口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

無料の動画編集アプリおすすめ5選【2022年最新版】スマホで手軽に動画編集

YouTubeでは、スマートフォンで簡単に編集をした動画が何十万再生も突破しているチャンネルがあります。動画編集が初めてなら、無料で利用できる動画編集アプリを利用したいですね。カットやBGMの挿入など、基本的な動画編集は行えることが嬉しいポイントです。

この記事では、スマートフォンで手軽に利用できる無料の動画編集アプリ5選をわかりやすく紹介します。

コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

動画編集アプリを理解しよう

動画編集アプリとは、スマートフォンにダウンロードして使用できる動画編集機能を搭載したアプリを指します。パソコンで利用できる動画編集ソフトにも負けない、高機能を搭載しているものも数多くリリースされています。

そのため、「パソコンを持っていないけど、動画編集に挑戦したい!」と考えている人が利用している傾向があります。なお、動画編集アプリでは、以下のような機能が搭載されています。
  • 動画のカット
  • BGMの挿入
  • 美肌加工
  • スタンプやエフェクトの挿入
  • SNS(Instagram・Facebook・YouTube)への共有
思い出のムービーやSNSへ共有することを目的としている人なら、無料の動画編集アプリを利用すれば十分に編集を行えるでしょう。

無料の動画編集アプリを利用するメリットとデメリット

ここでは、無料の動画編集アプリを利用するメリットとデメリットを説明します。

無料の動画編集アプリを利用するメリット

メリットの1つめは、初心者でも簡単に動画編集ができる点が挙げられます。スマートフォンから利用できる動画編集アプリは、直感的で操作しやすいものが多くあります。そのため、カットやテロップ入れといった基本的な動画編集が行いやすいことが特長です。

メリットの2つめは、無料で動画編集に慣れることができる点です。有料版の動画編集アプリやパソコンの動画編集ソフトを使用する前に、無料のものを使うことで自身が求める機能などを把握することもできます。

無料の動画編集アプリを利用するデメリット

デメリットの1つめは、動画上に表示されるアプリのロゴが消せないケースがある点です。ロゴを消したい場合には、有料版を購入する必要がある場合も。さらに、無料のアプリは作業スペースに広告が入り、見づらいと感じる人もいるようです。

2つめのデメリットは、動画編集機能が限られる点が挙げられます。動画編集をする目的が仕事関係であるなら、無料の動画編集アプリでは搭載されている機能に物足りなさを感じる場合もあるでしょう。

無料のおすすめ動画編集アプリ5選

ここでは、コエテコがおすすめする無料の動画編集アプリ5選を紹介します。

VavaVideo(ビバビデオ)

出典:App Store
TikTokやInstagramなどの投稿に向いているのは、VivaVideoです。カットやBGMの挿入といった動画編集機能のほか、エフェクトやモザイクなどもかけられます。動画を自動で編集する機能も採用されているため、センス良く動画を仕上げてくれることがメリットです。

また、VivaVideoは、写真をスライドショーのように動画に編集することも可能です。なお、無料版は動画の長さが5分までとなっているため、長時間の動画を制作したい場合には注意しましょう。

Splice(スプライス)

出典:App Store
高機能な動画編集が自在に行えるのは、iPhoneに対応しているSpliceです。GoProの動画編集アプリであり、シンプルな操作性で動画編集画面が見やすいことが特長です。BGMは豊富な種類が用意されているため、動画に合わせたBGMを挿入することもできます。

ただし、無料で利用できるのは1週間のトライアル期間だけとなっています。操作感を確認したうえで、使用を継続したい場合は有料版を購入しましょう。

InShot(インショット)

出典:Google Play
顔文字を入れることができ、キャッチーな動画が作れるのはInShotです。TwitterやInstagramなど、さまざまなSNS向けの動画が制作できることで人気を集めています。種類豊富なフォントも挿入できるため、個性的な動画を制作したい人に向いています

ツールバーにはフォントやBGMなどのアイコンが表示されており、初心者でも動画編集しやすい仕様であることが特長。動画の拡大やカラー調整など、細かな編集も行えることがInShotのメリットです。

VITA(ビータ)

出典:App Store
豊富なエフェクトやフィルターで高画質の動画が制作できるのは、VITAです。世界中でダウンロード数は2,000万を突破しており、すべての機能が完全無料で利用できることも嬉しいポイント。複数トラックにも対応するため、視聴者の目を引く動画を制作することも可能です。

なお、VITAは自動編集には対応していません。そのため、自身で1から動画編集を行いたい人に向いているアプリだといえるでしょう。BGMのジャンルは旅行やVLOGなどに分かれているため、BGMもスムーズに挿入できることが魅力です。

キネマスター

出典:Google Play

初心者向けの基本的な動画編集が行えるのは、iPhoneとAndroidスマホに対応しているキネマスターです。無料版のキネマスターはロゴマークが表示されるため、ロゴがない動画を制作したい場合には有料版の利用を検討しましょう。

なお、動画用の素材を追加したい場合はアセットストアで購入しましょう。キネマスタープレミアムに加入すれば、1,500以上もの素材が使い放題になります。使用感を確かめて、自身に合っている場合にはキネマスタープレミアムへの加入も検討したいですね。

まとめ

カットやBGM挿入などの基礎を抑えることで、多くの視聴者から共感を得られる動画を制作できます。簡単な動画編集なら無料の動画編集アプリでも可能であるため、まずは動画編集に慣れるところからスタートしたいですね。

「​本格的に動画編集を始めたい!​」と感じたら、動画編集スクールを利用したりパソコン向けの動画編集ソフトを利用したりしても良いでしょう。高度な動画編集スキルを身に付けることで、副業や独立なども視野に入れることができます。

コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ