掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

ビスケット(ビジュアルプログラミング言語)とは?特徴、開発会社、おすすめスクールまとめ

2020年4月より小学校でプログラミング教育が必修化します。それに伴い、全国各地でプログラミング教育への関心が高まっています。

このページでは独自のポリシー「コンピュータは粘土だ!!」のもとに開発されたビジュアルプログラミング言語Viscuit(ビスケット)についてまとめます。

コエテコが選ぶ!子どもにおすすめのオンラインプログラミング教室・教材

ビスケットとは?

どんな特徴があるの?

ビスケットは、元NTT基礎研究所、NTTコミュニケーション科学研究所勤務の計算機科学者、原田康徳氏(通称:原田ハカセ)が開発したビジュアルプログラミング言語です。

キャッチフレーズは「コンピュータは粘土だ!!」。幼児が粘土をこねるのに似た自由な発想と、遊び・学び・モノづくりのよろこびをめざしています。

「メガネ」と名付けられた仕組みを一つだけ使い、単純なプログラムから複雑なものまで作成できます。

アニメーション、ゲーム、絵本などを手軽にできる言語です。

ビジュアルプログラミング言語といえば有名な「Scratch」がありますが、ビスケットはより進歩してアルゴリズムの自動生成が可能になったコンピュータの使用を前提としているために「コンピュータに何をさせるか」だけを考えたプログラミングが容易に行えます。

スマホ用、パソコン用ともに無料でダウンロードでき、むずかしい用語や規則をおぼえなくても感覚的なプログラミングが可能な点が大きな魅力となっています。

価格は完全無料

iOS、GooglePlay、Windows用いずれも完全に無料で、ホームページからダウンロードできます。

開発会社

開発者の原田ハカセが代表を務める合同会社デジタルポケットが、ビスケットの開発から普及までを一貫して行っています。

楽しみながらコンピュータの可能性を感じられる「ビスケット開発室」やビスケット指導者を育成する「ビスケットワークショップ ファシリテータ講習」などのイベントも開催しています。

ビスケットで学べるおすすめスクール

LITALICOワンダー

スクールの特徴

LITALICOワンダーは、テクノロジーを生かしたモノづくりを通して子どもの個性に合わせた創造性を育む方針により、プログラミング、ロボット製作、デジタルファブリケーションなどを学べるスクールです。

できる×したい重視の完全オーダーメイド授業なので、年齢でカリキュラムを区切ることなく、興味・関心に合わせた作品づくりが可能です。

ビスケットを学べるのは「ゲーム&アプリプログラミングコース」で、Scratchとビスケットなど多くの種類のビジュアルプログラミング言語を並行して学習できます。

特定のツールやプログラミング言語にしばられず、それぞれの能力と目標にあった学習ツールを選べる贅沢な環境があるようです。

対象年齢

幼稚園児から高校生まで、すべての年齢が対象です。

全国の教室数(2020年1月現在)

東京都、神奈川県、埼玉県に18ヵ所

料金の目安

入会時に入会金が16,500円ほどかかり、受講料は月13,200円。このほかに教材費と施設設備費合わせて、毎月3,300円の費用が必要になります(すべて税込)
かかる費用は教室によってことなりますので、詳しくはお近くの教室におたずねください。

↓「LITALICOワンダー」はこちら↓

キッズ・プログラミング教室KIDSPRO

ビスケットをはじめとして、Scratch(スクラッチ3.0)によるプログラミング、レゴ®SPIKE、レゴ®マインドストーム®EV3、レゴ®WeDo、レゴ®BOOST、Pepper(ペッパー)によるロボット工学などを学べるスクールです。

KIDSPROの魅力は、インストラクターが一定レベル以上のプログラミングスキルを持っている運営体制にあります。

とくにScratch3.0関連本としてベストセールスを記録している「スクラッチ3.0でゲームを作ろう!」の著者 岡田哲郎氏に直接指導を受けられる点、生徒一人一人の個性を見極めながら進める少人数制の個別指導にも定評があります。

コースの多様さも魅力の一つ。
  • Scratch3.0平日コース/土日コース
  • レゴ®WeDo+Scratch JR平日コース/土日コース
  • マイクラでプログラミングしよう
  • キッズYouTuber講座
  • 3Dプリンターでオリジナル作品を創ろう
  • Pepper(ペッパー)をプログラミングしよう
  • Scratch検定試験対策講座
  • タイピング練習
  • アンガーマネジメントKIDS講座
……などが用意されています。

大会などでもすばらしい成績を残されており、
  • 第2回NECレノボキッズ・プログラミングコンテスト自由部門(最優秀賞)
  • スイッチエデュケーション賞課題解決部門でスイッチエデュケーション賞
  • 第6回「デジタルえほんアワード」(グランプリ、入選)
  • 第1回「北区こどもプログラミングコンテスト」審査員賞
  • 「PCNプロコン2018」でPCN特別賞
と、数々のコンテストで堂々入賞を果たしています。

対象年齢

基本的にすべてのコースは小学生以上であれば、大人でも受講可能です。レゴ®WeDo+スクラッチコースは幼児でも学べます。

全国の教室数(2020年1月現在)

2校。日暮里と京成立石にスクールがあります。未就学児〜低学年向けにあすなろ幼稚園校(葛飾区)もオープンしています。

料金の目安

月謝制のコースでは、初期費用13,200円、月額8,800円がかかります(すべて税込)。
かかる費用は教室によってことなりますので、詳しくはお近くの教室におたずねください。

↓「キッズ・プログラミング教室KIDSPRO」はこちら↓

その他のスクールを探す!

コエテコでは全国7,000教室以上からお住まいの近くにある教室を探すことができます。

無料体験授業にもインターネットから申し込み可能!

ビスケットを使用しているその他のスクールはこちらのボタンから探せます。
他のスクールを見てみる!

まとめ

ビスケットなどのビジュアルプログラミング言語を学ぶねらいは、コンピュータに親しみ、プログラミングをする原体験を作るところにあります。

今後、小学校・中学校・高校の授業でプログラミングが必修化する中、幼少期からプログラミングに慣れ親しんだ経験は将来役に立つのではないでしょうか。

ぜひ、ビスケットによるプログラミング学習にチャレンジしてみてくださいね!





コエテコが選ぶ!子どもにおすすめのオンラインプログラミング教室・教材

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ
  • 質問 子ども向けプログラミングスクールにはどのような種類がありますか?

    答え 大きく分けて、①ロボット系 ②ビジュアルプログラミング系 ③クリエイター系 ④パソコン教室系 の4種類があります。ロボット系は、大会出場をめざす教室が多く、お子さまのモチベーションを保ちやすいメリットがあります。一方教材費が高額で、入会費だけで数万円になることも。ビジュアルプログラミング系は、小さなお子さまでもゲーム感覚で学べますが、初級以降のカリキュラムが用意されていない教室も。クリエイター系はカリキュラムの自由度が高いぶん、お子さまの得意をのびのびと伸ばしたいご家庭におすすめです。パソコン教室系は、4種の中でも料金が安いのが特徴です。それぞれにメリットとデメリットがあると理解しましょう。

  • 質問 子ども向けプログラミングスクールはなぜこんなに高いのですか?

    答え たとえば英会話やそろばん教室は、先生1人にたいして数十名の生徒がつくのが一般的な光景です。この場合運営側は、先生の人件費を大人数の生徒からの月謝で相殺できるため、運営コストを安く抑えられ、月謝も安く設定できます。しかしプログラミング教室は、お子さま一人ひとりの感性を発揮させてクリエイティビティを磨くことを目的とし、また進みの早い子と遅い子の差も出やすいため、少なくとも4人の生徒にたいして1人の先生が必要です。そのため運営コストが高く、受講費も高額になりやすいです。「所詮子どもの習いごと。受講費は安く抑えたい」という方は、教材レンタルのある教室でお子さまの反応を見てみるのもよいでしょう。

  • 質問 良質な子ども向けプログラミングスクールを選ぶには、どのような点に注意すればよいですか?

    答え 良質な教室を見抜く際のポイントは、①教室のカリキュラムの質 ②先生に「遊びを学びへ導く力量」があるか ③保護者の方の納得感 の3つです。カリキュラムの質を見抜くのは難しいですが、教室全体を見渡して「ただ遊んでいるだけに見える」「子どもが夢中で取り組んでいない」と感じたのなら、注意が必要です。たとえば同じゲーム作りのカリキュラムでも、サンプルゲームで遊んで終わらせるか、その子の興味をじょうずに「乱数」や「関数」といった学びに結びつけられるのかは、先生の能力次第。体験教室で少しでもプラスの雰囲気を感じたなら、よりくわしい話を聞くなどして、保護者の方の納得感を大切にしてください。

  • 質問 子ども向けのプログラミング教材で、代表的なものは?

    答え プログラミング教室で採用されている割合がもっとも高いのは、「Scratch(スクラッチ)」をはじめとするビジュアルプログラミング教材です。コーディング不要、かつブロック遊び感覚でプログラミングの概念を理解できるため、いわゆる「お勉強的」な雰囲気が好きではないお子さまでも、ゲーム感覚で自然にスキルを身につけられます。Scratchでは、世界中のユーザーが作った作品を遊んだり、お子さま自ら作った作品を世界に公開したりすることも可能です。ロボット系の教材に比べて、購入費用(導入費用)が安いことも特徴です。

  • 質問 ロボット教材でプログラミングを学ぶメリットとデメリットは?

    答え ロボット教材でプログラミングを学ぶメリットは3つあります。1つ目は、大会やコンテストの開催が多く、お子さまが努力してレベルを上げる必要があるために、スキルが習熟しやすいこと。2つ目は、自分で組み立てたロボットをプログラミングして動かすため、お子さまが夢中になりやすいこと。3つ目は、数学や物理学といった理系の知識が自然と身につくことです。とくに3つ目は、低年齢のうちに身につけると中学・高校の勉強で役立つ、と評価する保護者の方が多いようです。

  • 質問 ビジュアルプログラミング(Scratchなど)でプログラミングを学ぶメリットとデメリットは?

    答え メリットは、全体を通してビジュアルプログラミングを採用する教室の割合が多いためロケーションを選びやすいこと、ロボットよりも教材費が安いため、入会金をはじめとする受講費を安価に抑えられること、またコーディングの必要がないため、小さなお子さまでもゲーム感覚でプログラミングの概念を身につけられることです。デメリットは、見方によってはお子さまが「遊んでいるだけ」に見えるため、保護者の方がメリットを感じにくいこと。また、初心者向けのカリキュラムを主軸とする教室が多いため、もしお子さまがのめり込んで「もう一歩先を学びたい」と思ったときに、中級・上級の内容を学べないこと(教室を変える必要があること)です。

  • 質問 オンラインと対面授業、どっちを選ぶと良いですか?

    答え ご家庭の状況やお子さまのタイプによって異なります。オンライン授業に向いているのは、有名教室のレッスンを受けたいけれどそもそも教室が近くにない……という地方在住の方や、すでに複数の習いごとをしており特定の曜日に通うのが難しい方、大勢の中では気後れしやすいお子さまなど。対面授業が向いているのは、学校以外の居場所がほしい/作ってあげたい方や、お子さまの積極性を伸ばしたい方、周囲の子と切磋琢磨しながらスキルを伸ばしてほしい方などです。また、送迎の有無も重要なポイント。保護者の方が送迎に疲弊して退会するケースは少なくないようです。「無理なく送迎できるかどうか」も、判断基準にするとよいでしょう。

  • 質問 子どものうちからプログラミングを学ばせるメリットは?

    答え プログラミング教育はまだ歴史が浅く、実際にプログラミングを学んだ子が将来どうなったかのデータはほぼないため、あくまでも推測にはなりますが、プログラミング力は算数や数学の成績と相関すると考えられています。そのため、年長〜小学1年生ごろに良いプログラミング教室に出会い、その後数年にわたって通い続けることができれば、理系科目の成績が伸びるのと同時に、「物ごとを数値で考える力」に長けた、AI時代に活躍できる人材になれる可能性があります。