口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

WordPressが学べるスクールはどこ?転職時に役立つスキルとは

世界中にあるサイトのなかでも、圧倒的な人気を誇るのがWordPress。世界で制作されているサイトの4分の1はWordPressで制作されているともいわれており、IT業界へ就職する際には最低限身につけておくべきスキルだともいえるでしょう。

この記事では、WordPressの特徴やWordPressが学べるスクールについてわかりやすく解説します。初心者にとっては、難解で挫折しやすいのがWordPressの特徴です。これからWordPressを学んでいきたい人は、ぜひ最後までご覧ください!

副業・フリーランスに必要なスキルが学べる!

WordPressを理解しよう!

WordPressとは、サイトやブログなどの作成が手軽に行えるCMS(コンテンツ管理システム)を指します。無料で利用できるソフトウェアであるため、技術者だけではなくWeb関連の知識が浅い個人ブロガーでも利用しやすいことが特徴的です。

WordPressの簡単な操作だけなら、HTMLのようなプログラミング言語を習得する必要はありません。見出しの作成や文字装飾なども手軽に行えることがWordPressの魅力であり、サイトでより自分らしいカラーを出せるツールであるといえます。
参考:DM SOLUTIONS

WordPressを学ぶメリットとデメリット

それでは、WordPressを学ぶことのメリットとデメリットを確認していきましょう。

WordPressを学ぶメリット

WordPressを学ぶメリットは、以下の通りです。
  • WordPressに関する情報をWebから探しやすい
  • 個人でも仕事でも活用しやすい
  • プラグインで好みの機能を追加できる
  • 将来的にフリーランスになりやすい
WordPressを学ぶときに際たるメリットともいえるのが、カスタマイズやエラーなどに関する情報がWebから探しやすいことが挙げられます。多くの人が利用しているために、WordPressに関する情報も簡単に検索できます。

また、お問い合わせフォームやSEO対策、スパムコメントを防止する機能を、プラグインを導入することでサイトに実装できます。プラグインはワンクリックでインストールできるため、より利便性が高いサイトを簡単に実現できるでしょう。

WordPressを学ぶデメリット

WordPressを学ぶデメリットは以下の通りです。
  • 費用がかかる
  • 個別サポートがない
  • サーバーの設置でつまづきやすい
  • セキュリティー対策を万全に行う必要がある
WordPress自体の料金は無料ですが、サーバー代や追加でテーマを購入する際には、別途費用が必要となります。無料で利用できるため、WordPressでは個別サポートのようなサービスは実施していません。そのため、わからない箇所があったときには、自力で対処するほかありません。

WordPressにおいて、初心者が最もつまづきやすいとされているのがサーバーの設置です。Webサーバーやデータベース(MySQL)などを正しく設定できなければ、WordPressを扱うことはできません。

また、世界中の人が利用しているということは、それだけハッカーから攻撃を受けやすいということも念頭におく必要があります。そのためWordPressを利用し始めるときには、最低限のセキュリティー管理を行うようにしましょう。

WordPressエンジニアを目指すために必要な言語

WordPressエンジニアを目指すためにはWordPressの基礎知識と共に、下記のようなプログラミング言語を習得する必要があります。
  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • jQuery
  • PHP
WordPress専門のエンジニアのなかには、フリーで活躍する人も多い傾向があります。WordPressによるサイト制作から、WordPressの導入や運用などのカスタマイズの代行といった業務まで行えることがWordPressエンジニアの強みだといえるでしょう。

なかには、オリジナルの有料テーマを販売し、年収をアップさせたエンジニアもいます。WordPressエンジニアになる際には、WordPressにおけるセキュリティー対策の経験が求められるため、学ぶうえで重要視したいポイントだといえますね。

WordPressの利用に向いている人

WordPressはWebサイト構築経験のない初心者でもサイト構築できるようシステムが作られているので、コーディングの知識がなくても美しいサイトを作成したい方におすすめです。WordPressは無料のテーマも利用できますが、有料テーマを利用するとより便利、なおかつ美しいサイトを作成できます。知識がなくても、お金をかけてプロレベルのサイトを構築可能です。

また独自ドメインの利用が可能なので、広告を貼り付けたり、アドセンス申請を目指している方にも最適です。また、WordPressはGoogle Analytics、Googleサーチコンソール等の解析ツールを利用できるので、解析ツールを用いてサイトのPVを上げたいと考えている方にも向いています。


WordPressが学べるスクール

それでは、コエテコが厳選するWordPressが学べるスクール3選をご紹介します。

CodeCamp

WordPressを構築する際に必要となる基礎知識を網羅したいなら、CodeCampがおすすめです。WordPressコースは、Web初心者だけではなく企業のWeb担当者でも利用している人もいます。大手企業の研修としても導入されているため、現場で通用するスキルが学びたい人にも向いています。

最新の人気テーマでもある「Lightning」を利用して、スマートフォンやパソコンからも見やすいサイトを制作する方法を学べます。マンツーマンで丁寧に指導してもらえるから、わからない箇所でつまづきづらいスクールだといえるでしょう。
無料カウンセリングに申し込む

TechAcademy

オンラインでWordPress講座が受講できるのは、TechAcademyです。パーソナルメンターが1人ひとりの学習に合ったサポートを行ってくれるから、初心者向きの講座だといえるでしょう。講座のなかで、WordPressの高度な扱い方からコーポレートサイトやオリジナルサイトを制作することもできます。

集中的に学べる4週間プランなら、社会人は174,900円(税込み)、学生は163,900円(税込み)で受講できます。チャットサポートは15~23時まで対応してもらえるため、忙しい社会人でも質問しやすいでしょう。
無料カウンセリングに申し込む

RaiseTech

2週間のトライアル期間がある「WordPress副業コース」を設けているのは、RaiseTechです。「在宅で副業がしたい!」と考えている人から選ばれており、Web制作に関する知識を一貫して学べるのが魅力です。個人面談や補講なども積極的に行われているため、Web知識がない初心者でも安心して通いやすいスクールだといえるでしょう。

また「転職クエスト」とも提携しているため、転職サポートが手厚いことでも有名です。履歴書やポートフォリオの添削なども行ってもらうことができ、自分の条件に見合う就職先を探しやすいことが特徴です。
体験授業に申し込む

まとめ

WordPressはIT業界で働くうえで、欠かすことができないスキルの1つだといえます。WordPressに関する基礎知識やセキュリティー対策に関する知識を確実に身に付けたいなら、スクールの利用も視野に入れましょう。多くのスクールでは、初心者でも気軽に質問しやすい環境が整えられています。

授業料や転職支援なども比較したうえで、自分がWordPressを学びやすいスクールを探してみましょう。

副業・フリーランスに必要なスキルが学べる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ

よくある質問

  • 質問 プログラミングスクールが「N週間でエンジニアになれる」というのは本当ですか?

    答え 事実ですが、個人の資質次第なところも(詳しくはこちら

  • 質問 返金保証のないスクールは、やめておいたほうがいいですか?

    答え 返金保証の有無はあまり関係ない!(詳しくはこちら

  • 質問 転職保証は本当ですか?どんな人でも保証されますか?

    答え 本当ですが、一定の条件があります(詳しくはこちら

  • 質問 未経験でもスクールの授業についていけますか?

    答え ついていけます!が、最終的には個人の努力次第(詳しくはこちら

  • 質問 「卒業率99%!」のような数値は信用してよいのでしょうか?

    答え 嘘ではないが、計算にトリックがあるかも(詳しくはこちら

  • 質問 どのプログラミング言語(Ruby、PHP、Java…etc.)がよいですか?

    答え 結論、どれでもOKです!(詳しくはこちら

  • 質問 メンターが素人や学生の場合もあると聞いたのですが……

    答え そういうケースもあります。が、必ずしもエンジニアから教わるのが正解ではないかも。(詳しくはこちら

  • 質問 SES/受託企業/事業会社の違いは何ですか?SESはよくないのですか?

    答え 転職先で多いのはSES/受託。大事なのは「自分に合うか」(詳しくはこちら

  • 質問 スクールはどのような基準で選んだらいいですか?

    答え まずは目標の自己分析を。カウンセリングで雰囲気を見きわめよう(詳しくはこちら