口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

Webデザイナー職なら押さえておきたい志望動機とは?伝え方のポイントや例文を紹介

Webデザイナーに限らず面接に挑むときは、必ず志望動機について考えなければなりません。しかし、志望動機で何を伝えたらいいのかわからず、困っている方は多いのではないでしょうか。

今回は、Webデザイナー職なら押さえておきたい志望動機の伝え方のポイントや、実際に使える例文を紹介します。ただし、志望動機は自分の言葉で伝えることが大切です。あくまでも参考として役立ててくださいね。

コエテコが選ぶ!Webクリエイター(デザイナー/ディレクター)向け案件サイト

志望動機を伝えるときのポイント

志望動機とは、応募先の企業で働きたいと感じた理由のことです。企業側は志望動機を聞くことで、企業理解ができているかや志望度を判断します。

なお、履歴書に記載した志望動機の内容は、面接の際に口頭で深掘りされることがあります。以下のポイントを押さえながら、Webデザイナーの志望動機を考えましょう。

Web業界を選んだ理由を伝える

異なる業界から転職する場合は、なぜWeb業界を選んだのかという理由を明確にしておく必要があります。

デザイナーという職種は、Web業界だけではありません。グラフィックデザイナーやパッケージデザイナー、ファッションデザイナーなど業界はさまざまです。

そのなかで、なぜWeb業界に転職したいと考えたのかを志望動機に記載しましょう。ただ「Web業界が成長しているから」ではなく、Web業界の特徴に着目して志望動機を伝えることが大切です。

応募企業を選んだ理由を伝える

「数ある企業のなかからなぜその企業を選んだのか」は、どの職種の志望動機でも押さえておきたい内容です。応募企業の企業理念を把握し、自分が今後やりたいことと整合性をもたせましょう。ほとんどの企業が、コーポレートサイトで自社の企業理念を記載しています。

企業研究は、転職を成功させるために重要な工程です。企業研究を怠ると、もし就職できたとしても入社後に「こんなはずじゃなかった」と後悔する可能性があります。自分のやりたいことが応募企業の業務内容で実現できるのか、しっかりと分析しましょう。

将来性を伝える

未経験者の転職の場合、実務経験よりも将来性が重視されます。将来性を十分にアピールし、今後貢献できる人材だと感じさせましょう。未経験者がアピールできる手段は、ポートフォリオです。実務が未経験であっても、自分で制作したWebデザインをポートフォリオとしてまとめることで、実績として伝えられます。

また、他業種で得たスキルや経験が、Webデザイナーの仕事で活かせることをプレゼンすることもひとつの方法です。たとえば前職が営業であれば、メンバーとの円滑なコミュニケーションが可能なことをアピールしましょう。

活かせるスキルを伝える

入社後にすぐ活かせるスキルを志望動機で伝えましょう。Webデザイナーで活かせるスキルとして、Photoshopやillustratorなどのデザインソフトのスキルや、HTMLやCSSなどのコーディングスキルなどが挙げられます。実務で使用経験があれば、積極的にアピールするべきです。

未経験者であればポートフォリオを提出し、Webデザイナーに求められる資質としてアピールできるスキルを伝えます。たとえば、コミュニケーション能力や集中力、チームで課題を成し遂げた実績などです。前職が異業種であっても、Webデザイナーの仕事内容と共通する部分はあります。活かせそうなスキルがあれば、志望動機に入れるようにしましょう。

Webデザイナーの志望動機例

Webデザイナーの志望動機の例文を、経験者と未経験者に分けて紹介します。経験者と未経験者ではアピールする内容が異なるので、当てはまる例文を参考にしましょう。

また、以下の例文はあくまでも参考として、実際の志望動機は自分の言葉で書くことが大切です。

Webデザイナー未経験者の志望動機例

Webデザイナー未経験の場合は、前職での経験やポートフォリオでアピールしましょう。熱意や意欲を伝えることが大切です。

Webデザイナー経験者の志望動機例

Webデザイナー経験者であれば、今後のキャリアパスを明確にしましょう。企業の採用担当者は、現在のスキルだけでなく今後の方向性についても着目しています。

まとめ

Webデザイナーだけでなく、志望動機は「なぜその企業に入りたいのか」といった部分を伝えることが重要です。さらに、将来性や入社後すぐに活かせるスキルをアピールできるといいでしょう。

待遇や給与面はたしかに重要ですが、志望動機としてふさわしくありません。自分がアピールできる部分を存分に盛り込むことで、未経験であってもWebデザイナーへ転職できる確率が高まるでしょう。

コエテコが選ぶ!Webクリエイター(デザイナー/ディレクター)向け案件サイト

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ