掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

JAXAのフライトディレクターが審査員!スペースロボットコンテスト

※画像は2018年開催のものです


スペースロボットコンテスト(SRC)」は、ロボットプログラミング教室『子どもの理科離れをなくす会』を運営する「国際科学教育協会」主催のコンテストです。コンテスト出場対象年齢には制限がなく、子どもから大人まで同じ課題に挑戦できます

コンテストでは、「宇宙開発ロボットを作り、宇宙で動くかを検証すること」を最終⽬標として、自作の自律型ロボットで課題に取り組みます。

この記事では、スペースロボットコンテストの参加資格や直近の大会について、詳しく解説します。

スペースロボットコンテスト(SRC)とは?

スペースロボットコンテストは、ロボットプログラミング教室の『子どもの理科離れをなくす会』を運営する「国際科学教育協会」が主催しています。

コンテストでは、自律型のロボットを用い、毎年異なるテーマにチャレンジします。コンテストの名前の通り、月面や宇宙などをテーマに用いることが特徴です。大会に参加することで、子ども同士の交流や成功体験、失敗体験を得られることも、スペースロボットコンテストの魅力です。

コンテストには、毎年、JAXAのフライトディレクターが審査員として招待され講演会も催されます。

スペースロボットコンテスト(SRC)の競技内容は?

スペースロボットコンテストの競技内容について、以下で詳しく解説します。

SRC BEGINNER

SRC BEGINNERのルールは、当日に発表されるため事前準備ができないことが特徴です。ほかの部門ではプレゼンシートとビデオプレゼンテーションを提出する必要がありますが、SRC BEGGINERでは任意となっています。しかし、提出しなければ表彰の対象外となるため、注意しましょう。

SRC CLASSIC

SRC CLASSICは、SRCひょうたんコース・S字コースが用いられます。ロボットがコースを走りながらコンテナを持ち上げ、指定された地点まで運ぶ競技です。Obstacle zoneに障害物(岩または発泡スチロール)を設置してクリアした場合などには、ボーナスポイントが加算される仕組みとなっています。また、4分以内にコースを完全制覇した際にも、残り時間がボーナスポイントとして加算されます。

クリアする課題によって獲得できる得点は異なるため、あらかじめルールをチェックしておきましょう。なお、SRC CLASSICにエントリーするためには、3,300円(税込)の費用がかかります。

SRC REAL

SRC REALには、Real_RoverとReal_Airの2部門があります。Real_Roverの定員は16名で、使用できるマイコンは以下となります。
  • Arduino Uno
  • Arduino MEGA
  • Arduino Due
  • C-cubic
  • Raspberry Pi 
上記以外のマイコンを使用したい場合には、事務局へ問い合わせをしておきましょう。

SRC REALは、スタートゾーンからロボットをスタートさせ、GPSを頼りにゴールゾーンに向かいます。GPSを使用しゴールゾーン内で停止し2秒間旗揚げをすれば、中心からの距離によって700~1500点獲得できます。なお、1試合あたりの競技時間は5分です。

SRC SPACE

SRC SPACEは「宇宙を学びの場にするプロジェクト」の一環として行われています。誰でも手に入れられる電子機器を用いて、成層圏や地球大気の環境調査を行います。チームは、「観測カプセル制作チーム」と「アナリシス&学会発表チーム」の2つに分けられます。

なお、SRC SPACEでは、作業日のほかにも夏合宿や打ち上げ合宿なども行われます。

スペースロボットコンテスト(SRC)の参加資格は?

スペースロボットコンテストの参加資格は、以下のように定められています。
部門 出場資格
SRC BEGINNER 誰でも出場可能・初心者の参加大歓迎
SRC CLASSIC 誰でも出場可能・Super Advanced卒業レベル
SRC REAL SRC CLASSICの上位者及びパーフェクト達成者
SRC SPACE SRC REAL出場者及び上位者を中心にメンバーを選定予定

なお、SRC REALの参加資格は、以下のなかで1つでも満たしていることが条件となります。
  • Professional受講者
  • 過去のSRC Classicで決勝トーナメントまで勝ち進んだ参加者
  • SBP(Space Balloon Project)参加者
  • SRC13以降の全国予選Classic部門で完全制覇した参加者
大学生と企業チームの場合は、事務局にあらかじめ問い合わせる必要があります。

『子どもの理科離れをなくす会』とは?

子どもの理科離れをなくす会』では、成層圏観測ユニットを打ち上げるスペースバルーンプロジェクトにも参加できるスクールです。スクール内では、ロボットサイエンスやデータサイエンス、デザインなど豊富なコースを用意しています。

直近の大会はどのような形式で行われた?

直近では、16回目のスペースロボットコンテストが2019年に開催されました。年齢制限が設けられていない大会であり、小学生から社会人まで218名の参加者によって熱戦が繰り広げられました。予選は全国20カ所で行われるため、地方に住んでいる人も参加しやすいことが特徴です。

本選では子どもが大人に勝利する場面もあり、年齢制限のない戦いの面白さを感じられるコンテストです。一部上場企業の社長や地域産業に関わる人々がゲストとして観戦に訪れ、賑わいをみせました。

スペースロボットコンテスト(SRC)の公式サイト

大規模なロボット大会は、モチベーションやプログラミングスキルの向上にもつながります。大会の詳細を確認したうえで、参加を検討してみましょう!スペースロボットコンテストの公式サイトはこちら。

まとめ



宇宙に興味をもつ子どもにとって、スペースロボットコンテストは好奇心を刺激する大会だといえるでしょう。年齢制限が設けられておらずスキル別に部門も分けられているため、小学校低学年でも参加しやすいことも魅力です。

スペースロボットコンテストに親子で大会に参加して、かけがえのない思い出を残すこともできますね。ロボットや宇宙に興味がある場合には、是非参加してみましょう。
新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ