口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

動画広告の作り方を理解しよう!おすすめの動画広告スクール3選も紹介

動画市場が伸び続けているのは、コロナ禍やスマートフォンの普及など、さまざまな要因が考えられます。それに伴い、動画広告市場は拡大の一途を辿っています。動画広告の仕事に携わりたい場合には、動画広告を制作する際のポイントを抑えておきたいですね。

この記事では、動画広告の特徴やおすすめの動画広告スクール3選をわかりやすく紹介します。

コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

動画広告とは?

出典:SMM Lab
動画広告には、テレビCMやタクシー、スマートフォンによる動画視聴のなかで流れるものがあります。動画広告には、大きく分けて2種類あります。1つ目が視聴する動画の合間に流れるインストリーム広告です。インストリーム広告のなかには、視聴中にスキップできる「スキッパブル型」と広告をスキップできない「ノンスキッパブル型」があります。

2つ目は、動画本編の外に表示されるアウトストリーム広告です。アウトストリーム広告には、インリード広告・インバナー広告・インターステイシャル広告の3種類があります。アウトストリーム広告は動画内には差し込めないため、消費者の目を引くデザインにすることがポイントです。

このような動画広告を活用することで、静止画では伝わりづらい商品やサービスの魅力を消費者に伝えやすいことがメリットです。

出典:Cyber Agent
2022年の動画広告市場は、4,833億円にも上る見通しです。そのなかでも、9割ほどがスマートフォンによる動画広告需要だとされています。今後も、動画広告の需要はますます高まることが予想されています。

動画広告はどうやって作るの?

動画広告を作成する際には、以下のようなソフトが必要となります。
  • Adobe premiere elements 2021
  • PowerDirector365
  • Adobe Premiere Pro
  • GOM Mix Pro
上記のソフトはすべて有料ですが、無料で動画編集が行えるソフトもあります。しかし、無料ソフトでは行える作業が限られるケースもあるため、制作したい動画広告に必要となる機能を搭載したソフトを選ぶようにしましょう。

動画広告の作り方を覚えたいならスクールに通おう

個人が動画広告を作成する場合には、スクールに通うことを視野に入れてみましょう。スクールのなかには、Adobeのサービスを無料で使用できるスクールもあります。授業の期間が無制限になっているケースもあり、自分のペースで好きな時間に学べるスクールもあることが特徴です。

ただし、動画広告の制作方法を学ぶカリキュラムや動画広告の運用方法を学ぶカリキュラムなど、スクールによって内容が異なります。動画広告のなかで自分が身に付けたいスキルを洗い出してから、スクール選びを行いたいですね。

動画広告スクールを選ぶ時のポイント  

動画広告スクールを選ぶときには、失敗しないよう以下のポイントを抑えておきましょう。

動画編集ソフトのスキルが身につけられるカリキュラムか  

動画編集ソフトのなかでも、圧倒的なシェアを誇るのはAdobe Premiere Proです。スクールによっては、扱う動画編集ソフトが異なるケースもあります。そのため、どのような動画編集ソフトのスキルが身につけられるかはチェックしておくことが重要です。

さらに、動画広告を制作するためには、PhotoshopやIllustratorのスキルも身につけておくと仕事の幅が広がりやすくなります。

初心者向けか経験者向けか

動画広告スクールに通う際には、初心者向けか経験者向けかを確認しておくことが大切です。初心者向けのスクールなら、動画編集の基礎から丁寧に指導してもらえるでしょう。反対に、経験者向けのカリキュラムは、一定以上の動画編集の知識がなければ理解が追いつかないケースもあります。

初心者向けのスクールでは、無制限でメンターに質問可能となっている場合も。動画編集ソフトの扱いに不安を抱えている場合には、メンターのサポートが充実しているスクールを選ぶようにしましょう。

動画広告を勉強できるスクール3選  

動画広告スクールを選ぶ際には、特徴や学べる内容を理解しておきたいですね。ここでは、動画広告について勉強できるおすすめスクール3選を紹介します。

Tech Academy(受付停止中)

出典:Tech Academy
パーソナルメンターが動画広告の基礎からサポートしてくれるのは、オンライン完結型のTech Academyです。Kaizen Platform社と共同開発したカリキュラムは、仕事として案件を受注できるレベルまでスキルを高められることが特徴です。

最終課題に合格することで、Kaizen adのクリエイターとして登録することができます。Kaizen adのクリエイターになることで、サポートを受けながら実際の案件を受注し、動画広告を制作できることが魅力です。

ヒューマンアカデミー

出典:ヒューマンアカデミー
オンラインでも通学でも、好きな授業スタイルを選べるのがヒューマンアカデミーです。PC初心者でもソフトの扱い方から丁寧に指導することが、ヒューマンアカデミーの特徴です。動画編集から動画広告まで、幅広い動画編集スキルを学べることがメリット。

アドビプラチナスクールパートナーであるため、Adobe Creative Cloudを特別価格で購入できます。就職サポートも手厚いため、就職や転職に不安を抱える30代のクリエイターからも人気を得ているスクールです。
ヒューマンアカデミーはこちら

デジプロ

出典:デジプロ
動画広告の運用方法が学べるのは、デジプロです。デジプロは、動画広告のほかにもWebマーケティングの基礎から学びたい人に向いています。現役Webマーケターが直接講義を行うため、疑問点をその場で解消しながら学習を進められることが特徴。

レッスンのなかでは、Google広告の基礎やリスティング広告の応用など、広告に関する幅広い知識を獲得できます。教室とオンラインを利用して学ぶことで、学習を定着しやすいことがデジプロのメリットです。
デジプロはこちら

まとめ 

動画広告の制作方法の基礎を学んだら、運用方法まで理解できるようになりたいですね。短期間で確かなスキルを身に付けたいなら、スクールに通うことを検討してみましょう。

スクールによって特色も異なるため、しっかりとリサーチしてから説明会に参加したいですね。

コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ