口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

Go言語エンジニアの求人数は増え続けている?求人例や働き方を一挙公開

Googleが開発したことで注目を集めているのは、Go言語です。200種類以上ものプログラミング言語のなかでも、Go言語は収入ランキングで上位を獲得することで有名です。プログラミング初心者が学びやすいといわれるGo言語は、オンライン学習サイトも豊富にあります。

この記事では、エンジニアからも人気を得ているGo言語の特徴や求人の具体例などをわかりやすく紹介します。

コエテコがおすすめ!ITキャリア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • ネクストキャリア ミドル  エンジニア1年以上経験者のみ対象。転職後のオンボーディングサポート&年収アップ保証あり!

  • マイナビクリエイター 1都3県にお住みでクリエイティブ職の実務経験があるorスクールを修了された方が対象!​専門性とマッチング力が魅力​

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • キャリアパーク 第二新卒・既卒の方が対象!内定獲得まで最短2週間!上場企業が運営するエージェント

Go言語とはどのようなプログラミング言語か?

Go言語の正式名称はGolangといい、オープンソースのプログラミング言語です。文法がシンプルで高速処理が可能であるため、幅広いWebサービスに用いられています。たとえば、YouTubeやぐるなび、メルカリなどの大手企業が運営するサービスにも利用されています。

2012年にリリースされたGo言語は、バージョンアップを繰り返して利便性を高めた結果、大手企業でも採用されるようになりました。
Go言語でできることは、以下のような点が挙げられます。
  • ドローンやロボットの開発
  • スマートフォンアプリの開発
  • Webサービスの設計開発
IT業界のなかで開発が推し進められるドローンやロボットの分野でもGo言語が採用されていることで、大きな注目を集めています。複数のエンジニアが平行してコーディングしやすく、作業効率が向上することもGo言語のメリットだといえるでしょう。

Go言語は今需要があるのか?

Go言語の需要の高まりは、単価の高さにも顕著に表れています。単価の高さは、企業にとって需要があることを意味します。レバテックキャリアの調べでは、Go言語の新規求人数は11位にランクインしています。

古くから利用されているプログラミング言語よりも求人数はやや劣りますが、Googleにおける検索回数が増加傾向であることから、今後も需要の高まりが予想されます。
参考:レバテックキャリア

Go言語エンジニアの平均年収

Go言語エンジニアの平均年収は、350~1,500万円と大きな開きがあることが特徴です。平均年収が500万円未満では、高いポテンシャルを有していれば、経験が浅いエンジニアでも採用されやすいといえるでしょう。それに対し、平均年収が500万円以上の案件では、3~5年以上の開発経験を有したエンジニアが求められます。

Go言語エンジニアに求められるのは、以下のようなスキルです。
  • PythonやJava、Rubyなどのプログラミング言語を習得
  • プロジェクトを牽引できるスキル
  • Go言語のフレームワークの知識
  • データベースの操作技術
  • クラウド技術
開発経験が浅いエンジニアでも、自身でエラーを解決する力が求められます。クラウド技術では、Google社が提供しているGCPの知識を有していると、就職や転職で有利になるケースもあります。

Go言語エンジニアとしての働き方  

Go言語エンジニアを目指すなら、具体的な働き方を理解しておきたいですね。ここでは、Go言語エンジニアの正社員・副業・フリーランスの働き方や求人の特徴を説明します。

正社員  

Go言語エンジニアの正社員は、年収が2,000万円にも上るケースがあります。高年収を目指すなら、開発経験だけではなく高い英語力も求められるケースが少なくありません。さらに、大手企業では柔軟なコミュケーション能力が必要となる場合もあります。

副業  

需要が高まっているGo言語は、副業の案件が豊富にあることが特徴です。週に2~3日から働ける案件も多くあるため、本業の妨げにならず働きやすいことが魅力です。トラブルが発生したとしても派遣会社に相談でき、仕事に集中しやすいこともメリットだといえるでしょう。

フリーランス  

需要が高まっているGo言語ですが、圧倒的な人気を誇るJavaやPHPなどのプログラム言語よりもフリーランスの案件数はやや少ないことが現状です。Go言語のフリーランスは、APIサーバー開発やWebアプリケーションの案件が多い傾向があります。そのため、Go言語だけではなく、幅広い知識を有していることで案件が獲得しやすくなります。

Go言語エンジニアの求人例

Go言語エンジニアには、以下のような求人があります。

業務形態 仕事内容 必須スキル 求人の特徴 給与
業務委託 クラウドを活用したWebアプリケーションの開発、運用、保守 GoもしくはPythonの実装経験 20~30代が活躍中・一部リモート可 月給:~75万円
業務委託 運用中の営業管理システムにおける開発 GoもしくはReactを用いた2年以上の開発経験 長期プロジェクト・フルリモート可 月給:~90万円
業務委託 Eコマースプラットフォームの開発 Go・PHP・Java・TypeScriptのいずれかを用いた実務経験3年以上 BtoC向け・フルリモート可 月給:~105万円

参考:レバテックフリーランス

Go言語エンジニアの求人の探し方

Go言語エンジニアが求人を探す際には、以下のような方法を利用しましょう。
  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • クラウドソーシング
  • プログラミングスクール経由
就職に失敗したくないなら、転職サイトや転職エージェントを利用することがオススメです。条件やスキルをコンサルタントに伝えることで、最適な求人情報を紹介してもらえます。

プログラミング初心者なら、ログラミングスクール経由で就職・転職をすると安心です。プログラミングスクールのなかには転職保障を行っている場合もあり、転職できなければ授業料が返金されるケースもあります。ただし、返金保証期間が決まっているスクールもあるため、利用する際にはあらかじめチェックしておきましょう。

Go言語は未経験からでも取得できる?

Go言語はC言語やJavaに似ているものの、比較的新しい言語であることから、まだまだGo言語に関する情報が少ない、教材や資格制度が整備されておらず、未経験から学ぶのは難しいところがあります。ただしGo言語はC言語、Javaに似ているので、未経験から学びたい場合は教材が整備されていて学びやすいC言語、Javaから入るのもおすすめです。

学習する際には、Goの公式サイトにある学習リソースを利用する、または紹介されている書籍を読むなどしてGo言語に触れてみるのも良いでしょう。初学者向けの書籍を読む、または学習リソースを使用することで、Go言語への理解を深めることができます。

関連サイト:Go公式サイト

まとめ 

Go言語は、今後も幅広いWebサービスやドローンなどに活用されていくでしょう。Go言語エンジニアを目指すなら、ほかのプログラミング言語の基礎や英会話なども並行して勉強したいですね。しかし、独学では、プログラミングの学習は挫折する人が少なくありません。

効率的にGo言語を学びたいなら、プログラミングスクールに入会することを検討してみては。無料体験ができるスクールは多くあるため、実際に授業を受けて、自身に合うスクールを選んでみましょう。

コエテコがおすすめ!ITキャリア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • ネクストキャリア ミドル  エンジニア1年以上経験者のみ対象。転職後のオンボーディングサポート&年収アップ保証あり!

  • マイナビクリエイター 1都3県にお住みでクリエイティブ職の実務経験があるorスクールを修了された方が対象!​専門性とマッチング力が魅力​

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • キャリアパーク 第二新卒・既卒の方が対象!内定獲得まで最短2週間!上場企業が運営するエージェント

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ