掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

スマホで受講できるオンライン個別指導「そら塾」を徹底解説!他のオンライン塾とどう違う?

コロナ禍以降、急速に広がったオンライン学習(オンライン教育)。オンライン学習とは、学校や塾の授業を、パソコンやタブレット、スマートフォンなどでインターネットを使って遠隔授業を行うことを指します。場所や時間に限定されることなく、好きなときに好きな場所で学習ができることが特徴。現在、自宅でできる学習方法として急速に需要が拡大しています。

これまで、学校以外で子どもに教育を受けさせようとすれば、学習塾に通う、通信教育を受講するといった方法が一般的でしたが、そこに「オンライン学習」という選択肢が増えました。オンラインで授業が受けられる学習塾の中で、最近特にその名をよく耳にするのが「そら塾」です。全国でテレビCMを放映しているので、聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。そら塾ではンターネットにつながるスマートフォンが一台あれば、全国どこにいても本格的な学習指導が受けられるとして、多くの保護者から注目されています。

今回は、このオンライン個別指導塾の「そら塾」について徹底解説!指導方針や受講形態はもちろん、全国の保護者から支持されている理由、他のオンライン個別指導塾とどう違うのかを詳しく紹介していきます。オンラインで受講できる学習塾をお探しの方、お子様にぴったりの学習方法をお探しの方はぜひ参考にしてくださいね。

 コロナ禍で普及した令和のオンライン授業とは?

令和時代のオンライン授業とは?

コロナ禍以降、急速に普及したオンライン授業ではZoomやSkypeなどのWeb会議ツールが積極的に使われるようになりました。これらのツールが優れているのは、一方的な講義の配信だけでなく、対面と同じようにやりとりが可能なところ。対面指導と同じように繋がっている人同士、双方向のやり取りができるようになったことで、オンライン上で生徒の反応を見ながら個別指導をすることが可能になりました。

オンライン授業の活⽤⽅法

学校や学習塾といった教育現場において、離れた場所から指導できる教育ツールとしての役割をはじめ、過疎地域や離島のような学校以外に身近に学びの機会がない地域の生徒に学習機会を提供するなど、教育の地域間格差の解消を担うツールとしても活用されています。そら塾は、この令和の時代の新しい形のオンライン授業の形態を取り入れたサービスです。
 

オンラインで個別指導は本当にできるの?

個別指導の特徴

対面型の個別指導では、完全マンツーマンのほか、「先生1人に対し、生徒2人または3人」の組み合わせで指導を進めるところもあります。生徒全員に対して学校の授業のような一斉講義をするのではなく、生徒にそれぞれに課題を解いてもらい、それに対して先生が解説をするという形をとります。家庭教師に近い指導形態です。ただし家庭教師とは異なり、塾の個別指導は自宅ではなく教室で行い、必ずしもマンツーマンではないところに違いがあります。
個別指導のメリットは、それぞれの生徒の目標やニーズ、レベルに合わせて学習できること。個々に学習カリキュラムが用意されるため、一人ひとりに合わせた丁寧な学習指導を受けられます。オンライン個別指導塾は、この指導をオンライン授業で行うものです。

オンライン塾の3つのメリット

オンライン塾が対面指導の塾と変わらない指導ができると言っても、あえてオンラインを選ぶ理由はあるのでしょうか。オンライン塾には以下の3つのメリットがあります。
1.通塾の負担がない
2.授業料がリーズナブル
3.日本全国どこからでも指導を受けられる 
たとえば部活や習い事などをしていると、そもそも塾に通う時間がなかったり、家の近くに塾がない場合は、通うのがとても大変だったりします。保護者の方も子どもの送迎などで大きな負担を強いられるケースも。しかし、オンラインなら自宅の自分の部屋で指導を受けられるので、そうした負担はなくなります。
また、オンライン塾は教室がない分、設備費や維持費がかからないため、授業料を対面指導塾に比べて安く設定することができます。さらに、オンラインで日本全国どこからでも受講できるため、自宅の近くに自分のレベルや指導方針の合う塾がないという生徒にもおすすめです。
 

オンライン個別指導「そら塾」ってどんな塾? 

そら塾とは?

そら塾はインターネットにつながるスマートフォンの画面越しに先生から直接、個別指導をしてもらえるオンライン塾。便利なWeb会議ツールの「Zoom」を使うことで、対面指導さながらの個別指導が受けられます。現在、北は北海道から、南は沖縄まで、全国47都道府県のさまざまな場所に住む小学生・中学生・高校生がそら塾で勉強しています。 

そら塾の運営元は?

そら塾を運営しているのは、東証1部に上場している総合教育企業のスプリックス。関東を中心に対面指導の個別指導塾「森塾」やAIタブレットで生徒が自主的に学べる「自立学習RED」など、全国に300教室以上を展開しています。教育分野で大きな実績を持つ企業です。

学びを強力にサポートできるヒミツ

そら塾が誕生した背景には、長年、個別指導塾として指導のノウハウを蓄積してきた「森塾」の実績がありました。そら塾は森塾のシステムを全国対応に特化させた独自の教務管理システムを構築しており、どこに住んでいてもその生徒の学校の進度やテスト範囲にあわせて指導してもらえます。また、スプリックスの各ブランドと連携し、全国のテストのデータ収集や分析を行っているから、定期テスト対策も万全。また、地域ごとの受験の傾向と対策はデータとして蓄積されているので、きめ細かい受験対応をしてもらうこともできます
そら塾の指導は、コロナ禍以降、急速に増えた、先生と生徒をマッチングしてオンライン授業を行う一般的なオンライン個別指導サービスのそれとは一線を画したものといえるでしょう。
そら塾はこちら

他のオンライン塾とここが違う!そら塾が選ばれる理由

指導形態がスゴイ!

授業は、小学生は1回60分。中学生以上は1回80分となっています。そら塾では、生徒は自宅にいながら、先生1人に生徒2人という個別指導が受けられることが特徴です。
そら塾では、宿題を写真で撮って事前に提出できる専用のスマホアプリを開発。ノートに書き込んである解答が画面越しでもクリアに見られるので、先生は細かいところまで丁寧に指導してくれます。指導を受ける中で不自由なことはほとんどありません。

先生がスゴイ!

講師は、指導方法はもちろん、コミュニケーションにも踏み込んだ特別な研修を受けた首都圏の有名大学在籍の学生が中心で、毎回決まった同じ講師が担当するため、生徒に深く寄り添った指導をしてもらえます。対面と同じように双方向でコミュニケーションを取りながら指導し、「できたらほめる」を徹底して行うため、学習に対するモチベーションがあがりやすくなっています。
とはいえ、個別指導の場合は、講師と生徒の相性も大切。万一、担当の先生が合わない場合は、「先生変更制度」によって、無料で先生を変更してもらうことができるので、安心ですね!

教材がスゴイ!

そら塾で使用している教材は、運営元であるスプリックスで独自に開発している個別指導用教材の「フォレスタ」シリーズ。これは、日本全国の塾で使われており、個別指導用教材としてのシェアはトップクラスとなっています。実際に成績を上げている講師の授業と毎年数万名分の定期テストを収集・分析し、改良を重ねて作られています。成績を上げることを目的につくられた教材だから、定期テスト対策がバッチリできるというわけです。

フォロー体制がスゴイ!

塾生専用のオンライン自習室(有料オプション)も完備しており、他の塾生と一緒にオンラインで自習することができます。一人だとついつい気が散って勉強できないという生徒におすすめ。自習室担当の先生もいるので、わからないところを質問することもできます。また、自習開始時に「今日は何をやる?」と目標を決めたり、質問がない生徒には「何か困っていることない?」と声かけしてくれたり、フォロー体制がしっかりしています。
 
全国に数あるオンライン個別指導塾の中でも、質の高い指導ができる仕組みとノウハウがあるところが、そら塾が全国のご家庭から選ばれている理由のようです。
 

まとめ

オンライン個別指導塾の「そら塾」をご紹介しました。Zoomを使ったオンライン個別指導で対面指導と変わらない授業が受けられると、全国の生徒が受講しています。また、単にオンラインで個別指導するというだけでなく、成績を上げることを目的とした質の高い指導を提供していることも、そら塾が指示されている理由です。
 
そら塾では生徒も保護者も納得して入塾できるように、最大1ヶ月、または4回の無料体験授業を実施しています。体験授業は実際の授業と全く同じ。合うかどうかをしっかりと確認してから入塾を決めることができますね。実際の指導の雰囲気や様子もわかるので、保護者の方も安心です。もし、そら塾の入塾を検討されているなら、まずは無料体験授業を受けてみませんか。後悔のない塾選びができるはずです。
そら塾の無料体験に申し込む
新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ