口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

未経験からプログラマーへ転職!役立つスキル・資格・業界知識

IT人材の需要が年々増加しているためか、求人サイトを覗くとプログラマーの募集を頻繁に目にします。今、この記事を読んでいる人の中にも「プログラマーに挑戦してみようかな」と、考えている人がいるかもしれません。しかし、未経験からでもプログラマーに転職できるのでしょうか

今回はITを支えるプログラマーの転職について触れていきます。必要なスキル働き方業界の基礎知識など、IT業界未経験者でもわかるように説明していきますので、ぜひ、参考にしてみてください。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

未経験からプログラマーに転職するのは可能?

ズバリ、可能です。もちろん、転職するためには最低限「確実にコードを書けるようにしておく」必要があります。独学でもコードを学ぶことはできるため、努力を重ねることができれば、未経験からでもプログラマーとして転職することはできます。

プログラミングは学習サービスも充実しているため、独学で学ぶことも可能です。また、体系的に実践的に学びたければ、時間やお金はかかりますが、専門学校や大学、職業訓練校などに通って学ぶ方法もあります。

プログラマーの一般的な転職先

大手SES(システムエンジニアリングサービス)企業

顧客から依頼されたシステムを完成させるため、技術者の労働を提供する企業です。常に人材を必要としているため、実務未経験者の採用も積極的に行っています。

多種多様なプロジェクトの依頼があり、プロジェクトをこなせばそれだけスキルアップを目指すことも。客先の案件に次々と着手すれば、多様な技術を身につけることができます。

中小企業や自社サービスの開発企業

即戦力のエンジニアを求めていることが多いため、IT業界未経験の人材が就職することは難しいでしょう。実際就職できたとしても、実務をこなすのは至難の業です。

大手SIer(エスアイヤー:システムインテグレーター)

Slerはシステム開発や運用を請負う企業のことです。自社内で働きながらクライアントのシステム開発を手掛け、その後の運用保守までを請け負います。SESとの違いは自社で働くことと、運用保守までを一手に請け負う点です。

規模の大きい開発案件に携わることが多く多様な技術に触れられるため、スキルアップには最適といえます。ただし、最先端技術を用いた開発には関わりにくい傾向があるため、アグレッシブな現場で働きたいという方は物足りなさを感じるかもしれません。

転職に必要なスキル

プログラミングスキル

未経験からの転職だとしても、コードが書けることは最低限必要なスキルです。まずはミスなくコードが書かえるように知識を身につけて転職に挑みましょう。

ここからは、実践的な課題をこなしたり、実際に働いたりしてスキルを磨いていくのが現実的です。既存システムを利用するなどして効率的なコードが書けるようにし、最終的には整理された無駄のないコードが書けるよう上達を目指します。ここまで上達すれば、転職先の幅も広がるでしょう。

コミュニケーションスキル

プログラマーになるには、コミュニケーションスキルが欠かせません。プロジェクトはチームで進めていくため、コミュニケーションが欠かせないからです。

コーディングの作業は黙々と一人で行うイメージがあるかもしれませんが、実際はチームで相談しながら作業したり、クライアントと折衝したりするなど、コミュニケーションする場面が多々あります。

実務未経験から転職するなら、コミュニケーションが大切な点も肝に銘じておかなければなりません。

プログラマーの具体的な仕事

プログラマーがどんな仕事をするのか、主な業務を見ていきましょう。

開発

プログラマーの仕事は、仕様書通りにシステムを構築することです。一般的にはシステムエンジニアが作成した仕様書を元に、システムの構築実装を進めていきます。

基本的にはシステムエンジニアが仕様書を用意しますが、プログラマー自身が仕様書を作成することも。チームで働くことが多く、開発後の運用や保守は他者が行うことが多いため、誰が見ても一目瞭然に分かるコードを書くことが求められます。

テスト

システムが正常に機能するか、動作チェックを行う業務です。開発したプログラマーがテスト業務までを担うこともあれば、テスト専門のエンジニアがチェックすることもあります。テストは基本的にマニュアルに沿って行うため、実務未経験者でも働きやすいセクションです。そのため、転職後はテスト業務から任される可能性もあります。

運用・保守

稼働が安定するようにデータをアップデートする運用業務や、障害などのトラブルが発生したときに改修・調整する保守業務もプログラマーの仕事です。保守業務は運用業務よりも状況を判断して対応するスキルが必要になるため、一般的には経験を積んだ人が保守作業を担います。

設計

プログラミングの仕事はいわば下流工程の業務です。一方、システムの設計書や仕様書を作成するのは上流工程で、この上流工程設計と呼びます。一般的に、設計はシステムエンジニアが担う仕事ですが、経験のあるプログラマーなら設計業務から携わることもあります。

プログラマーの働き方

クライアント企業で働く

SESなどに就職すると、クライアント企業で働くことになります。現場を転々とするため、人脈が広がったり、多様な技術に触れられたりできるのがメリットです。何年も同じ人間と働くことは少ないため、人間関係のしがらみにうんざりしている方には、快適な労働環境かもしれません。

もちろん、デメリットもあります。プロジェクトごとに勤務場所や勤務時間、職場のムードなどの労働条件が変わるため、人間関係等も築くのは全てゼロの状態からです。常に希望するプロジェクトにアサインできるわけでなく、昇給や昇進などもしにくいため、キャリアアップには不利な働き方かもしれません。

自社内で働く

自社内でプログラマーとして働く場合、自社サービスを手がけるケースと、クライアントのシステム開発を手がけるケースがあります。

自社サービスを手掛ける開発エンジニアは、自分で仕事量が調整しやすいのがメリットです。「期日までにクライアント納品しなければ!」と、急かされることはないため、スケジュールに余裕を持って働けるようになります。

システムの評価も間近に感じられるため、モチベーションになりやすいです。しかし、先
にも触れた通り、即戦力として業務にコミットする必要があるため、経験の浅い人が入社するのは簡単ではありません。

必要とされる技術が部分的である可能性もあり、携わるシステムによって経験が偏る可能性もあります。

これから学ぶのにおすすめのプログラミング言語

自分が携わりたい分野で使用されている言語を選びましょう。ゲームやWebアプリなど、自分が開発したいシステムによって、必要な言語はある程度絞られます。

未経験者がこれから新たに身につけるなら、Python、Java、C言語、JavaScript、PHPなどから挑戦してみてください。

Pyhonや PHPは比較的文法がシンプルで覚えやすい言語で、将来性もあるため、転職には有利な言語といえます。

歴史のあるJavaやC言語なども、難易度は高いですが学ぶ価値があります。JavaScriptはニーズが高く、Webブラウザのみで動作確認ができるのが特徴。環境構築の手間がかからず、初学者には取り掛かりやすい言語です。

プログラマー転職に有利な資格

プログラマーは資格がなくてもできる仕事です。しかし、各言語には技術者試験があり、転職のアピール材料として活用できます。

ゲームプログラマーなら「C言語プログラミング能力検定試験」、Webプログラマーとして働くなら「IPA基本情報技術者試験」や「Javaプログラミング能力認定試験」。他にも「Oracle Certified Java Programmer」「PHP技術者認定試験」「Ruby技術者認定試験」などを検討してみてください。

成果物提出がスキルのアピールに効果的

転職では成果物を提出することが有利に働きます。アプリやシステムを完成できることを証明でき、一目瞭然にそのスキルを提示できるため、アピール材料としては最適です。

ある程度プログラミング言語を学んでコードが書けるようになったら、クラウドソーシングなどで簡単な仕事を受注してみるのもおすすめです。経験を積むことで転職に有利になります。

プログラマーを目指す人におすすめなスクール3選

DMM WEBCAMP

出典:DMM WEBCAMP
未経験者向けプログラミングスクールとして高い評価を獲得しているのは、DMM WEBCAMPです。講師は実力のある現役エンジニアだけであるため、即戦力が鍛えられるスクールとしても有名です。マンツーマン体制で、相性が悪ければメンターを変更することもできます。

授業は完全オンラインとなっており、仕事が忙しい人でも学びやすいことが魅力です。DMM WEBCAMPは転職・副業サポートも手厚く、キャリアアドバイザーが受講生のキャリア実現を後押しします。

なお、未経験者向けの「はじめてのプログラミングコース」では、HTML/CSSによるWebサイト作成やRuby/Ruby on Railsを使用したサービス開発などを行うことが特徴です。

プログラマー向けには、以下のようなコースがあります。
  • はじめてのプログラミングコース
  • Webアプリケーションコース
  • PHP/Laravelコース
  • Pythonコース
  • Javaコース
  • フロントエンドコース
  • UI/UXデザインコース
人気が高い「Pythonコース」と「はじめてのプログラミングコース」は、どちらのコースも4週間プランで授業料は169,800円(税込)です。どのコースが自分に合っているのかわからない場合は、無料体験で相談してみましょう。
DMM WEBCAMPはこちら

ヒューマンアカデミー

出典:ヒューマンアカデミー
未経験から最短4ヵ月でスキルが身に付くのは、ヒューマンアカデミーです。オンライン授業と対面授業から選べるから、仕事や学校が忙しい人でも学習を継続しやすいスクールです。15年以上のノウハウが詰まった映像授業は、受講期間内なら何度でも視聴できます。条件を満たせば、教育訓練給付制度を利用でき、受講料が最大10万円支給されることもメリット。

プログラマー向けには、12ヵ月コースの「プログラマー総合コース」が用意されています。プログラマー総合コースは、授業中に画面共有を行うことで、わからない箇所をすぐに解決できます。授業内容としては、IT業界で注目を集めるプログラミング言語Pythonを中心に扱います。

なお、プログラマー総合コースは、以下のようなカリキュラムとなっています。
  • ITビジネスエッセンシャルガイド講座
  • データベース基礎講座
  • Python入門講座
  • Git基礎講座
  • Python応用講座
  • 開発実践講座

入学金は11,000円(税込)で、12カ月間のコースで受講料は722,700円(税込)となっています。プログラマー総合コースを修了することで、「iPhoneアプリ開発講座」を受講することも可能です。なお、ヒューマンアカデミーでは、参加条件に年齢制限を設けていません。40~50代で「プログラマーを目指したい!」と考える人にとって、通いやすいスクールだといえますね。
ヒューマンアカデミーはこちら

POTEPAN CAMP

出典:POTEPAN CAMP
プログラミングの基礎から応用まで広く学べるのは、POTEPAN CAMPです。Web系開発企業への転職に強く、29歳以下の受講生の内定率は100%を誇ります。質問サポートが手厚く、チャットやビデオ通話などで質問に丁寧に回答します。

また、受講生限定イベントが盛んに行われていることも、メリットの1つ。POTEPAN CAMPの受講生なら、勉強会やセミナー、提携企業の説明会にも参加できます。勉強会に参加したい人や受講生同士のつながりを作りたい人に向いているスクールだといえるでしょう。

POTEPAN CAMPで用意されているのは、質の高いカリキュラムを採用した「Railsキャリアコース」です。
Railsキャリアコースの学習内容は、以下の通りです。
  • 1ヵ月目:HTML/CSS/JavaScript基礎学習
  • 2ヵ月目:Ruby基礎学習
  • 3ヵ月目:Ruby on Rails基礎学習
  • 4~5ヵ月目:模擬プロジェクト開発
基礎的な学習を終えたら、チーム開発イベントに参加することも可能です。また、就職や転職に活かせるポートフォリオが作成できることも、POTEPAN CAMPの強みの1つ。就職・転職時には、エントリー資料添削や面談対策なども行ってもらえます。

なお、授業料は一括料金で440,000円(税込)となっており、分割支払いにすると月々13,900円~(税込)で受講することもできます。転職できなければ、30歳未満の方限定で全額返金保証を受けることも可能です。
POTEPAN CAMPはこちら

まとめ

学ぶ努力ができるなら、未経験からでもプログラマーに転職することはできます。プログラマーとしての成長は経験が全てで、スキルアップには実践が欠かせません。自分がどんなシステム開発・アプリ開発に携わりたいのか具体的にしつつ、SESなどで働きながらプログラマーとしてのキャリアをスタートしてみてはいかがでしょうか。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ