなど、制作されるゲームの範囲はさまざまです。

ゲームクリエイターやデザイナーと密に連携を取りながら、プログラミングを進めます。ゲームのキャラクターをなめらかに動かすためには、プログラミング技術だけでなく、数学や物理学、論理的思考力が必要です。

使用言語は、UnityやC++、C#、JavaScriptのほか、Swift、Ruby、Objective-C、HTML5などです。開発するゲームによって、使用する言語は異なります。

SIer業界のプログラマー

SIer(エスアイヤー)とは、システムインテグレーターの略称です。クライアントの要望に応じて、システムの設計や運用、コンサルティングまで、さまざまな仕事を請け負います。

企業のシステムやネットワークの開発・構築、保守・運用までを引き受けるため、大規模なプロジェクトに関われることが特徴です。業務の工程や役割が細分化されていることが多く、未経験のプログラマーでも取り組みやすい業界だといえます。

組み込み系プログラマー

組み込み系プログラマーは、電化製品や自動車などを制御するために組み込むプログラムを開発します。
身近なものでいえば、エアコンやテレビの遠隔操作機能や、自動車の自動運転機能などです。IOTの普及とともに、ニーズが高まっているプログラマーだといえます。

使用言語は、CやC++、C#、Javaなどです。比較的難易度の高いプログラミング言語を使用します。

プログラマーに向いている人の特徴

プログラマーの仕事は、常にパソコンに向かい、コードをひたすら書き続けるため、長時間作業に耐えられる精神力が求められます。スポーツ、勉強など、長時間集中して取り組める人や、同じ作業を続けても苦痛に感じない方はプログラマーの仕事に向いています。

またIT業界は変化が激しいので、常に勉強して新たな知識を学び続けなければならないので、新しい技術を積極的に学べる好奇心が強い方や、勉強好きな人に適しています。

さらにプログラマーの仕事は繁忙期は長丁場になる傾向があり、残業が続くことも考えられるので精神力のみならず、体力も求められます。長時間作業を乗り切れるほどの体力がある人は、忙しい時は残業が多くなりがちなプログラマーの仕事に向いています。

プログラマー転職を目指す人におすすめのスクール3選

プログラマーを目指すなら、基礎的なプログラミングスキルをじっくりと学べるスクールを利用してみましょう。ここでは、プログラマー向けのプログラミングスクール3選を紹介します。

TECH CAMP

出典:TECH CAMP
専門実践教育訓練給付制度の対象講座を用意しているのは、TECH CAMPです。IT業界における人材価値が高められるよう、質の高いカリキュラムを用意していることが特徴です。プログラマーとして転職したい人やプログラミングを教養として学びたい人など、さまざまな目的を持った受講生が在籍しています。

専属トレーナーが学習をサポートするから、わからない箇所を気軽に質問できることがメリット。短期集中スタイルの授業で、受講生の意欲を高めやすいと評価を得ています。7日間の全額返金保証となっているため、学習が継続できるか不安な人でも利用しやすいスクールだといえますね。

TECH CAMPでは、以下のような内容を学習します。
  • Webサービス開発
  • AI入門
  • デザイン
  • DX(業務効率化)プログラミング
TECH CAMPのオリジナル教材は、5,000回以上の改善を重ねていることが強み。プログラミング未経験者でも学習しやすいよう、基礎からわかりやすく丁寧に解説されています。オンラインの対応時間は13~22時だから、仕事や学校を終えた後でも学習に取り組みやすいと人気を得ています。

なお、受講料は657,800円(税込)、給付金適用後は実質197,340円(税込)となっています。
気になる場合は、オンラインカウンセリングに申し込んでみましょう。
TECH CAMPはこちら

DMM WEBCAMP

出典:DMM WEBCAMP
プログラマーを目指す人向けの幅広いコースが用意されているのは、DMM WEBCAMPです。大手企業でも教育実績が豊富にあることから、信頼度の高いプログラミングスクールとしても知られています。講師は現役エンジニアが務め、初心者が学習につまづかないよう丁寧に指導することが特徴。

転職・副業サポートは完全無料だから、キャリアアップを目指す人からも選ばれています。授業はオンライン完結型であるため、地方に住む人や教室が近所にない人でも学びやすいでしょう。マンツーマンレッスンは週に2回で、受講生の疑問をその場で解決しやすいのが魅力です。

なお、DMM WEBCAMPには以下のようなコースがあります。
  • Python 
  • Webアプリケーション
  • Java
  • はじめてのプログラミング
  • PHP/Laravel
  • フロントエンド
  • データサイエンス
  • AI
それぞれのコースは、難易度別に分かれています。プログラミング未経験者なら、難易度が低めの「はじめてのプログラミング」を選択したいですね。カリキュラムでは、基礎的なコーディングからRuby/Ruby on Railsを学べます。実際にWebサイトを制作したりアプリ制作したりすることで、実践的なスキルが身に付きます。

受講料は、4週間プランで169,800円(税込)で、8週間プランで224,800円(税込)となっています。
DMM WEBCAMPはこちら

Raise Tech

出典:Raise Tech
チャットや通話で半永久的にサポートが受けられるのは、Raise Techです。講師を務めるのは、全員が月単価80万円以上の現役エンジニアやデザイナーです。そのため、現場で活躍するスキルが習得しやすいことが特徴です。授業はオンライン講座形式となっており、どこでも気軽に授業を受けられます。

Raise Techには、以下のようなコースがあります。
  • Javaフルコース
  • AWSフルコース
  • WordPress副業コース
  • デザインコース
  • Lステップマーケティングコース
  • 受け放題コース
複数のスキルを身に付けたいなら、選択したコースに追加して3コースが無期限で受講できる「受け放題コース」がおすすめです。なお、複数のコースを並行することはできず、1つのコースを修了してから次のコースを受講する必要があります。コースごとに参加条件は異なるため、受講前に確認しておきたいですね。

受け放題コースは、受講料に追加で79,800円となっています。受講生から人気を得ているJavaコースは、通常価格が448,000円(税込)・学割が288,000円(税込)です。
Raise Techはこちら


まとめ

プログラマーの転職で必要なスキルは、プログラミングスキルだけではありません。コミュニケーション能力や論理的思考力、情報収集力が重要になります。

IT技術の発展に対して、IT人材は不足している傾向にあります。そのため、近年は未経験者を積極的に採用している企業が増加しており、未経験からでもプログラマーとして転職することは可能です。

業界によってプログラマーの仕事内容は異なります。ぜひ今回ご紹介した内容を参考にして、転職活動に役立ててくださいね。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ