口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

ビジネス英語の3つの勉強法!勉強するときのチェックポイントも解説

編集
編集

だれもが学校英語を学んだはずなのに、大人になって就職などの転機に立ったとき、ビジネスに役立つような英語が使えないのに愕然とする。世の中でよくある話です。

「よし、英語を学ぶぞ!」と決心しても、どんな場所でどんな英語を学んだらいいかわからなくて困ってしまう人も多いのではないでしょうか?

ここでは、あなたのはじめの一歩の参考とするため、出発点で考えるべきポイントを紹介します。

記事の終わりには、おすすめスクール情報も掲載しましたので参考にしてくださいね。


コエテコが選ぶ!おすすめの英会話スクール

  • 学研のオンライン英会話Kimini 学研として初のオンライン英会話ブランド!業界初のコース型提案スタイルで受講者10万人突破!

  • DMM英会話 120カ国以上の講師人が在籍で自分に合った講師が選べる!自由度の高いレッスン&スキマ時間に学習可能!

  • TORAIZ(トライズ) 継続率91.7%でトップアスリートも受講!英語コーチング・アワード2021受賞の注目スクール

  • ロゼッタストーン・ラーニングセンター 77%が初級レベルスタート!レッスン品質保証制度あり&全国約80校でオンラインでも通いやすい

  • Weblioオンライン英会話 全教材が無料で利用可能!教育機関での利用率No.1な高品質なレッスンが魅力!

ビジネス英語の勉強法

ビジネス英語は、独学でも手軽に学ぶことが可能です。より実践的な英会話スキルを習得したいなら、スクールに通うことも検討したいですね。ここでは、ビジネス英語の勉強法3選を紹介します。

書籍

ビジネス英語を独学で学びたい人が手軽に始めやすいのは、書籍から学ぶ方法です。自宅にインターネット環境がない人でも利用できる書籍は、最も始めやすい勉強方法だといえるでしょう。ビジネス英語の書籍は1,000~3,000円ほどと低価格であるため、費用を抑えて学びたい人から選ばれています。

ビジネス英語の書籍を選ぶ際には、目的を絞り込むことが大切。会議やプレゼンテーション、電話やメールなど、ビジネス英語を使用する場面に合わせて、書籍を選ぶようにしましょう。ビジネス英語初心者なら、始めから何冊も書籍を購入するのではなく一冊だけにじっくりと向き合うことがポイントです。

書籍で学ぶのがおすすめな人

書籍でビジネス英語を学ぶのが向いている人は、コツコツと学習を継続できる人です。スクールやインターネットにも縛られない書籍による学習法は、自分の意志が何よりも重要。「1日5ページは必ず学習する」など、明確なルールを決められる人は、書籍で学習を継続できるでしょう。また、書籍で学習するなら、自宅で落ち着いて学べるよう学習環境を整えておきたいですね。

スクール

ビジネス英語を最も効率的に学べるのは、英会話スクールです。対面授業だけではなくオンライン受講できるスクールもあるため、学習と仕事を両立できることがメリット。英会話スクールを選ぶときには、初級者向けか上級者向けかをチェックしましょう。スクールによっては、初級者向けが用意されていないビジネス英語のコースがあるためです。

ビジネス英会話は、月額10,000~40,000円ほどの受講料であることが一般的です。教材などの追加費用がかかることもあるため、入会前に必ず確認しておきたいですね。また、講師の質もチェックしておきたいポイントの1つ。「フィリピン人のみ」や「アメリカ人のみ」など、スクールによって講師の国籍も異なります。自分のスキルと合う授業か心配な場合は、体験授業を利用しましょう。

スクールで学ぶのがおすすめな人

スクールで学ぶのが向いているのは、人から教わることでモチベーションが上がりやすい人です。独学で英語学習が挫折してしまった人も、スクールを
利用することをおすすめします。また、短期間で集中的にビジネス英語を習得する必要がある人からも選ばれています。スクールによっては個人授業や集団授業などが選べるため、集中しやすい授業スタイルを選択したいですね。

アプリ

通勤時間や空き時間に学習しやすいのは、ビジネス英語を学べるアプリです。スマートフォンで手軽に学習でき、ゲームのように楽しみながら学べることがアプリを利用するメリット。無料で利用できるアプリが多くあるため、低コストでビジネス英語を学べることも嬉しいポイントですね。有料のアプリでも、月額2,000~3,000円ほどで利用できます。

アプリを選ぶときには、難易度や学ぶ内容をチェックしてからインストールすることが大切。TOEIC対策もしたいなら、TOEIC対策ができる内容のアプリを選びましょう。アプリによっては、自動再生機能やリーディング機能などが搭載されていることが特徴です。

アプリで学ぶのがおすすめな人

ビジネス英語をアプリで学びたい人に向いているのは、隙間時間を有効活用したい人です。アプリのなかには、学習意欲を高めやすい採点方式が導入されていることも。全国の利用者のスコアが表示されるアプリもあるため、モチベーションを高めやすいアプリをインストールしたいですね。

そもそもビジネス英語とは?

ビジネス英語(英会話)日常会話の厳密な区別はありません。一般的にビジネスシーンで使われる英語ということですが、ビジネスシーンにもフレンドリーなコミュニケーションは必要です。ビジネスで使う英語を学ぶからと言って日常会話が必要ない、ということにはなりません。

日本の英語/英会話スクールでビジネス英語として学ぶ表現の基準は、以下のようなものでしょうか?
  • 得意先CEOクラスに使っても平気な表現
  • 初対面のビジネス関係者に使って適切な表現
  • 社内公式イベントで使う表現
  • 高級ホテルや高級レストランフロント担当者が顧客に対して使う表現
編集
編集

ビジネス英語は日常会話と極端に違うものではないようです。要点さえ押さえておけば基礎はいっしょと考えた方がいいかもしれませんね。

ビジネス英語を勉強する必要性とは?

日本の会社に入ったつもりが、ある日突然会社が丸ごと海外企業に買収されて、社内メールから会議まで企業内のコミュニケーションがすべて英語になる、最近では珍しくもない話です。突然の変化にビクともしないビジネスパーソンになるために、英語は不可欠の要素となろうとしています。

ビジネスに英語が必須な時代。最初にビジネスパーソンが英語を学ぶ理由についてまとめます。

ビジネスのグローバル化は止まらない

ユニクロのファーストリテイリングや楽天グループが社内公用語英語に変更してから久しくなります。その動きはさらに広がりそう。日本企業に入社したから英語は不要と考えていたら、将来後悔するかもしれません。

情報収集の幅が広がる

ビジネスに必要な情報は検索サイトで瞬時に得るのが当然な時代。収集する情報の質と量により成否が決まるケースも珍しくはありません。日本語だけで検索するのと、英語を使える人の情報力の差は歴然です。

人脈が広がる

通常の業務は日本語でできても取引先には海外から来ている人がいるというのも、現在のビジネスでは当たり前です。コーヒーを飲みながら英語世間話ができたり、たまにはビールを飲みに行ったりできる関係性があれば、あなたのネットワークSNSなどの効果も相まって世界中に広がっていくはずです。

履歴書の基本アイテム

TOEIC®L&Rテスト700点程度では、なかなか、それだけで就職が決まるというほどの採用選考突破力はないかもしれません。しかし、同等の応募者のなかでは英語力の表示があれば確実に選ばれる決め手になるはずです。

転職の決め手となるかも

転職を考えはじめたときにLinkedlnのようなビジネス情報SNSに登録して情報収集を行うというのも、ごく当たり前になってきました。あなたのスキルに注目して海外からスカウトがあるかもしれない。そんなときに、英語ができないという理由でスルーしてしまうのはもったいない話。転職をめざすときにこそ、英語アンテナ広げたいものです。
編集
編集

社会人として活動の幅を広げていこうと考えたとき、常に必要になってくるのが英語。英語を学ぶと決めて、最初にどんなアクションをすればいいのか、悩む人も多いのではないでしょうか。その一歩の踏み出し方について考えてみましょう。

ビジネス英語勉強の基本とは?

よくある誤解に「英語には敬語がない」というものがあります。実際は英語にもていねいな言葉づかいはありますし、相手に敬意を示す表現も豊富です。日本語との違いをあえて探せば、英語には「つまらないものです」というような謙譲表現があまりないぐらいです。

ここではビジネス英語を使いこなすために考慮すべきポイントについて考えてみます。

礼儀正しいていねいな表現

日本語話者Pleaseと使えば礼儀正しいと思っている」というのは多くの英語指導者が口をそろえるところです。ビジネス関係者に何かを希望するときには、Wait for me, please./Please, give me a hambarger./で終わらせることなく、Could you possibly wait for me, please./Can I get a hambarger?/というていねいな表現を心がけるのが、ビジネス英語の基本です。Will you mind if I.....?という表現もよく使われます。

相手の気持ちを配慮した表現

ビジネス英語を学ぶということが単に構文をおぼえることと考えていては、完璧ビジネスコミュニケーションはむずかしいかもしれません。「よりも、相手の気持ちを配慮した」会話が必要になってくるのがビジネスシーン。この点は、英語の学習というよりも世界共通マナーを学ぶスタンスが望まれるのかもしれません。

正確で誤解のない表現

ビジネスの場で使われる言葉は曖昧であってはいけない場面もよくあります。礼儀正しい言葉づかいでも、どちらともとれる表現はときに一つ間違えると訴訟に結びつくかもしれません。会社として承認できない要請に関しては、I'm really sorry, but we can't accept the offer. I (「申しわけありませんが、承知できません)と言葉を選びながらも誤解のない否定をするべきです。ビジネス英語では、responsibility(責任)、compensate(補償)、guarantee(担保)などの用語を正確に使える知識も学びます。
編集
編集

ビジネス英語の学習は、詰まるところはビジネスセンスのトレーニングにつながるのかもしれませんね。スクールによってはマインド面でのトレーニングもしてくれますよ。

ビジネス英語学習の前に抑えておくべき7つのチェックポイント

英語を学びはじめるとき、漠然ネィティブレベルをめざして学びはじめても、目に見える形での上達むずかしいかもしれません。ここでは、学習はじめに確認すべき、いくつかのポイントについて紹介します。

①目標は何か?

まずはじめに「何のため英語を学ぶ」「英語を使って何をしたいのか」か考えます。日常会話ができればいいのか。ビジネスに活用できる英語が必要か。まず、最初に大きな方向性を考えること大切。英語を学んで何をしたいか、書き出してみるといいかもしれません。

例1:現在の会社で海外駐在員の仕事につくため必要な英語力を得る
例2:イギリスに1年間居住しファッションデザイナーの勉強をする基礎を固める

②どのぐらいのレベルを求めるか

たとえば、TOEIC®L&Rを受験するなら、600点、700点、800点と目標スコアによって学習内容も変わってきます。海外勤務をめざすなら、スコア何点以上と規準を設けている会社もあります。自分の目標を達成するために、どのぐらいのレベルが必要か考えてみましょう。

例1:勤務中の会社が定める海外要員の条件となるTOEIC®L&Rテスト800点をクリアする
例2:アメリカでMBA資格の勉強をしたいのでTOEFL70点以上をめざす

③1日1週1ヵ月の学習時間はどれぐらい?

どんなに睡眠時間を削っても、現在の生活環境のなかで英語学習に割ける時間は決まっています。とくに会社に務めているなら、業務に支障を及ぼすほどの長時間学習を計画するのは無謀でしょう。現実的な範囲のなかで、どれぐらいの学習可能か考えてみましょう。

例:平日は1日2時間、土曜は5時間、日曜は全休にする(計:週15時間

④目標達成までの期限はどのぐらい

たとえば、30歳までに海外勤務をしたいなら、そのための準備に割ける日程も限定されてきます。何ヵ月(または、何年)以内に目標を達成するかも考えましょう。

例:1年以内にTOEIC®L&Rテスト800点を達成する

⑤どれぐらいのお金を使えるか?

英語学習は、YouTubeなどのWebコンテンツに頼れば、極端な話0円でネィティブレベルの英語に到達するのも不可能ではありません。一方で、TOEIC®L&Rテストのスコアを保証するような英語コーチングでは3ヵ月50万以上かかるところもあります。それぞれの目標の大きさとはかりにかけて、どれぐらいお金を使えるか予算を立てておくのも大切です。

例1:月2万円1年
例2:月5万円半年

⑥現在の英語レベルはどれぐらい?

ある程度語が話せる人がビジネスレベルをめざすのと、学校英語をほとんど忘れてしまった人では、ゴールまでの距離も大きく変わってくるでしょう。英語学習の計画を立てるときにも、現在英語力を理解するのが大切になります。TOEIC®L&Rテストを試しに受けてみるのもいいですよね。

例:TOEIC®L&Rテストを受けたら550点だった。これを700点にまでしたい

⑦アメリカ英語がイギリス英語か、ビジネス英語か日常生活に必要な英語か

ここまで考えてみて、最初のポイント「目標は何か?」に立ち返ってみると、より細かな戦略が見えてきます。アメリカイギリスオーストラリアカナダと英語はみんな違っているし、ビジネス英語日常会話も違ってきます。さて、あなたの学ぶべき英語は何でしょう?

例:ビジネス英語にターゲットを絞ってアメリカ英語スピーキング中心にきわめる
編集
編集

自分の目標をしっかり見きわめて、ゴールに向かって最短距離で進むのが学習効果もコストパフォーマンスも高める秘訣ですよね。

ビジネス英語が勉強できる、おすすめスクール6選

自分が学びたい英語が明確になったら、1日も早く最初の一歩を踏み出しましょう。講師トレーナー受講者が目標をキチンと共有して伴走できるスクールがベスト。ここではビジネス英語を学ぶサポートの充実度で選んだ、おすすめスクールを紹介します。

ライザップイングリッシュ


ライザップイングリッシュは受講者の7割がビジネスパーソンで、短期で挫折せずにビジネス英会話を習得することを目指す英会話スクールです。圧倒的なアウトプット量や英語のまま思考する英語脳養成完全オーダーメイドのカリキュラムといった手厚いサポートを行っています。

TOEIC®︎やビジネス英語のスキルを測定するVERSANT®といったテストのスコアアップはもちろん、会議やプレゼンで実践できる英会話力も身につけます。7~23時までレッスン受講可能とのことですので、忙しい方でも学習を続けられそうですね。

ここがポイント!

  • 完全オンラインまたはオンライン・オフラインの併用など柔軟な対応
  • 専属トレーナーへいつでもLINEで相談可能
  • 30日間全額返金保証制度あり
ライザップイングリッシュはこちら

ビジネス英会話Bizmates


ビジネス英会話Bizmatesは文字通りビジネスに特化したオンラインスクールです。受講者の目標に合わせて、すべてビジネス現場で起こりうる業務別職位別業種別のシチュエーションに関して30段階の細かい指導を行っていきます。

日本語を話すコンサルタントが目標までサポートするBizmates Coatchingも好評です。

ここがポイント!

  • ビジネス英語に特化したオンラインスクール
  • ビジネス現場で必要となる会話だけを集めた30段階の細かい指導
  • 日本語コンサルタントがサポートするBizmates Coachingも好評
ビジネス英会話Bizmatesはこちら

PROGRIT(プログリット)


PROGRIT(プログリット)12、000人のビジネスパーソンに選ばれてきた実績ある英語コーチングです。ホームページによると、日本を代表する大手企業各社社内研修に導入してきた実績があります。

この実績を生かして、挫折しない学習習慣を身につけ3ヵ月で英語力が伸びるカリキュラムを提供します。

ここがポイント!

  • 採用率0.85%の難関を通過した英語のプロが目標まで伴走
  • 日本を代表する大手企業各社が社内研修導入の実績
  • 英語学習の質と量を最大化して英語力を伸ばす
PROGRIT(プログリット)はこちら

MeRISE(ミライズ英会話)


MeRISE(ミライズ英会話)は、英語学習の「習慣化形成」をサポートするため、トレーナーと講師陣がタッグを組んで、個々の学習をサポートしていく英会話スクールです。

通学オンラインどちらでも学べ、目的やレベルに合わせて学習カリキュラムをオーダーメイドで提案してくれます。また日本語が話せる英語学習トレーナーによる英語上達サポートも好評です。

ここがポイント!

  • キャッチフレーズは「目標到達まで伴走する」。
  • それぞれの目標に合わせてオーダーメイドのカリキュラム作成
  • 英語学習トレーナーが日本語で上達をサポート
MeRISE(ミライズ英会話)はこちら

TORAIZ(トライズ)

「1年間で1000時間勉強します」「楽ではないから成果が出ます」「ネイティブ並みの英語は目指しません」「もし成果に満足いただけなければ全額返金」という刺激的なアプローチで話題を呼んでいるのが、TORAIZ(トライズ)です。

1年間1,000時間の学習により大きな成果を出すという独自のメソッドと、同じ目標を持った仲間たちとのグループレッスンによりハード楽しく英語習得をめざしていきます。

ここがポイント!

  • 楽ではないから成果が出ます」という刺激的なアプローチで話題のスクール
  • 1年間に1、000時間の学習により必要としている英語をピンポイントで習得
  • 同じ目標に向かって走る仲間たちとのグループレッスン
TORAIZ(トライズ)はこちら

スピークバディパーソナルコーチング


スピークバディパーソナルコーチングは、AIアプリでも定評のある株式会社スピークバディが提供する英語コーチングサービスです。

コーチには、外資系企業での人事経験者国際会議運営業務経験者、貿易会社で海外出張を経験した人材などがズラリ。ビジネス現場からの視点により、それぞれの英語学習をサポートします。

ここがポイント!

  • AIアプリ「スピークバディ」開発企業による英語コーチング
  • コーチには、国際ビジネスの経験者がズラリ
  • 第二言語習得理論にもとづいた日本人のための英語学習法を確立
スピークバディはこちら

まとめ|英語におびえながら働くより、早めの一歩を踏み出そう

現在のビジネス社会で働く人々は大なり小なり英語に関する恐怖感を持っていると言われます。

聴きとれない、単語を知らない、ビジネス用語がわからない、発音がカタカナになってしまう・・・など、英語に対する劣等感があるためにビジネスに前向きになれないとしたら、こんなもったいない話はありません。

迷っているより動き出すときかもしれません。英語なんて、アメリカやイギリスでは5歳児だって話しているものですから、無闇に恐れる必要ありません。適切なサポートを得ながら毎日着実な学習をつづければ、確実に成果が出るのも英語です。

各スクールが実施している体験学習などの機会に想いをぶつければ、きっと学習の方向性も見えますよ。

コエテコが選ぶ!おすすめの英会話スクール

  • 学研のオンライン英会話Kimini 学研として初のオンライン英会話ブランド!業界初のコース型提案スタイルで受講者10万人突破!

  • DMM英会話 120カ国以上の講師人が在籍で自分に合った講師が選べる!自由度の高いレッスン&スキマ時間に学習可能!

  • TORAIZ(トライズ) 継続率91.7%でトップアスリートも受講!英語コーチング・アワード2021受賞の注目スクール

  • ロゼッタストーン・ラーニングセンター 77%が初級レベルスタート!レッスン品質保証制度あり&全国約80校でオンラインでも通いやすい

  • Weblioオンライン英会話 全教材が無料で利用可能!教育機関での利用率No.1な高品質なレッスンが魅力!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ
  • 質問 英会話はまったくの初心者です。グループレッスンとマンツーマンではどちらがおすすめですか?

    答え グループレッスンとマンツーマンレッスンはそれぞれメリット・デメリットがあるので一概にどれがいいとは言えません。ただし、英語力にまったく自信がないという方はまずはマンツーマンレッスンで基礎力をつけるのがおすすめです。マンツーマンレッスンであれば自分のペースで進められるので、分からないことがあれば遠慮せず講師に質問もできますし、適切なアドバイスや指導を十分受けられます。基礎がある程度身についてからグループレッスンを受けてみるというのもよいでしょう。

  • 質問 英会話教室の料金の相場はいくらくらいですか?

    答え 英会話教室の料金の相場はレッスン内容や回数によって異なります。支払い方法は大きく分けて2つ、月謝制と回数制があり、別途で入会金と教材費がかかる英会話教室もあります。月謝制は毎月定額の料金を払いと、回数制は先に数十回や半年分などをまとめて支払う必要があります。月謝制の相場はグループレッスンが平均15,000円(月額)、安いところでは2,000円(月額)。マンツーマンレッスンが平均30,000円(月額)、安いところでは数千円〜10,000円程度と幅があります。

  • 質問 英会話の指導に当たってくれるのは、どんな国の先生たちですか?

    答え 英会話教室の指導者は大きく分けて①ネイティブ②英語が堪能なバイリンガルの日本人③英語が堪能なノンネイティブの講師の3つ。ネイティブの講師の出身は英語が第一言語のアメリカ、イギリス、アイルランド、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ共和国などです。その他にも第二公用語として英語が使われているフィリピンの講師もオンライン英会話などで人気です。英語が話せるイコール英語を教えるのがうまいというわではありませんし、さまざまな国の人と共通言語として英会話をするのであれば国籍にはこだわらずさまざまな国の英語に触れるのもおすすめです。

  • 質問 毎週同じ先生が英会話を教えてくれるのですか?

    答え 基本的に固定制・担任制の英会話スクールが多いです。固定制・担任制のメリットは顔見知りの相手になるので初対面でも緊張せずにリラックスして会話に入れることがあげられます。また、自分の英語のレベルのよく理解してもらえるので、授業もやりやすいという点があります。ただし、マンツーマンのオンライン英会話などは人気の講師に生徒が集中するため、マッチする講師が見つかってもなかなか予約が取れない可能性もあります。人気の講師の英会話を受けるためには決まった曜日で早めに予約を取ることをおすすめします。

  • 質問 英会話スクールに通っても思うように英語力が伸びないと聞いたのですが?

    答え 確かに、英会話スクールに一定期間通っても上達しない方は一定数いらっしゃいますが、TOEICのスコアアップやビジネスに生かしている人もいるため、成果が出るかどうかはその人次第と言えます。成果が出る人とそうでない人の違いは絶対的な学習時間の差です。英会話スクールの有無に限らず、自ら英語を勉強する習慣がついている人はどんどん上達していきますし、そうでない人では一向に上達しません。米国国務省の付属機関、FSI(Foreign Service Institute:外務省職員局)によると、「スピーキングとリスニングにおいて、一般的な専門能力を身につけるための時間は約3000時間」とされています。

  • 質問 「グループレッスンだと英語を話すチャンスが少ないので、効果もない」というのは本当ですか?

    答え 確かに、マンツーマンレッスンに比べてグループレッスンは受講生一人が会話できる時間が限られるため、積極的に会話をしにいけない性格の方やスピーキング量を確保したい方にとっては物足りなく感じるかもしれません。しかし、グループレッスンならではのメリットとして「人前で英語を話す度胸が身に付く「他の受講生から学ぶ機会」「マンツーマンレッスンに比べて料金が安い」といったものが挙げられます。グループレッスンのメリットを生かしつつ、会話時間を確保したいという方はマンツーマンレッスンも組み合わせて受講することをおすすめします。

  • 質問 英会話スクールで講師が合わないと感じた場合、講師の変更を申し出ても良いのでしょうか?

    答え 講師一人でやっている個人経営の英会話スクールではない限り、マンツーマンレッスンとグループレッスンどちらもコースに生徒の空きがあれば講師の変更は可能です。ただし、グループレッスンの英会話スクールの場合はコースやレベルごとに講師が固定している場合もあるため、同じコースやレベルでの移動ができないこともあります。まずはスクールカウンセラーに相談して、講師の変更ができるかどうか確認しましょう。どんな理由で変更したいのか具体的に説明すると、自分の希望に合う講師に変更してもらいやすくなります。