掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

CATEGORY カテゴリー

新しい学びのスタイルを作る「EdTech(エドテック)」とは?

「FinTech(フィンテック)」「LabTech(ラボテック)」「EdTech(エドテック)」など、「テック」のつく言葉を耳にする機会が増えてきました。

それぞれ「Finalcial(金融)」「Laboratory(研究室)」「Education(教育)」と「Technology(テクノロジー)」を合わせた言葉で、業界に新しい技術を導入することにより、作業や学習の効果・効率をアップさせることを目的としたものです。

2020年の教育改革・プログラミング必修化に向け、すでに早い学校では「EdTech」を取り入れているところもあります。今回はそんな「EdTech」について、具体的な活用事例も踏まえながらご説明します。

生徒が受動的になりがちな「一斉授業」


突然ですが、「学校の勉強道具」と聞いたとき、どのようなアイテムが思い浮かぶでしょうか。

大体の人は、「黒板」や「チョーク」、「ノート」「鉛筆」「消しゴム」……そのように考えるでしょう。先生が黒板に書いたことを、ノートに書き写して覚える。この「一斉授業」の形式が、これまでのスタンダードだったのです。

インターネットやコンピュータがなかった時代、多くの生徒を相手にする上で、この方法はとても効率的でした。しかしこの方法では、どうしても一方通行になってしまいます。

教育において、創造性や積極性を育てることが求められる時代になったこともあり「一斉授業という形式では、生徒が受動的な態度になりがち」という弱みが徐々に問題視されるようになってきたのです。

指摘されている問題点は、それだけではありません。教員(先生)の長時間労働、都心と地方・海外と日本での教育格差など、学校現場にはさまざまな課題があります。

そして、これらの課題を解決してくれるのではないか、と期待が高まっているのが「EdTech」なのです。

具体的にはどんなもの?


EdTechの具体事例はいくつかありますが、代表的なものは以下の通りです。

オンライン講義(e-Lerning)


教育現場とテクノロジーと聞いて、はじめに思い浮かぶのはオンライン授業や「e-Lerning(e-ラーニング)」でしょう。学校だけでなく、会社の研修などでも採用されているので、「これなら知ってる!」「受けたことがある」という方がいらっしゃるかもしれません。

オンライン講義の利点は、何と言っても「先生と生徒が同じ場所にいなくてもいい」点でしょう。欠席時の補習という形でも使えますし、人気の先生の授業をどこでも受けられるため、学習塾でも活用されています。

また、最近では世界中の大学がMOOC(Massive Open Online Course、大規模オープンオンライン授業)を開講し始めており、日本にいながらハーバード大学の授業を受ける、といったことも可能になりました。

わざわざ海外に行かなくても「留学」ができるということで、大人にも注目が高まっています。

学習状況の管理(LMS)


先ほどのe-Lerningと同時に用いられるのがこのLMS(Learning Management System、学習管理システム)です。

これは、教材の配布をオンラインで行なったり、それぞれの生徒がどこまで学習を終えているかを管理するためのシステムです。

教材の配布をオンラインで行うことができれば、毎回、プリントを用意する必要もなく、経費と資源の節約につながります。また、生徒の学習状況を把握しやすくなることで、それぞれの生徒に適切なカリキュラムを組み直すことも簡単になり、学習効率を高めることができるのです。

コミュニケーションツール(SNS)


そして最後は、教師と生徒、そして保護者のコミュニケーションを取りやすくするツール(SNS)です。

少し前までは「クラスの連絡網」があり、AさんからBさんへ、そしてBさんからCさんへ……と電話で内容を伝えるのが一般的でした。

今では個人情報保護の観点から一斉メールに切り替わった学校もありますが、こういった連絡と、日々の宿題の管理などを一元化したものが教育向けのSNSです。

また、先生同士のコミュニケーションをはかるための教員用SNSもあります。これにより、他の学校の先生ともコミュニケーションが取りやすくなるため、学校間の連携や先生同士の助け合いが活発になります。結果的に、教育の質が高くなるというわけです。

まとめ


文部科学省の「2020年代に向けた教育の情報化に関する懇談会」では、最終的に、生徒一人につき一台ずつ教育用コンピュータ(タブレット)を持っている状況が望ましいとしています。

予算の面や、教員側のITリテラシーが均一でないことなどからすぐには難しいと思われますが、実現するのはそう遠くないでしょう。

コンピュータ(タブレット)を使った学習では、カラフルな教材、音の出る教材が使えたり、生徒が考えたことを簡単にシェアできるといった利点があります。

同時に、先生の側の負担が減れば、別のところにエネルギーを注ぐことができるため、授業の質も高まるでしょう。これまでの「勉強は黒板とノートでするものだ」という常識は、数年後にもくつがえされるかもしれませんね。

公開日:2018.06.20

記事が気に入ったら「いいね!」をしよう!
プログラミング教育に関する情報をお届けします!

この記事を書いた人


関連記事