口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

Webマーケティングのトレンドとは?押さえておきたいマーケティング施策を紹介

Webマーケティングは日々成長している業界です。現在は、SNSやオウンドメディアを用いた、コンテンツの発信が一般的になりつつあります。最先端のマーケティング戦略を立てるためには、​トレンドを押さえておかなければなりません。

今回は、Webマーケティングのトレンドを把握しておきたい方に向けて、最新のWebマーケティング施策を紹介します。Webマーケティングのトレンドは急速に変化するので、目を通しておきましょう。

WEBマーケティングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

  • Wannabeアカデミー(ワナビーアカデミー) ”業界初”実務経験を積めるWEBマーケティングスクール。マンツーマンの補講受け放題で、実務研修もアリ!

  • マケキャンbyDMM.com 3ヶ月で未経験からマーケターになる転職保証付きコースあり!面談でのフォローも魅力!

  • デジプロ オンラインはマンツーマンでの講義!通学は最大5名の少人数講義のwebマーケティングスクール!

  • インターネット・アカデミー 日本初!web専門スクール!開校から25年の実績、ホームページ制作も学べる!

  • WEBMARKS(ウェブマークス) チャットでの質問無制限&卒業後も案件獲得サポートあり!フリーランスWebマーケターを目指す

【2022年最新】Webマーケティングのトレンド

2020年から続く新型コロナウイルスにより行動が制限されたことで、消費者の行動は大きく変わりました。多くの企業がマーケティング戦略の見直しを余儀なくされたはずです。

現在は既存の方法ではなく、状況に合ったマーケティング戦略が求められます。以下のWebマーケティングのトレンドを参考に、新たな戦略を立てましょう。

インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングとは、SNSで影響力をもつインフルエンサーに自社商品やサービスを紹介してもらい、ユーザーの行動を促すマーケティング手法です。人気のYouTuberやインスタグラマーに紹介してもらうことで、自社の認知拡大や商品・サービスの購入が見込めます。

インフルエンサーは、チャンネル登録者数やフォロワー数が数百万人に達する有名人ではなくても問題ありません。むしろマーケティング戦略では、フォロワー数が数千~数万人のマイクロインフルエンサーに依頼する傾向があります。

有名人よりも身近な存在のマイクロインフルエンサーを起用することで、予算を抑えつつ最大のパフォーマンスが期待できるでしょう。

動画マーケティング

5G回線の普及により、ユーザーは動画を視聴する機会が増えました。その傾向にともない、Web広告も静止画から動画に変化しています。

そのなかでもトレンドは、短編動画コンテンツです。長編動画では自社商品やサービスを詳しく伝えられますが、短編動画で要点を簡潔に伝えるほうがユーザーにとって効果的だといわれています。

短編動画は制作にかかる作業負担が少ないうえに、ユーザーの印象に残りやすいというメリットがあります。TikTokやInstagramのリールが人気な理由もそのひとつでしょう。

モバイルデバイス(スマホ)最適化

ユーザーの多くがスマホを所有する現在、Webサイトはスマホ用に対応したデザインの工夫が必要になりました。スマホを常に利用し、興味の移り変わりが激しい世代の購買意欲は高まっています。スマホに適したデザインやコンテンツ内容にすることで、ユーザーに効果的なアプローチができるでしょう。

SEOの観点からも、モバイルデバイス(スマホ)最適化は重要性を増しています。検索結果の表示順を上げるためには、モバイルデバイス(スマホ)最適化が必須といっても過言ではありません。

Webマーケティングの始め方

実際にWebマーケティングを始める際、確実に実施しておきたい手順が5つあります。Webマーケティングのトレンドを押さえたうえで、始め方について再確認しておきましょう。

1.自社の課題からWebマーケティングの目的を明確にする

Webマーケティングは、まず自社の課題把握が大切です。やみくもにトレンドの施策を実施しても、うまくいかない場合があります。

自社の課題を把握したうえで、Webマーケティングを行う目的を明確にしましょう。目的に沿った施策を実施すれば、少ない費用で最大のパフォーマンスが発揮できるはずです。

具体的に方針を決める際は、目的を詳細に言語化し、いつでも確認できるように記録しておくことをおすすめします。

2.ターゲットを定める

Webマーケティングで陥りやすい失敗のひとつが、自社が提供するサービスと、顧客が求めるサービスが一致していないことです。素晴らしいサービスを提供しても、顧客が求めるものでなければ満足してもらえません。

自社のサービスがどのようなターゲットにマッチするのかを定めておけば、アプローチ方法も自然に決まります。どんな人に使ってほしいか、狙うべきターゲット層が必要とする価値は何かを、具体的に決めていきましょう。

3.ターゲットが購買に至るまでのプロセスを設計する

Webマーケティングの目的とターゲットが定まったら、ターゲットが購買に至るプロセスを設計しましょう。具体的に設計することで、プロセスごとに必要な施策が明確になります。

また、各プロセスでKPIを設定しておくことが大切です。Webマーケティングがうまくいっているかどうかの指標としてKPIを設定し、常に注視しておきましょう。

4.実施した施策の分析を行う

各プロセスで実施した施策は、分析をする必要があります。WebマーケティングはWeb上でユーザーの行動が判断できるため、数値化しやすい手法です。本当に効果が見合う施策なのか、設定した目標は達成できそうかなど、分析を通じて判断しましょう。

プロセスごとに分析をし、KPIの目標値をクリアできているかを確認することが大切です。

5.改善策を立てる

目標通りに進んでいない場合は、改善策を立てます。どこのプロセスがうまくいっていないのかを探し、新たな施策を検討します。​施策を実行したあとは、​もう一度分析をして改善されているかを確認しましょう。この繰り返しがWebマーケティングです。

改善が見込めない場合は、ターゲットの選定を見誤っているかもしれません。イメージしたターゲットが本当に自社のサービスにマッチしているのか、再度考える必要があります。

まとめ

Webマーケティング業界は非常に成長が早く、次々と新しい施策が打ち出されています。2020年の新型コロナウイルス萬栄により、そのスピードは拍車がかかりました。

オンラインですぐに商品やサービスが手に入る現代では、似たようなサービスを提供している競合が山ほどいます。競合に勝つためにはWebマーケティングが重要です。

一度成功した施策を信じて続けることも大切ですが、トレンドを理解することも忘れてはいけません。今世界がどのように動いているのかを把握し、自社のWebマーケティングに活かしていきましょう。

WEBマーケティングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

  • Wannabeアカデミー(ワナビーアカデミー) ”業界初”実務経験を積めるWEBマーケティングスクール。マンツーマンの補講受け放題で、実務研修もアリ!

  • マケキャンbyDMM.com 3ヶ月で未経験からマーケターになる転職保証付きコースあり!面談でのフォローも魅力!

  • デジプロ オンラインはマンツーマンでの講義!通学は最大5名の少人数講義のwebマーケティングスクール!

  • インターネット・アカデミー 日本初!web専門スクール!開校から25年の実績、ホームページ制作も学べる!

  • WEBMARKS(ウェブマークス) チャットでの質問無制限&卒業後も案件獲得サポートあり!フリーランスWebマーケターを目指す

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ