中学生/高校生/大学生/社会人/法人向け、プログラミングスクール&WEBデザインスクール検索サイト

プログラミングに効果的な学習方法ってあるの?独学とプログラミングスクールを徹底比較!

プログラミングスクールで、転職に有利なスキルが学べる!

TECH I.S.(テックアイエス)

TECH I.S.(テックアイエス) 転職のみならず副業・フリーランスにもオススメ!一生モノのプログラミングを身につけるならここ!

DMM WEBCAMP(ディーエムエムウェブキャンプ)

DMM WEBCAMP 転職成功率98%。転職できなければ全額返金。DMM.comグループならではの非公開求人も多数

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾 完全オンライン、マンツーマン指導。家庭教師感覚で学べる

COACHTECH(コーチテック)

COACHTECH(コーチテック) 9時〜21時の間はいつでもLINEで相談可能。最短で力がつくカリキュラムが魅力

RaiseTech(レイズテック) 2週間以内なら全額返金保証。自社開発企業が運営、徹底した現場主義にこだわる

RUNTEQ(ランテック)

RUNTEQ(ランテック) 高クオリティで人気急上昇、現役エンジニアからの評価も高い


プログラミングを学び始めたときに、さまざまな壁にぶつかることも多いでしょう。「もっと効果的な学習方法は無いの?」と考えた時に、独学の限界を感じるケースも多くあります。

プログラミングはアプリなどで手軽に学ぶ方法もありますが、より専門的な知識を得たい時には十分では無いこともあるでしょう。

この記事では、プログラミングの効果的な学習方法について紹介します。独学とプログラミングスクールでの学習も徹底比較しますので、今後スクールに通うことを検討している場合にはぜひ参考にしてみてください。

プログラミングスクールで、転職に有利なスキルが学べる!

  • TECH I.S.(テックアイエス) 転職のみならず副業・フリーランスにもオススメ!一生モノのプログラミングを身につけるならここ!

  • DMM WEBCAMP 転職成功率98%。転職できなければ全額返金。DMM.comグループならではの非公開求人も多数

  • 侍エンジニア塾 完全オンライン、マンツーマン指導。家庭教師感覚で学べる

  • COACHTECH(コーチテック) 9時〜21時の間はいつでもLINEで相談可能。最短で力がつくカリキュラムが魅力

  • RaiseTech(レイズテック) 2週間以内なら全額返金保証。自社開発企業が運営、徹底した現場主義にこだわる

  • RUNTEQ(ランテック) 高クオリティで人気急上昇、現役エンジニアからの評価も高い

プログラミングは独学とスクールに通うのはどちらが良いの?

プログラミングを独学で学ぶのが向いている人は、基本的なパソコンスキルが身に付いている人や長年パソコンに携わってきた人です。パソコンの専門用語が理解できていれば、テキストなどを読んでも自分自身で読み解き、問題を解決しやすいでしょう。また、独学では指導してくれる講師はいないため、こつこつと学習を積み上げられる人に向いています。

それに対し、プログラミングスクールで学ぶことが向いているのは問題につまづきやすい人や、より専門的なスキルを身に付けたい人です。パソコン初心者の人も、スクールに通うことで手厚く学習をフォローしてもらえます。「プログラミングを学んでエンジニアに転職したい!」などの目標がある場合にも、スクールに通えば大手企業などを紹介してもらえるケースもあります。

プログラミングを学ぶときに必要なもの

プログラミングを学ぶ時には、以下のようなものが必要になります。
  • ネット環境
  • パソコン
  • タブレット
  • 300時間ほどの勉強時間
パソコンをこれから購入する際には、プログラミングが行いやすいMacがおすすめです。スクールに通う場合には、どのパソコンを選ぶのが適切かを相談してみても良いでしょう。タブレットでもプログラミングを学ぶことは可能ですが、より本格的にコーディングを学びたいならパソコンが望ましいでしょう。

プログラミングの基礎知識を得るためには、300時間ほどの勉強時間が必要であるといわれています。300時間の勉強を積むことで、実用的なアプリが制作できるレベルになるでしょう。
参考:TECH CAMPブログ

プログラミングを学ぶための4ステップ

それでは、プログラミングを学ぶ際の4ステップをみていきましょう。

作りたいものを決定する

まず、学習を進めるために「ゲーム」や「アプリ」など自分が作りたいものを決定する必要があります。作りたいものを決めることで、自ずと学ぶべきプログラミング言語は決定します。自身が学びたいものの作り方について調べることで、これまで得てきたスキルが役に立つのかもわかるでしょう。

学ぶべきプログラミング言語を決定する

Web開発ではJavaScriptやPHPを学び、ゲーム開発をしたいならSwiftやJavaについて学ぶ必要があります。それぞれの分野に向いているプログラミング言語があるため、しっかりと調べてから勉強をスタートしたいですね。

ツールの使い方を学ぶ

プログラミング言語を使用するために、ツールの使い方を覚える必要があるケースもあります。代表的なツールには「なでしこ」や「サクラエディタ」などがあります。初心者向けのツールもあるため、使用感などのレビューも確かめたうえで使用するようにしたいですね。

プログラミング言語を学ぶ

プログラミング言語を独学で学ぶ際には、マニュアルをよくみながら学習を始めてみましょう。プログラムを実装し、簡単なコードを組んで正しく動作するのかを確認します。動作しなければ成功するまでトライアンドエラーを繰り返すことが大切です。
参考:Geekroid

プログラミングではどの言語を学ぶべき?

プログラミング初心者が学ぶのに向いているプログラミング言語には、PHPやJavaなどがあります。この段落では、それぞれの初心者向けのプログラミング言語の特徴について、わかりやすく解説します。

Ruby

Rubyは、バランスの取れたプログラミング言語であるといわれています。1995年に一般公開されてから、多くのプログラマーから利用されるようになりました。フリーソフトウェアであるため無料で手軽に利用でき、コピーや再配布などをすることも可能です。

また、Rubyは柔軟性がある言語としても知られており、コアな部分にまでユーザーが手を加えることができます。ウェブアプリを作成する「Ruby on Rails」を使用するために、Rubyは必要となる言語です。

Swift

Swiftは、Appleが2014年に発表したプログラミング言語です。対象にしているOSはiOSとMacOSであり、iPhoneのアプリが作れるプログラミング言語としても人気があります。さらに、Macパソコン向けのアプリも作ることもできます。

PHPのような設計思想を盛り込んでいることがSwiftの特徴であり、プログラミング初心者でも簡単にアプリ開発ができることがメリットだといえます。

Java

Javaは、全世界でも幅広く利用されているプログラミング言語として有名です。その理由は「汎用的でOSに依存しない」ためです。WindowsやMacOSなど、どのプラットフォームでも安定して動作するため、長い期間プログラミング言語の中枢として利用されてきました。

日本で利用者も多いAndroidのアプリを作るためにも、Javaは必要不可欠です。さらに、Webアプリケーションだけではなく、金融システムなどの厳しい要件にも柔軟に使用することができます。

PHP

初心者向けの簡単なプログラミング言語は、PHPです。動的にWebベージを生成できることがPHPの特徴であり、ユーザーがアクセスした状況によってページに表示される内容が変わります。

PHPが用いられるのは、ショッピングカートや問い合わせフォームなどです。サイトの商品をカートに入れると商品数が変更されるのは、PHPが正しく作動しているためです。PHPを利用したファイル名には、拡張子として「.php」が付くことが特徴です。

まとめ 

独学でもスクールに通った場合でも、学ぶステップに大きな変わりはありません。プログラミングスクールに入会したとしても、自身で積極的に学ぼうとしなければ問題につまづいてしまうことも多くあるでしょう。

自分が作りたいものを明確にし、必要なプログラミング言語を吸収するためにも、常に学び続ける姿勢を持ち続けるようにしたいですね。

プログラミングスクールで、転職に有利なスキルが学べる!

  • TECH I.S.(テックアイエス) 転職のみならず副業・フリーランスにもオススメ!一生モノのプログラミングを身につけるならここ!

  • DMM WEBCAMP 転職成功率98%。転職できなければ全額返金。DMM.comグループならではの非公開求人も多数

  • 侍エンジニア塾 完全オンライン、マンツーマン指導。家庭教師感覚で学べる

  • COACHTECH(コーチテック) 9時〜21時の間はいつでもLINEで相談可能。最短で力がつくカリキュラムが魅力

  • RaiseTech(レイズテック) 2週間以内なら全額返金保証。自社開発企業が運営、徹底した現場主義にこだわる

  • RUNTEQ(ランテック) 高クオリティで人気急上昇、現役エンジニアからの評価も高い

コエテコ 読者会員募集!

いいね!すると、プログラミング教育に関する最新情報や
セミナー情報などを定期的にお届けします。

  • # セミナー情報

  • # 数値レポート

  • # FC募集

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ