口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

パソコンで動画編集「メモリ」はどのくらい必要? RAMって何?

パソコン等で動画編集をする場合、メモリはどのくらい必要なのでしょうか。動画編集はメモリの消費量が多く、メモリ容量が少ないパソコンではフリーズしてしまうことがあります。この記事では、動画編集ではどのくらいのメモリが必要なのか、また、関連するストレージCPUについても併せて解説します。

コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

動画編集で重要なメモリについて

メモリと言っても、大きく分けて2つのメモリがああります。
ここではまず、ROMRAMというよく似た2つのメモリについて解説していきましょう。

ROMとは

ROMとは、リードオンリーメモリのことです。一般的にはストレージのほうが聞き馴染みのある言葉かもしれません。パソコンの記憶媒体であるHDDやSSDがROMにあたります

ストレージはデータを貯蔵する場所にあたるため、たくさんの素材やデータを保管しておきたい場合ほど大きい容量が必要です。また、あまりに小さな容量だと作業効率が落ちます。

例えば、食材でいっぱいの冷蔵庫を想像してみてください。何がどこにあるのかわからなかったり、保存してあるもののさらに奥に食材があったりすると、取り出しにくいことがあります。

ROMも同じで、保存できる容量いっぱいに使用してしまうと、データを読み出すのに時間がかかります。動画編集をする場合は、ストレージを拡張するなどの対策が必要になることも念頭に入れておきましょう。

RAMとは

ランダムアクセスメモリのことです。一般的に「メモリ」といえば、このRAMのことを指します。複数のプログラムに一度にアクセスしたり、素早く処理したりするのに使用されるメモリです。動画編集に必要なメモリを問われるとき、多くはこのRAMの容量について問われます。

このランダムアクセスメモリは、しばしば「作業台の大きさ」や「調理場の大きさ」に例えられます。

例えば、広い厨房ではたくさんの材料を広げることができ、一度にたくさんの料理を作ることが可能です。一方、狭い厨房の場合は材料は使用する度に出し入れしなければならず、作業効率が落ち、同時に多数の料理を仕上げることはできません。

CPUとの兼ね合いでも変化するため、一概に「RAM容量の大きさが作業効率の良さ」に直結するわけではありませんが、どんなに腕のいいコックがいても作業場が小さければ作業ははかどらないように、RAMの容量は動画編集においてとても重要です。

あわせてチェックしたいCPU

CPUは「中央演算処理装置」といい、コンピューターにおける頭脳部分にあたります。CPUの処理能力のスペックが高ければ、大きなメモリ容量を有効的に使うことができ、動画編集もサクサクこなすことができるため、パソコンを選ぶときにはCPUのスペックもチェックしなければなりません。

前項でRAMは「調理場の大きさ」と言いましたが、CPUは言うなればコックにあたります。腕のいいコックと広い厨房があれば鬼に金棒です。動画編集をスムーズに行うには、十分なRAMのメモリ容量と一定のCPUスペックを揃えましょう。

必要なCPUスペック

初心者の方が動画編集を行うなら、CPUはintel Core i5Core i7を選びましょう。今からパソコンを買うなら、最新のCPUであれば基本的には問題ありません。

もし、4Kなどの動画編集を行うなら、AMD Ryzenなどもおすすめです。自分のレベルなどに合わせて選ぶといいでしょう。

RAM容量○GBで何ができる?

RAMのメモリ容量をあとから増設するのは手間がかかります。今からパソコンを選ぶことができるなら、以下の点を参考に、自分に合ったRAM容量を選ぶようにしてください。

4GB

ほとんどのパソコンのRAM容量は4GB以上です。エントリーモデルや格安パソコンなどでも、一般的には4GB以上はあると考えていいでしょう。しかし、4GBのパソコンでは、動画編集は愚か、複数のソフトを立ち上げることすら難しい場合も。ZoomをしながらWordファイルを開くだけでも、作業が滞る可能性があります。

8GB

動画編集を行いたいなら、メモリは8GB以上必要です。しかし、8GBのメモリ容量でも作業はかなり制限され、ビデオ編集アプリケーションを開くだけでも、その容量のほとんどを使い切る可能性があります。

1080pよりもサイズの小さな動画を編集するのであれば、8GBでも間に合うかもしれません。しかし、それは他のアプリケーションやタスクを整理した場合でしょう。メーラーや表計算ソフトなど、他のアプリケーションは閉じる必要が出てきます。

また、1080pよりも大きいサイズの動画では作業はほぼ不可能です。4K等の編集もできず、プレビューすらかなわない可能性があります。

ビデオ編集ソフトを頻繁に使う場合は、8GB以上の容量のパソコンを選ぶべきです。

16GB

画像処理や動画編集など、16GBあればある程度スムーズに作業できるでしょう。4K動画にちょっとしたエフェクトを入れる作業も問題なく行なえます。

ただし、バックグラウンドで稼働するアプリケーションが多数あったり、容量が重いと、パフォーマンスが落ちることも。RAMという作業台にどんなアプリケーションやソフトウェアを広げるのか把握しておきましょう。

なお、画像処理や動画編集といっても6000万画素のカメラの映像を処理するのと、300万画素の画像を処理するのとでは必要となるメモリ容量は大きく違います。VR動画などの使用する素材のデータによっても、消費するメモリ容量は違うことも頭に入れておきましょう。

32GB

プロフェッショナルのクリエイターらが必要とするレベルです。サイズの大きなファイルをレンダリングしたり、複雑な編集をしたり、プレビューをしたりする場合、16GBではパフォーマンスが心もとないことがあるかもしれません。

この場合は一つグレードを上げて32GBの容量があれば問題なく動作するでしょう。長時間の作業をする際にも使用するメモリ容量は増えるため、32GB あれば数日や数週間に渡る作業も安心です。

64GB

家庭や個人でビデオ編集をするなら、64GBのメモリを消費する作業はまず発生しません。8Kなどのデータ容量の重い動画を編集したり、モーショングラフィックスなどを用いる場合に必要となる容量です。64GBのメモリを搭載させるためには費用もかかるため、64GBのメモリ容量にメリットを感じる人はほとんどいないでしょう。

おすすめの動画編集スクール3選

動画編集の基礎的なスキルを習得したいなら、動画編集スクールの利用を検討したいですね。動画編集のプロが講師として在籍しているケースが多いため、現場で活かしやすいスキルが身につきます。ここでは、おすすめの動画編集スクール3選を紹介します。

SHElikes

出典:SHElikes
子育て中のママが動画編集スキルを学びやすいのは、SHElikesです。29種類ものコースが定額で受講し放題だから、動画編集のほかにも、Webデザインやマーケティングなどのスキルも身につけられます。月に一度コーチングの時間が設けられており、受講者同士で学びをシェアすることが可能です。Webかオフラインかを選べるから、子育て中のママでも気軽に参加しやすいでしょう。

IT分野未経験の女性でも、パソコンスキルを一から身に付けられることがSHElikesを利用するメリット。カリキュラムを受講した後は、案件を実際に取得するまでのサポートを受けられます。コース動画の視聴だけなら、スマートフォンやタブレットでも行えます。そのため、育児や家事の合間に学習できることが魅力だと言えますね。

動画編集コースで学習できる内容は公式サイトに記載されていないため、受講を検討している場合は無料体験レッスンに申し込んでみましょう。

なお、プランは「受け放題プラン」と「月5回プラン」の2種類です。受講料は、受け放題の12ヶ月プランが162,800円(税込)で、月5回の12ヶ月プランが107,800円(税込)となっています。なお、入会金は一括で162,800円(税込)かかります。
SHElikesはこちら


studio US

出典:studio US
未経験から動画編集を本格的に学びたい人に向いているのは、studio USです。動画編集のプロが、実際にどのように動画編集を行うのかを学びながらスキルを習得できます。常時、プロの講師がチャット対応に応じる態勢が整えられているため、疑問点はすぐに質問することが可能です。

studio USには700を超える動画教材が用意されており、自分にとって必要な課題だけを選択できます。365日24時間、自分の好きなタイミングで学べるから、夜間しか学習できない人も気軽に受講したいですね。なお、studio USでは、カリキュラム内で15〜50本もの動画を制作します。そのため、動画編集の基礎固めをしたい人に向いているスクールだと言えるでしょう。

studio USで身に付けられるスキルは、以下の通りです。
  • Adobe Premiere Pro
  • Adobe After Effects
  • Adobe Photoshop
  • Adobe Illustrator
  • Cinema 4D
  • ディレクション
  • 映像編集
  • 画像加工
カリキュラム内で高品質のポートフォリオを制作できるため、スクール卒業後にすぐに案件を取得しやすい傾向があります。

受講料は動画編集コースが55,000円(税込)、動画クリエイターコースが99,000円(税込)、動画クリエイター総合コースが165,000円(税込)です。動画制作のプロを目指すなら、動画制作から案件取得まで網羅されている動画クリエイター総合コースを選びたいですね。

MOOCRES

出典:MOOCRES
Adobe After Effects中心に学びたいなら、MOOCRESがおすすめ。Adobe After Effectsを用いて、実践的なアニメーション動画編集スキルを習得できることが特徴です。5ヶ月間の受講期間で実際の案件を請負い、納品までを行います。卒業後も半永久的に相談できるため、動画編集初心者にとって利用しやすいスクールだと言えるでしょう。

1回あたり2時間の対面授業となっており、通学とオンラインから授業スタイルを選べます。30,840円(税込)相当のAdobe CCコンプリートプラン3ヶ月分を無償提供してもらえることも嬉しいポイント。パソコンに関しても、実質無料レンタルのサービスがあります。

MOOCRESで学べる内容は、以下の通りです。
  • WebCM
  • SNS広告
  • 縦型ショートムービー
  • YouTube動画
  • ロゴアニメーション
  • ミュージックビデオ
  • 動画広告の分析・作成
  • デザインの4原則
授業では、動画編集の基礎的な方法から、クライアントとの交渉をする際のコツまで学習できることが特徴です。卒業直前には、オリジナル作品の制作か案件の実施かを選択できます。

受講料は、マスターコースの週末プランが374,000円(税込)、ゼロイチプランが297,000円(税込)となっています。プランの選択に迷う場合には、個別相談会に申し込みましょう。
MOOCRESはこちら


まとめ

RAMは同時に複数のプログラムを動かすときには欠かせないメモリです。動画編集のように作業をスムーズに行うためには、RAMのメモリ容量が大きく関係します。一般的には16GB程度あれば十分ですが、4K などの大きな動画データを扱う場合は32GBあると安心です。8GB でも編集できないわけではありませんが、色々と制限があります。自分に合ったメモリを選んで作業にあたりましょう。

コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ