口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

初心者向けプログラミングの始め方を解説!未経験OKのスクールも紹介

近年、副業や趣味、習い事でプログラミングを学びたいという人が増えていますが、プログラミング学習の始め方がわからないと疑問に思っている人も多いようです。書籍やWebサイト、プログラミングスクールなどさまざまな勉強方法が挙げられますが、どれが自分に合っているのかを知っておくことで効率的に学ぶことができます。

今回は初心者や未経験者向けのプログラミングの始め方をご紹介します。おすすめスクールの特徴も解説しますので、着実にスキルを身に着けたいという人は最後までご覧ください。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

初心者・未経験者向け!プログラミング学習の始め方

プログラミング学習を始める方法はさまざまですが、まずはプログラミングの基礎知識を学んでから実技スキルを習得するのがおすすめです。

また「プログラミングは難しい」というイメージを持っている初心者や未経験者の場合は、ログラミング教育にまつわるアプリやゲームを利用して楽しみながら学ぶのもおすすめです。

書籍で学ぶ

書籍を読んで学習することで、自分に合ったレベルの知識を自分のペースで習得することができます。高度な内容が載っている場合は理解するのに時間がかかってしまうため、「入門編」や「基礎編」と紹介されている書籍を選びましょう。コンピューターが苦手な人やプログラミングの概念がわからないという超初心者向けの書籍もあります。

書籍で学習する場合、自分が読みやすい書籍を一冊選んで何度も読み込むのがおすすめです。最初に何冊も書籍を買うと本を手に入れただけで満足したり読み切れなかったりして、学習が嫌になってまうこともあります。繰り返し同じ文章を読むことで知識が定着しやすくなるでしょう。

ゲームで学ぶ

プログラミング教育を目的としたゲームを利用することで、プログラミング学習は難しいというイメージを払拭しながら学習を始めることができるでしょう。近年、世界中でプログラミング教育の需要が高まっており、小中学生向けが楽しめるゲームがいくつも開発されています

穴埋め問題を解いてアプリ開発を学ぶ「CODEPREP」や、RPG風のゲームを進めるとJavaScriptの知識が身に付く「CodeMonkey」、PythonやRubyをはじめとした幅広いプログラミング言語に対応している「コードクロニクル」などジャンルはさまざまです。

興味のある分野や自分のスキルの相応の難易度から選びましょう。無料で試せるものやインストールがいらないものもあるので、まずは公式サイトをチェックしてみるのがおすすめです。

Webサービスを利用する

「動画やテキストで学びたい」という人や「学習費用を抑えたい」という人はプログラミング学習者向けのWebサービスを利用するのがおすすめです。

ポップなデザインでわかりやすさに定評のある「Progate」やITエンジニアの就職・転職を支援するPaizaが運営している「paizaラーニング」、実践的なスキルも学ぶことができる「ドットインストール」をはじめとした定番の学習サービスから選ぶのが良いでしょう。

また、学習サービスだけでなく現役エンジニアのSNSや動画配信などをチェックしておくのもおすすめです。現場の生の声を聞くことができるでしょう。

スクールに通う

プログラミングスクールに通うことで効率よく必要なスキルを手に入れることができます。「学習は独学にこだわらない」という人や「一人ではモチベーションを維持するのが難しい」という人にもおすすめです。

近年ではプログラミング教育のニーズが高まっている状況と共に、スクールのカリキュラムも質が高くなっています。プログラミングにまつわる複数のコースを用意しているスクールも多いため、自分の学びたいプログラム言語やなりたい職業に必要なスキルを身に着けられるコースを選びましょう

スクールを選ぶ際には、カリキュラム内で学べる言語はもちろん、受講形式や料金、チャットサービスなどの特典について確認しておくことが大切です。独学に比べて費用がかかりますが、提出課題のフィードバックを受けたり効率的な学習計画でサポートしてもらったりとスクールならではのメリットが魅力的です。

プログラミングを始めるポイント

プログラミングを始めるためにチェックしておきたいポイントをご紹介します。

事前準備をしておく

事前にパソコンの準備やネット環境の整備を行っておくことでスムーズにプログラミング学習を始められます。

パソコンはWindows・Macどちらでもかまいませんが、プログラミング言語のなかにもWindows向きの言語やMac向きの言語があるので目的に合わせて選定しましょう。近年ではMacを選ぶプログラマーが増えており、Appleが開発元になっている「Swift」と「Objective-C」はMacのみで開発可能です。

さらに、ストレスフリーなネット環境やコードを打ち込むためのテキストエディタも用意しておきましょう。

目的を明確にする

独学・スクールどちらの方法で学習を始める場合も、プログラミング学習の目的を明確にしておきましょう。副業や転職、スキルアップや独立など、自分がプログラミングを始める理由があれば挫折せずに学習を継続できます

自分が就きたい職業を決めておくのも良いでしょう。プログラマーはWeb系やアプリ開発、ゲームや通信系など幅広い活躍の場が期待される職業なので、どの分野に興味があるのかをはっきりさせておくことで学ぶべきプログラミング言語がわかります。

初心者向けの言語を選ぶ

難易度の低い言語から始めることで学習を継続しやすくなります。難しい言語から始めてしまうと基礎知識の理解に時間がかかったりエラーに対応できなかったりと、挫折しやすくなるでしょう。

初心者や未経験者におすすめのプログラミング言語は認知度の高い「JavaScript」やGoogle三大言語の「Python」です。Apple製品で使われる「Swift」や日本人が開発した「Ruby」も人気の高い言語です。それぞれ性質や用途、求人数などが異なるので自分が学んでみたい分野から着手しましょう。

自分のスケジュールに合った学習計画を立てる

なるべく細かい学習計画を立てておくことで仕事やプライベートと学習を両立しやすくなります。毎日短時間でもいいので学習に着手できる時間帯を見つけ、無理なく継続するスケジュールを探りましょう。

また大きな目標だけでなく数日~一週間単位の細かい目標を立てることで目標達成を繰り返しながらモチベーションを保つことができます。独学の場合は自分で計画を立てる必要がありますが、スクールの場合は学習内容に対して妥当な学習期間を設定したり、個別の学習計画を提案してもらったりすることができるコースもあります。

初心者向けプログラミングスクールを利用しよう

ここでは初心者や未経験者でも実践的なスキルが身に付くプログラミングスクールを5つご紹介します。

SAMURAI ENGINEER デビューコース


出典:SAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERのデビューコースではRuby・PHP・Javaといった定番のプログラミング言語だけでなくWordpressやLPIC資格についても学ぶことができます

講師は現役エンジニアで9割近くが実務経験3年以上の経歴があり、学習の際にはプロの意見を聞くことができます。SAMURAI ENGINEERが運営するQAサイトや受講生向けイベントを通して疑問を解決したりエンジニア仲間と交流することができるのも人気の秘訣です。

料金は4週間プランが66,000円、12週間プランが198,000です。ゆっくり時間をかけて学びたい人は24週間プランもおすすめです。こちらの料金は297,000円です。
SAMURAI ENGINEERはこちら

テックキャンプ プログラミング教養


出典:テックキャンプ

テックキャンプのプログラミング教養は未経験から実務で活躍できる人材の育成を目指しており、WebサービスやAIの開発、デザインといった幅広い学習を通してオリジナルサービスの開発に取り組みます

教材は常に最新の情報を掲載し、洗練された内容なので未経験者でも読み進めやすいのが強みです。さらにパーソナルメンターが個別に質問に対応しているので、疑問を解決しながら学習を進めることができます。受講料金は261,360円で、受講期間は3か月です。
テックキャンプはこちら

COACHTECH Basicターム


出典:COACHTECH

COACHTECHのBasicタームは4週間の学習期間内に、マークアップとフロントエンドについての知識を習得します。マークアップ言語はテキストや装飾を構成するための要素の一つで、主にHTMLを使用します。フロントエンドのスキルとしてはユーザーの目に触れる部分の処理が挙げられます。

COACHTECHで行っている「質問チャットサポート」は、毎日9時~21時の質問対応時間内に生徒の質問に対して回答するサービスです。平均10分で回答してもらうことができるので、自主学習中の疑問をすぐに解消することができます

受講料金は期間によって異なり「5ヶ月プラン」の場合は440,000円、「7ヶ月プラン」は550,000です。14日間の全額返金保証付きなので慎重にスクールを選びたいという人にもおすすめです。
COACHTECHはこちら

DMM WEBCAMP はじめてのプログラミングコース


出典:DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPのはじめてのプログラミングコースではRubyやRuby on Rails、コーディングやWebの仕組みなどを学びながらプログラミング開発の流れを理解します。ソフトウェアやアルゴリズム、OSや開発フローなど幅広く学びたい人におすすめです。

カリキュラムでは実際に架空のWebサイトやToDoリストアプリを制作することで実践スキルを磨くことができます。教材は専門用語が少なく、初心者にもわかりやすい内容なのも人気のポイントです。料金は4週間プランの場合169,800円、8週間プランの場合は224,800円です。
DMM WEBCAMPはこちら

ポテパンキャンプ


出典:ポテパンキャンプ

Web系開発企業への内定率が100%と就職サポートに定評のあるポテパンキャンプでは未経験からエンジニアのエキスパート並みのスキルを習得するRailsキャリアコースを設置しています

カリキュラムでHTMLやCSS、JavaScriptやRuby、Ruby on Railsのスキルを習得後、現場さながらの模擬プロジェクト開発に取り組みます。経験豊富なエンジニアがメンターとして計30回の質問に対応するサービスでプロから直接学ぶのも良いでしょう。質問内容によってはビデオ通話での回答も可能です。

ポテパンキャンプ提携企業への内定実績も高く、いち早くスキルを活かして就職・転職したいという人にもおすすめです。転職できないなどの条件を満たす場合は全額返金保証サービスの利用もできます。
ポテパンキャンプはこちら

まとめ

プログラミングの始め方がわからないという人は、独学かスクールから自分に合った方法を選びましょう。独学の場合は書籍やWebサイト、ゲームなどを利用してモチベーションを維持しながら学習を継続することが大切です。プログラミングスクールに通う場合は、さまざまなスクールやコースの中から自分に合ったカリキュラムを選ぶことで着実に必要なスキルを身に着けられるでしょう

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ