口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

おすすめ英語コーチング12選|面倒見がよい伴走型のサービスをわかりやすく解説


編集
編集

最近、英語学習シーンでよく聞かれる言葉に英語コーチングがあります。

スクールによって定義はそれぞれ異なりますが、共通点は目標を設定し、学び方まで細かく指導すること。

英語学習に何回も挫折した人でも、TOEICのスコアアップや会話力がつくと定評のあるスクールもあるようです。

ここではコエテコが見つけたおすすめ英語コーチングをご紹介します。

コエテコが選ぶ!おすすめのオンライン英会話スクール・コーチング

  • 学研のオンライン英会話Kimini 学研として初のオンライン英会話ブランド!業界初のコース型提案スタイルで受講者10万人突破!

  • QQ Englishオンライン 4倍速で英語脳になる「カランメソッド」の正式認定校!国際資格TESOL取得のプロ教師も!

  • TORAIZ(トライズ) 継続率91.7%でトップアスリートも受講!英語コーチング・アワード2021受賞の注目スクール

  • プログリット 短期で伸ばす英語コーチング!コンサルタントによる英語力診断と一人ひとりに最適化した学習法の設計!

英語コーチングとは?

「英会話スクールや英語学校とどこが違うの?」とよく言われますが、端的に言えば、
  • 英会話スクール:英語の話し方を指導する
  • 英語学校:英語全般を指導する
  • 英語コーチング:英語の学び方を指導する
語学学習の基本は独習ですが「コーチ役」のトレーナー、サポーター、コーチと呼ばれる人たちがいて、学習スタートからゴールまで導いてくれるサービスです。

このほか、英語コーチングには以下のような特徴があります。

きめ細かな学習計画

多くの人の英語学習が挫折する背景に「少しずつ上達すればいいと考えて漠然と学びはじめる」という姿勢があるといわれます。

英語コーチングでは、まず最初に期限を決めるところからはじまります。たとえば3ヵ月後にTOEICスコアを100点アップする。それまでに、完了させるべき学習内容をリストアップし、達成するためには、週○時間、1日○時間の学習が必要という学習計画を明示していきます。学習者とコーチ役のスタッフが目標と学習計画を共有し、伴走型でゴールをめざすのが大きな特徴です。

定期的な習熟度チェックと改善

学習計画を立てたあとには、それに従って学ぶことになります。ここで重視されるのが習熟度チェック

ほとんどの英語コーチングが毎週のようにリアルまたはオンラインでカウンセリングを行い、学習の成果が期待通りに進捗しているかチェックします。そして、もし不十分なときには、1.計画通りに学習を進めているか、2.学習していても成果が出ない場合にはどうすればいいか、徹底的にディスカッションして、遅れをカバーしていきます。

つまり「こうすればできる」を提示して「かならずやりとげる」繰り返しにより目標に向かって一直線に進むのが英語コーチングのポイントとなっています。

高価格のサービスが多い

英語コーチングの場合、一般の英会話スクールに比べて、コーチ役のスタッフが毎週時間を十分に使って学習者をフォローしていくので高額になる傾向があります。

料金が高くなっても効果が出ればよしとするか、やっぱり高いとあきらめるかが判断の分かれ目になりそうですね。
編集
編集

高価格だけど、挫折のリスクはぐんと下がるのが英語コーチング。本気で学びたい人のためのサービスと言えそうですね。ここから先は、コエテコが見つけたおすすめ英語コーチングを紹介します。

英語コーチングのメリット

料金高いが、効果出そう英語コーチング。具体的にどのようなメリットがあるのか考えてみました。

迷いなく学習に集中できる

独学のむずかしいところは「この学習方法でいいのか」という葛藤がつきまとうことです。これに対して「コーチの立てたプログラムを信じて全力を注いでいける」のが英語コーチング。独学では悩みや心配、葛藤に奪われてしまいそうなエネルギーを学習に集中していけます。

自分の弱点や、学習のモレが残らない

多くの英語コーチングでは、週1度以上のカウンセリングで学習の進捗状況をきびしくチェックされます。もし到達目標に達していないときには、かならず再度学習による目標達成が求められます。後になって「こんな初歩的なことがわかってなかった」とショックを受けることもありません。

「デキているつもり」を徹底的に追放できる

これも独学でよく起こるのは、わかっているつもり話せているつもりになってしまうことです。実際に英語を使う場面になって、自分のデキてなさに気づいてあわててしまう前にコーチのチェックを受けながら、デキているつもりでデキてない部分をデキるようになります。

時間を有効に活用できる

たとえばTOEICをめざすとして「絶対におぼえなくてはいけない単語や文法」と「現地点ではおぼえなくてもかまわない知識」があります。英語コーチングでは学習サポートを受けながら進めていけるので漠然と単語数拡大や文法学習を繰り返す時間ロスを防げます。

給付金を利用してコストダウンを図れる英語コーチングもある

一般教育訓練給付制度」は厚生労働省が認定する講座の修了後、最大受講料の20%(10万円まで)が給付される制度です。いくつかの英語コーチングは、この制度の認定を受けており、より低コストで内容の濃い指導を受けられます。

「高額のお金を使った」がモチベーションになる

一般的に高額のサービスが多いのが英語コーチング。デメリットになることもある一面で「これだけのお金を使ったのだから、是が非でも上達しなくては」といる動機づけの効果は抜群ともいえます。「ここでくじけて大丈夫なんですか」と叱咤してくれるコーチの存在もありがたいですね。
編集
編集

まさに悩みも苦しさ共有して、ともに歩いてくれる人がいるのがコーチング。ツライ学習も乗り越えられそうな気がしますね。

英語コーチングのデメリット

一方で、英語コーチングにはいくつかのデメリットもあるようです。ここでは、そのデメリットについて考えてみました。

期間設定、予算設定が悩ましい

英語コーチングの料金設定を見ると、大きく短期集中=高額長期間継続=低価格という傾向があるようです。短期間で目標となる英語力を獲得するか、じっくりと取り組むかスタート時点の判断に悩む人も多いようです。

楽しみながら学ぶのは、むずかしいかも

英語コーチングの基本は「決められたこと」を「必ずやる」の繰り返しです。そこに遊びの要素が入ってくることはあまりありません。「つらいけど頑張る」のが英語コーチング、講師との会話を楽しみながら少しずつ上達したい人には向いていないかもしれません。

目標がはっきりしないと学習効果のミスマッチが起こる

ビジネス英語日常英語ははっきり内容が異なります。また、海外勤務を前にして学ぶ場合と、資格検定が目標では、学ぶ順序も変わってくるでしょう。このために出発点で目標コーチときちんと共有できないと「英語力は上達しても、自分の必要な部分が十分でない」というミスマッチも起こりそうです。
編集
編集

英語コーチングにも、総合的に英語を学ぶところと、目標に特化した一点突破型の指導をするところがあるようです。そのへんも選択ポイントになりますね。

英語コーチングの効果とは?

英語コーチングはよくマラソンのペースメーカーにたとえられます。一人でレースをしていると孤独で得てしてペースを乱しがちですが、横に走っているペースメーカーとピッチを合わせていると着実に前進でき記録もあがるというわけです。

このほか、英語コーチングにはこのような効果があると言われます。
  • 自分自身の成長具合を確認できる
  • スランプに陥ったとき抜け出し方がわかる
  • つらいときには励ましてくれる
  • 挫けそうなときには叱ってくれる
  • 頑張ったときにはいっしょによろこんでくれる
このように孤独な学習を少しでも負担なく進められるようにヘルプしてくれるペースメーカー英語コーチングというわけです。
編集
編集

悩みながらも頑張っている自分自身を映してくれる鏡のような存在でもありますね。

英語コーチングは、こんな人におすすめ

それでは、英語コーチングを選択して効果が出るのはどんな人でしょう?こんな人なら高い料金に釣り合う結果を得られそうな受講者のタイプを考えてみました。

意志の強さに自信のないひと人

子どものときから三日坊主には自信がある。頑張ると決めても「今日はいいか」と逃げてしまうのが上手な人が英語上達を必要なときには英語コーチングを選ぶべきです。

コンサルタント/カウンセラー/コーチ役の人たちは、やさしいばかりではありません。ときにはきびしく叱ってくれます。目標を立てたときの気持ちを思い出させてくれます。そんなサポートが確実な英語の上達に結びつけます。

期限内に英語を上達しなくていけない理由のある人

英語学習とは本来、一生もののチャレンジです。長い年月かけて一歩一歩進んでいくのは人生のヨロコビにもつながります。一方で、昇進試験海外勤務大学生の就職などデッドラインが決まっている人もいて、そのような人々は異なったアプローチが求められます。

英語コーチングのスケジュールはゴールから逆算していきます。「3ヵ月後にTOEIC150アップする」「そのために、今月は何をしなくてはいけないか」「今日はどこまで進めるか」「いま何をするか」と結果に向かうプロセスが見える学習は安心感にも結びつきます。

他のスクールで挫折経験のある人

英会話スクールに通ったことがあるけれど、1年たっても上達の実感が持てずにやめてしまった」という人もいるでしょう。そんな挫折経験者にも英語コーチングはおすすめです。

それぞれの受講者タイプ弱点を見て「必要な学習は何か」「どのように学んでいけば弱点をカバーできるか」とオーダーメイドのカリキュラムを組んでくれる英語コーチングもあります。自分に合った学習方法だからこそ、継続できて成果もあがるというわけですね。

趣味の英語から仕事で使う英語に発展させたい人

これまで気軽日常英会話を学んできてTOEIC®L&Rテストでも800点以上とり、いっそ英語仕事にしてみたい人もいるでしょう。でも、趣味の英語から仕事で使える英語に進めるためには、これまでと次元の違ったスキルが必要になるものです。

英語コーチングでは、このようなニーズにも対応してくれます。英語を好きな人から、プロフェッショナルに脱皮するには、どんなことをすればいいか細かく指導してくれるはずです。
編集
編集

いままでの自分からジャンプしたいときには、新たな取り組みが必要ですよね。そんな覚悟の持ち主に応えてくれるのが英語コーチングです。

英語コーチングの選び方のポイント

英語コーチングのホームページなどを見ている「どこも効果が上がりそう」と選択に悩み人もいるでしょう。ここでは、そんな迷える学習者の手助けになる選択のポイントを紹介します。

はじめる前に、まずゴールと期間をはっきりさせる

英語コーチングは、「TOEIC800点を半年後に実現する」というように、いつまで目標を達成するか明確にするところからはじまります。漠然と「英語を話せるようになりたい」というようなモチベーションでは有効な結果を得るのはむずかしいかも。英語コーチング選びの前に、自分の目標と期間を明確にしましょう。

1月あたりの料金×期間の合計額で比較してみる

繰り返しますが、英語コーチングの料金は、短期集中のサービスほど1月あたりの料金は高額になる傾向があります。このために割安と思ってはじめた学習も長期間になると結構な金額になってしまう場合もありそうです。を決めたら、学習にかかる費用総額を出して比較してみるのも有意義でしょう。

一つでも多くの英語コーチングの話を聞く。体験学習してみる

一口に英語コーチングと言っても、サービスによって英語に対する考え方学習方法は大きく違っています。どのメソッドがすぐれているというより、それぞれの学習者に合う合わないという意味での違い確かにあるようです。自分に合わない学習法では、効果もあまり出ず苦しいだけになってしまうかも。そんなミスマッチを防ぐためにも情報幅広くじっくり集めたいものです。
編集
編集

英語コーチングで学びはじめるのは、やはり人生の一大決心。ミスマッチがないように、心して選びたいですね。ここから下にはコエテコが選んだおすすめ英語コーチングを紹介します。

大手企業が運営、安定の英語コーチングスクール

比較的新しいスタイルの学習方式だけに、いまはまだ群雄割拠している感ある英語コーチング。ここではまず、有名企業上場企業が運営する安心感高いスクールを紹介します。

RIZAP ENGLISH

RIZAP ENGLISHは「結果にコミットする。®」で話題にもなったパーソナルジムを運営するRIZAPから生まれたサービスです。

リアルでもンラインでも受講し、徹底的にアウトプットする方式のレッスンを通して最短2ヵ月で英会話力UPとTOEIC® L&Rテストのスコアアップをめざします。

ここがポイント!

  • アウトプット重視型のプログラムで、とにかく英語を口にする
  • マンツーマン指導を徹底して挫折させないサポート
  • 一般教育給付金制度を利用すれば最大20%の支給も
RIZAP ENGLISHはこちら

SMART Method®(スマートメソッド®)


Smart Method®(スマートメソッド®)は、オンライン個別英語スクール大手の一つ、レアジョブ英会話を展開する東証一部上場企業、株式会社レアジョブによる英語コーチングです。

英語4技能のなかでスピーキングに特化して、短期集中によりビジネスに生きる英語力向上を保証します。

ここがポイント!

  • 成果保証制度あり。受講終了までにCEFR-J1レベルアップを保証(申込時に同意した成果保証条件を守った場合に限る)
  • 長時間だらだらでなく短時間でも成果の上がる学習計画
  • オンライン完結なので、全国どこでも受講可能
SMART Method®(スマートメソッド®)はこちら

独自メソッドで急成長する英語コーチングスクール

文字通り百花繚乱な英語コーチングの世界は、それぞれに特徴あり工夫をこらした学習メソッドの競争でもあります。ここでは、インパクトある学習メソッドを打ち出しているスクールをまとめて紹介します。

フラミンゴオンライン英語コーチング

フラミンゴは「ふらっとみんなで語学」を合言葉に、全世界8,800人以上の先生から選べる多国語学習サービスです。日本在住の海外出身者を講師にしてカフェで語学レッスンを受けるというコンセプトでカフェ語学レッスン予約サービスを展開してきました。

このフラミンゴが新たに手がけるのが、フラミンゴオンライン英語コーチングです。フラミンゴでもとくに選りすぐりの「TOP1%の講師」がマンツーマンで寄りそい、学習の習慣化第二言語習得理論により確実な上達をめざしてしていきます。4ヵ月で基本構文を使った日常的なやりとりができるようになるのが目標の初心者脱出コースが好評です。このほかにも、専門コース/ビジネス英語基礎コース/試験対策コースがあり、目的に合わせて学べます。

ここがポイント!

  • 全世界8,800人以上の先生から選べる多言語学習サービスから誕生
  • 専属コーチと週1回のオンライン面談で確実な上達
  • 専門コース/初心者脱出コース/ビジネス英語基礎コース/試験対策コースを設置
フラミンゴオンライン英語コーチングはこちら

STUDY HACKER ENGLISH CO.

STUDY HACKER ENGLISH CO.は言語取得の科学「第二言語習得研究」の知見をベースにトレーニングを行う英語コーチングです。科学的なトレーニングと英語学習のコンサルティングを提供し、パーソナルトレーナーのもと、短期集中で効率よく英語を学べます。

学習およびカウンセリングに利用するスタジオは東京(新宿・銀座・神田)、大阪(梅田)、兵庫(神戸)、京都(四条烏丸)の6ヵ所にあり、オンライン受講も可能です。

ここがポイント!

  • ベースとなるのは「第二言語習得研究」の知見によるトレーニング
  • 言語学や周辺領域に精通した言語習得のプロがパーソナルトレーナーとしてサポート
  • 行動科学マネジメント®の第一人者石田淳氏のチームとともに「英語学習を続ける技術」を共働で開発・提供

トライズ

トライズは、専属コンサルタントのサポートを受けながら、英語習得に必要とされる1,000時間の学習を行う英語習得プログラムです。

「本当に英語が話せるようになるスクールを作りたい」という情熱を持ってつくりあげたコンサルタントコーチが両輪になって学習者をサポートするシステムをもって、年間5,000人もの受講者が学び、1年で複雑な議論ができるレベルに成長しています。

ここがポイント!

  • 1年で1,000時間学ぶ圧倒的な学習量
  • 学習プログラムは第二言語習得の第一人者が監修
  • 1人の学習者をコンサルタントとコーチの2人でサポート

トライズはこちら

GSET(ジーセット)

GSETは、どこででも誰にでも通じる世界レベルの英語をめざして、独自に開発した長期記憶化学習法による英語コーチングを提供しています。

ネーティブトレーナーとの繰り返しのトレーニングにより正しい英語を体でおぼえ(正しい英語の自動化)、考えなくても英語を出せる状態(=思考の自動化)に導き、学習期間が終わっても失われず人生を通じて使いこなせる英語力を実現していきます。

ここがポイント!

  • ネーティブトレーナーをパートナーにして毎日レッスンの機会がある
  • 発声法、音、リズム、英語思考の4つの英語スキルを獲得
  • 全力で英語力アップをサポートする170名以上のトレーナーが在籍

スパルタ英会話

スパルタ英会話は「そろそろ英語に決着をつけませんか?」という強烈なメッセージを送る英語コーチングです。圧倒的な会話量を生む英語オンリーの学習環境プラス専属コンサルタントの学習管理と課題解決により、3ヵ月間で真の英語力を身につけるのが目標です。

覚悟を持って挑むスパルタな3ヵ月でキャリアが変わる、その名が示しているように人生を変える最高の武器を提供してくれる個性あふれるサービスです。

ここがポイント!

  • 目標に合わせてオーダーメイドできるカリキュラム
  • 留学のような環境で1,000時間の会話量を有意義にする
  • 学習を楽しくするために仲間との交流機会もある
スパルタ英会話はこちら

PROGRIT (プログリット)


PROGRIT(プログリット)は「本気で英語やるなら、プログリット」というキャッチフレーズのもと、世界で活躍する外資コンサル、総合商社、金融系、製薬会社などで働く人が多く学ぶ英語コーチングです。

短期間習を習慣化させることにより、英語力を飛躍的に向上させ長期的にも成長できる土台をつくっていきます。また、それぞれの課題に合わせた学習をトータルにサポートしていきます。

ここがポイント!

  • カリキュラムは1人1人にカスタマイジングして最適な学習法・教材を提供
  • 性格診断の結果を踏まえて最適な専属コンサルタントが伴走
  • スマホアプリやオンラインチャットも組み合わせた効率的な学習環境
PROGRIT (プログリット)はこちら

スピークバディ・パーソナルコーチング


スピークバディ・パーソナルコーチングは、1日1時間の短期集中トレーニングで、新しい英語指標CEFR-Jのランクアップをめざしていく英語コーチングです。

伝わる英語力獲得を目的として、徹底的なアウトプットを行い、また自社のAI英会話アプリにより実践的な英語フレーズを習得するという複合的な学習により、自他ともに実感できるまで発話力を引き上げていきます。コーチ役を果たすのは、あえて全員日本人。これにより、日本人の英語学習の悩みに精通したスタッフがきめ細かなサポートを行っていきます。

ここがポイント!

  • コーチは全員日本人。英語学習実績のあるスタッフがゴールに向けて伴走する
  • 1日1時間から明確な効果を出せる回り道のなく効率のよいカリキュラム
  • チャットと通話で、いつでもコーチとコミュニケーションできる
スピークバディ・パーソナルコーチングはこちら

低料金と確実な成果を実現した英語コーチングスクール

「英語コーチングは高い」「お金がかかる」というのはもはや常識になろうとしています。でも、そのなかに、コストダウンのための企業努力を重ねたサービスも存在します。ここでは、そんな比較低料金な英語コーチングを紹介します。

ワンナップ英会話コーチングプログラム


ワンナップ英会話は、新宿品川銀座恵比寿横浜と首都圏に5つの教室を展開し、マンツーマンの英語教育を提供するスクールです。「通学型+マンツーマンだと受講料も高額になる」という常識と戦いながら、大手英会話教室に加えて1年間のコースで10~20万円低価格な受講料を実現してきました。

ワンナップ英会話が提供するコーチングプログラムでは、アプリで毎日行う学習フォローマンツーマンレッスンの組み合わせにより、3ヵ月297,000円の比較的低コストから、質の高いコーチングを受けられると定評があります。

ここがポイント!

  • マンツーマンレッスンで定評のあるワンナップ英会話のコーチングプログラム
  • アプリにより毎日学習フォローを受けられて3ヵ月297,000円
  • TOEIC900点以上の2名がアドバイザー・コーチとして専任
ワンナップ英会話コーチングプログラムはこちら

Bismates Coaching

Bismates Coachingはビジネスに強いと定評のあるオンライン個別英語スクールBismatesが新たに手がける英語コーチングです。週1回のコーチングレッスン可能なオンライン英会話がセットになって、月33,000円~(うちコーチング料金は19、800円、いずれも税込)というリーズナブルな料金プランが用意されています。

コーチング+英会話ともにオンライン完結なので全国からの受講が可能で、また、同時期に学ぶ人たちと悩みや課題を共有できるオンラインコミュニティも好評です。

ここがポイント!

  • 月33,000円からの低料金でコーチングとオンライン英会話レッスンが受けられる
  • 専門コンサルタントによる月4回のコンサルティングで進捗チェック
  • 英語学習の専門家が学習者それぞれのレベルや課題に合わせて学習プランを作成

Bismates Coachingはこちら

Learn with Coach English

Learning with Coach Englishは、コーチ全員が全国通訳案内士という特徴ある体制で英語学習者をサポートしている英語コーチングです。全国通訳案内士は超難関資格として知られ、英語とともに日本文化の知識やホスピタリティの持ち主だけがプロとして活躍できる分野。

日常的英語を使うビジネスの最前線で働くコーチだからこそ、得られる生きた英語知識から得られるものは大きいと評判。月19,000円から受けられるリーズナブルな価格も好評です。

ここがポイント!

  • 月19,000円のリーズナブルな料金プランで週1回50分のカウンセリングを受けられる
  • 毎週50分のオンラインカウンセリングで着実な学習の進捗を確認できる
  • 外国人旅行者からの評価も高い人柄もすぐれた全国通訳案内士がコーチ


まとめ|英語の壁も、たよりにできる誰かがいれば乗り越えられる

じつは英語コーチング10年に満たない歴史しかない新しい学び方です。

その背景にあったのは、英語学習はモチベーションの保ち方がむずかしく、多くの人が初志貫徹できずに挫折してきた事実です。1人ではつづかない学習でも、伴走して適切なアドバイスをしてくれる「コーチ」がいたら困難も乗り越えられる。そんな発想から生まれてきたのが英語コーチングといえるでしょう。英語コーチングで学習効果を出した人の多くは「コーチの助けがあったからこそ、学習のつらさも軽減出来た」と感想を残しています。確かに高額のサービスが多い英語コーチングですが、どうしても上達が必要な人が確実な成果に結びつくなら悪くない選択です。
 
とはいうものの、スクールによって、英語学習に対する考え方さまざま。英語コーチングによっては、その人に合う合わないもは起こってくると思います。幸い多くのスクールでは、無料体験学習の機会を用意しています。せっかく高額の自己投資をするのだから、試して比較して決めたいものです。
 
コエテコでも今後、英語学習を考えるたくさんの人の手助けになる情報を積極的に発信していきます。ご期待ください。

コエテコが選ぶ!おすすめのオンライン英会話スクール・コーチング

  • 学研のオンライン英会話Kimini 学研として初のオンライン英会話ブランド!業界初のコース型提案スタイルで受講者10万人突破!

  • QQ Englishオンライン 4倍速で英語脳になる「カランメソッド」の正式認定校!国際資格TESOL取得のプロ教師も!

  • TORAIZ(トライズ) 継続率91.7%でトップアスリートも受講!英語コーチング・アワード2021受賞の注目スクール

  • プログリット 短期で伸ばす英語コーチング!コンサルタントによる英語力診断と一人ひとりに最適化した学習法の設計!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ

よくある質問

  • 質問 英会話はまったくの初心者です。グループレッスンとマンツーマンではどちらがおすすめですか?

    答え グループレッスンとマンツーマンレッスンはそれぞれメリット・デメリットがあるので一概にどれがいいとは言えません。ただし、英語力にまったく自信がないという方はまずはマンツーマンレッスンで基礎力をつけるのがおすすめです。マンツーマンレッスンであれば自分のペースで進められるので、分からないことがあれば遠慮せず講師に質問もできますし、適切なアドバイスや指導を十分受けられます。基礎がある程度身についてからグループレッスンを受けてみるというのもよいでしょう。

  • 質問 英会話教室の料金の相場はいくらくらいですか?

    答え 英会話教室の料金の相場はレッスン内容や回数によって異なります。支払い方法は大きく分けて2つ、月謝制と回数制があり、別途で入会金と教材費がかかる英会話教室もあります。月謝制は毎月定額の料金を払いと、回数制は先に数十回や半年分などをまとめて支払う必要があります。月謝制の相場はグループレッスンが平均15,000円(月額)、安いところでは2,000円(月額)。マンツーマンレッスンが平均30,000円(月額)、安いところでは数千円〜10,000円程度と幅があります。

  • 質問 英会話の指導に当たってくれるのは、どんな国の先生たちですか?

    答え 英会話教室の指導者は大きく分けて①ネイティブ②英語が堪能なバイリンガルの日本人③英語が堪能なノンネイティブの講師の3つ。ネイティブの講師の出身は英語が第一言語のアメリカ、イギリス、アイルランド、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ共和国などです。その他にも第二公用語として英語が使われているフィリピンの講師もオンライン英会話などで人気です。英語が話せるイコール英語を教えるのがうまいというわではありませんし、さまざまな国の人と共通言語として英会話をするのであれば国籍にはこだわらずさまざまな国の英語に触れるのもおすすめです。

  • 質問 毎週同じ先生が英会話を教えてくれるのですか?

    答え 基本的に固定制・担任制の英会話スクールが多いです。固定制・担任制のメリットは顔見知りの相手になるので初対面でも緊張せずにリラックスして会話に入れることがあげられます。また、自分の英語のレベルのよく理解してもらえるので、授業もやりやすいという点があります。ただし、マンツーマンのオンライン英会話などは人気の講師に生徒が集中するため、マッチする講師が見つかってもなかなか予約が取れない可能性もあります。人気の講師の英会話を受けるためには決まった曜日で早めに予約を取ることをおすすめします。

  • 質問 英会話スクールに通っても思うように英語力が伸びないと聞いたのですが?

    答え 確かに、英会話スクールに一定期間通っても上達しない方は一定数いらっしゃいますが、TOEICのスコアアップやビジネスに生かしている人もいるため、成果が出るかどうかはその人次第と言えます。成果が出る人とそうでない人の違いは絶対的な学習時間の差です。英会話スクールの有無に限らず、自ら英語を勉強する習慣がついている人はどんどん上達していきますし、そうでない人では一向に上達しません。米国国務省の付属機関、FSI(Foreign Service Institute:外務省職員局)によると、「スピーキングとリスニングにおいて、一般的な専門能力を身につけるための時間は約3000時間」とされています。

  • 質問 「グループレッスンだと英語を話すチャンスが少ないので、効果もない」というのは本当ですか?

    答え 確かに、マンツーマンレッスンに比べてグループレッスンは受講生一人が会話できる時間が限られるため、積極的に会話をしにいけない性格の方やスピーキング量を確保したい方にとっては物足りなく感じるかもしれません。しかし、グループレッスンならではのメリットとして「人前で英語を話す度胸が身に付く「他の受講生から学ぶ機会」「マンツーマンレッスンに比べて料金が安い」といったものが挙げられます。グループレッスンのメリットを生かしつつ、会話時間を確保したいという方はマンツーマンレッスンも組み合わせて受講することをおすすめします。

  • 質問 英会話スクールで講師が合わないと感じた場合、講師の変更を申し出ても良いのでしょうか?

    答え 講師一人でやっている個人経営の英会話スクールではない限り、マンツーマンレッスンとグループレッスンどちらもコースに生徒の空きがあれば講師の変更は可能です。ただし、グループレッスンの英会話スクールの場合はコースやレベルごとに講師が固定している場合もあるため、同じコースやレベルでの移動ができないこともあります。まずはスクールカウンセラーに相談して、講師の変更ができるかどうか確認しましょう。どんな理由で変更したいのか具体的に説明すると、自分の希望に合う講師に変更してもらいやすくなります。