口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

無料で使えるWebマーケティングツール4選!選ぶポイントまで解説

Webマーケティングを効果的に行うためには、ツールの活用が必須です。しかしWebマーケティングツールは数が多く、「どのツールを選べばいいかわからない」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

今回は初心者の方でも安心して利用できる、無料のWebマーケティングツールを紹介します。Webマーケティングツールを選ぶポイントまで解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

WEBマーケティングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

  • Wannabeアカデミー(ワナビーアカデミー) ”業界初”実務経験を積めるWEBマーケティングスクール。マンツーマンの補講受け放題で、実務研修もアリ!

  • マケキャンbyDMM.com 3ヶ月で未経験からマーケターになる転職保証付きコースあり!面談でのフォローも魅力!

  • デジプロ オンラインはマンツーマンでの講義!通学は最大5名の少人数講義のwebマーケティングスクール!

  • インターネット・アカデミー 日本初!web専門スクール!開校から25年の実績、ホームページ制作も学べる!

  • WEBMARKS(ウェブマークス) チャットでの質問無制限&卒業後も案件獲得サポートあり!フリーランスWebマーケターを目指す

Webマーケティングツールを選ぶポイント

Webマーケティングのツールは、無料のものから有料のものまで数多く提供されています。ツールごとに機能や料金が異なるので、以下の選ぶポイントを押さえておきましょう。

利用用途と合っているか

まず、利用用途とツールの機能が合っているかどうかを確認しましょう。Webマーケティングのツールは解析や分析、SEO、リサーチなど、それぞれ用途によって分類されます。さまざまなデータを分析できても、本来の目的の役に立たなければ意味がありません。

ツールを活用して何を分析したいのか、どこを改善したいのかを明確にしてから、ツールを選ぶようにしましょう。

予算に合っているか

Webマーケティングツールは無料で提供しているものと、有料のものがあります。有料のツールを使用する場合は、予算に見合っているかをチェックしましょう。

はじめて利用する場合は、まず無料のツールから使ってみることをおすすめします。導入してから使い方がわからない、合わないとなると予算の無駄使いです。有料のツールでもトライアルを実施している場合があるので、一度試してみてから決めるようにしましょう。

ツールは使いやすいか

自分にとって使いやすいツールなのかも重要なポイントです。チームでWebマーケティングを担当している場合は、メンバーと事前にツールに求める機能を決めておきましょう。選定基準を設けることで、ツールを選びやすくなります。

有料ツールが候補に挙がった場合は、トライアルが可能か調べましょう。実際にトライアルで使用してみてから決めることで、導入後のギャップを埋めることが可能です。

無料で使える!Webマーケティングツール4選

無料で使用できるWebマーケティングツールとして代表的なのは、Googleが提供しているツールです。Googleは、マーケターにとって価値の高いツールを無料で提供しています。まずは以下のツールをWebマーケティングに活用してみましょう。

アクセス状況を分析できる「Google Analytics」

Google Analytics(アナリティクス)は、Webサイトのアクセス状況を分析できるツールです。多くの企業が導入していますが、実は正式なマニュアルがありません。担当者は自分で情報を集める必要があります。

Google Analyticsでは、ユーザーがどのような性別・年齢・移住地なのか、またいつWebサイトに訪問したかなどを分析することが可能です。さらに、どのページに遷移したのか、どのサイトが流入元なのかまでわかります。

Webサイトに訪問するターゲット像が明確になるので、効果的なマーケティング施策が打てるようになるでしょう。

ページの表示速度がわかる「Google PageSpeed Insights」

Google PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)は、ページの表示速度を測定するためのツールです。

ユーザーは、より早く表示されるサイトを求めています。読み込みが遅いと離脱されやすく、ユーザーにとって使いにくいサイトだといえるでしょう。さらにGoogleは、検索ランキングの順位付け要素に、ページスピードを組み込んでいると公表しています。ページスピードが早ければ早いほど、優良なサイトだと判断されるということです。

PageSpeed Insightsを使えば、ページの表示速度を向上させるための改善案だけでなく、短縮できる推定時間まで表記されます。対象のサイトURLを入力するだけで測定できるので、まずはモバイルスコア40点を目指すところからはじめましょう。

SEO管理ツール「Google Search Console」

Google Search Console(サーチコンソール)は、サイトのアクセス前のデータを取得できるツールです。分析されたデータを確認することで、SEO効果の検証や、改善案の発見が期待できます。

具体的には、サイトに流入する前に検索されたキーワードを知ることが可能です。検索キーワードによって顧客や見込み顧客のニーズを推測し、自社のサービスに活かしたり必要なコンテンツを追加したりできます。

先ほど紹介したGoogle Analyticsでは、どのようなキーワードで検索されたかというデータは取得できません。サイトに訪問してからのユーザー行動を分析できるツールです。それに対してGoogle Search Consoleでは、検索の状況やサイトの問題点など、サイトに訪問する前の問題を確認できます。

トレンドをキャッチできる「Googleトレンド」

Googleトレンドは、市場の需要を調べることが得意なリサーチツールです。キーワードの検索回数の推移がわかります。

参照データはリアルタイムで更新されており、過去1時間をはじめ、幅広い期間におけるキーワードの検索推移を閲覧することが可能です。メールアドレスを登録しておくと、急上昇ワードやチェックしたいキーワードをメールで知らせてくれます。

Googleトレンドによってユーザーの興味・関心の流れがつかめるので、サイト作りや広告活動に役立つでしょう。

まとめ

はじめてWebマーケティングツールを使用する場合は、まず無料のツールから試してみることをおすすめします。

Googleでは、多くのWebマーケティングツールを無料で提供しています。アクセス状況を分析できる「Google Analytics」SEO管理ツールの「Google Search Console」は、多くの企業が導入しているツールのひとつです。

Webマーケティングツールを導入してユーザーの動向を分析し、Webサイト制作や広告活動に役立つ施策を打ち出していきましょう。

WEBマーケティングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

  • Wannabeアカデミー(ワナビーアカデミー) ”業界初”実務経験を積めるWEBマーケティングスクール。マンツーマンの補講受け放題で、実務研修もアリ!

  • マケキャンbyDMM.com 3ヶ月で未経験からマーケターになる転職保証付きコースあり!面談でのフォローも魅力!

  • デジプロ オンラインはマンツーマンでの講義!通学は最大5名の少人数講義のwebマーケティングスクール!

  • インターネット・アカデミー 日本初!web専門スクール!開校から25年の実績、ホームページ制作も学べる!

  • WEBMARKS(ウェブマークス) チャットでの質問無制限&卒業後も案件獲得サポートあり!フリーランスWebマーケターを目指す

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ