プログラミング教育がわかる、プログラミング・ロボット教室がみつかる

小学生のプログラミング教育はなぜ必修化されるのか? その目的は?

2020年から小学生でプログラミング教育が必修化されることになりました。
プログラミング教育は本当に必要なのでしょうか?何故、必修化されることになったのでしょうか?


プログラミング教育の目的や、それによりどんな効果が期待されるのでしょうか?
それを一つずつ解説していきたいと思います。

1.なぜ、プログラミング教育は必修化されるのか? 


2020年からの小学生でのプログラミング教育の必修化が注目を集めていますが、それ以前には既に2012年から新学習指導要領に基づき、中学校での「プログラムによる計測・制御」が必修化されています。


プログラミング教育が必要とされる背景のひとつとして、第4次産業革命やグローバル化に対応する人材を育てることがあります。


経済産業省の発表では、2020年に36.9万人、2030年には78.9万人ものIT人材が不足するとされています。(IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果より)

IT関連のビジネスは今後ますます拡大していくと予想されており、人材育成が必須となっています。



2.プログラミング教育の目的は?


プログラミング教育の目的は、プログラミングのスキルを身に着けるだけでなく、「小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成」が目的とされています。


有識者会議でも、プログラミングに必要なコーディング(プログラミング言語を用いた記述方法)は時代により変化していくため、コーディングなどを覚えることではなく、自分で考え、それを形にしていく、プログラミング的思考力や行動力の育成が重要とされています。その時々に合わせて柔軟に対応できる、時代を超えて普遍的に求められる資質・能力を身に付けることが最大の目的とされています。


プログラミング教育の目的は、将来のIT人材の不足を補うためもありますが、それ以上に将来どのような職業につくときにも必要となる「プログラミング的思考」の育成が重要とされています。


*文部科学省 小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/122/attach/1372525.htm



3.プログラミング的思考とは?


プログラミング教育の最大の目的とされる、プログラミング的思考とは何でしょうか?


プログラミング的思考は簡単に言うと、「目的を達成するために物事を順序立てて考え、結論を導き出していき、それを計画的に実行する考え方」です。そのためには論理的思考・創造性・問題解決能力・行動力が必要されます。考えるだけでなく、実行に移していくことにより、様々な経験を積むことが出来ます。


これらを身に付けることにより、様々な問題に対応していく力や積極性を身に付けることも期待されます。



4.小学校のプログラミング教育では具体的にどんなことを身に付けるのか?


文部科学省の有識者会議では以下の内容があげられています。

①まずは身近な生活でコンピューターが活用されていることに気付かせる。

②問題の解決には必要な手順があることを教え、論理的思考を身に付ける。

③各教科で育まれる思考力を基盤としながら、基礎的な「プログラミング的思考」を身に付けること。


中学校のプログラミング教育が技術家庭科の項目になっているのに対し、小学校でのプログラミング教育は、算数・図画工作・理科・音楽など、様々な教科で行われることになっています。現在すでにプログラミング教育を取り入れている小学校もあり、「プログラミング教育実践ガイド」として、文部科学省のホームページで紹介されています。


④コンピューターの働きを生活に生かそうとする姿勢を身に付けること。

プログラミング的思考は、どんな時代やどんな状況でも、普遍的に求められる資質・能力と考えられています。自分で考え解決していける力を身に付けておけば、仕事だけでなく、日常の生活で問題に直面した時も役に立ちます。


こうした考え方が身に付くことことにより、わからない問題を解いていく楽しみも生まれ、勉強へのやる気を高めることにもなり、子どもの将来の選択肢を広げることにも繋がる可能性があります。

記事が気に入ったら「いいね!」をしよう!
プログラミング教育に関する情報をお届けします!

この記事を書いた人


関連記事