口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

Kotlinエンジニアの求人数は増加傾向?大手企業から人気の理由とは

アプリケーション開発に用いられるようになったKotlinは、エンジニアから人気が高まっています。アプリケーション開発に携わりたいなら、Kotlinは習得しておきたいプログラミング言語の1つです。

この記事では、Kotlinの特徴や具体的な求人例をわかりやすく紹介します。

コエテコがおすすめ!ITキャリア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • マイナビクリエイター 1都3県にお住みでクリエイティブ職の実務経験があるorスクールを修了された方が対象!​専門性とマッチング力が魅力​

  • ネクストキャリア ミドル  エンジニア1年以上経験者のみ対象。転職後のオンボーディングサポート&年収アップ保証あり!

Kotlinとはどのようなプログラミング言語か?

2011年ごろに発表されたKotlinは、2017年にAndroid公式開発言語に追加されました。静的型付けのオブジェクト指向のプログラミング言語であるKotlinは、Javaと相互利用可能であることが特徴です。

KotlinはJavaよりもコードが短いため、プログラミング初心者向けだといえるでしょう。さらに、安全性が高いため、例外エラーが発生しづらいことでも注目を集めています。

Kotlinでできることは、以下のような内容です。
  • Androidアプリケーションの開発
  • Webアプリケーションの開発
アプリケーション開発以外では、利用場面が少ないというデメリットがあります。また、世界的に広く利用されているようなJavaと比較すると、日本語の情報が乏しいことが現状です。

そのため、Kotlinを学習したい場合には、Android Studioやプログラミングスクールを利用したいですね。

Kotlinは今需要があるのか?

徐々に求人数を伸ばしているKotlinですが、ほかのプログラミング言語と比較してやや求人数は少ないことが特徴として挙げられます。
出典:レバテックキャリア

レバテックキャリアの調べでは、2018~2019年においてJava/Kotlinのプログラミング言語別新規求人割合は、9位を占めています。GoogleがAndroid開発の推奨言語にKotlinを認定したことによって、今後は需要が高まることが予想されます。

さらに、Yahoo!やLINE、サイバーエージェントなどのような大手企業もKotlinを導入しています。今後は、さらに導入する企業が増えることも考えられます。

Kotlinエンジニアの平均年収

Kotlinエンジニアの平均年収は、約562万円です。
Kotlinエンジニアが高年収を目指す場合には、以下のようなスキルが必要になります。
  • Androidの開発経験3年以上
  • Javaの開発経験
  • 上流工程における実務経験
  • Android技術者認定試験
KotlinエンジニアはAndroidのアプリケーション開発が中心となるため、自身のスキルをアピールするためにも「Android技術者認定試験」は受験しておきたいですね。

Kotlinエンジニアとしての働き方  

Kotlinエンジニアには、正社員・副業・フリーランスの3種類の働き方があります。ここでは、Kotlinエンジニアの働き方を説明します。

正社員  

正社員として働くKotlinエンジニアは、アプリケーションの企画から運用まで携われることが強みです。プログラミングスキルのほかにも、マネジメント能力も育めるでしょう。その結果、正社員としてスキルや経験を積むことで、キャリアアップも望めます。

また、Kotlinエンジニアの正社員は、開発未経験者も多く採用されています。そのため、プログラミング初心者でも、正社員を目指しやすいプログラミング言語だといえるでしょう。

副業  

Kotlinエンジニアが副業で働く際には、平均時給は4,846円ほどになることが一般的です。案件の単価相場は、一般的なエンジニアの2倍ほどになるといわれています。副業では、先輩エンジニアから案件について指導をしてもらえることもメリット

働きながらスキルを伸ばしたいKotlinエンジニアにとっても、副業という働き方は得られる経験が大きいでしょう。ただし、コアな開発業務は任されづらく、サポートを行うことが業務の中心となるケースもあります。

フリーランス  

Kotlinエンジニアがフリーランスとして働く場合、月給は80~120万円ほどになるケースが多くあります。採用されるためには、サーバーサイドの基礎知識やAndroidアプリケーションの開発経験が求められることも。

ただし、稼働日数は週に5日間になる求人も少なくありません。そのため、正社員とほぼ似通った働き方になることを理解しておきましょう。

Kotlinエンジニアの求人例

Kotlinエンジニアには、以下のような求人があります。

業務形態 仕事内容 必須スキル 求人の特徴 給与
正社員 開発環境の整備、システム全体の開発方針 / アーキテクチャの策定 未経験可・UI/UXに興味がある人 新卒を積極的に採用 年収350~700万円
正社員・アルバイト・パート・契約社員 Androidデジタルサイネージの設計・開発・テスト Andoroidアプリ開発経験がある人(業務未経験可) 経験に応じてポジションは応相談 月給23.2~45万円
正社員 自社システムの開発・運用 HTML・CSS・JSフレームワーク・PHPフレームワーク・Java/Kotlin・C#・PHPのいずれかのスキルを有すること 学歴不問・経験者歓迎 月給35~70万円

参考:indeed

Kotlinエンジニアの求人の探し方

Kotlinエンジニアは、以下のような求人の探し方があります。
  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • クラウドソーシング
  • SNS経由
  • プログラミングスクール経由
転職サイトや転職エージェントでは、大手企業の求人が数多く掲載されています。それに対し、SNS経由では、経営者が直接募集を行っているケースも少なくありません。こまめに情報収集することで、条件に合う案件が見つかることもあるでしょう。

また、プログラミングスクールでは、即戦力になりそうなエンジニアをスカウトしている企業もあります。就職・転職に関して悩みや不安を抱えている場合には、カウンセラーが親身にサポートしてくれるスクールも。

Kotlinエンジニアを目指している方におすすめの資格

Kotlinエンジニアは資格がなくても就職・転職は可能ですが、IT業界は即戦力がある人の方が求められやすいので、スキルをアピールできる資格を取得しておくのがおすすめです。本項目では、Kotlinエンジニアを目指す方におすすめの資格について紹介します。

ITパスポート

ITパスポートは、情報処理技術者試験の1つの区分である国家資格です。取得することで、ITの基本的な知識を身に着けていることを証明できます。ITパスポートはいつでも自分が決めた日に受験ができるので、仕事やプライベートで忙しい方も目指しやすいのが特徴です。

ITパスポートを取得することで、IT企業への就職・転職が有利になる可能性が高くなるので、Kotlinエンジニアを目指している方にもおすすめです。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験とは、情報処理技術者試験の一区分となる国家試験です。資格を取得することで、ハードウェア、プログラミングやアルゴリズムなど、IT関連知識が一定数あることをアピールできます。ITパスポートと基本情報技術者試験は比較すると難易度にかなりの差があり、基本情報技術者試験の方が難易度は高めです。ITの知識に自信がない方は、まずはITパスポートの取得から目指すといいでしょう。

まとめ 

世界的にも高い人気を得ているJavaの弱点を補うために開発された、Kotlin。Javaよりも扱いやすいKotlinは、プログラミング初心者にとって学びやすいプログラミング言語だといえるでしょう。独学で限界を感じた場合には、丁寧に指導してもらえるプログラミングスクールの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

コエテコがおすすめ!ITキャリア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • マイナビクリエイター 1都3県にお住みでクリエイティブ職の実務経験があるorスクールを修了された方が対象!​専門性とマッチング力が魅力​

  • ネクストキャリア ミドル  エンジニア1年以上経験者のみ対象。転職後のオンボーディングサポート&年収アップ保証あり!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ