口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

wordleとは?ボキャブラリー向上に役立つWebパズル人気の理由をさぐる|おすすめスクール情報あり

編集
編集

最近、SNSを見ていると、ときおり、という感じの記号にも模様にも見える謎の表示に出会います。じつは、これWordleのプレイヤーが結果を報告するものです。

最近、中級・上級英語学習者を中心に爆発的な人気を呼んでいるWebパズルWordleとは何か?どのように遊ぶのか?ボキャブラリー向上にどのように生かしていけるか?必勝法まで、細かくレポートいたします。

記事の最後には、英単語力向上に役立つおすすめスクール情報もありますよ。

コエテコが選ぶ!おすすめのオンライン英会話スクール・コーチング

Wordleとは?


最近、英語学習者から英語のプロまで幅広い人気を集めているWordleとはどのようなパズルゲームでしょうか?最初にアウトラインを紹介します。

5文字の単語を当てるゲーム

Wordleの基本は6回のチャレンジで5文字からなる正解の英単語を当てるというものです。

各列ごとに5文字英単語を入力していき、そこから与えられる情報を元に正解を推理していきます。

開発したのは元Redditのエンジニア

Wordleの開発者は、ジョシュ・ワードル氏。英国南ウエールズ生まれでエンジニアとして米カリフォルニアで活動。投稿型ソーシャルサイトReddit(レディット)のプロダクトマネジャーを務めていました。

2013年、ジョシュ・ワードル氏がRedditのエンジニア時代にWordle原型を開発。全世界で30万人がプレイする人気ゲームになりました。

パンデミック下の娯楽のためにニューヨークタイムズ社が権利取得

このWordleに着目したのが、世界最大の新聞社であるニューヨークタイムズ社。Wordleの権利取得して、Covid-19によるパンデミック以降、室内にいる時間の増えた人々に向けてリリースしたのは、2022年1月のことでした。

配信は1日1問。過去の問題には戻れない

Wordleが人気を集めた大きな要因と言われているのは、毎日1問新しい課題が出され、過去の問題アクセスできないという設定です。このため、世界中の人が同時に同じ問題を解き、SNSなどで感想を交換できるという、これまで例のなかったユニーク状況が生まれました。

毎日100万人以上が同じパズルを解くメガヒットに

結果、ニューヨークタイムズ社が提供するようになったのち、Wordleでは、世界中で100万人以上が取り組むというメガヒットとなりました。日本でも、英語に関心のある人々を中心にTwitterなどで毎日の成果を報告するというエキサイティングなシーンを形成するようになっています。
編集
編集

世界中で100万人以上が同じ問題に取り組むというのは、インパクトある風景ですね。なぜ、それほどの人気を得たか、以下に解説していきますね。

Wordleのルールは?

Wordleルールニューヨークタイムズホームページで見ることができます。
How to play Wordle
1. Click this link.
2. You have six tries to guess the five-letter Wordle of the day.
3. Type in your guess and submit your word by hitting the “enter” key on the Wordle keyboard.
4. The color of the tiles will change after you submit your word. A yellow tile indicates that you picked the right letter but it’s in the wrong spot. The green tile indicates that you picked the right letter in the correct spot. The gray tile indicates that the letter you picked is not included in the word at all.
5. Continue until you solve the Wordle or run out of guesses. Good luck!
ざっと訳すと----。
1.このリンクを開きます。
2.今日のWordle5字の単語を見つけるまで、あなたは6回のチャレンジができます。
3.あなたが考えた単語をタイプし画面上にある「enter」のキーを押して送信します。
4.あなたの送信した単語のマッチング度合いによってタイルの色が変わります。
(1)あなたの選んだ単語のなかで正解の5文字入っていて場所が異なっているときにはイエローになります。
(2)あなたの選んだ文字が正解の5文字入っていて場所も正しいときにはグリーンになります。
(3)あなたの選んだ文字が正解の5文字入っていないときには、グレイになります。
5.Wordleの正解を見つけるか、6回のチャンスを使い切るかまでつづきます。がんばって!
これに加えて、ここには書かれていませんが----。
6.送信できる単語は、システム内の辞書にある単語に限られます。辞書にない単語は拒絶されますが、この場合はチャレンジ回数含まれません
7.同じ文字を2回以上使っていけないというルールはなく、複数利用可能です。

表示例

1.Cの文字は、正解のなかに含まれ、かつ4番目に位置する
2.Oの文字は、正解のなかに含まれるが、3番目以外の場所に位置する
3.B、L、Kの文字は、正解のなかに含まれない
PEUCOという単語は、Wordleが使用する辞書にないので、エラーが出る。この場合は失敗にならずに4列目に再チャレンジできる
ただしときには、辞書を見ても出てこない単語が、受け付けられる現象は起きているようです。これが一種のバグであるのか、もしくは固有名詞ローカルで使われる言葉であるのかはわかりません。
DOUCEという単語は、Weblio英語翻訳およびCambridge Dictionary web版には収録されていないようです。
編集
編集

これだけ見ても、即座にピンとこないかも、この後で実際にプレイした画面で遊び方を紹介しますね。

Wordleをプレイしてみた

では、実際にWordleプレイしてみた実況をお届けします。

ここで紹介するのは日本時間2022年5月24日に配信されたWordle 339によるものです。

1列目は、さぐりを入れる

とりあえず、第1列目情報が何も与えられない状態ではじまります。この時点では、辞書にあるすべての5文字語が正解の可能性としてあることになります。
あまり深く考えないで、適当な単語を入れましょう。ただ気をつけたいのは、同じ文字が複数入らない単語の方が、情報が多いということです。
BLOCKという単語を入れてEnterすると

これはなかなか幸先いいですね。正解の単語にはBLが含まれ、L位置も正しい(2字目)という情報が得られました。ちなみにOCKはグレイになりましたが、正解の単語のなかに含まれないという、これも重要な情報です。

2列目、3列目でさらに情報を収集する

1列目で得られた情報をもとに、2列目で正解にチャレンジをする人もいます。ただ、この実況を行ったライターYOSHIHASHIはチキンなので、もう少し情報を集めることに収集しました。

1列目の5文字とダブらないように気をつけてMIGHTという単語を送信します。
今度はさらにMが正解に含まれて、IGHT含まれないという情報が得られます。

さらに3列目、ここで正解にチャレンジする考え方も十分にありえるのですが、コエテコのWebで紹介する実況が失敗するとみっともないので、あえてもう1列情報収集をつづけます。

いままで情報を集めてきた10文字重ならない単語にSPADEを入力してみます。送信すると----。

正解の5文字単語にはA含まれSPDE含まれないことがわかります。

ここまで得た情報を整理してみると----。
1.5文字単語のうちの2文字めはLである
2.5文字単語にはABMが含まれる(BM1文字目でなくA3文字目でない
3.CDEGHIKOPST含まれない
* ハードモードに設定すると、ヒントで明らかになった文字は、その後で使わなくてはいけないルールがあるようです。かなり難易度が高くなるので、当初はハードモードには設定しないことをおすすめします。

4列目では、いよいよ勝負

これだけの情報が集まれば十分でしょう。プレイヤーは、いよいよ正解にチャレンジします。

これまでに得た条件に合う、5つの文字を組み合わせてみます。
ABLM含まれ、ここまで除外されていない1文字またはA、B、L、Mのどれかでできる単語といえば?
さて、結果は?
やりました!本日は4列めで正解です。

ここまでの成績も見ることができます

正解すると、これまでの通算成績が表示されます。
12回プレイして11回成功(92%の成功率)6連勝を続行中。4列目で正解を出したときが7回5列目6列目が、それぞれ2回ずつとなります。

結果は世界にシェアできる

さて、ここでSHAREをクリックすると
Wordle 339 4/6

🟨🟩⬜⬜⬜
🟨⬜⬜⬜⬜
⬜⬜🟨⬜⬜
🟩🟩🟩🟩🟩
このような情報がクリップボードに入ります。言ってみればWordleスコアボードのようなものです。このままSMSなどにシェアできます。

たとえばTwitterで"Wordle 339"を検索すると、
こんな感じで、世界中さまざまなプレイヤー本日の記録が参照できます。

正解を知らない人には謎の模様も、それぞれの道筋を考えると「あ~この人は、ここで苦労したんだな」というプロセスが見えてきて、見知らぬ人と3色の模様によって心を通わせられる仕組みになっています。
編集
編集

世界の人々と同じ問題に頭を悩ませ、成功のよろこびも失敗のくやしさも共有できるのが大きな魅力になっていますね。


Wordle正解率アップのためのいくつかのTIPS

世界中で毎日100万人以上がチャレンジしているWordle。正解に少しでも早くたどり着くために、アイデア工夫が生まれ、これもネット上で共有されています。そのなかで初心者でも使えそうな戦術をいくつか紹介します。

字が重ならない単語を3つ用意する

世界には1列目から正解を狙っていく強者もいるようですが、確率的に言って最初の2~3列情報収集に使った方がいいようです。一列に5文字しか使えない以上、最初の2~3列には文字がダブらないようにするといいようです。

ライターYOSHIHASHIは、最近は上で挙げたようなBLOCKMIGHTSPADEという単語を使い、比較的安定して4~5列目正解を出しているようです。

AかEが入らない単語はほとんどない

1~3列目に入れる情報収集用の単語に関して。英単語のなかでいちばん使用される頻度の高い文字はEで2番目がAだ言われています。ということは、正解に関して「おそらくAかEのどちらかは入っているだろうな」と考えて、さぐりを入れるときにはAE使わない単語を選んだ方が正解に近づけそうです。

XとZは当面無視して考えていい

一方で、もっとも使われないと言われているのがXYです。当然、Wordleの正解になる可能性も少ないので(ゼロではないですが)4列目ぐらいまでは考えに入れなくても大丈夫ではないかと思われます。

Qのあとに99%Uが来る

基本的に英単語ではQのあとにはUが来るので、仮に「Uを使わない」という情報が入れば、99%Q入らないと見ていいようです。

ただし、外来語や固有名詞のQATAR(カタール)、QANTAS(カンタス:オーストラリア航空)などの単語はリストに入っている可能性があります。

最初の単語はしばらく同じものを使ってみる

毎回別の単語からスタートする人もいますが、正解率アップのためには、あまりおすすめできません。

とりあえず、最初の1~3番目の単語に関しては、毎回同じものを使ってみると作業がルーティン化して、正解さがしがしやすくなります。
編集
編集

ネットを”Wordle ヒント”などで検索すると、いろいろな人がいろいろなことを考えているので、検索して巡回してみるのも楽しいですよ。

Wordleを英語ボキャブラリー向上に役立てるコツ

せっかく毎日、英単語を使って遊んでいるのですから「楽しかった」で終わってしまうのはもったいないかもしれません。

ここでは、Wordleで遊びながら英語ボキャブラリー向上していくアイデアをまとめます。

知らない単語がヒットしたら、かならず辞書で調べる

Wordleでは、試行錯誤をつづけているうちに、苦しまぎれに入力した未知の単語が辞書に存在していて送信されてしまうこともあります。

そんなときには、ここでスルーすることなく、必ず辞書で調べること。1日1単語ずつ知らない単語が増えていくと、のちのち大きな進歩につながります。

goo辞書を使って一気に単語理解を拡大

Wordleで遊んでいると「最初の2文字はUNで確定なんだけど、あとの3文字見つからない」というようなケースも起きます。

こんなときに役立つのがgoo辞書というwebサービスです。最初の文字を指定して「   で始まる」単語を調べられます。
たとえば、UNで検索するとじつに174ページにもわたって、さまざまな単語が表示されます。Wordleのために5字の単語をさがしつつ、ついでに出てきた未知の単語も橫目でチェックしておくと単語理解に役立ちます。

英語によくある文字のつながりと、あまりないケースを体感する

たとえば単語のなかでEAERLYTHとつなぐような単語はそれぞれ数万単位であるでしょう。一方、oiとつづく単語はoil関連以外はほとんどありません。goo辞書によるとgmとつながる5文字単語ひとつもないようです。

このように、英語にありがちな文字のつらなり感覚的に理解しておくと、英文を書くとき単語の一部を忘れても推測することができるようになります。Wordleは、そのような英単語のセンスも鍛えてくれます。
編集
編集

使いこなせる単語の数が増えれば会話の表現力も豊かになります。Wordleはたのもしい味方になってくれそうですね。

ボキャブラリー強化に役立つオンライン英語/英会話スクール3選

最初はWordleで遊んでいても、そのうちにきちっとボキャブラリーを強化したくなる英語学習者もいるでしょう。ここではボキャブラリー強化に役立つレッスンを提供しているおすすめオンライン英語/英会話スクールを紹介します。

句動詞やイディオムも学べる|DMM英会話

DMM英会話は、低価格世界123ヵ国の講師と24時間365日いつでも話せて人気にオンライン英会話スクールです。

Advanced(中上級者向け)のカリキュラムとして語彙Vocabularyというレッスン教材が用意されていて、wipe off / stay out of/ clearn upなどのPhrasal Verbs句動詞やhave ants in pans / behind closed doorsなどのIdiomsイディオムについて用例も含めてじっくり学べます。

ここがポイント!

  • 低価格で世界123ヵ国の講師と24時間365日いつでも話せる
  • 英語の語彙を広げるのに役立つVocabulary語彙レッスン
  • Phrasal Verbs句動詞やIdiomsイディオムの用例まで深く学べる
DMM英会話はこちら

会話や文法と合わせて語彙拡大も図れる総合英会話コースあり|学研のオンライン英会話Kimini


学研のオンライン英会話kiminiは、日本有数の教育企業 学研グループ企業が運営するオンライン英会話スクールです。

人気の総合英語コースは、中学や高校で学習するレベルの文法を踏まえながら、ビジネスでも十分使える英語力を提供するのが目標。読む・書く・話す・聞く4技能をバランスよく伸ばしながらボキャブラリー強化も進めます。

ここがポイント!

  • 日本有数の教育企業 学研のグループ企業が運営するオンライン英会話スクール
  • 読む・書く・話す・聞くの4技能をバランスよく伸ばして人気の総合英語コース
  • 文法や会話の学習を行いながら自然とボキャブラリー向上も図っていけるカリキュラム
学研のオンライン英会話Kiminiはこちら

カジュアルな日常英語のボキャブラリーを向上したいなら|英会話カフェ LanCul(ランカル)



LanCulは「英語とカルチャーに飛び込むコミュニティ型英会話」をコンセプトに自然に楽しく英語力向上を図れる英会話カフェ。リラックスした雰囲気でネィティブスピーカーと会話をすることで日常生活で使える英語力を育てていけます。

講師役を務めるメイトは、留学やビジネスを目的に来日した日本大好きな人々。海外で使われているままの英語を通して、なかなか教科書では得られないカジュアル日常会話のボキャブラリーも強化されていきます。

ここがポイント!

  • 英語カルチャーに飛び込むコミュニティ型英会話カフェ
  • 日本大好きなメイトたちとの会話でカジュアルな日常会話のボキャブラリー強化
  • 東京都内と横浜に17ストアを展開中
英会話カフェ LanCul(ランカル)はこちら

まとめ|毎日新しい単語を探していくうち、自然とボキャブラリー強化もできそう

またたくまに世界を席巻した感のあるWordle。現在進行形の英語学習者にとって、なによりもうれしいのは毎日毎日少しずつ遊びながら単語力向上に役立つことです。

1回のプレイにかかるのは、2、3分から長くても30分程度。継続することで、毎日かならず英語について考える習慣が身につきます。

多くの英語指導者が声をそろえるように、英語上達のコツは「毎日少しずつでもいいから、英語を読み書きし発声すること」。Wordleは、そのための習慣形成にも役立ちそうですね。

そして、英語とふれる楽しさがわかったら、つぎの一歩を踏み出してみるのもとても有意義。オンライン通学型英語/英会話スクールに学びはじめるのもいいでしょう。コエテコは、今後も数多くのスクール情報を提供していきます。参考にしてくださいね。

コエテコが選ぶ!おすすめのオンライン英会話スクール・コーチング

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ

よくある質問

  • 質問 英会話はまったくの初心者です。グループレッスンとマンツーマンではどちらがおすすめですか?

    答え グループレッスンとマンツーマンレッスンはそれぞれメリット・デメリットがあるので一概にどれがいいとは言えません。ただし、英語力にまったく自信がないという方はまずはマンツーマンレッスンで基礎力をつけるのがおすすめです。マンツーマンレッスンであれば自分のペースで進められるので、分からないことがあれば遠慮せず講師に質問もできますし、適切なアドバイスや指導を十分受けられます。基礎がある程度身についてからグループレッスンを受けてみるというのもよいでしょう。

  • 質問 英会話教室の料金の相場はいくらくらいですか?

    答え 英会話教室の料金の相場はレッスン内容や回数によって異なります。支払い方法は大きく分けて2つ、月謝制と回数制があり、別途で入会金と教材費がかかる英会話教室もあります。月謝制は毎月定額の料金を払いと、回数制は先に数十回や半年分などをまとめて支払う必要があります。月謝制の相場はグループレッスンが平均15,000円(月額)、安いところでは2,000円(月額)。マンツーマンレッスンが平均30,000円(月額)、安いところでは数千円〜10,000円程度と幅があります。

  • 質問 英会話の指導に当たってくれるのは、どんな国の先生たちですか?

    答え 英会話教室の指導者は大きく分けて①ネイティブ②英語が堪能なバイリンガルの日本人③英語が堪能なノンネイティブの講師の3つ。ネイティブの講師の出身は英語が第一言語のアメリカ、イギリス、アイルランド、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ共和国などです。その他にも第二公用語として英語が使われているフィリピンの講師もオンライン英会話などで人気です。英語が話せるイコール英語を教えるのがうまいというわではありませんし、さまざまな国の人と共通言語として英会話をするのであれば国籍にはこだわらずさまざまな国の英語に触れるのもおすすめです。

  • 質問 毎週同じ先生が英会話を教えてくれるのですか?

    答え 基本的に固定制・担任制の英会話スクールが多いです。固定制・担任制のメリットは顔見知りの相手になるので初対面でも緊張せずにリラックスして会話に入れることがあげられます。また、自分の英語のレベルのよく理解してもらえるので、授業もやりやすいという点があります。ただし、マンツーマンのオンライン英会話などは人気の講師に生徒が集中するため、マッチする講師が見つかってもなかなか予約が取れない可能性もあります。人気の講師の英会話を受けるためには決まった曜日で早めに予約を取ることをおすすめします。

  • 質問 英会話スクールに通っても思うように英語力が伸びないと聞いたのですが?

    答え 確かに、英会話スクールに一定期間通っても上達しない方は一定数いらっしゃいますが、TOEICのスコアアップやビジネスに生かしている人もいるため、成果が出るかどうかはその人次第と言えます。成果が出る人とそうでない人の違いは絶対的な学習時間の差です。英会話スクールの有無に限らず、自ら英語を勉強する習慣がついている人はどんどん上達していきますし、そうでない人では一向に上達しません。米国国務省の付属機関、FSI(Foreign Service Institute:外務省職員局)によると、「スピーキングとリスニングにおいて、一般的な専門能力を身につけるための時間は約3000時間」とされています。

  • 質問 「グループレッスンだと英語を話すチャンスが少ないので、効果もない」というのは本当ですか?

    答え 確かに、マンツーマンレッスンに比べてグループレッスンは受講生一人が会話できる時間が限られるため、積極的に会話をしにいけない性格の方やスピーキング量を確保したい方にとっては物足りなく感じるかもしれません。しかし、グループレッスンならではのメリットとして「人前で英語を話す度胸が身に付く「他の受講生から学ぶ機会」「マンツーマンレッスンに比べて料金が安い」といったものが挙げられます。グループレッスンのメリットを生かしつつ、会話時間を確保したいという方はマンツーマンレッスンも組み合わせて受講することをおすすめします。

  • 質問 英会話スクールで講師が合わないと感じた場合、講師の変更を申し出ても良いのでしょうか?

    答え 講師一人でやっている個人経営の英会話スクールではない限り、マンツーマンレッスンとグループレッスンどちらもコースに生徒の空きがあれば講師の変更は可能です。ただし、グループレッスンの英会話スクールの場合はコースやレベルごとに講師が固定している場合もあるため、同じコースやレベルでの移動ができないこともあります。まずはスクールカウンセラーに相談して、講師の変更ができるかどうか確認しましょう。どんな理由で変更したいのか具体的に説明すると、自分の希望に合う講師に変更してもらいやすくなります。