初夏の学び応援キャンペーン!口コミ投稿・入会で最大5,000円分 Amazonギフト券プレゼント

掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

日本で勝ち抜き世界へ挑戦!ロボカップジュニア

※画像は2018年開催のものです


西暦2050年までに、人間のサッカー世界チャンピオンチームに勝てるロボットチームを作る!ことを目標に、1997年から開催されている「ロボカップジュニア」。

世界35カ国から競技者が集うため、ロボットの技術を競いあうだけではなく、異文化コミュニケーションできる場としても貴重な大会だといえるでしょう。

この記事では、ロボカップジュニアの特徴や直近の大会の様子について詳しく解説します。

ロボカップジュニアとは?

ロボカップジュニアは、ロボカップアジアパシフィック委員会が主催する大規模なロボットコンテストです。ロボカップジュニアには、子どもの探求心を引き出す3つの競技テーマが設定されています。
  • サッカーリーグ
  • レスキューリーグ
  • OnStageリーグ
対象年齢の子どもならば誰でも参加可能な、開かれた大会です。ロボカップジュニアは、自作の自律型ロボットで参加することが条件です。

ロボカッパー(ロボカップに出場する選手たちの呼び名)」は、まず全国各地で行われる「ノード」大会にエントリーします。ノード大会を通過したチームは、さらに全国23カ所で行われる「ブロック」大会で、日本大会への出場権をかけて競い合います。

2019年の日本大会「ロボカップジュニア・ジャパンオープン」は、4月28日から和歌山県和歌山市で2日間にわたって開催。

みごとジャパンオープンを勝ち抜いたチームには、「ロボカップジュニア世界大会」への出場権が与えられます。世界大会では40を超える国々から選出された200近いチームが参加して、熱い戦いが繰り広げられました。

ジャパンオープンでは、世界大会出場をめざす「ワールドリーグ」と同時に、「NIPPONリーグ」が開催されます

こちらのリーグには、小学生ロボカッパーもたくさん活躍しており、ボットプログラミングを始めたばかりのお子さんでも、気軽に挑戦できます。

ロボカップジュニアの競技内容は?

ロボカップジュニアには、3種類の競技内容があります。それぞれの競技内容について、詳しくみていきましょう。

サッカーリーグ

サッカーリーグは本名での参加となり、2対2でサッカー対戦を行う部門です。自身で自立型ロボットを設計し、プログラミングを行う必要があります。ロボットがボールを追いかけ、色分けされたゴールにボールを運ぶことができれば得点を得られます。

なお、サッカーリーグは、学年を問わず19歳以下の2~4名のチームで参加することが定められています。

試合は、前半と後半が10分ずつ行われ、前半と後半の間には5分間のハーフタイムが設けられています。試合開始時間に遅刻した場合、30秒につき1点のペナルティを受けるため、遅刻しないよう注意しましょう。

試合中はチームメンバーがロボットに触るなど、干渉してはいけないなどのルールが細かく定められています。

レスキューリーグ

レスキューリーグでは、ロボットが障害物を回避したり傾斜路を通過したりして、避難ゾーンの被災者(人の形を模したシール)に正しいパフォーマンスを行うことで得点が得られます。

競技時間は8分となり、チームのキャプテンが競技終了を宣言すれば、競技を終えることが可能です。

ロボットは、市販のものやハードウェア素材を組み立てたものを使用しても構いません。しかし、メンバーが主体で設計して組み立てる必要があります。クラス1、2規格のレーザーのみ使用可能など定められているため、詳しくはルールをチェックしておきましょう。

OnStageリーグ

OnStageで使用するロボットには、サイズが定められていません。OnStageでは、「大きさよりもインタラクティブシステムが優れているか」が得点を得られるポイントとなります。

制作するロボットは、5mmまでのフロアの凹凸に対応できるような構造にしましょう。ステージ上におけるロボットのパフォーマンスがスコアの40%、ロボットに関するプレゼンがスコアの30%、インタビュー審査がスコアの30%を占めます。

つまり、ロボットの制作だけではなく、OnStageリーグでは高いプレゼンテーションスキルも求められます。

ロボカップジュニアの参加資格は?

2023年度以降のロボカップジュニアは、中学生以下(ブロック大会参加時の学年)が参加可能です。

なお、過去のジャパンオープンで日本リーグに参加したチームに所属した選手は、同一競技での日本リーグへの出場は不可となるため注意しましょう。

直近の大会はどのような形式で行われた?

直近では、2021年11月25~29日に愛知県国際展示場のAichi SkyExpoで「ロボカップアジアパシフィック2021あいち」が開催されました。入場料は無料で、会期中には12,000人を超える人が来場し、ロボットたちの熱戦を見守りました。

テーマは、「Next Door with Robots ~ロボットと共に、その先へ~」。未来への可能性と高い技術を感じさせるロボットたちが、しのぎを削りました。

ロボットエキスポでは「スマートライフカフェ」を営業しており、人協働ロボットの「COBOTTO」が和菓子を調理する様子や抹茶を点てる様子をみることもできます。実際に試食・試飲体験もできますが、数に限りがあり先着順となるため注意しましょう。

人気が高い大会であるため、来場する際には大会公式サイトから事前入場登録をしておくと良いでしょう。なお、2021年の大会はライブストリーミングサイトを利用して、自宅から競技観戦もできました。

ロボカップジュニアの公式サイト

大規模なロボット大会は、モチベーションやプログラミングスキルの向上にもつながります。大会の詳細を確認したうえで、参加を検討してみましょう!ロボカップジュニア・ジャパンの公式サイトはこちら。

まとめ

ワールドクラスのロボットを見ることができるのも、ロボカップジュニアならでは。大会内では、子ども向けのプログラミング体験やロボット操作体験なども楽しめます。

気軽に参加したり観戦したりしやすい大会であるため、お子さまがロボットに興味があるならロボカップジュニアに足を運んでみましょう。
新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ