口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

ITインストラクターの仕事内容や必要なスキルは?高まるニーズでキャリアパスも充実!

近年目覚ましいITの発展に伴ってITに関連する技術を身に着けたいという方が増えています。初心者から企業など幅広い層を対象にIT活用のサポートを行うITインストラクターのニーズは高まってきているといえるでしょう。この記事ではITインストラクターの業務内容や年収といった仕事の特徴について紹介しています。必要なスキルや関連する資格なども解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

ITインストラクターって、どんな仕事?

ITインストラクター仕事について、概要は以下のようになっています。

職種名
ITインストラクター
平均年収
300万円~
概要
企業や個人のスキルやニーズに合わせて、パソコンやソフトウェアの使い方といったIT関連の指導を行う
活かせる資格
MOS、基本情報技術者試験

では、上記の内容についてさらに詳しく解説していきます。

ITインストラクターの仕事とは?

ITインストラクターはIT技術を習得したいと考えている企業や個人のニーズを叶えるよう指導やサポート、講師業務など幅広い役割を担っています。ここではITインストラクターついて仕事の特徴を3つ解説します。

日々最新のIT関連技術を習得

ITインストラクターは日々変化するIT関連の最新技術を習得しており、そのスキルを活かして業務を行います。基礎的な知識はもちろんソフトウェアやパソコンツールの活用方法など幅広いIT情報に対応します。具体的にはプレゼンテーションなどの資料作成や画像や動画の編集、年賀状の作成といった基礎的な知識から企業のITエンジニアが担当する高度な技術のサポートまでさまざまな知識が必要でしょう。

IT技術を教えて企業の経営をサポート

初歩的なIT活用を検討している企業に赴いて、経営がよりスムーズになるスキルを指導したり研修を行ったりすることがあります。また高度なIT技術を必要としている企業のサポートをする場合は年々更新される最新技術を捉えて専門的な解説を行うことが大切です。自社ソフトウェアを取り扱っている企業内でITインストラクターとして活動する場合、各企業にソフトウェアのメリットを伝えたり技術面の指導を行うこともあるでしょう。

幅広い年齢層の利用者に指導する

パソコン教室での講師であれば、小学生から高齢世代まで幅広い年齢層の利用者にパソコンの技術を教えます。さらに全くパソコンに触れたことのない方に基本的な操作方法を教えたり、パソコン操作ができる会社員に高度な技術を教えたりといった業務も行います。さまざまなレベルの対象者に伝わるような説明やコミュニケーションの取り方、専門用語や難しい技術を噛み砕いて伝えるスキルが必要になるでしょう。

ITインストラクターとITコンサルタントの違い

ITコンサルタントとはどう違う?

ITインストラクターとITコンサルタントは混同されやすい職業ですが、ITコンサルタントは企業の経営戦略に関わることがメインという点で業務内容が異なります。以下では各業務フローについて詳しく解説します。

ITインストラクターの役割と業務フロー

ITインストラクターはパソコンスクールや専門学校、高等学校などの施設に講師として務めたり、公民館で市民向けにパソコン技術を伝えたりといった技術指導を行います。企業に配属された場合にはソフトウェアの指導を行うこともあり、さまざまな分野や利用者のスキルに対応することが大切です。基本的には求められるニーズに特化して利用者のスキルアップを間近でサポートするのが業務のメインとなります。指導を進めるにあたっては、利用者の状況を記録したり授業を計画したりすることもあるでしょう。また必要に応じて利用者とコミュニケーションを取るので、幅広い年齢層への対応力や指導内容をわかりやすく伝えるスキルも求められます。

ITコンサルタントの役割と業務フロー

ITコンサルタントは企業で行われている経営をIT技術の面でサポートする役割を担っています。まずは経営の状況をヒアリングして、どのようなIT技術を取り入れることで売上アップや生産性の向上が期待できるかを考えたり、トラブルを防止するために導入するべきソフトやツールを探ったりします。企業の経営目標やニーズに応じて多様な手法で経営をより良い状況に導くプロセスが大切です。また新システム導入後も企業内で状況を維持できるように社員への指導やシステム構築を行うことも重要です。企業の経営戦略の根幹に大きな影響を与えるため、企業側と信頼関係を築くことで地位の向上が期待できるでしょう。

ITインストラクターに必要なスキル

ここではITインストラクターが仕事で求められる3つのスキルについて、それぞれ詳しく解説します。

IT関連の幅広い知識

初心者にもわかりやすく伝えるためには、ソフトウェアやアプリケーションの使い方といった基礎的なパソコンの操作方法を幅広く理解しておく必要があります。自分がパソコンの機能を使いこなせるというだけではなく、一つ一つの操作を正しく身に着けておかなくてはなりません。最低でもOffice系のアプリケーションの操作といった代表的なものについては網羅しておくべきでしょう。

コミュニケーションスキル

どのような相手ともスムーズに話せるコミュニケーションスキルが必須です。ITインストラクターとして利用者へ指導を行う場合、利用者の年齢やパソコンスキル、性格や立場はさまざまです。いずれの利用者に対しても適切な対応をしたり相手の気持ちを考えて会話をすることで利用者のスキルアップはもちろんトラブルの回避にも繋がるでしょう。また、一対一でなく大人数を相手にした研修を行うこともあるので、伝える力が重要視されます。

新しい情報を学ぶ力

IT業界は常に最新の情報が更新されるため、ITインストラクターになったあとも情報収集を続けて自身のスキルアップを図ることが大切です。IT関連の技術はもちろんIT機器への関心も持ち、日頃指導を行っているパソコン教室や学校、企業における業務に反映していきます。新しい情報へのアンテナが高い方や常にIT関連の技術を学び続けていく力がある方はITインストラクターに向いているでしょう。

未経験からITインストラクターになるには?

ITインストラクターはITに関連する技術を人に教える仕事であるため、豊富なIT知識が求められます。ITインストラクターにはパソコン講師などの「パソコンインストラクター」も含まれており、パソコンインストラクターになるには必要な資格がないケースもありますが、企業によってはマイクロソフトオフィス スペシャリスト(MOS)などの資格取得を求めているケースもあります。

また、必要な資格や知識がなければパソコンを人に教えることは難しいので、ITインストラクターを目指すのであればその仕事に関するMOSなどの資格を取得しておくのが望ましいと言えるでしょう。

ITインストラクターにおすすめの資格

ITインストラクターとして就職する際に確実に必須な資格などはありませんが、基礎的なIT関連の知識や技術を証明できる資格を持っておくことで就職でも有利に働くことがあるでしょう。ここではITインストラクターになりたい方におすすめの資格「MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)」と「基本情報技術者試験」を紹介します。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

マイクロソフト社が認定している資格で、ExcelやWordといったOfficeアプリケーションの操作スキルを証明することができます。現在は多くの企業でOfficeを導入しており、多くの便利な機能を使いこなすことができるスキルが求められています。MOSを取得しておくことでITインストラクターとしてだけでなく幅広い就職で有利になるでしょう。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験はプログラマーやシステムエンジニアといったITエンジニアに求められるITの知識を証明する試験です。データの取り扱いやセキュリティはもちろん、企業経営やマネジメント分野の理解も必要です。ソフトウェア開発の企業でITインストラクターとして従事する際などIT業界について体系的に学びたいという方にぴったりの資格でしょう。

ITインストラクターの年収

ITインストラクターの年収はおよそ300万円前後と、一般的な年収額と同じくらいか少し低い額です。しかしITインストラクターの勤務先のジャンルが幅広いため、働き方によって年収が大幅に変化することもあります。たとえばパソコン教室や専門学校、企業のサポートといった幅広い勤務先がありますが、難易度が高ければ高い程給与が高額になる傾向があります。エンジニアへの指導や高度なIT技術を扱う企業研修、大手企業の社員教育関連といった業務に就くことで、年収500万円を超えることもあるようです。基本的には高度なスキルを持っているITインストラクターや大手企業の業務に携わっているITインストラクターであれば年収の水準がグッと引き上がるので、常にIT技術関連のスキルアップや情報収集を行うのはもちろん、積極的な資格の取得でスキルを証明していくことが年収アップのポイントになるでしょう。

ITインストラクターのキャリアパス

ITインストラクターの転職先は選択肢が豊富で、自分のスキルや希望する業務に合った勤務先で働くことができます。たとえば高度な技術者へのレクチャーで高収入が期待できる企業勤務や高齢者とのコミュニケーションを図ることができるパソコン教室講師、学生のスキルアップを見守ることができる学校勤務など、人と接する中で自分自身が楽しいと感じる就職先を見つけることができるでしょう。またITインストラクターとして働いて経験を積むことで、データサイエンティストなど高度なスキルを持つ技術者への指導や、指導者をマネジメントする立場へのキャリアアップ、フリーランスに転身して各地での講師業務を行うといったキャリアパスも考えられます。いずれも幅広い利用者や勤務先でのITインストラクター経験があれば業務の強みになるでしょう。今後もIT業界はニーズが高まることが予測されるため、活躍の場は広がっていくでしょう。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ