掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

CATEGORY カテゴリー

ITとは?「機械がニガテ」では生き残れない!IT関連用語をくわしく解説

IT系、IT企業、IT業界、IT戦略、ITガバナンス、IT教育……。

ITというキーワードは、知っていて当然の時代になりました。

「でも、ITってなんのこと?」

「今さら聞けない……」

こんな風に感じている人もいますよね。

この記事では、意外と知らないIT」についてわかりやすく解説します。

IT=コンピュータとネットワークを使って進歩をもたらすこと。

IT(Information Technology、情報技術)という用語が使われるようになったのは2000年頃からです。

一般に、ITはコンピュータとネットワークを利用した技術の総称と考えられています。

アメリカ情報工学協会の定義によると、

「コンピュータをベースとした情報システム、特にアプリケーションソフトウェアやコンピュータのハードウェアなどの研究、デザイン、開発、インプリメンテーション、サポートあるいはマネジメント」

とのこと。いよいよ、わけがわからなくなりますね。

分かりやすく言うと、ITとは

「世の中のさまざまな場面において、伝統的なやり方(レガシーといいます)が存在している。それをコンピュータとネットワークで変えていく行為」のこと。

たとえば、企業の経理において手書きの帳簿を付けていたのを、パソコン端末から入力 → 集計し、各職場で見る。

学校で、黒板の代わりに電子ボードを使い、先生が板書した内容がそのまま生徒のタブレット端末に送られる。

伝統的(レガシー)なやり方が、コンピュータとネットワークによって大きく変わっていますよね。これがITというわけです。

ITとICTの違いは?実は同じような意味?

近年、ITとともにICT(Information and Communication Technology=情報通信科学)という言葉も使われるようになりました。

「ITとICTはどう違うの?」と疑問に思われる方も多いでしょう。

「IT」と「ICT」は、実質のところほとんど同じです。

「IT」と書かれている文章をそのまま「ICT」に置き換えても、大きな問題は起きません。

日本の官公庁でも省庁によって「IT」派(経済産業省など)と「ICT」派(総務省など)と好みが分かれているようです。

あえて違いを指摘すると、「ICT」はSNSの発達と同じ時期に広がってきた言葉です。

「コミュニケーション」という言葉が入っているために「個人からの情報発信」を強調するニュアンスがあります。

また、国際的には「ICT」が広く普及しているので、グローバルな視点から「ICT」を使った方がいいと考える人もいます。

「ITソリューション」って?「IT」用語あれこれ

ITの意味がわかったところで、よく耳にする用語をまとめます。

ITの力で経営を改善する「ITコンサルタント」

経営コンサルタントという業種はもともと、企業の現状を分析して、事業や組織に関する解決策(ソリューション)を提供する仕事をしていました。

ITが当たり前の社会となり、経営コンサルタントの提供する解決策(ソリューション)もITなしでは考えられなくなりました。

たとえば「人件費が経営を圧迫しているので、自動で給与を計算してくれるシステム(=IT)を導入し、事務のアルバイトを減らしましょう」といった提案が主流となったわけですね。

このために、多くの経営コンサルタント企業は社内にシステム部門(IT部門)を持ち、業務提案+システムエンジニアリング(ITの運用)が一体となったサービスを提供するようになりました。

ITに関する商品・サービスを作り、販売する「ITベンダー」

新しい技術が生まれても、世の中に普及しなくては生活が変わっていきません。

IT技術を世の中のニーズに合わせて商品化し、販売していく役割が必要になります。

この役割を担っているのがITベンダー。

ハードウェア(パソコン端末、携帯端末)やソフトウェア(アプリケーションプログラム)を販売する企業、さらには、それらを組み合わせて提供していく企業が含まれます。

また、オーダーメイドで企業の情報システム開発を行う企業は、とくにシステムインテグレーターと呼ばれます。

企業の信頼を守る「ITガバナンス」

銀行のATMが停止する、携帯電話サービスが使えなくなる……

ときどきニュースで聞くトラブルですね。

ITに関するサービスを提供している会社で障害や不祥事が起こった場合、会社全体の信用に関わり、株価が大幅ダウンすることもあります。

そこで近年の会社では、会社の統治(ガバナンス)のなかでもIT部門の管理・運営に大きな力を注ぐようになりました。これをITガバナンスと呼びます。

みんなが問われる「ITリテラシー」

リテラシーとは、直訳すると理解力・読解力、学習の基本技能です。

つまりITリテラシーとは、ITに関する理解力や基本技能だと言えるでしょう。

現在は、学校でも仕事でもコンピュータおよびネットワークを使いこなすことは必須の技能となっています。

パソコンやアプリの使い方だけでなく、不適切な利用をしないためのモラルもITリテラシーに含まれるのがポイントです。

とくにSNSへの不適切投稿は会社全体の信頼や利益を損ない、大きなダメージを与えることから、採用時にITリテラシーを重視する企業も増えてきています。

ネットリテラシーについて解説した記事はこちら)

環境と共存するITをめざす「グリーンIT」

気候変動、資源枯渇など環境問題が世界的な課題となるなか、何億という数のパソコン端末やスマートフォンにも環境性能が問われる時代になりました。

省電力化、ゼロエミッション(完全なる再利用による廃棄物ゼロ)などIT機器の導入から廃棄まで含めた環境への負荷を減らす努力(グリーンIT)が求められるようになっています。

ITの進化は止まらない!使いこなせる人になろう

1990年代のインターネットの普及にはじまった世の中のドラマチックな変化は「IT革命」と呼ばれました。

しかし、現在ではITが当たり前となり、「革命」と呼ばれることすらなくなってしまいました。

これから先も、ITが不要になることはないでしょう。

「機械は苦手」という言葉で避けていては、世の中から取り残されるばかりです。

最近はパソコンも使いやすくなり、機械が苦手でもとっつきやすいものが増えています。

かしこく情報を集めて、IT時代にしっかり対応していきましょう!

公開日:2019.10.21

この記事を書いた人


関連記事