口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

Webマーケティングとは?初心者でも簡単にわかる基礎知識を解説!

近年、ネットや各種サービス上の集客に欠かせないWebマーケティング。SNSやオンラインショッピングの利便性が注目される現代にピッタリの集客方法で、多くの企業がWebマーケティングの施策を導入しています。

今回はWebマーケティングの目的や施策、知っておきたいツールを詳しく解説します。Webマーケティング初心者の方やこれからネット上でサービスを展開したいと考えている方はぜひ最後までご覧ください。

WEBマーケティングスクールで、転職に有利なスキルが学べる!

Webマーケティングとは?

WebマーケティングはWebサイト上でユーザーに適切な情報発信を行い、商品の売上をアップすることを目的とした活動です。Webマーケティングの手法を利用して戦略的に集客・接客を行うことで、ユーザーの興味関心や購買意欲を促すことができます。マーケティングの方法はアクセス解析や広告の最適化、競合調査などさまざまで、専用ツールを使うことで精度の高いデータを手に入れることができます。

広く認知されている「デジタルマーケティング」と混同されることも多いようですが、両者は対応している範囲が異なります。デジタルマーケティングの場合はデジタルサイネージやビッグデータ、アプリやAI技術など、さらに広範囲のデジタルツールが対象です。

Webマーケティングの手法

Webマーケティングの手法は集客施策接客施策再訪促進施策の3種類で、それぞれの対策を網羅しておくことでより多くのユーザーにアプローチします。ここでは各施策の特徴について詳しく解説します。

集客施策

集客施策検索エンジンやディスプレイ広告、SNSなどから自社サイトへの流入を促す活動で、自社サイトへの入り口として特に重要視される手法です。さらに細分化すると以下のような方法があり、それぞれターゲットや目的によって使い分けることで効果的な集客が可能です。
  • アフィリエイト広告
  • リスティング広告
  • アドネットワーク広告
  • リターゲティング広告
  • SNS
  • Eメール
  • SEO(検索エンジン最適化)
近年副業の一つとして広く知られているアフィリエイト広告では、ブログやサイト上に広告のリンクを掲載します。成果が発生した場合のみ報酬を支払うので初期費用を抑えることができますが、成果が出ない場合もあります。確実に広告を上位表示したい場合、掲載料を支払って出稿するリスティング広告を選ぶ企業も多いようです。

SNSでインフルエンサーに自社製品を紹介してもらったり、メールマガジンに記載したURLからの流入を狙ったりといった方法も集客施策の一つです。なるべくコストをかけずに認知度を高める手法を選択することが集客のポイントです。

接客(回遊)施策

接客施策集客したユーザーが商品購入や会員登録といった具体的なアクションを起こすための取り組みです。集客だけでは売上実績に繋がらないため、商品購入への導線を作ることが大切です。以下は接客施策の例です。
  • EFO(入力フォームの最適化)
  • LPO(ランディングページの最低化)
  • Web接客(質問用ボット・チャットボットの設置、LINEでのチャットなど)
個人情報の入力フォームを使いやすくしたりチャットボットを設置して困りごとに対応したりといった工夫でユーザーの負担を減らすことが大切です。商品購入までの導線がわかりにくいサイトはユーザーの離脱率が高まるので、誰もが簡単にサービスを利用できる仕組みを意識します。

再来訪促進施策

再来訪促進施策は自社サイトに訪れたことのあるユーザーを対象に行うもので、リピーターを獲得するための取り組みです。新規顧客を増やすよりも既存顧客の再来訪を促す方がコストを抑えることができるといわれており、利益率アップには欠かせない施策でしょう。
  • メールマーケティング
  • バナー広告
  • リターゲティング広告
  • ダイレクトメール
  • Lステップ
リターゲティング広告は自社サイトへの訪問履歴のある人に表示する広告です。また、LINE公式アカウントで情報発信している場合はLステップというツールを利用することでメッセージの自動応答や予約管理など多彩な機能を駆使することができます。あらゆる方法でアクセス率を伸ばすことが大切ですが、広告の頻度によってはしつこい印象を与えることもあるようです。

Webマーケティングで使用されるツール

Webマーケティングで成果を出すためには、アクセス解析ツールやサイト改善ツールなどの導入が欠かせません。以下は、特に重要視されているツールです。

アクセス解析ツール

アクセス解析ツール検索エンジンにおけるWebサイトの閲覧数やユーザーの傾向、検索キーワードなどを分析するツールです。人気のコンテンツや離脱率の高いページを把握することで自社サイトを最適化して、集客力を高めることができるでしょう。

代表格のツールはGoogleアナリティクスAdobe Analyticsです。Adobe Analyticsのフォールアウト機能ではユーザーが商品購入するまでの動きや離脱したポイントを把握し、目標達成に必要な改善点を精密に探ります。

ABテストツール

ABテストツールデザインや文章、構成のパターンを複数比較して高い成果を上げやすいパターンを判定するツールです。サイトに掲載されているキャッチコピーや画像の大きさ、ボタンの配置を最適化するのもWebマーケティングで重要な業務の一つです。クリック率や商品購入に至る割合など、最終成果に大きく影響するデータを検証します。

ABテストツールの例としてはGoogle OptimizeOptimizelyKAIZEN PLATFORMが挙げられます。

競合分析ツール

競合分析ツールを利用することで競合サイトの流入ルートやアクセス数、人気コンテンツなどを把握し、マーケティング戦略を探ることができます。他社との差別化を図るために重要なツールで、SEO対策にも役立ちます。認知度の高いSimilar Webは無料版の利用が可能です。

ヒートマップツール

ヒートマップツール訪問者のマウスの動きや傾向を追跡することでユーザー心理を可視化するツールです。クリック数の多い部分はもちろんリアクションの薄い部分まで色別に表示されるため、初心者でも課題に気づきやすいでしょう。性別や年齢層を絞って特定ユーザーの思考を検証することも可能です。

有名なツールはUser HeatミエルカヒートマップPtengineです。

SEOツール

SEOツールGoogle検索で上位表示を目指すためのツールです。SEO対策では検索されやすいキーワードの確認はもちろん、自社サイトの内部構造の整理、信頼性を高める被リンクの質やコピーコンテンツの判定など、あらゆる点で専門性の高さが求められます。

代表的なツールとしてはSEOの内部対策も可能なGoogleサーチコンソールや無料でコピーコンテンツチェックができるCopyContentDetectorが挙げられます。

まとめ

Webマーケティングの手法は大きく分けて「集客施策」「接客(回遊)施策」「再来訪促進施策」の3種類で、いずれも売り上げアップやリピーターの獲得のために必要な施策です。具体的にはWebサイトの最適化や広告の打ち出し、競合調査などさまざまな視点での対策が必要です。

また、アクセス解析ツールやABテストツールなどを利用することで効率的にデータを集めることができます。さまざまな分析結果をもとに、検証や改善を繰り返すことで目標達成が期待されます。

WEBマーケティングスクールで、転職に有利なスキルが学べる!

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ