掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

ポケットWi-Fiのメリット・デメリットとは?|光回線や据え置き型ホームルーターと比較

コロナ禍により多くの仕事がテレワークとなり、学校も休校するなど生活環境が大きく変わりました。学校だけでなく、学習塾や習い事の教室でもリスクを回避するためオンライン授業にシフトしてきています。

自宅でのオンライン授業に必要不可欠なものといえば、安定したインターネット回線。この記事では、多くの方が活用している「ポケットWi-Fi」についてまとめました。「忙しい中、じっくり選んでいる時間がない!」という方も、ぜひ失敗しないサービス選びに役立ててくださいね。

ポケットWi-Fiとは?

ポケットWi-Fiモバイルルーターとも呼ばれ、場所を選ばずどこにでも持ち歩く事が出来るWi-Fi機器のことです。

スマホと違い、パソコンやタブレットをインターネットに接続するには別途有線、もしくは無線LAN(いわゆるWi-Fi)が必要になります。光回線のように、家庭に備え付けるタイプのWi-Fi機器では外出先からインターネットを使うことができませんが、ポケットWi-Fiであればどこでも自由に持ち歩く事ができ、好きな場所でインターネットを利用できます。

場所を選ばず・工事の必要がなく・すぐに使えるのがポケットWi-Fiの大きな強みと言えるでしょう。

スマホのテザリングとは何が違うの?

「外出先でもインターネットを利用する」というと、パソコン/タブレットからスマホを経由してインターネットに接続する「テザリング」という言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。ポケットWi-Fiとテザリングの違いとはなんなのでしょうか。

外出先でもパソコンやタブレットをインターネットに接続できる点で、ポケットWi-Fiとテザリングは同じ役目を果たしてくれます。ただし、使えるデータ通信量(いわゆる「ギガ」)に大きな差があるのです。

スマホのパケットプランはデータ容量に限りがある

現在、サービスを提供しているポケットWi-Fiはほとんどデータ通信(使えるギガ)は無制限をうたっています。一方でスマホのプランは使えるデータ容量が決まっており、動画やオンライン授業のように大きなデータを通信することを考えると少し物足りない容量となります。

ドコモやソフトバンク、auなどの大手通信会社の場合には使ったデータ量によって段階的に料金が変わるプランと大容量プランの両方が用意されています。
ドコモは30GB、ソフトバンクは50GB、auの場合には(スマホ利用は)無制限に使い放題になっているので、一見すると十分なデータ量だと思うかもしれません。

しかし、ソフトバンクとauの場合にはテザリングをするのに別途500円の料金が必要になりますし、auの無制限プランの場合でもテザリング使用時は30GBまでという制限があります。

オンライン授業や会議に使われるビデオ通話アプリは、1時間で600MB〜1GBのデータ通信量が必要になることも。スマホのテザリングを使っていると、利用制限がかかる可能性があるのです。

ビデオ通話アプリ 1時間利用時のデータ消費量
LINE 600MB(=0.6GB)
ZOOM 600MB(=0.6GB)
ハングアウト 1.5GB

スマホの料金プランには電話料金や各種サービス料金も含まれており、単純に「高い/安い」とは言えません。
ただ、使えるデータ通信量だけをポケットWi-FIと比較してみると、無制限に通信できるポケットWi-Fiのほうが割安になると言えるでしょう。

光回線とポケットWi-FIではどちらがおすすめ?

同じく気になるのが、高速に通信できると評判の「光回線」です。光回線とポケットWi-Fiにはどのような差があるのでしょうか。

光回線の特徴

光回線のメリットは、(繰り返しになりますが)安定して高速にインターネットを利用できる点です。使えるデータ通信量に制限はなく、テレワークなどで在宅勤務をしていたり、毎日映画を見ている、オンラインゲームを楽しんでいる……といった方におすすめできるサービスです。

一方でデメリットは、開通工事と工事費用が必要になる点です。

光回線はポケットWi-Fiと違って家庭に光ケーブルを引き込む必要があるため「明日から使いたい!」という要望は難しくなります。

工事までは最低で1〜2週間、引越しの多い時期では1ヶ月以上の待ち時間が発生する可能性があり、緊急でインターネット回線が必要な方にとっては気になるポイントかもしれません。
持ち歩き型ではないので、他のマンションに引っ越す際には解約するか、再工事を依頼することになります。

ポケット Wi-Fiの特徴

ポケットWi-Fiは会社によっては即日発送してくれ、最短で翌日から使用する事が出来ます。
工事の必要はなく、電源を入れるだけですぐにインターネットが利用できる手軽な回線と言えるでしょう。

引っ越しの際もポケットWi-Fiを持っていくだけでよく、工事や手続きが必要ないのが大きなメリット。

カフェや出張先など、家の外でもWi-Fiを使いたい、近々(1年〜2年以内に)引っ越しを予定している、出来るだけすぐに使いたい、開通工事ができない(待てない)方にはポケットWi-Fiが向いているでしょう、


 ポケットWi-Fi 光回線
月額料金 3,000〜5,000円 3,800〜6,000円
工事費用 なし あり
利用開始までの期間 即日〜2週間 2週間〜1ヶ月
利用場所 どこでも 自宅のみ
データ容量・制限 あり なし
速度 150Mbps〜1Gbps 1Gbps〜10Gbps

まとめると、光回線がおすすめできるのは
  • 向こう2年は今の家に住み続ける
  • テレワークなどで頻繁に回線を使う
  • 利用まで1ヶ月程度、待つことができる
という方で、ポケットWi-Fiがおすすめできるのは
  • 1年以内に引っ越す可能性がある
  • 毎日テレワークをするわけではない
  • 緊急でインターネット回線が欲しい
という方と言えます。

ポケットWi-Fiにはモバイル型と据え置き型がある

さて、ポケットWi-Fiはどこでも持ち歩いてWiFiを使うことができる機器と言いましたが、外でWiFiを使う予定がない人には据え置き型のポケットWi-Fiもおすすめできます。

据え置き型のポケットWi-Fiはホームルーターと呼ばれており、ポケットWiFiと同じく、届いたあとは電源を入れるだけですぐに使えるようになります。

自宅での利用に特化しているので、違う部屋にいてもWi-Fiが届くようポケットWi-Fiの端末よりも電波が強くなっており、通常のポケットWi-FIと比較して、自宅内で使う際の快適度が高くなっています。

基本的には自宅でしか使わないけれども、光回線は開通工事の都合で利用できない方や、なるべく早く使いたい人にはホームルーターがおすすめです。引っ越しの場合でもコンセントを抜いて持っていくだけで大丈夫なので安心ですね。

ポケットWi-Fiのメリットとデメリット

家の中でも外でも使えて、届いたらすぐに使えるポケットWi-Fiは非常に便利ですが、メリットだけではなくデメリットもあります。今一度、自分の使い方に合っているかよく確認してから契約しましょう。

ポケットWi-Fiのメリットをおさらい

何度か強調しているように、ポケットWi-Fiのメリットは以下の通りです。
  • 持ち歩く事ができる
  • 開通工事・工事料金が不要
  • スマホのデータ通信に比べて料金が安い
ポケットWi-Fiの最大のメリットは、どこでも持ち歩くだけで使えるWi-Fiという点です。家の中でパソコンをしている時でも、外にいる時にタブレットで動画を見たい時でもポケットWi-Fiがあれば、快適にインターネットに接続する事が出来ます。

また、光回線のように工事日を調整して開通工事を待つ必要もなく、届いたその瞬間からインターネットに接続出来る点も優れたメリット。

スマホのデータ通信(テザリング)ではZOOM・LINE・ビデオ通話や動画視聴をしているとあっという間にデータ容量を超え、通信速度が制限されます。一方でポケットWi-Fiはデータ通信を無制限に使え、月額料金も安く抑える事が可能です。

ポケットWi-Fiのデメリットをおさらい

ポケットWiFiのデメリットは
  • 光回線に比べて通信速度が不安定
  • 使えないエリアがある
  • データ通信制限
ポケットWi-Fiのデメリットとしては、固定回線である光回線に比べて通信速度が不安定になる点です。

例えばポケットWi-Fiの中でも1番シェアがあるWiMAXの場合、最新の端末では最大速度1.2Gbpsと光回線をも凌ぐ速度が出ることになっていますが、実際には100Mbps以下と10分の1以下の通信速度しか出ません。

また、WiMAXユーザーが多い場所で使おうとした場合などは、通信速度が安定せずに遅くなる場合などがあります。

ポケットWi-FiのなかではWiMAXが人気ですが、WiMAXのエリアはドコモやソフトバンクなどの大手通信会社に比べると狭く、使えない場所があるのも注意点です。

人口カバー率は90%以上とされており、日本のほとんどの地域で使うことが出来ますが、契約をする場合には自分の使いたいエリアで使えるか確認が必要です。

そして、データ通信制限に関して、現在サービス提供されいているポケットWi-Fiの多くが無制限をアピールしていますが、実際に無制限なポケットWi-Fiは現在の日本では存在しません。

というのは、無制限と言っても、注意書きに「ネットワークを継続的かつ著しく大量に占有する通信をされた場合、速度や通信量を制限することがあります」と書かれている場合が多いためです。

「占有」がどのくらいの通信量を指すかは明記されていませんが、多くのポケットWi-Fiは100GBや200GBで通信が制限され、本当の無制限ではないためです。

比較的制限が緩やかなのはWiMAXで、1日あたりの通信量に制限はなく、3日で10GBを超えると通信制限になりますが、翌日18時から翌々日2時頃までの時間帯のみ通信制限になるので、それ以外の時間帯は通常速度での使用が可能です。

先ほど紹介した「据え置き型のポケットWi-Fi」であるホームルーターは、コンセントでの電気供給が必要なので持ち歩きが出来ませんが、3日で10GBなどの制限もないので、自宅のみで使いたい場合にはソフトバンクairも選択肢に入れても良いかもしれません。

安いポケットWi-Fi選び・乗り換えに便利な参考サイト

ポケットWi-Fiを契約しようと考えても、業者はいろいろあります。どう選んだらいいのか、という問題が残ります。
ポケットWi-Fiの業者を比較するには、下記のサイトが参考になります。

▼代理店で違う!? 比べて選ぼう

「こんな人におすすめ」がわかりやすい!インターネット回線乗り換えの比較表が便利。


▼ポイントも貯めてもっとお得にポケットWi-Fiを選ぼう


▼ポケットWi-Fiについてもっと詳しく知りたいなら

「光回線の料金やサービス情報、基礎知識やトラブル改善など重要なポイントのまとめ」

まとめ

コロナ禍をきっかけに、さまざまな学校・習い事・仕事がオンライン化していくと言われています。これまでは「娯楽の手段」として扱われてきたインターネット回線が電気や水道と同等の生活必需品になる未来はすぐそこかも知れません。

ご家庭のスタイルや利用頻度を考え、理想にぴったり合う回線を探してみてくださいね。

公開日:2020.05.18

いよいよスタート!

プログラミング教育必修化にそなえて
無料体験してみませんか?

子どもたちのプログラミング教室の様子
コエテコなら、お子さんにぴったりの教室がみつかります。
  • お住まいの近くの教室をカンタンに検索できます。

  • 授業料や口コミ、コース内容もしっかりチェックできます。

  • カンタンに無料体験の申し込みができます。

\まずは無料体験へ!/

お近くの教室を探す!
Amazonギフト券2000円分プレゼント中!

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

おすすめ記事