口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

Web業界への就職・転職では業界分析が必須!Web業界の特徴や職種を紹介

Web業界へ就職・転職したい場合は、まずWeb業界の特徴をしっかり把握しておくことが大切です。

また志望動機では、「なぜWeb業界なのか」を明確にして伝えるべきでしょう。「なんとなく」や「給料が高そうだから」といった理由では、他の業界も当てはまります。業界分析を入念にし、理由を具体的に伝えることで、面接官へ効果的にアピールすることが可能です。

今回は、Web業界の特徴や職種について詳しく解説します。Web業界の志望動機で悩んでいる方やWeb業界について知りたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

WEBマーケティングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

  • Wannabeアカデミー(ワナビーアカデミー) ”業界初”実務経験を積めるWEBマーケティングスクール。マンツーマンの補講受け放題で、実務研修もアリ!

  • マケキャンbyDMM.com 3ヶ月で未経験からマーケターになる転職保証付きコースあり!面談でのフォローも魅力!

  • デジプロ オンラインはマンツーマンでの講義!通学は最大5名の少人数講義のwebマーケティングスクール!

  • インターネット・アカデミー 日本初!web専門スクール!開校から25年の実績、ホームページ制作も学べる!

  • WEBMARKS(ウェブマークス) チャットでの質問無制限&卒業後も案件獲得サポートあり!フリーランスWebマーケターを目指す

Web業界とは

Web業界は、主にインターネット上のWebサイトやWebコンテンツ、Webサービスなどの制作・運営事業を展開する業界です。インターネットが普及した現在において、Web業界は欠かせない存在になりました。

Web業界がメジャーになったのは、1990年代後半に起きたIT革命以降だといわれています。歴史はほんの20年ほどですが、成長は早く、人々の暮らしを大きく変えました。

また、Web業界はIT業界の一部です。IT業界はほかにも、ソフトウェア業界やハードウェア業界、通信業界、情報処理サービス業界などがあります。

Web業界の主要なサービス

Webサービスという言葉の意味は、『インターネット上のサービスを提供するための技術』を指す場合と、『提供されるサービスそのもの』を指す場合があります。広い意味で使われるので、以下ではWeb業界の主要なサービスを紹介します。

ポータルサイト

ポータルサイトは、さまざまなページの玄関口となるWebサイトです。検索機能のほかに、天気や占い、株価など生活に役立つ情報が閲覧できます。『Google』や『Yahoo!』が代表的です。

SNS

SNSはSocial Networking Serviceの略称で、情報の発信や検索、ユーザー同士の交流を促進するWebサービスです。『Facebook』や『Instagram』、『LINE』などが当てはまります。

近年では、SNSを通じて顧客とのつながりを促す、SNSマーケティングが普及しています。商品やサービスの認知や企業のブランディングなど、さまざまな部分で効果が期待できる手法です。

ソーシャルゲーム

ソーシャルゲームとは、SNS上で提供されるゲームのことです。ソーシャルゲームをプレイするには、そのゲームに対応したSNSに登録しなければなりません。

ユーザー同士で遊ぶという要素が強く、ランキングを競ったりアイテムをトレードしたりすることが可能です。

eコマース

eコマースはElectric Commerceの略称で、日本語で電子商取引と呼ばれます。代表的なのはネットショッピングですが、ネットオークションやイー・トレードなども含まれます。eコマースの市場規模は年々拡大中です。

Web広告

Web広告は、Web上の媒体やメールに掲載する広告です。インターネット広告やデジタル広告、オンライン広告とも呼ばれます。

Web広告を運用するには知識が必要です。しかし短期間で効果を得られたり、施策の改善しやすかったりなどメリットがあります。

Web業界の代表的な職種

日常生活でよく目にするWebサービスを制作、運用しているWeb業界は、需要が拡大していることから人気の業界です。以下では、Web業界で代表的な職種について紹介します。

Webディレクター

WebディレクターはWebサイトの企画立案や制作、運用などの責任者です。エンジニアやデザイナー、ライターといった制作に関わる人たちの進行管理を担います。企業によって仕事内容が大幅に変動する職種です。

Webエンジニア

Webエンジニアは、Web上で利用されるシステムやアプリケーションなどの設計・開発、プログラミングを担当します。Web系のプログラミング言語の知識のほか、コミュニケーション能力が必要です。

Webエンジニアは、フロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニア、インフラエンジニアに大きく分類され、スキルや経験によって担当が異なります。

Webデザイナー

WebデザイナーはWebサイトのデザインを担当します。クライアントが求めるWebサイトを制作するために、illustratorやPhotoshopなどのツールを用いてデザインを作り、コーディング作業を行います。

主にデザイン関連の知識やコミュニケーション能力、デザインツールのスキルが必要です。ただし、今後はただデザインするだけのWebデザイナーの需要は減るといわれています。UI/UXデザインや、マーケティングのスキルが欠かせなくなるでしょう。

Webマーケター

Webマーケターは自社サイトやSNS、メールマガジンなどのWeb上のマーケティング全般に関わる職種です。ユーザーの行動を分析して、効率的に商品やサービスが売れるようにさまざまな戦略を実行します。

情報収集力や分析力、提案力、コミュニケーション能力が必要です。Web業界では必須でアイデアと知恵が求められる職種のため、需要が落ちにくいといわれています。

Web業界の今後はどうなる?

総務省によって発表されたデータによると、インターネット附随サービス業の売上高は、年々上がっていることがわかりました。データが裏付けているとおり、Web業界の市場規模は年々拡大しているため、今後も需要が高いままだと予想されます。

しかし、Web業界は需要が高く転職市場で人気な業界にもかかわらず、人材不足が深刻な状況です。今後も需要がある職種としてWebエンジニアやWebデザイナー、Webマーケターなどが挙げられるでしょう。

ただしWeb業界は技術の進化が早いので、一度仕事に就いたからといって安泰ではありません。常に学び続ける姿勢が大切です。

まとめ

1990年代後半のIT革命以降に大きな成長を遂げたWeb業界は、現在も市場規模を拡大し続けています。ポータルサイトやSNS、ソーシャルゲームなどのWebサービスを展開し、今や欠かせない存在となりました。

これからWeb業界への就職・転職を考えている場合は、「なぜWeb業界なのか」を明確に伝えられるよう業界分析が必須です。Web業界全体の動向やさまざまなWebサービスを理解し、面接が有利に働くよう情報収集をしましょう。

WEBマーケティングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

  • Wannabeアカデミー(ワナビーアカデミー) ”業界初”実務経験を積めるWEBマーケティングスクール。マンツーマンの補講受け放題で、実務研修もアリ!

  • マケキャンbyDMM.com 3ヶ月で未経験からマーケターになる転職保証付きコースあり!面談でのフォローも魅力!

  • デジプロ オンラインはマンツーマンでの講義!通学は最大5名の少人数講義のwebマーケティングスクール!

  • インターネット・アカデミー 日本初!web専門スクール!開校から25年の実績、ホームページ制作も学べる!

  • WEBMARKS(ウェブマークス) チャットでの質問無制限&卒業後も案件獲得サポートあり!フリーランスWebマーケターを目指す

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ