口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

動画編集フリー素材を賢く使おう!おすすめのフリー素材サイト3選

魅力的な動画を制作するためには、映像や効果音などの素材が欠かせません。しかし、多くの素材を使用しようとすると、素材にかかる料金が高額になってしまう場合もあります。そのようなときには、フリー素材を賢く使って、動画を制作したいですね。

この記事では、動画編集向けのフリー素材の特徴やおすすめのフリー素材サイト3選をわかりやすく紹介します。

コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

動画編集フリー素材とは?

動画編集フリー素材は、素材配布サイトで簡単にダウンロードできる著作権フリーの素材を指します。商用利用が可能な素材なら、YouTubeのような広告を付ける動画にも使用できます。アマチュアが制作したものからプロが制作したものまで、クオリティや素材の内容も多彩であることが特長。

動画編集フリー素材はYouTubeだけではなく、結婚式用のムービーや家庭用ムービーに活用することも可能です。無料で使用できる素材でありながら、近年では高画質で高品質な動画編集フリー素材も豊富に見受けられます。

動画編集フリー素材の種類

動画編集フリー素材の種類には、以下のような種類があります。
  • BGM
  • 効果音
  • 映像
  • 写真
  • イラスト
  • モーション素材(アニメーションや3DCGなど)
素材サイトによっては、会員登録が不要で素材をダウンロートできる場合もあります。また、フリー素材のなかには、Adobe Premiere ProやAdobe After Effectsなどと提携しているものもあります。Adobeのサービスを利用している動画編集者なら、そのような素材を上手に活用したいですね。

動画編集フリー素材を利用するメリット

動画編集フリー素材を利用することで、以下のようなメリットがあります。
  • 編集にかかる時間を短縮できる
  • 動画のバリエーションが増やせる
  • 他の動画投稿者と差別化した動画を制作できる
  • イメージに合う素材が見つかりやすい
動画の意図を視聴者に伝えるためには、具体的な映像や音源が必要となる場合もあるでしょう。そのような場合には、イメージを伝えやすい優良な素材を使用することで、動画の視聴維持率が大きくアップするなどのメリットも多くあります。

また、素材サイトの多くは、「可愛い」「かっこいい」「おしゃれ」など、素材がカテゴリ分けされています。豊富な素材のなかから、自身の動画のイメージにぴったりの素材が見つかりやすいことが特長です。

動画編集フリー素材を使うときの注意点

動画編集フリー素材を扱うときには、以下のような点に注意しましょう
  • 商用利用が可能か
  • 素材の編集が可能か
  • クレジット表記が不要か
  • 自作発言をしない
  • 利用規約の範囲内で使用する
最も重要なポイントは、利用規約の範囲内で使用するという点です。商用利用が可能かは、ダウンロードする前に確認しておくことが重要。故意に不正利用を行った場合は、罰則が科されるケースもあります。

さらに、素材サイトによっては、1日のダウンロード回数に制限が設けられている場合も少なくありません。そのため、フリー素材は厳選してからダウンロードしたいですね。

おすすめのフリー素材サイト3選

ここでは、コエテコがおすすめするフリー素材サイト3選を説明します。それぞれのサイトが設けている利用規約を読んだうえで、素材を利用してみましょう!

Pixabay

出典:Pixabay
2,500万点以上の高品質な素材がそろっているのは、Pixabayです。なかには、有料の素材もあるため、ダウンロードする際には注意しましょう。なお、Pixabayは、会員登録せずに無料素材をダウンロードすることが可能です。
Pixabayで利用できる素材は、以下の種類があります。
  • 写真
  • イラスト
  • 動画
  • 音楽
  • 効果
幅広い種類の素材をダウンロードできることがPixabayの特徴ですが、利用規約が設けられているためチェックしておく必要があります。絞り込み検索においては、「新着」「人気」など、素材を絞り込んで検索することも可能です。

Mixkit

出典:Mixkit
商用利用できる美しい動画素材が豊富にそろえられているのは、Mixkitです。素材を自身で修正することも可能であり、自由度の高い素材を無料で入手できることが特長。
Mixkitには、以下のようなフリーの動画素材があります。
  • 動画
  • 音楽
  • エフェクト
  • テンプレート
例えば、動画の素材のなかには、プロが撮影した自然や人物、食べ物や動物などがそろっています。一眼レフで撮影された美しい動画や鳥瞰タイプの動画など、撮影方法も多岐に渡ります。ただし、Mixkitは英語表記となっているため、利用する際には翻訳機能を活用するなどして利用しましょう。

なお、クレジット表記は不要となっているため、YouTubeなどの動画制作にも活用しやすいことがメリットです。

Adobe Stock

出典:Adobe Stock
ロイヤリティーフリーで高品質な素材が豊富なのは、Adobe Stockです。Creative Cloudを利用すれば、データ共有したい相手とリアルタイムで共有することができます。
Adobe Stockには、以下のような素材があります。
  • ストック写真
  • プレミアムストック写真
  • ストックビデオ映像
  • ロイヤリティーフリーのテンプレート
  • ベクターアートとイラスト
  • ストックミュージック
動画のサムネイル作りに便利なのは、幅広いデザインがあるテンプレートです。サムネを作るときに他者と差をつけたいなら、おしゃれなテンプレートを使用して目を引くデザインにしたいですね。

なお、無料で利用できるのは初月のみであるため、注意が必要です。1カ月使用して、自身の動画のスタイルに合っている場合には、有料版に移行すると良いでしょう。

まとめ

動画編集用のフリー素材を活用するなら、商用利用可能なサイトを利用したいですね。素材サイトによって取り扱っている素材の特色が異なるため、気になる素材サイトはブックマークしておくと良いでしょう。

動画編集をスムーズに行いたいなら、会員登録が不要で日本語表記に対応している素材サイトを利用したいですね。魅力的な素材を活用して、多くの視聴者の目を引くようなオリジナリティのある動画を制作してみましょう。



コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ