口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

インターネット・アカデミー卒業生インタビュー|学生時代にWeb担当者コースに入会!ヤフー株式会社に転職後も役立つ実践的なカリキュラムとは

近年、インターネットでの情報収集や商品購入が日常的となり、IT企業に限らず、あらゆる企業でWebマーケティングが求められています。

Webマーケティングと一口に言っても、SEOや広告運用、メールマーケティングなど、その分野は多岐にわたります。ゆえに、常に最新の情報をキャッチアップしていくバイタリティが必要です。

今回、コエテコがインタビューする菊池さんはまさに、Webマーケターとして働く中でさまざまなスキルを身につけた方のひとり。現在は、ヤフー株式会社の広告運用部門でコンサルティング職として活躍されています。

「スクールで学んだ基礎は、3社目となる現在も役立っています!」

そう語る菊池さんの、Webマーケターとしてのキャリアプランとは?Webサイト制作からマーケティング運用まで学べる「インターネット・アカデミー マーケティングコース」の魅力とは?詳しくお伺いしました。

インタビューに協力してくださった菊池達也さん。インターネットアカデミーWeb担当者コース卒業後、転職などを経て、2021年2月よりヤフー株式会社にてマーケティングデータコンサルタントとして従事。

WEBマーケティングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

  • Wannabeアカデミー(ワナビーアカデミー) ”業界初”実務経験を積めるWEBマーケティングスクール。マンツーマンの補講受け放題で、実務研修もアリ!

  • マケキャンbyDMM.com 3ヶ月で未経験からマーケターになる転職保証付きコースあり!面談でのフォローも魅力!

  • デジプロ オンラインはマンツーマンでの講義!通学は最大5名の少人数講義のwebマーケティングスクール!

  • インターネット・アカデミー 日本初!web専門スクール!開校から25年の実績、ホームページ制作も学べる!

  • WEBMARKS(ウェブマークス) チャットでの質問無制限&卒業後も案件獲得サポートあり!フリーランスWebマーケターを目指す

記事のダイジェスト/インターネット・アカデミーの評判とクチコミまとめ


インターネット・アカデミーはプログラミング・デザイン・マーケティングなどのWebスキルに特化したプログラミングスクールです。受講料は605,660円(Web担当者コース/税込・一括払いの場合)で、「ライブ授業(直接指導)」「マンツーマン授業」「オンデマンド授業」と3つの授業形式で学べるのが特徴のスクールです。

インターネット・アカデミーについて、この記事でインタビューした菊池さんの意見をもとにまとめてみました。

インターネット・アカデミーの良いクチコミ

インタビュー内容と、コエテコ上にあるクチコミから抜粋すると、インターネット・アカデミーの良いクチコミは以下のようにまとめられます。
インターネット・アカデミーの教材は、ビジュアル的にも見やすかったこと、手を動かしながらも基礎からしっかり学べるカリキュラムだったこともあり、最後まで飽きずに学べました(菊池さん)
講義の内容はとても分かりやすく、実践的な内容だったので勉強になりました。教えてくれる内容の質は良いと思います(20代女性)

インターネット・アカデミーの悪いクチコミ

同じく、インターネット・アカデミーの悪いクチコミは以下のようにまとめられます。
通学している当時のことですが、PC台数が少なく予約が取れないことがありました(30代女性)

それではいよいよ、実際に通われていた菊池さんにお話を伺ってみましょう!

Webマーケティングとの出会いは、学生時代のインターンシップ

—まずは、菊池さんがWebマーケティングを学ぼうと思ったきっかけを教えてください。

私は、大学の外国語学部で観光について学んでいたため、もともと将来は、観光に関わる仕事がしたいと考えていました。

大学3年次に観光系の総合研究所でインターンシップをした際、アンケート調査やデータ分析をする機会があり、データを使ってマーケティングを考えることの楽しさを知りました。インターン先でのご縁もあって観光分野に特化したWebマーケティング支援会社の方から話を伺うことができ、話を聞くにつれて「Webマーケティングならデータを使った仕事ができそう!」と興味をもったのがきっかけでした。


また幸運にも、お話を伺った観光分野に特化したWebマーケティング支援会社から内定をいただき、webサイト制作や運用、アクセスログ解析などの業務を行うことになりました。


とはいえ、大学ではWebマーケティングについて一切学んでこなかったため、「スクールで基礎からしっかり学ぼう」と思い立ち、スクールへの入校を検討し始めました。

ーインターンシップ先での偶然の出会いが内定につながったのですね。スクール選びは、どのようにされましたか。

まずは、インターネットで数社を比較しました。そのなかで「インターネット・アカデミー」は、Webサイトが洗練されていて印象に残ったため、無料カウンセリングに申し込みました。

無料カウンセリングでは、「そもそもWebマーケティングとは」を丁寧に説明してもらい、写真つきのメッセージカードまでいただけたのが記憶に残っています。コースについても、事前に調べてはいたものの「どれが最適なのか」を判断できずにいましたが、親切に提案してもらい、社長にも相談した結果、マーケティングコースのWeb担当者コースに入会を決めました。

未経験かつ勉強が苦手でも、飽きずに学べる環境が◎

ー「Web担当者コース」は、どのような学習スタイルでしたか。

インターネット・アカデミーには「ライブ授業(直接指導)」「マンツーマン授業」「オンデマンド授業」の3つの授業形式があって、いずれもオンラインか通学を選択できます。私は新宿校でライブ授業を受けることが多かったのですが、スケジュールに合わせて、ほぼすべてのスタイルを利用しました。ライブ授業の受講生は多くても8名前後と少人数制で、質問しやすかったのを覚えています。


—受講スタイルを選べるのはありがたいですね。学習は、どのように進みましたか?

はい。私が受講した「Web担当者コース」は約4~6ヶ月間のコースで、前半はHTML/CSS、JavaScript、PhotoshopといったWebサイト制作の基礎を、後半はSEOYahoo!広告の運用といった、Webマーケティングのノウハウを学ぶ流れでした。


ーなるほど。では改めて、菊池さんが感じたインターネット・アカデミーの良かった点(メリット)について教えてください。
 
やはり、学習環境のよさが一番のメリットだと思います。

新宿校の校舎は非常にきれいでしたし、ときおり訪れた渋谷校は、いわゆるIT企業っぽいおしゃれな内装でわくわくしました。当時まだ学生だった私は、「お茶を無料で自由に飲める」などの細かな点にもいちいち感動していました(笑)。
 
ー校舎がきれいだと、学習へのモチベーションも上がりますね。これはあえて質問しますが、満足できなかった点(デメリット)はありましたか?
 
じつは、満足できなかった点は一切ありませんでした

というのも、冒頭で申し上げたように、私は外国語学部の学生でしたので、パソコンはWordを使う程度。そんな状態から受講し、就職と転職で3社を経た今でも、当時インターネット・アカデミーで学んだことが役立っているんですよ。

インターネット・アカデミー担当者
インターネット・アカデミー担当者

※ちょっと補足※
インターネット・アカデミーは、個人だけでなく大手企業のマーケティング研修も開催しています

「現場ではこういうスキルが必要」「今、こういう手法がトレンド」など、法人研修の現場で得た知見を個人コースのカリキュラムにも反映。最新の情報をアップデートして、お客様に還元しています。

ーそれは素晴らしいですね。Webマーケティングのトレンドは移り変わりやすく、「卒業後も最新のカリキュラムが閲覧できる」というスクールさんもありますが、インターネット・アカデミーはどうでしたか。
 
カリキュラムは閲覧はできないものの、最新のトピックを学べるセミナーの案内は定期的に来ていました。当時は忙しく、1度も参加できなかったのですが、卒業後もそうやって学び続けられるのは、よい環境だと思います。

SEOからマーケティングデータコンサルティングまで。転職で身につけた幅広いスキル

ー菊池さんの卒業後のキャリアについて教えてください。
 
はい。卒業後はWebマーケターとして、3社を経験しました。

1社目は冒頭でも申し上げた、観光分野に特化したWebマーケティング支援会社です。おもに担当したのは、大手航空会社や旅行会社、政府観光局のWebサイトの構築・制作。併せて、ディレクションやSEO施策、アクセスログ分析、SNS運用なども行いました。とくにWebサイトの更新作業では、Web担当者コースで学んだ「HTML/CSS」のような基礎知識が役立ったのを覚えています。

従業員9名の小さな会社でしたので、新卒にもかかわらず幅広い分野を任せていただけたのは嬉しかったですが……。上手く回せたかと問われると、正直、正解がわからない状態でした。それで次第に、なにか1つでも「自分は〇〇のプロだ!」と胸を張って言える仕事をしたい、と思うようになりました。
 
ー新卒1年目で裁量を与えられ、オールマイティーに働かれたからこそのお悩みですね。その後、転職を決意されたのでしょうか。
 
はい。私はとくに「データ分析」が好きだったので、それに特化して働けるよう、転職を考えました。

とはいえ、就職活動の経験がなかった私は、まず転職エージェントに登録。「SEO」と「データ分析」の職種で探していたところ、企業のデジタルマーケティング支援を行うCRMエージェンシー、「株式会社UNCOVERTRUTH」からスカウトをいただいたんです。
 
その会社にポテンシャル採用をしていただいたのち、WebサイトのCROコンサルティング業務を経て、アナリストリーダーとして従事。CVR向上の支援や、BI活用・CRM分析におけるサービス化、またCDP構築・活用事業を推進してきました。
※用語説明※
CV(Conversion)…Webサイトで獲得できる成果のこと。
CVR(Conversion Rate)…コンバージョン率・成約率と同義。 商品購入やお問い合わせ、資料請求、会員登録など設定した成果に結びついた割合のこと。
CRO(Conversion Rate Optimization)…コンバージョン率最適化(コンバージョン率を改善していくこと)のこと。
BI活用…企業が蓄積しているさまざまなデータを活用し、経営や各部門の意思決定に役立てる手法。
CRM分析(Customer Relationship Management)… 顧客の情報を分析して、顧客満足度やロイヤリティを高めて、顧客生涯価値(LTV)の最大化を目指す手法。
CDP(Customer Data Platform)…顧客の属性や行動のデータを収集、統合、分析するデータプラットフォーム

ーご希望が叶い、「データ分析のプロ」としてキャリアアップされたと。

そうですね。ここで初めて、胸を張って「この仕事ができます」と言えるようになりました。

そのうちに、入社当初は30名程度だった社員数が徐々に増え、会社自体が100名規模に拡大していったんです。自分自身のこともそうですが、会社の成長を間近でみることができたのは、よい経験でしたね。

ー大変やりがいを感じておられたのですね。そこから転職を考えられた理由は。

自分のなかで、「やり切った感」が出てきまして。というのも、新規事業の立ち上げに携わり、大変なことはあったものの、無事に事業が軌道に乗って、落ち着いてきたころだったんです。


今度は制作や接客する側ではなく「集客」や「広告」のことを知りたい、そのうえで、得意分野であるデータ分析のスキルももっと伸ばしたい。そんな気持ちが芽生えていました。そんなとき、ヤフー株式会社で、私の希望と合致する職種が募集されているのを見つけたんです。
                   
—それが、3社目の現在ですね。

はい。現在は、Yahoo!広告のコンサルティングサービスに従事しながら、広告をご出稿いただいているクライアント様に対して、マーケティングプランの策定・施策のご支援を行っています。

ー未経験からのスタートとは思えない、華々しいキャリアストーリーです。ただ、正直なところ、多才な菊池さんだから成しえたのでは? とも思えてしまい……。菊池さんのようなキャリアは、どなたでも成し遂げることができるのでしょうか。
               
うーん……。じつは私は、勉強が苦手なほうで。今でも統計学の本を読んで学んでいますが、テキストによる暗記には、苦手意識があります。その点インターネット・アカデミーの教材は、ビジュアル的にも見やすかったこと、手を動かしながらも基礎からしっかり学べるカリキュラムだったこともあり、最後まで飽きずに学べました。

これまでのキャリアは、インターネット・アカデミーで学んだ基礎があったからこそですし、Yahoo!広告の運用に関しては、今になって「当時学んだアカウント構造だ!」と役立っているくらいです。こうしたことを踏まえると、未経験からでも決して無理なキャリアではないと思いますよ。

求められるのは、新しい情報をキャッチアップする姿勢

ー菊池さんにとって、Webマーケターとして働くうえでのやりがいとは。
 
そうですね。現職でいうと、「ビックデータ」といえるほどのデータ蓄積量がある中で、クライアント様に最適な提案ができる点は、やはりやりがいがあります。
 
ー近年はWebマーケターは、いわゆる“キラキラ系の職種”として、フリーランスで活躍する人も目立ちます。実際はどうでしょうか。
 
キラキラ、ですか……。じつは私は一時、激務でズタボロだった記憶しかなくて(笑)。Web制作もデータ分析も、正解がないなかで常に改善を求められ、追いかけっこの日々です。正直、今の状態でフリーランスになれるか?と聞かれたら、私は「無理です」と答えます。
 
それこそ、なにかひとつ突出したスキルをお持ちの方なら、フリーランスでも食べていけるかもしれません。Webマーケティングの大変さは「新しい情報を常にキャッチアップしなければならないこと」なので、それをやり続ける力が必要だと思います。
 
ー華やかな見た目とは裏腹に、地道な努力が求められるのですね。最後に、これからWebマーケティングのスキルを身につけたいと考えている方に、メッセージをお願いします。
 
私のキャリアからもおわかりいただけるように、Webマーケティングといっても、さまざまな職種や専門分野があります。そのなかでもインターネット・アカデミーの「Web担当者コース」で学んだ知識は、私自身のWebマーケティングスキルのベースとなりました

1社目のSEO、2社目のデータ分析では、Webサイトを改善する際に「具体性のある要素をはめ込んでいるか」という視点が役立ちましたし、現在の広告運用では、タグ管理でHTMLやJavaScriptも出てきます。インターネット・アカデミーで学んだことが、常に活かされていると感じます。

このように、Webマーケターの核となる基礎知識を学ぶことは、就職・転職の際の自信につながります。これからWebマーケティングスキルを身につけたいと考えている方は、「どのような場所・コミュニティで学ぶか」は重要だと思いますよ。
 
ー菊池さん、ありがとうございました!

(取材はオンラインにて実施しました)

インターネット・アカデミー|プログラミング・デザイン・マーケティングが学べる日本初Web専門スクール

インターネット・アカデミー|未経験からのスタートでも、実践的なノウハウで理想のキャリアを叶える


インターネット・アカデミーは、1995年に開校した、プログラミング・デザイン・マーケティングなどのWebスキルに特化したスクールです。母体は、「インターネット・ビジネス・ジャパン(IBJ)株式会社」。東京大学や京都大学iPS細胞研究所などの大学系から、気象庁や情報処理推進機構などの官公庁系まで、幅広い制作実績をもつ、日本有数のWeb制作会社です。

マーケティングコースは、の3つのほか、より分野を絞った「プロジェクトマネジメント講座」「マーケティング講座」の単科講座も選択可能。

今回取材した「Web担当者コース」は4~6ヶ月間のコースで、受講料は、授業数36回で605,660円(税込)。受講スタイルは、「ライブ授業」「マンツーマン授業」「オンデマンド授業」の3つをオンライン/通学のいずれかで受講でき、ご自身のスケジュールに合わせて、いつでも変更できます。オンラインの場合は、インストラクターに授業やテキストについて質問ができるサポート体制も整っており、安心です。

独自の人材育成ノウハウで、実践に役立つ知識をスキルを身につけられる、インターネット・アカデミー。教育業界唯一の「W3C」メンバー企業でもあり、スタッフが最先端のWeb技術の研究や普及活動を行っているため、最新かつ正確なWebスキルを学べるのも魅力です。

ぜひ、気軽に無料カウンセリングに申し込んでみてくださいね。

\\Webマーケティングで理想のキャリアを叶える//
無料カウンセリングに申し込む

WEBマーケティングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

  • Wannabeアカデミー(ワナビーアカデミー) ”業界初”実務経験を積めるWEBマーケティングスクール。マンツーマンの補講受け放題で、実務研修もアリ!

  • マケキャンbyDMM.com 3ヶ月で未経験からマーケターになる転職保証付きコースあり!面談でのフォローも魅力!

  • デジプロ オンラインはマンツーマンでの講義!通学は最大5名の少人数講義のwebマーケティングスクール!

  • インターネット・アカデミー 日本初!web専門スクール!開校から25年の実績、ホームページ制作も学べる!

  • WEBMARKS(ウェブマークス) チャットでの質問無制限&卒業後も案件獲得サポートあり!フリーランスWebマーケターを目指す

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ